のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:124,295,178人
912,706,062頁
昨日:603人
658頁
今日:347人
408頁
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ上条「女の子と仲良くなりたい……」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×7
    タグ : - ヤンデレ ×2+ - 黒子 + - gyakutenn + - とある + - とある魔術の禁書目録 + - + - にゃんこい! + - アクセラレータ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    2 :

    この物語はみなみけの日常を淡々と描くものです
    過度な期待はしないで下さい
    あとテレビから3mは離れて見やがってください

    3 = 1 :

     
    禁書「ふぅん。でも女の子の友達なら、もういると思うんだよ」

    上条「え? どこに?」

    禁書「ここに! インデックスはずっと、とうまの友達なんだよ!」

    上条「………………」

    禁書「ね?」

    上条「……違うんだ……」

    禁書「違う?」

    上条「俺は同年代の友達が欲しいわけで、ロリコンじゃないんだ……」

    禁書「む、どういう意味なのかな? すっごく失礼なことを言われてる気がするんだよ!」

    4 = 1 :

     
    ~ 公園 ~

    上条「いつもの公園に来てみました。ここでたそがれてたら女の子との運命的な出会いが……」

    上条「……あったら苦労しませんよね。だから困ってるっていうのに」






    ザッ

    御坂「……ねぇ、アンタ」

    上条「……え?」

    御坂「アンタよ、アンタ! どうしたのよ、いつも以上に辛気臭い顔して」

    上条「なんだ、ビリビリか……」

    御坂「ちょっ……なんだとは何よ!」

    5 = 1 :

     
    上条「上条さんは忙しいんです、邪魔をしないでください」

    御坂「忙しいって、見るからにヒマそうじゃない」

    上条「こう見えても大変なんだよ。いつ女の子が通りかかるかもしれないし」

    御坂「……は?」

    上条「おっ! 可愛い子……と思ったら彼氏付きかよ! リア充滅びろ!」

    御坂「………………」

    6 :

    リア充になりたいやつがリア充の悪口言うのは、自分への侮辱だよな

    7 = 1 :

     
    御坂「……アンタ、一体どうしたのよ」

    上条「どうしたって? 女友達を作りたいんだよ、俺は」

    御坂「女友達……って、アンタが!? あ、アンタってそんなにガツガツしてるヤツだっけ!?」

    上条「前はそうでも無かったんだ。でもやっぱり俺も男だし、女の子と楽しく過ごしたいって思い始めて……」

    御坂「………………」








    御坂「……そ、そういうことなら」

    上条「ん?」

    御坂「わ、私、とか……私が友達になって、あげなくもないっていうか……」

    8 :

    行動力がいいよね

    9 = 1 :

     
    上条「ホントか!?」パァッ

    御坂「う、うん……(そ、そんなに嬉しいのかしら)」

    上条「やったぜ! ねんがんの女友達をてにいれたぞ!!」

    御坂「か、かかか勘違いしないでよね! アンタが哀れだから、仕方なく友達になってあげるだけなんだから!」

    上条「分かってる分かってる! 感謝してるぜ、ありがとうビリビリ!」

    御坂「ちょ、ちょっと」

    上条「ん?」

    御坂「アンタね、仮にも友達になるんだったら『ビリビリ』は……」

    上条「あ、悪い……ありがとな、美琴!」

    御坂「み、みこっ……!?」

    11 = 1 :

     
    御坂(や、ヤバイ! 私、顔真っ赤……!)

    上条「……おい美琴、大丈夫か? 顔が赤いけど、熱でも」

    御坂「あぅ……だ、大丈夫! 大丈夫だから……」

    上条「そうか? じゃあ、美琴も名前で呼んでくれよ」

    御坂「はぁ、はぁ……え?」

    12 :

    インディペンデンスさん見た目年齢14くらいじゃなかったっけ……?
    美琴と変わらないはずなんじゃ

    13 = 1 :

     
    上条「だって美琴、いつも俺のこと『アンタ』って呼ぶだろ?」

    御坂「うっ! そ、それは……」

    上条「はやくwはやくwはやくwはやくw」

    御坂「……と……と、とう、ま……」

    上条「んん~? 聞こえんなぁ~」

    御坂「と……当麻っ!」カアッ




    御坂(は、恥ずかしい……なによこれ、何のプレイよ……!)

