のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:124,277,912人
912,686,696頁
昨日:519人
555頁
今日:307人
328頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレほむら「幻想殺し…?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×5
    タグ : - クロスオーバー ×2+ - 魔法少女まどか☆マギカ + - そげぶ + - とある + - とある魔術の禁書目録 + - ほむら + - ハーレム + - 上条当麻 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    ←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    201 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:15:35.44 ID:jLSc5MNh0 (+28,+29,-14)
    >>198
    幻想殺しを理解してないんだろ
    203 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:29:04.07 ID:qvHfNIDA0 (+37,+29,-8)
    上条さんが来た以上、ハッピーハーレムエンドしか想像出来ない


    だが、それが良い!!
    204 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:30:20.63 ID:ztr2GDLl0 (+26,+29,-2)
    >>203
    その幻想をぶち殺す!
    205 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:31:17.27 ID:zjRLzYK80 (+35,+29,-5)
    >>203
    ハッピーはともかくハーレムはいらん普通にさやかとくっつけ
    206 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:34:04.15 ID:b2d/RS7W0 (+19,+29,-7)
    幻想殺しは虚淵に敵うの?
    207 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:38:09.43 ID:5Jpc60ND0 (+45,+30,-240)
     その魔女の姿を目にしたとき、上条がイメージしたのはナメクジだった。
     ナメクジに蝶の羽が生えて、さらにヘンテコな頭部がくっついている。
     頭部にあしらわれているのは薔薇…だろうか。

    上条(一体どの辺が魔女だっていうんだ…?)

     目の前にいる怪物は、どうにも上条の頭の中にある魔女のイメージと一致しない。
     というか、何故あれで性別を女だと断定しているのか、理解に苦しむ。
     そんな風に上条が魔女を観察していると、いつの間にか上条、まどか、さやかの三人を奇妙な光の壁が包み込んでいた。

    マミ「防御結界を張ったわ。激しい戦いになるかもしれないから、ここから動かないで」

    まどか「激しい戦いって…大丈夫なんですか?」

    マミ「平気よ。見てて」

     マミはその顔に余裕の笑みを湛えたまま、魔女の下へと降り立つ。

    まどか「マミさん……」

    さやか「へ、へーきだよ! マミさんなら、きっと……!」

    上条「………」

     上条は考えていた。
     本当に、一人で平気なのかと。
    208 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:41:26.41 ID:8Fn2lqOd0 (+30,+29,-14)
    上条が行くには防御結界壊さないといけないから行っちゃだめだろ・・・
    >>2066話展開でさやか殺す
    209 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:42:11.10 ID:QvaQBv210 (+19,+29,-2)
    どうやら今日は寝れないらしい
    210 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:45:23.72 ID:KsfMTqHw0 (+25,+30,-2)
    誰かとくっつけるのだけはやめろよ
    下手なNTRより胸糞悪い
    211 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:46:28.72 ID:2XH2gcVZ0 (+22,+29,-3)
    そういわれるとくっついてほしい
    212 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:48:29.87 ID:zjRLzYK80 (+29,+29,-6)
    まどかとほむらと杏子とくっつかなければいいかな
    213 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:48:33.26 ID:fwdWMRb50 (+22,+29,-12)
    上条さんのヒロインはインさんだろ
    214 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:49:16.15 ID:8Fn2lqOd0 (+29,+29,-33)
    ハーレムだけはやめてほしい
    まぁ俺個人の考えだからだからどうこうってわけじゃないけど
    215 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:49:51.70 ID:5Jpc60ND0 (+45,+30,-202)
     どうしてここまで無茶をしたくなってしまうのか、上条自身にもわからない。
     しかし、何故か奇妙な確信がある。
     自分なら―――巴マミの力になることができる、と。

    上条「………」

     上条は、自分の右手に視線を落とす。
     自惚れ、ではないと思う。
     泳げる人間が、泳ぐことを躊躇わないように―――それを成す能力がある人間は、それを成すことに抵抗感を持たない。
     そんな自然さで、上条当麻は巴マミを助けに赴きたいと思っている。

    まどか「ああ! マミさん!!」

     まどかの悲鳴に顔を上げる。
     巴マミが、魔女の触手によって拘束されていた。
     そしてそのまま―――マミの体が壁に叩きつけられる。

    上条「――――ッ!!!!」

     それが切欠だった。
     上条はある種の確信を持ってその右手をマミが拵えた結界に突き出し――ー――

     キュゥーン―――――と甲高い音が響き、結界は砕け散った。
    216 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:50:37.78 ID:49YOPxPF0 (+22,+29,-3)
    マミとならくっついてもいいよ
    217 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:50:46.70 ID:cDIVRvZw0 (+24,+29,-6)
    まどさやが危険に…
    218 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:55:02.65 ID:8Fn2lqOd0 (+24,+29,-12)
    上条さんってほんと早漏
    219 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:56:33.43 ID:5Jpc60ND0 (+50,+30,-181)
    上条「やっぱり、右手か!!!!」

