のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:124,451,839人
昨日:no data人
今日:
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ男「モテる代わりに難聴で鈍感になるんですか?」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - ハーレム + - ホラー + - 難聴スキル + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    ←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    601 = 329 :

    男の娘ルートか

    604 = 372 :

    「それ、食って腹壊すようなキノコじゃないだろうな?」

    の娘「クッキーだって言ってるでしょ!? も、もう……」

    の娘「そ、それでね? これ……[ピーーーーー]さ、[ピーーーーーーーーー]……って///」

    (俺の予想が正しければ男の娘が持っているその菓子は、彼の手作りだろう)

    (ようは、だ。「僕一人だと食べきれないからさ、男さえ良ければ一緒に食べてくれないかな」……この様なイベントが大発生中に違いあるまい)

    (この場面で訊き返せばおそらく、「や、やっぱり何でもないよ。お昼前に食べたら幼馴染さんのお弁当食べられなくなっちゃうもんね、うん」と逃げの姿勢へ移行するのだ)

    「(逃がしてなるものか)ああ、丁度小腹も空いた頃だ。それに、いまの俺の体は糖分を摂りたくて仕方がないようだしな」

    の娘「ほ、本当!? 食べてくれるの!? ……あっ///」

    「食ってやるから早く開けようぜ。急がないと次の授業の時間が来るだろ?」

    の娘「うんっ!!」

    605 = 441 :

    完結後で良いから個別にスピンオフ書いて欲しいな

    606 = 563 :

    うむ

    607 = 603 :

    男ずいぶんとピー音に慣れてきたな
    素晴らしい洞察力だ

    609 = 528 :

    >>607
    で、足元を掬われる

    611 = 483 :

    >>609
    すくわれるのは足元じゃなくて足な

    612 = 372 :

    (上手く掴んだ。慣れてきたものじゃないか、俺も。しかし、手作りクッキーとはまた古典的な。加えて作ったのは男である)

    (問題ない、彼は男の娘なのだ。誰がこんなに可愛い生き物からのプレゼントを拒絶するか。神よ、この俺はあなたの罠へ見事かかってしまったようだ)

    (男の娘、悪くないじゃないか。じゃあ肝心の手作りクッキーは? やだ、不味い)

    「……」

    の娘「ど、どうかな……味に補償はできないけど……か、形も最悪だけど」

    (もはや自分が作ったという事については隠す気はないのか。ならば、先に自分で一枚こいつを摘まんでから、俺へ渡して欲しかった)

    「……たぶん、典型的な砂糖と塩を間違えてとか、ドジ踏んだな、そこの店員は」

    の娘「え?」

    「なぁ、これ全部俺が貰っていいか? 甘くはないが、割と癖になるような味で気に入ってな」

    の娘「ぜ、全部!? 本当に? あ、あ……うん。大丈夫だよっ! 男にそれあげる!」

    の娘「[ピーーーーーーーーーーーー]……///」

    「えぇ…なに……?」

    の娘「う、ううん!別に! 気に入ってもらえたのなら、今度また男に買ってくるよ。楽しみにしててね!」

    「それも良いが……そうだ、今度一緒にウチでクッキーでも焼かないか? そろそろ妹の誕生日も近いんだよ」

    (度々使わせてもらってすまぬ、妹よ。せっかくここで大きなイベントをこなせたのだ、まだ逃がすわけにはいかん)

    613 :

    これ[ピーーー]の下に罵詈雑言が隠れてそうで怖いな

    614 = 528 :

    >>611
    おうそれは恥ずかし支援

    615 :

    >>613
    鳥肌たった

    616 :

    ピンポイント難聴だな

    617 :

    マジレスすると足元を掬うって普通に言う

    618 = 447 :

    >>617
    今調べたけど誤用らしいぜ

    619 :

    日本語はむつかしい

    620 = 617 :

    >>618
    元はな
    重複をじゅうふくって読むようになったみたいな感じやろ

    621 = 528 :

    的を得る、とか同じ感じかね支援

    これから気をつけよう

    622 = 372 :

    の娘「僕と!? ……男で? 二人で?」

    「ああ、幼馴染に頼ってばかりなのも癪だしな。それにたまには男同士で菓子作りってのも悪くはないだろ?」

    の娘「そ、そんな……[ピーーーーーーーーーーーーーーーーーー]……」

    「すまん。いま何て言ったんだ?」

    (次にお前は、「本当に僕となんかでいいの?」という)

    の娘「だから、その…[ピーーーーーーーーーーーー]……?」

    「むしろ、ダメなのか? 別に無理に頼んでいるわけじゃないんだぞ」

    の娘「よ、よろこんでだよ!! うんっ、男と一緒にクッキー焼きたい!!」

    (ああ、この俺にその曇る事さえない、純粋な笑顔は眩し過ぎるではないか。勿体ない。瓶にでも詰めて一生大事に保管してやりたい衝動が俺を襲う)