    14 :

    何のぷれいよwwwwwwwwwwwwwwww

    15 = 1 :

     
    上条「おお、感動だ……ありがとう美琴、こんな俺と友達になってくれて」

    御坂「べ、別に大したことじゃ……」

    上条「俺、一生美琴を大事にするからな!」

    御坂「…………!!」ボンッ

    上条「……美琴、どうしたんださっきから。やっぱり具合でも悪いのか?」

    御坂「な、なんでもないわよ、バカ……」






    御坂(ま、紛らわしいこと言わないでよ……本気にしちゃうじゃない)

    16 = 1 :

     
    御坂「そ、そうだ。携帯の番号教えてよ」

    上条「あれ? 美琴、俺の番号知らなかったっけ?」

    御坂「あ、当たり前でしょ! なんで私が、と、当麻の番号を知ってんのよ!」

    上条「悪い悪い。なんか普段から顔合わせてたから、勘違いしてたぜ」

    御坂「……顔を合わせてるって言っても、いつも喧嘩ばっかりだったじゃない」

    上条「そういえばそうだな。でもこれからは、いきなり喧嘩は無しだぞ」

    御坂「う、うん」

    上条「喧嘩なんかより、俺は美琴と仲良くしたいんだ」キリッ

    御坂「んなっ……」プシュー

    17 :

    かわいい

    20 :

    原作読んでないのな

    21 = 1 :

     
    上条「……とは言え、困ったことがありまして」

    御坂「こ……困ったこと?」

    上条「上条さんは一人も女友達がいないから、どうやって接すればいいのかいまいち分からないのです」

    御坂「そ、そうなの? 意外ね……」

    上条「というわけで、差し支えなければその辺りをご教授いただきたいのですが」

    御坂「……えーと、そうねぇ。まずは、当麻が私にモーニングコール……な、なんちゃって」

    上条「ふむふむ」メモメモ

    御坂(えっ、信じてる!?)

    22 = 20 :

    続けたまえ

    23 = 1 :

     
    上条「次は?」

    御坂「つ……次は、お昼ご飯。これは私の作ったお弁当ね」

    上条「えっ? でもそれは美琴に負担がかかるだろ?」

    御坂「モーニングコールのお返しってこと。常識よ?」

    上条「なるほど……深いな」

    御坂「それから、たまに一緒に遊びに行ったり、ショッピングに行ったりするの」

    上条「おお、リア充っぽいぜ!」




    御坂(ちょ、調子に乗って言い過ぎたような気が……だ、大丈夫、よね……?)

    24 :

    女友達どころか男友達もいなくて童貞の俺が勉強しに来ました

    25 :

    姫神「………」

    26 = 1 :

     
    ~ 翌朝 常盤台女子寮 208号室 ~


    御坂「………………」ジー

    御坂「………………」ジー

    御坂「………………」ジー


    ~~♪


    御坂「き、来たっ!」ピッ

    御坂「もしもしっ!」

    上条『おう、おはよう美琴。朝から元気だな』

    御坂「そ、そう? 今起きたところよ?」

    28 = 1 :

     
    上条『美琴、自分で起きられるのか? じゃあコールいらな』

    御坂「いるっ! 絶対いる!!」

    上条『……そ、そうか。まあ寝過ごす日もあるだろうしな』

    御坂「そ、そうそう! これからもお願いね!」

    上条『分かった。上条さんにどーんと任せておきなさい』

    御坂「う、うん、よろしくね? それよりお弁当のことなんだけど」

    上条『それ、俺も考えたんだけど、朝でないと受け渡しはできないよな……』

    御坂「だよね。だから、いつもの公園の自販機のとこで待ち合わせにしない?」

    29 = 1 :

     
    上条『分かった。じゃあ、また後でな』

    御坂「うん。お弁当、頑張って作るからね」

    上条『楽しみにしてるぜ』


    ピッ


    御坂「ふふっ。今日はいい一日になりそう」

    御坂「それにしても……当麻と友達っていう関係があるだけで、私、素直になれたんだ……」

    御坂「なんか、今まで意地になってたのがバカみたい。どれだけ時間を無駄にしちゃったんだろう……」

    30 = 24 :

    主人公が策士ビリビリになってる件

    31 = 1 :

