のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:124,248,167人
912,652,209頁
昨日:539人
614頁
今日:44人
44頁
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ上条「御坂の妹じゃねーか、何してんだ?」美琴「えっ?」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×11
    タグ : - とある魔術の禁書目録 + - 上条当麻 + - 上琴 + - 御坂美琴 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    3 :

    変な格好ったっていつも通りの制服のハズじゃ…

    4 :

    ネガキャンしまくるわけか
    そうしたらお互いにネガキャンして、結果的に両方とも嫌われるんじゃね?

    7 :

    上条「くっ………流石に言いすぎたけどいきなり殴ることは………!」

    御坂「なんですか?」

    上条(短パン………ってことは御坂か?)

    御坂「こ、こちらもすこしやりすぎました………と、謝罪します」

    上条(でもなんで御坂妹の真似なんか?」

    上条「ああ、いいって」

    よりカオスへ

    12 = 7 :

    御坂(あいつって妙にあの子たちに優しいわよね)

    上条「あー今何してんだ」

    御坂「立ちよ………スーパーへ買い物です」

    上条「おまえもか、イヌの餌が無くなったのか?」

    御坂(犬?あの子犬なんか買ってたの?)

    御坂「そ、そうです」

    上条「じゃあ一緒に行くか

    13 = 7 :

    ースーパーー

    上条「とりあえず餌の方から行くか」

    美琴「そうですね」

    美琴(ばれてないみたいね…)

    上条「こんなんでいいんじゃねえか?」

    美琴「ん?猫の餌?」

    上条「ああ、いつも買うやつとかあんのか?」

    美琴「犬の餌ですよね?」

    上条「そうだろ」

    美琴「犬の餌が猫の餌?」

    上条「違うのか?」

    美琴「え?」

    上条「え?」

    15 :

    インデックなんとかさんの出番はあるのかな

    16 :

    インデラックスさんは大食いのため先生のところに都合よくお出かけしています

    17 = 7 :

    上条(そうか、こいつは知らねえのか)

    上条「シュレディンガーよりマシな名前だと思うんだけどな~」

    美琴(………猫の名前にイヌ!?)

    美琴(同じDNAなのになんて感性してんのよ)

    美琴「えっと…それでいいです」

    上条「そうか、んじゃ俺の方の買い物も済ませるか」

    美琴「ちなみに何を買うんですか?」

    上条「とりあえず今日の飯分は買わねえとな」

    美琴「ということは食材売り場ですか」

    上条「いや、弁当とか適当に買ってくから、うちの大食らいはイギリスに帰ってるしいいだろ」



    イントロダクションさんはご覧の通りの扱い

    というか先が見えないぞこれ

    18 = 9 :

    普段ビリビリなビリビリも御坂妹というペルソナを通してであれば上条さんに甘えられるのではないか?

    「御坂は、御坂は、頭を撫でて欲しくなった、と、御坂は、」

    「お、おう」ナデナデ

    とかそういう可能性の存在が心に安らぎを与えてくれる

    19 :

    「先」だと!?ふざけんな!前の前に道があるんじゃねえ!
    お前の後ろに道が出来るんだよ!

    20 = 7 :

    美琴(これは………)

    美琴「それはよくないですね、栄養はしっかり取るべきです」

    美琴「め、迷惑でなければご飯を作りに行きましょうか?………とミサカは提案します」

    上条「いや、それは流石に………」

    上条(なんだ?こいつは何を企んでるんだ?)

    上条(俺の部屋を襲撃するつもりか?)

    上条「作ってもらうのは悪いし………」

    美琴「いえ、会ったのも何かの縁ですので」

    上条「………おまえ料理なんか出来んのか?」

    美琴「…どうやら本当に作らなきゃいけないようですね」

    美琴(あたしだって料理くらいできるわよ!)