    (……何はともあれ、成功だろう。あとは不良女とのデートと被らせないように注意して予定を合わせなければならない)

    (順調すぎて、チョロすぎて、後に恐ろしい事が待ち受けているのではないかと疑いたくなる)

    623 :

    >>620
    今でも読まないだろ何言ってんだこいつ

    624 = 617 :

    >>623
    辞書にも載ってるよ

    スレチすんまそん

    625 :

    日本語の勉強はいいよ

    628 :

    他の主人公は鈍感だから
    ハーレムオチになれないんだな

    629 = 372 :

    (ところで先程から気になっていたのが、委員長という名の美少女が俺へ向け続けている熱い眼差しである)

    (まさか、気づいていないとでも思っていたのか。だとすれば甘い。そして、口の中はまだしょっぱい……)

    「委員長、さっきから俺の顔を見てどうしたんだ」

    委員長「……いいえ、特に何も」

    「何もないという事はないだろ? 言いたい事があるならハッキリ言ってくれないか」

    委員長「じゃあ一つ言わせてもらいますけれど、男、ズボンのチャックが」

    「えっ!? ……って、開いてないじゃねーか!」

    委員長「……」

    (読めない。この委員長が一体何を考えているのか分からない。てっきりこの流れは冗談の飛ばし合いに発展するものかと)

    「……本当にどうした?」

    委員長「男、ううん、男くん……」

    「ど、どうしていま言い直すか……」

    委員長「…だって、[ピーーーーーー]だったから」

    「何だって?」

    委員長「……何でもありません。私のことは放って置いてくれませんか、男くん」

    630 :

    なにこれときメモ?

    631 :

    まだ残ってたんだこれ

    633 :

    ところでピーの中身が全然想像できないんだけど分かるもんなの?

    634 = 372 :

    (ますます読めなくなってきたではないか。もしかして、彼女に対してはしつこいぐらい押しが強くなければ、攻略が難しいキャラなのだろうか?)

    (面白い。その挑戦、受けて立とう、なのだ)

    「い」

    委員長「……」

    「待てってば! おい、委員長!」がしっ

    (発動せよ、ラッキースケベ力。この手よわし掴め、委員長のハート、その他諸々)

    委員長「まだ何か? 悪いですが、あなたとお話することなんて今はありませんよ?」

    「えっ……あ、ああ。そうか、悪かったよ……」

    (完全に立ち尽くした俺を尻目に、委員長は教室を後にしたのであった。……何故だろう)

    (俺ががしっと美少女へ掴みかかれば、かならずと言っていいほど転倒させられる。そしてスケベが待っている)

    (筈だったのだ。今まででこんな体験があっただろうか? ない。ありえない。何故、彼女に対して俺のラッキースケベ力が発揮されなかったのだろうか)

    (まさか、彼女は攻略不可な美少女なのでは。待て、早合点は身を滅ぼすだろう。他のケースを想定するのだ……)

    635 = 329 :

    妹コースは?

    637 :

    いもにゃんprpr

    639 :

    委員長√へし折れか

    640 = 372 :

    (ゲームなのでよくある、一定の条件をクリアすれば攻略対象として扱われる系統ではないだろうか)

    (あるいは、美少女の誰かの攻略を済ませることで、ようやくイベントが発生する、か)

    (わからない。また謎が増え出したのである。難聴スキルが発動しない後輩と先生、そしてアタック無効化の委員長)

    (……彼女らについて悩んでいてはキリがなさそうではないか。ここは別の美少女への接触を優先すべきだろう)

    (さて、上記三名を除いて今日まだ遭遇していないのは、これまた厄介な二人だった。先輩と生徒会長である)

    (どちらか一人へ話しかければ、または話しかけられれば、かならず部活と委員会の件を持ち出される。それは別に良い。問題なのは)

    (高確率で二人がその場に揃ってしまうという点。さすがの俺でも同時に二人の美少女を相手に立ち振舞うのは難しいだろう)

    (と、なればである。まずは何とかして彼女らを引き離さなければならないというわけだ。では、その方法は何か)

    「…………うおぉおおおぉぉぉ~~~!?」

    (犬も歩けば棒に当たる。ハーレム主人公が歩けば)

    生徒会長「なっ!?」

    「……もふっ」むにゅんむにゅん

    (ラッキースケベが約束されるのである)

    641 :

    もはや能力者だな

    642 = 639 :

    うおおおおおおって言いながら冷静に歩いてるの想像してフフッてなった

    643 = 488 :

    東の吸血鬼か

    644 = 528 :

    >>643
    それだ

    647 = 329 :

    ほーーーーーーーーーっ!













    しゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅ


    ←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - ハーレム + - ホラー + - 難聴スキル + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について