のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:126,500,428人
昨日:no data人
今日:
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレほむら『交わした約束、忘れないよ』岡部「(´;ω;`)ブワァッ」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - Steins;Gate + - 岡部倫太郎 + - 暁美ほむら + - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    1 :

    ID:ClrIIyCW0
    代行

    3 :

    ―ここまでのあらすじ―
    『魔法少女まどか☆マギカ』全話一挙配信決定。
    ダル歓喜、ラボメン全員鑑賞コスプレ作戦。
    大雨で中止、と思いきや色々あって岡部と助手で鑑賞。

    以下、
    『魔法少女 まどか☆マギカ ――交わした約束、忘れないよ―― 十話』 
    投下します。

    5 = 3 :

         ―第十話 もう誰にも頼らない―



    紅莉栖「ねえ、岡部」

    岡部「どうした?」

    紅莉栖「私たち……」

    紅莉栖「『私たちはどこかで…』」

    紅莉栖「『どこかで会ったことあるの?私と』」

    6 = 3 :

    岡部「ブゥーッ!!」

    噴いッゲホゲホゲホ!!!
    ドクぺが噴き零れる。
    何だ!?突然どうした!?

    紅莉栖「ちょ!汚っ!」

    岡部「お前こそ、何の、真似だっ!」

    紅莉栖「……モノマネよ」

    岡部「……そ、それは『まどか』の言葉だ。
      お前がコスプレしているキャラじゃない」

    7 :

    早速来たか!
    10話は楽しみすぎる。

    8 :

    武豊「はい」

    9 :

    投下をwktkしつつこっちの梅も手伝ってねー

    http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1306689534/

    10 :

    お布団との濃厚なせくろすを終えてきた支援

    11 = 3 :

    紅莉栖「うん……言ってみただけよ……
       そ、それとも何?
       鳳凰院さんは『ほむら』のキャラで罵られたいの?
       『愚か者が相手なら、私は手段を選ばない』」

    岡部「誰が愚かものかっ!
      俺は別にキャラを真似ろとは一言も言ってない!!」

    最初にコスプレの衣装を渡しただけだッ!
    俺のせいじゃないのに、色々根に持ってるのか?

    紅莉栖「そう?本当は少し嬉しいんじゃない?
       私に見惚れてた鳳凰院さん」

    岡部「勝手なことを言うんじゃないっ!
      まったく、突然何だと言うんだ……」

    12 = 3 :

    ビックリしたじゃないか。
    アニメの言葉をしっかり覚えているあたり、
    よく見ているな。

    紅莉栖「ほら、次の話し始まるわよ。
       ……ちょっとした空気の入れ替えよ。
       ずーっと見てたら肩凝っちゃった。
       空気は重いし、
       アニメを見てるだけなのに、
       何でこんな気持ちにならなきゃなんないんだか」


    お前と俺が会ったのは、去年の夏が、初めてだよ。
    俺は、忘れない、忘れてないから安心しろ。

    14 = 3 :



                  ―――……のこと、覚えてて……くれる?



    絶対に、忘れない。



    先生『はーい、それじゃあ自己紹介いってみよー』

    ほむら『あ、あの…あ、暁美…ほ、ほむらです。
       …その、ええと…どうか、よろしく、お願いします…』

    15 = 3 :

    お、ん?んんん???
    何だこれは?どうしちゃたんだ??


    ……何て思えたら、良かったんだろうな。
    それが狙いだったのかもしれないし。
    だが、俺はもうこの時点で、ひとつの確信がある。

    ほむら『あの、わ、私、その…』

    まどか『暁美さん?』

    まどか『保健室、行かなきゃいけないんでしょ?場所、わかる?』

    まどか『じゃあ案内してあげる。私、保健係なんだ』

    16 :

    さるよけ

    18 :

    クラスのみんなには、ナイショだよっ!

    19 :

    ほむ

    20 = 7 :

    多少なりとも確実にネタバレ拾うし、シュタゲアニメ組はここまでだろうな。

    21 = 3 :

    まどか『みんな、ごめんね。
       暁美さんって、休み時間には、
       保健室でお薬飲まないといけないの』




    まどか『ごめんね。
       みんな悪気はないんだけど、
       転校生なんて珍しいから、はしゃいじゃってw』

    ほむら『いえ、その…ありがとうございます』

    まどか『そんな緊張しなくていいよ、
       クラスメイトなんだから』

    22 :

    アニメ組だけど最後まで見る

    24 = 3 :

    まどか『私、鹿目まどか。まどかって呼んで』

                    ―――…暁美さん?

    まどか『いいって。だから、私もほむらちゃん、
       って呼んでいいかな?』

                    ―――ほむらでいいわ。

    ほむら『え?そんな…私、
       その…あんまり名前で呼ばれたことって、無くて…。
       すごく、変な名前だし…』

                    ―――ほむら…ちゃん。

    25 = 18 :

    一週目のまどかが最強に可愛い

    27 = 3 :

    まどか『えー?そんなことないよ。
       何かさ、燃え上がれーって感じでカッコいいと思うなぁ』

           ―――あぁ、えっと…その…変わった名前だよね?