     どうして自分にそんな力が宿っているのかわからない。
     いつから宿っているのかもわからない。
     能力の正体なんて、もう皆目見当もつかない。

     でも、ある。
     魔女のような存在を、この世の理から外れた存在を問答無用で無に帰す力。

     あらゆる異能の力を打ち消す『幻想殺し(イマジンブレイカー)』。

     脳裏に浮かんだその名前を、上条は疑問も持たず飲み込んだ。

    上条「『幻想殺し』……それが、俺の右手に宿った力……」

    上条「はは…いいぜ…! なら、その名前に相応しく!!」

    上条「魔女! テメエが罪もない人々に不幸を撒き散らす存在だって言うんなら―――」



    上条「――――まずは、その幻想をぶっ殺す!!!!」
    220 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:57:09.37 ID:Td6l3CHT0 (+22,+29,-12)
    上条さんティロりすぎだろwwwww
    221 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:57:20.59 ID:/lbNKiaH0 (+27,+29,-33)
    上条さんがフラッグファイターの本領を発揮し始めたな
    222 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:58:05.88 ID:8VuAjiS10 (+27,+29,-11)
    とある知らないけどなんか背筋がゾクゾクってした
    こう・・・昔のノートを見た時のような
    223 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:58:06.25 ID:zjRLzYK80 (+36,+29,-8)
    >>219
    この上条さんが魔女の事実をしったらどうなるのだろうか
    224 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:58:28.48 ID:wedjbbOu0 (+22,+29,-17)
    上条さんがついに覚醒したか
    225 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 00:58:52.00 ID:qvHfNIDA0 (+22,+29,+0)
    さっすが上条さんやでーー!!
    226 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:01:10.98 ID:h1BPkM7O0 (+24,+29,-21)
    上条さんが前に出りゃ敵は脳欠損で棒立ちの豆腐メンタル化するから楽勝やで
    227 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:02:15.84 ID:5Jpc60ND0 (+45,+30,-124)
     握り締めた拳を叩きつける。
     左手で使い魔を殴った時とは違う、確かな手ごたえ。
     果たして、魔女の体から眩い光が発生し―――直後、魔女の存在は跡形も無く消え去っていた。

    まどか「……」ポカーン

    さやか「……」ポカーン

    マミ「……」ポカーン

    さやか「ね、ねえ当麻……」

    上条「ん?」

    さやか「あんたって……何者なのさ?」

    上条「……何者なんでせうね?」




    ほむら(魔女を一撃で葬り去った……)

    ほむら(上条当麻……あなたなら、もしかして……)
    228 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:05:32.34 ID:yxhe2Cn10 (+19,+29,-13)
    ワルプルとかワンパン
    229 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:05:34.17 ID:cDIVRvZw0 (+26,+29,-9)
    グリーフシードも消えんじゃねえの?
    230 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:05:42.83 ID:O8ctlorgO (+19,+29,-18)
    あれ?ワルプル余裕じゃね?
    231 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:07:41.83 ID:49YOPxPF0 (+5,+9,-1)
    >>229
    やべえな
    232 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:08:20.76 ID:5Jpc60ND0 (+45,+30,-129)
    マミ「……凄い。本当に、何者なのあの子……」

    QB「早急に彼のことを調べる必要がありそうだね」

    マミ「……キュゥべえ?」

    QB「気付かないかい? マミ。今ここには、本来あるべきものが欠けてしまっているんだ」

     そう、魔女の存在は、上条当麻の右手によって”跡形も無く”消えてしまったのだ。

    マミ「え? ……あ! グリーフシードがない!!」

    QB(もし彼の能力が僕の想像している通りの特性を持っているとしたら……)

    QB(早めに手を打つ必要があるかもしれないね)
    233 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:11:25.37 ID:qvHfNIDA0 (+27,+29,-2)
    立った!!ほむほむフラグが立った!!
    234 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:12:57.01 ID:wb9seTQ10 (+19,+29,-2)
    QB何する気だ
    235 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:13:36.59 ID:5Jpc60ND0 (+45,+30,-103)
     夜、鹿目家――――

    まどか「ふわあ……凄い一日だった……」ゴロン

    まどか「まさかマミさんだけじゃなくて、上条くんまであんな力を持ってるなんて……」

    まどか「上条くん、カッコよかったなぁ……」

    まどか「私も、あんな風に魔女と戦えたら……」

    QB「僕と契約すればすぐまどかも魔法少女になれるよ!」

    まどか「うーん、やっぱりもう少し待って」

    QB「ちぇっ」
    236 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:13:40.38 ID:8Fn2lqOd0 (+24,+29,-4)
    都合よすぎて萎える
    237 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:18:50.37 ID:qvHfNIDA0 (+22,+29,-1)
    二時間ドラマ張りの安心感
    238 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:19:45.82 ID:5Jpc60ND0 (+45,+30,-136)
     気付けば、ずっと少女たちの泣き声が聞こえていた。