    上条「じゃあ………おねがいします」

    美琴「ではさっそく材料を買いに行きましょう、とミサカは野菜売り場へむかいます」

    上条「あ、ああ」

    御坂「あれは………お姉さま?」

    21 = 19 :

    本命キター

    22 :

    店員「お会計、1357円になります。」

    上条「えーっと、1300……。」

    上条「……不幸だ。」

    店員「あのぉ…お客様?」

    上条「あー、えーっと…すいません。これはやっぱ買わn」

    美琴「ちょっt…どうかなさいましたか、とミサカは疑問を投げかけます。」

    上条「金が足りなかった…下し忘れた…」

    美琴「……では、ミサカが足りない分をお支払いします、とミサカは財布を取り出します。おいくらですか?」

    上条「い、いや悪いって。これかわなきゃ良いだけのことだからさ、な?」

    美琴「お気になさらず、とミサカはレジの表示を確認し、代金の支払いを済ませます。」

    23 = 7 :

    美琴「何が食べたいですか?とミサカは今晩のメニューについてたずねます」

    上条「そうだな~まあ無難にハンバーグとか?」

    美琴「栄養を考えてロールキャベツですね」

    上条「上条さんの意見は最初から無視ですか」

    上条(ロールキャベツなんか作れんのか…以外と家庭的なんだな)

    美琴「さてキャベツは買ったので………!」

    御坂「!………今確実に目があいましたね、そろそろ行きますか」

    美琴(なんであの子がここにいんのよ!しかもこっちに向かってきてる!!!)

    上条「?」

    美琴(こうなったら………)

    25 :

    こないだロールキャベツの作り方見たけどかなりの料理テクを要する
    ビリビリには無理だ・・・

    26 :

    レールガン応用すれば、そこらの鉄パイプで飛べるよな?
    なんで美琴って歩いてんの

    27 :

    >>26
    たおぱいぱいみたいな感じか?

    28 = 7 :

    美琴「お、お姉さまではないですか」

    御坂「どうしたのですか?とミサカはお姉さまのおかしなたいお…」

    ガシッ

    美琴「いいから話をあわせて!」

    御坂「………肉まん」

    美琴「くっ………わかったわよ」

    御坂「あんまんもおねがいします」

    美琴「………しょうがないわね」

    美琴「そのかわり頼んだわよ」

    御坂「肉まん、あんまん分の働きはします、とミサカは契約成立を確認します」

    上条「どうした?」

    31 :

    >>26
    そもそも美琴は能力で羽生やして飛べるよ
    でもそれやってると黒子みたいに太るからやらないだけ

    32 :

    >>27
    美琴「ぴょっ!!!!」

    33 = 7 :

    御坂「別に何にもないわよ」

    美琴「!」

    御坂「で?あんたはこの子と何してるわけ?」

    上条(あれこっちが御坂?)

    上条「いや~買い物にきたらこいつもイヌの餌買いに来たらしくて」

    御坂「ああ、そうなの」

    上条「んでこれ買ったんだよ」

    御坂「なるほどね~だからキャベツと猫缶が一緒に入ってんのね」

    上条(…?イヌのこと知ってるってことはやっぱり御坂妹か)

    美琴(あたしがいる………)

    34 :

    個人的にインデデデ大王さんも出してほしかったな

    35 :

    >>34
    インスタントさんはいらない子

    37 = 34 :

    >>35
    インターナショナルハイスクールさんディスる奴は許さない

    38 :

    これは久々に興味深いスレ

    39 :

    インデックスだろうが!!
    二度と間違えるな!

    40 :

    インランデックスさんは

    41 = 29 :

    私怨

    44 :

    イントロどん!さん?

    45 = 26 :

    イン果応報さん?

    46 = 38 :

    わかってる、インカ帝国さんだろ?

    47 :

    >>1
    面白かったよ!!!

    48 = 7 :

    御坂(気づいてないようですね、ミサカの演技力ならこれくらい余裕ですね)

    上条「そういうおまえはなにしてんだよ?」

    御坂「あたし?別に、たまたま外歩いてたら一緒にいるのが見えて来ただけよ」

    美琴「そろそろ行かないと料理する時間がなくなりますよ、とミサカは時間を気にしながら買い物の続きを促します」

    上条「そ、そうだな」

    御坂「!それはどういうことで…どういうことよ!」

    上条「あ~なんか飯作りに来てるみたいで…」

    美琴「なのでお姉さま、また今度」

    御坂(そうはいきません)

    49 :

    インディジョーンズでないのか

    50 = 38 :

    やはりぶっちぎりで妹は萌えるな
    ビリビリには悪いが


    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×11
    タグ : - とある魔術の禁書目録 + - 上条当麻 + - 上琴 + - 御坂美琴 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について