のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:124,432,345人
912,860,328頁
昨日:546人
607頁
今日:496人
507頁
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレラオウ「うぬが俺のマスターか?」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×5
    タグ : - fate + - 北斗の拳 + - 遠坂凛 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    ←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    701 = 541 :

    黄金聖闘士きた

    702 = 656 :

    ゴールドセイントか

    703 :

    山羊座の黄金聖闘士さんはセイバーで召喚、素手だけど。

    704 = 381 :

    セイバー「アーチャー……!」ギリッ

    士郎「アーチャー? あいつがか?」

    黄金の騎士「賤しい目で我を見るな雑種、反吐が出る」

    セイバー「アーチャー、何故貴方がここに!」

    黄金の騎士「お前を迎えに来たのだ。セイバーよ、我のものになれ」

    士郎「おいアーチャー、お前とセイバーが何の関係か」



    黄金の騎士「誰が口を利いていいと言った雑種ッッ!!」



    ――――ドガガガガガガガガガガッッッッッ――――

    705 :

    ギルきた

    706 :

    なぜか牙狼を思い出した

    707 = 381 :

    士郎「――――くっ!?」

    セイバー「大丈夫ですか、シロウ」

    士郎「ああ……」

    黄金の騎士「よくぞ避けた。さすが王を名乗るだけはある」

    黄金の騎士「だが、その雑種を庇いながらいつまで耐えられるかな?」スッ


    セイバー「シロウ、走って!」

    士郎「セイバー――」



    ――――ドガガガガガガガガガガッッッ――――

    710 = 381 :

    「!」

    ラオウ「凛」スゥ…

    「わかってる。黒王を呼んで!」

    ラオウ「いいだろう。 黒王号!」ピシャーンッ


    バカラッバカラッバカラッバカラッ

    黒王号「ヒヒーンッ!!」ズズンッ

    ラオウ「乗れい!」

    「はっ!」


    バカラッバカラッバカラッバカラッ……

    712 = 370 :

    久々に良いSSだわ
    支援

    713 = 381 :

    ――――ザシュッ


    セイバー「……シロウ」

    ドサッ


    セイバー「シロウ? シロウ、何故私を庇ったのです!」

    士郎「――」

    セイバー「シロウを守るのが私の使命なのに……何故」



    黄金の騎士「……雑種風情が粋がりおって」チッ

    714 = 416 :

    リンも乗りなれてきたなw

    715 :

    黒王号に乗るのも馴れてきたな

    716 = 185 :

    いよいよ二指真空把の出番かwww

    717 = 381 :

    黄金の騎士「興醒めだ。今宵はここまでにしてやる」スゥ…




    「待ちなさい」




    黄金の騎士「……まだ何か?」

    セイバー「主君を斬られて黙っていたとあれば、騎士の名折れ」ザッ

    セイバー「ギルガメッシュ、貴方を討ち取ってこの汚名を濯ぐ!」チャキッ

    718 = 416 :

    騎士王が、ぬかしよる。(ドッ

    719 = 468 :

    ギルたんかわゆ

    720 = 381 :

    ギルガメッシュ「調子に乗るなセイバー。今の貴様では我に勝てん」

    ギルガメッシュ「そこの身の程知らずの雑種に免じて、今宵は見逃すというのに、尚向かってくるか」

    セイバー「それでも……私は」ゴオオォッ

    ギルガメッシュ「……ふん。よい、ならば精々叫んでみよ!」ブォォッ



    ――――シロウ、私は……――――



    セイバー「エクス―――――」コォォ…

    721 = 127 :

    士郎瀕死なのにそれ使って大丈夫なの?

    722 = 232 :

    士郎が消滅する

    723 = 133 :

    あ、ギルになった

    724 = 381 :





    ―――――ッッッ    ゴオオォォォォォッッッ―――――




    「きゃああ!?」

    黒王号「ヒヒーンッ!?」

    ラオウ「ぬ!? 静まれ!」グッ



    ラオウ「なんと猛々しい光…………まるで死兆星のようだ」

    725 = 416 :

    そうか、ラオウ死んだから死兆星の輝きを知っているんだな

    726 :

    >>725
    いや死ぬ前から知って無かった?
    弟二人にバンバン見せられてた気がする

    727 = 381 :

    ドシャッ


    ドタッ    ズザァァ…


    ギルガメッシュ「呆気ない。聖剣を持ってしてそれか」

    セイバー「」

    ギルガメッシュ「今のお前に我を惹き付ける強さは無い。そのまま消えるがいい」



    バカラッバカラッバカラッバカラッ


    ギルガメッシュ「ん?」

    黒王号「ヒヒーンッ!!」ズズンッ

    728 = 136 :

    「我が頭上に死兆星が!?」とかテンパってたもんな

    729 = 127 :

    黒王、拳王、英雄王。キングが揃い踏みじゃあ~~!

    730 = 381 :

    「士郎! セイバー!」バッ


    ギルガメッシュ「王の前である、頭が高いぞ!」

    ラオウ「我は世紀末覇者拳王! この世に王は一人でよい」

    ギルガメッシュ「ほざけ雑種。王とは我、我こそが王。我の前に王はなく、我の後に王はいない」

    ラオウ「ふ……」

    ギルガメッシュ「何がおかしい」

    ラオウ「なに、うぬのような人間を見たのは久しぶりでな」


    ズズンッ

    ラオウ「恐怖で支配してやりたくなる」バサッ

    731 = 705 :

    征服王はどうしたんですかぁー!

    732 = 136 :

    正直ギルは無想転生あるからなんとかなりそうな気はするが兄貴相手が一番キツそうだな

    733 = 490 :

    >>731
    居るわけないだろ

    734 :

    なぜかギルの台詞がリリカルなのはの闇統べる王ちゃんで再生された ディアーチェかわいいよディアーチェ

    735 :

    うぬをみてるといつもハートドキドキ☆

    736 :

    体は拳でできている

    737 = 133 :

    >>735
    ハート様「ドキドキしてそのまま破裂した」

    738 = 438 :

    >>736
    じゃーんけーん ぬぅん!

    739 = 381 :

    ギルガメッシュ「いいだろう。その大口、貴様の悲鳴と引き換えに許して進ぜよう」スッ

    ラオウ「……」ピクッ



    ギルガメッシュ「踊れ」パチンッ



    ――――ドガガガガガガガガガガッッッ



    「!? ラオウ!!」

    740 :

    これは近年稀に見る良作

    741 = 563 :

    か、かっけぇー

    742 :

    うぬぅ…(・ω・;)

    743 = 416 :

    火花が散る雰囲気、たまらん

    745 = 381 :

    ラオウ「ぬうぁぁぁぁあああッッ!!」ゴオッッ


    ――――バチバチバチバチバチッッ――――


    ギルガメッシュ「……ほう」

    ラオウ「我が肉体は無類無敵……!」

    ギルガメッシュ「ふふ……」


    ギルガメッシュ「ふははははは!! これほどの大馬鹿者は久しぶりだ! 良い、良いぞ!」

    747 :

    おもしれすぎる

    748 :

    そういえば4次ライダー5次バーサーカーという筋肉枠は
    二人ともGOBで全身串刺しにされながらもギル目前までたどり着いてるんだよな


    ←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×5
    タグ : - fate + - 北斗の拳 + - 遠坂凛 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について