     だけど、周りを見渡しても泣いている少女は見当たらない。

     日常を生きる周囲の人達も、泣き声に気付いた様子は無い。

     ならばこれは幻聴なのだと一蹴する―――ことも出来たが、万が一のことを考えた。

     もし、今本当に誰かが泣いているのなら、出来ることなら、その涙を止めてあげたい。

     そう思った瞬間に気が付いた。

     足元。地面の下に広がるもうひとつの世界。

     誰にも気付かれず、気遣われず、ずっと泣いているたくさんの少女達。

     幻覚だと一蹴することも出来た。でも、やっぱりそうはしなかった。

     一人の少女が、必死にこちらに向かって手を伸ばしていたから。

     薄い氷のような膜を蹴破って、その少女に向かって精一杯手を伸ばした。
    239 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:20:40.09 ID:s2lldRKO0 (+12,+27,-13)
    処女膜か
    240 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:26:45.74 ID:5Jpc60ND0 (+45,+30,-168)
    上条「……変な夢だ」

     寝癖で殊更にぼさぼさになった頭を掻き毟り、上条にとって馴染みのない部屋で目を覚ます。
     ここは『上条』家。上条当麻とその家族が暮らす場所。
     そのはずだ。

    上条「いや、しかし…やっぱり慣れねえなぁ……」

     上条の視線の先にあるのはあるひとつの楽器。
     一般的な総称は、バイオリン、という。
     そして壁に飾られたコンクール入賞の賞状の数々。
     上条当麻はバイオリンの名手であったのだ。

    上条「ほんっと、信じらんねー……」

    上条「バイオリンって! 俺のイメージでバイオリンって!! いやいやありえませんって!!」




     上条当麻には、過去の記憶が無い。
    241 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:31:19.62 ID:8dlF6fnf0 (+29,+29,-4)
    ほむほむと杏子とはくっつかせないようにしてください>>1さん
    242 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:35:26.05 ID:2BHpiQNZ0 (+28,+29,-2)
    >>241
    いや、さすがにないだろうに
    243 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:35:44.72 ID:5Jpc60ND0 (+43,+30,-233)
     交通事故にあったらしい。
     居眠り運転していた乗用車が、道を歩いていた上条に突っ込んできた。
     体に何の後遺症も残らなかったのは奇跡だった。
     だが、代わりに脳に―――記憶に、後遺症は残った。

    「当麻ーごはんよー」

    上条「今行くー」

     母であるという女性の声に返事して、上条は仕度を始める。
     父と母には、未だに馴染めていない。
     上条はそこにどうしても疑念を拭えずにいる。
     普通、記憶が無くなってゼロの状態に戻れば、もっとすんなりと父と母を受け入れられるのではないだろうか。
     或いは、そう、記憶が残っているから、彼等を両親として認められないというような可能性はないのだろうか?
     しかし、上条に彼等以外の両親の記憶は無い。勿論のことなのだが。
     ふと思い出す、昨日のさやかの言葉。

    『あんたって……何者なのさ?』

     その答えを誰よりも知りたがっているのは、実は上条当麻自身なのかも知れなかった。

    上条「今日は定期検診の日か……はあ、憂鬱……」
    244 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:38:51.12 ID:HDnM9+Pd0 (-28,-18,-1)
    支援
    245 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:45:30.82 ID:5Jpc60ND0 (+45,+30,-186)
     交通事故から生還し、退院しても、記憶喪失という障害を残してしまった上条にとって、放課後の通院はルーチンワークだった。
     それなのに気持ちがこんなに沈んでいるのは、月に一回行われるこの検診にかなり時間がかかることからか。
     或いは、つい先程聞いた、マミが魔法少女になった『願い』を聞いてしまったからか。

     交通事故からの生還。
     それがマミの願いだった。
     その話を聞いてから、ずっと上条の胸にはもやもやが溜まっている。
     検診の時は一緒に病院に来てくれるさやかとまどかの声も、今は耳を素通りしてしまっていた。

    さやか「こら! 聞いてるの!?」

    上条「ああ、ごめん、聞いてなかった」

    さやか「こんの~! 今日はずーっとぼーっとしてるじゃない! どうしたのよ!?」

    上条「マミさんのこと考えてた」

    さやか「んな!?」

    上条「………」

    さやか「んむぅ~……」
    246 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:45:52.26 ID:KsfMTqHw0 (+12,+24,+0)
    やめろよ
    247 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:46:30.52 ID:4tlaE9ii0 (+22,+29,-7)
    杏子とは…アリだな
    248 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:47:27.83 ID:HDnM9+Pd0 (+17,+27,-3)
    お前…
    249 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:48:02.10 ID:lJL5S5oI0 (+33,+29,-5)
    まどか厨はどんだけ上条嫌いなんだよwwww
    250 : 以下、名無しにか - 2011/05/22(日) 01:48:12.58 ID:5Jpc60ND0 (+45,+30,-59)
    看護士「上条さーん、上条当麻さーん」

    上条「……」

    さやか「ほら、呼ばれてるよ」

    上条「あ、ああ、行ってくる」

    さやか「はやく記憶、取り戻してね。それで……また私にバイオリンを聞かせて」

    上条「………あぁ」
    ←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×5
    タグ : - クロスオーバー ×2+ - 魔法少女まどか☆マギカ + - そげぶ + - とある + - とある魔術の禁書目録 + - ほむら + - ハーレム + - 上条当麻 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について