のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:124,293,082人
912,703,800頁
昨日:590人
627頁
今日:50人
50頁
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレP「アイマス・オブ・ザ・デッド?」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - アイドルマスター + - ゾンビ + - ゾンビオブザデッド + - ハウスオブザデッド + - ホラー + - 安価 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    ←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    651 = 1 :

    あずさ「この病院の中にはもう一人、噛まれた人がいるの。その人は噛まれたことを隠してる。私と同じように」

    「そんな……!!」

    あずさ「その人にはね……結婚している旦那様がいるの」

    あずさ「こんなことになる前はきっと本当に幸せな夫婦だったんだろうなぁって……そう思ったら……」

    あずさ「私には……その二人の幸せを壊してまで……生きる権利なんてあるのかなって……」

    「あずささん!」

    あずさ「プロデューサー……わがままだとはわかっています。けど私の最後のお願いを聞いてくれませんか?」

    「お願い?」

    あずさ「死ぬのは怖い……けど……怪物になってみんなを襲うのはもっと嫌……」

    あずさ「プロデューサー……私を殺してください……」


    1.あずさを殺す。(拳銃)

    2.あずさを気絶させ、連れていく(スタンガン)

    >>655

    655 = 132 :

    659 = 258 :

    まんじょーめいっちか

    660 = 624 :

    ふと思ったけどワクチンって予防に使うものであって治療に使うものじゃないよね
    噛まれる前に打たなきゃ意味ないんじゃあ…

    661 = 1 :

    「あずささん……」

    あずさ「私……プロデューサーになら大丈夫よ……怖くないわ」

    「うれしいよ……あずささん……でも……」

    バチィッ

    あずさ「あっ…………」

    「俺はプロデューサーなんだ!アイドルを守ることを第一に考えないでどうする!!」

    やよい「プロデューサー!どうするんですか!」

    「あずささんにワクチンを打つ!急がなければ!話が本当なら、もうひとりの感染者にワクチンがもう打たれてるかもしれない」

    やよい「で、でもそうなったらもうひとりの噛まれた人は……!」

    「…………!」

    662 = 272 :

    >>660
    この場合だとワクチン(予防接種)でなく、特効薬というべきなのか?

    663 = 41 :

    血清みたいなもんでしょ

    664 = 1 :

    あずささんを背負って、ロビーに戻った。

    「ありがとう……ありがとう!!これで妻は……!」

    医者「そんな期待しすぎないでください。これはあくまで試作型……本当に効くかどうかはわからない」

    今まさに、ワクチンを感染者の女性に注射しようというところだった。

    「まずい!!」

    やよい「待ってくださああああい!!」

    医者「えっ!?」

    医者の手が止まった!

    665 = 410 :

    さぁどうなる

    666 :

    しえっ!?

    667 = 13 :

    はたしてハッピーエンドになるのだろうか

    668 = 105 :

    ジョジョでもワクチンって言ってたしまあいいだろ

    669 = 1 :

    俺は拳銃を取り出し、医者に狙いを定めた。

    「注射するな!注射すると撃つぞ!」

    医者「な、な、な何を!」

    「おい!なんだっていうんだ!?早くワクチンの注射を!」

    律子「プロデューサー!いったい何が……あずささんはいったいどうしたんですか!?」

    「申し訳ないが……そのワクチンはここにいるあずささんのために必要なんだ……返してもらう」

    俺は銃を構えたまま医者の手からワクチンを奪う。

    「な……そんな……」

    千早「あずささん……噛まれていたの?」

    「……ああ」

    670 = 643 :

    狂犬病とかなら噛まれてからでも発症前にワクチン打てば大丈夫なんでないの

    671 = 132 :

    Pクズ過ぎワロタ

    672 = 82 :

    どっちにしろ外道だな

    673 = 156 :

    ワクチンとかって半分の量じゃ効かないのか

    674 = 27 :

    展開が読めねぇ

    675 = 77 :

    とんだ下衆野朗だがあずささんのためなら仕方ない

    676 = 166 :

    せめて話し合って相手が納得してならなぁ…

    677 :

    あずささんの為ならしょうがないな

    678 = 255 :


    納得するわけないやん
    話し合ってる間に発症するかもしれんわけだし

    679 :

    やよいのおかげで出来たんだから良いだろうに

    680 = 1 :

    バタッ……

    「お、おい!お前!目を開けてくれ!おい!」

    注射を待っていた女はその場で倒れた。

    けいれんが始まっている……。

    「頼む!頼むよ!ワクチンをこいつに打ってくれ!俺の妻なんだ!頼むよ!」

    「……!それは……できない……すまない……」

    男は女を抱きしめ、じりじりと入り口へと近づく。

    「それだったら俺にも考えがあるぞ!ワクチンをこっちに渡せ!さもなきゃあこの入り口を開放して、中をゾンビだらけにしてやろうか!!」

    681 = 410 :

    半分ずつ打とう(提案)

    682 = 166 :

    どっともどっちだな

    685 = 258 :

    どうなる…

    686 = 1 :

    「…………」

    「どうなんだ!返事をしろよ!急げよ!俺の妻なんだよ!」

    この距離では撃ったところでうまく当たるかどうか分からない

    どうする……?

    1.男を撃つ。

    2.女を撃つ。

    3.両方撃つ。

    4.ワクチンを自分と相手の中間地点に投げ、拾いに来たところを射殺する。

    5.ワクチンをおとなしく投げ渡す。(あずささんを見捨てる)

    6.説得する。

    >>689

    691 = 541 :

    これは良い展開

    692 = 248 :

    これハッピーエンドなれるのか…

    694 = 82 :

    まさに人面獣心

    695 :

    ハッピーエンドなんだよな?
    そう言ってたもんな?

    696 = 410 :

    もうそこは安価なしでやって欲しかった

    697 = 13 :

    Pクズエンド再来

    698 = 255 :


    正直もう面倒臭いからトゥルーエンドだけ書いてほしいわwww

    699 = 1 :

    「……分かったよ。お前の愛情に負けたよ。お前の勝ちだ」

    「!!それじゃあ……」

    「それじゃあ……そっちにワクチンを転がすからな……」

    「あ、ああ!早くしろ!」

    俺はわざと、力をこめずにワクチンの入った注射器を転がした。

    当然男の足元までは届かず、中間地点で止まる。

    男には時間がなかった。例えこれが罠だと気づいたとしてもワクチンを取らざるをえなかっただろう。

    彼は入り口から手を離し、ワクチンを取りに走った。

    それはちょうど、この拳銃の射程距離だった。

    パン、パン、パン、パン!

    700 = 146 :

    まぁサバイバル物だったらよくあること


    ←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - アイドルマスター + - ゾンビ + - ゾンビオブザデッド + - ハウスオブザデッド + - ホラー + - 安価 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について