    ほむら『名前負け、してます』
           ―――ギリッ

    まどか『うん?そんなのもったいないよ。
       せっかく素敵な名前なんだから、
       ほむらちゃんもカッコよくなっちゃえばいいんだよ』

    ―――い、いや…だから…あのね。変な意味じゃなくてね。
                  その…カ、カッコいいなぁなんて―――

    29 = 3 :

    頭の中に会話が思い浮かぶ。
    どうして、気付けなかったんだ。
    思えば、こいつの行動は、そっくりだったじゃないか。

        ―――…あのときの……に言ってやりたい!

        ―――…迂闊な真似をするなと!

        ―――…軽率な真似をするなと!

        ―――…見て見ぬフリをするなと!

        ―――…もっと注意を払えと!


    ―――さもなければ、全てを失うことになる―――

    31 :

    ほむほむ

    32 :

    シュタゲやってて良かったと実感した、支援

    33 = 3 :

    あの忠告も、

    執着心も、

    どうして魔法少女になることを妨害してたのかも、

    全てが、繋がった気がした。

    そうだ、
    こいつは、
    暁美ほむらは……!

    ―――君はこの時間軸の人間じゃないね―――

            タイムトラベラーだ。

    34 = 31 :

    まみまみ

    35 = 3 :

    ―――無理だよ…私、何にもできない。
       人に迷惑ばっかり掛けて、恥かいて。どうしてなの…?
       私、これからも、ずっとこのままなの?

    ―――死んだ方が良いかな…
    『だったらいっそ、死んだ方がいいよね』

    ―――死んで…しまえば……
    『死んじゃえばいいんだよ…』

    ほむら『…えっ!?なにっ…?」

    ほむら『ど…どこなの、ここ…?』

    ほむら『何?何なの!?』

    36 :

    ほむほむ

    37 = 3 :

    ほむら『え?いやっ!あぁっ!』


    魔女の結界……か。
    おそらく次に現れるのは―――


    ビュンッ! バンッ! ビュンッ!


    ??『間一髪、ってところね』
    ???『もう大丈夫だよ、ほむらちゃん』

    ほむら『あ、あなたたちは……?』

    38 = 3 :

    ?????『彼女たちは、魔法少女。
          魔女を狩る者たちさ』

    まどか『いきなり秘密がバレちゃったね』

    まどか『クラスのみんなには、内緒だよっ☆』



    これが、
    今まで俺たちが観測してきた、
    暁美ほむらの、本来居た、時間。
    やり直して、なかったことにした、時間と空間。

                       ―――世界線

    39 = 31 :

    さやさや

    41 = 32 :

    杏杏

    42 = 9 :

    マミマミ

    43 = 3 :

    だとしたら、やり直してでも、

    なかったことにしたかった、

    その理由は?

       ―――ああ、君たちからしたら未来になるのかな?

    わかっている。
    認められない結末、
    何をしてでも、変えなければならない結果。

       ―――そんな未来を変えるため。

    ほむらが魔法少女になる理由。

    44 = 3 :

    まどか『私なんて、
       先週キュゥべえと契約したばっかりだし』

    まどかに、あれだけ執着した、その理由は……!




    まどか『じゃ、いってくるね』

    ほむら『えっ…そんな……巴さん、死んじゃっ、たのに…』

    まどか『だからだよ。
       もうワルプルギスの夜を止められるのは、
       私だけしかいないから』

    45 :

    来てたか
    しえん

    47 = 3 :

    ほむら『無理よ!一人だけであんなのに勝てっこない!
       鹿目さんまで死んじゃうよ?』

    ほむら『ねぇ…逃げようよ……だって、
       仕方ないよ…?
       誰も、鹿目さんを恨んだりしないよ…』

    まどか『それでも、私は魔法少女だから。
       みんなのこと、守らなきゃいけないから』


    まどか『ほむらちゃん。私ね、あなたと友達になれて嬉しかった。
       あなたが魔女に襲われた時、間に合って。
       今でもそれが自慢なの』

    48 = 3 :

    まどか『だから、魔法少女になって、
       本当によかったって。そう思うんだ』

    まどか『さよなら。ほむらちゃん。元気でね』


    ほむら『いや!行かないで…鹿目さぁぁぁん!!』



    収束していく結果。
    確定した未来。
    これが、ほむらが過去を変えてでも、
    取り戻したかった現在の理由。

    50 = 3 :

    ほむら『どうして…?死んじゃうって、わかってたのに…。
       私なんか助けるよりも、
       あなたに……生きててほしかったのに…』

    キュゥべえ『その言葉は本当かい?暁美ほむら。
         君のその祈りの為に、魂を賭けられるかい?
         戦いの定めを受け入れてまで、
         叶えたい望みがあるなら、
         僕が力になってあげられるよ』

    ほむら『あなたと契約すれば、どんな願いも叶えられるの?』

    キュゥべえ『そうとも。君にはその資格がありそうだ。
         教えてごらん。君はどんな祈りで、
         ソウルジェムを輝かせるのかい?』


    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - Steins;Gate + - 岡部倫太郎 + - 暁美ほむら + - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について