     
    白井「お姉様……今日はお早いお目覚めですのね?」

    御坂「あっ、黒子。起きてたんだ」

    白井「そんな大声でお電話をされては起きるに決まってますの」

    御坂「あ……ごめんね」

    白井「それより、身支度などされて、こんな早くからどちらに?」

    御坂「寮の厨房。お弁当作ろうと思って」

    白井「お弁当……?」





    白井(……お姉様、お弁当など作ったことありましたっけ……)

    白井(誰かに渡す? 残念ながら、黒子のためのお弁当、というわけではありませんわよね……)

    白井(相手は誰でしょう。と言っても、あんなにご機嫌なお姉様を見ると、なんとなく想像はつきますが)

    32 = 1 :

     
    ~ 公園 ~

    御坂「は、はいっ。美味しくなかったら食べなくてもいいから」

    上条「バカだな美琴。俺がそんな人間に見えるのか?」

    御坂「……み、見えない」

    上条「だろ?」

    御坂「で、でも私、実は人にお弁当とか作ったことなくて」

    上条「……前に手作りクッキーの話をしただろ。あれと同じで、要は気持ちがこもってるかどうかだよ」

    御坂「そ、それなら大丈夫! 気持ちだけはいっぱい入ってるから!」ニコッ

    上条「う……み、美琴、お前可愛いすぎるだろ……」

    御坂「えっ……あ、ありがと」カァッ

    33 = 1 :

     
    ~ 高校 ~



    上条「土御門、訊いてくれよ!」

    土御門「おお、どうしたかみやん。珍しくハイテンションだにゃー」

    上条「ついに俺にも女の友達ができたぜ!」

    土御門「……なぬ」

    上条「お前にとっちゃ当たり前のことかもしれないけど、俺にとっては大きな進歩なんだぜ?」

    土御門「………………」

    上条「今日も朝からモーニングコールに、手作りの弁当に……上条さんは幸せですよ」

    土御門「……待て待てかみやん、そのりくつはおかしい」

    35 = 1 :

     
    土御門「まず、そもそもかみやんは女の友達がいなかったのか?」

    上条「ああ。お前ならよく知ってるだろ」

    土御門「……姫神は?」

    上条「姫神はクラスメートじゃないか。違うのか?」

    土御門「いや、そうなんだが……あと、なぜにモーニングコールに弁当?」

    上条「その女友達が、そうするのが普通だって言うから……」

    土御門「あー……なるほどなるほど、よーく分かったにゃー」

    上条「? 何がだよ」

    土御門「かみやん、変な女に騙されてるんだにゃー。女と縁が無いと勘違いしてるかみやんに付け込んで……」

    上条「み、美琴はそんなヤツじゃない!」

    土御門「……そうかい。ま、かみやんが刺されるような事にならないように、お祈りしておくぜよ……」

    36 = 1 :

     
    ~~♪


    上条「お、また美琴からメールだ」

    上条「電話もいいけど、メールするのも楽しいな。授業中でも返してきてくれるし」

    上条「こんな楽しいことを知らなかったなんて、俺はやっぱり不幸だったんだな……」





    上条「……それにしても、美琴だけでもこんなに楽しくなるってことは」

    上条「たくさん女友達を作れば、もっと幸せになれるのか……?」

    37 = 18 :

    上条w

    38 = 1 :

     
    ~ 一週間後 ~

    上条「おはよう、美琴」

    御坂『おはよ、当麻』

    上条「もう起きてたみたいだな。美琴は早起きなのか?」

    御坂『ま、まあね』

    上条「やっぱり、コール無くてもいいんじゃないのか?」

    御坂『だ、ダメ! 当麻の声を聞かないとやる気が……』

    上条「えっ?」

    御坂『……あっ、ち、違う違う! 当麻のダルそうな声を反面教師に、やる気が出るってこと!』

    上条「あ、ああ、そういうことかよ。ビックリさせんなよ……」ドキドキ

    40 :

    らめええええええええ!!!

    41 = 1 :

     
    上条「じゃあまた後でな、美琴」

    御坂『うん』


    ピッ


    禁書「むー……どんどんお喋りの時間が長くなってるんじゃないかな、とうま」

    上条「しょうがないだろ、これが楽しいんだから」

    禁書「つまんない。つまんないつまんない!」

    上条「……どうしたんだよインデックス。あ、分かった。朝飯が遅いから怒ってんだろ?」

    禁書「違うよ! もういい、朝ごはんいらない!」ダッ

    上条「え、いらないのか…………ってえええぇぇぇ!? インデックスさんが朝飯抜き!?」

    42 :

    もてすぎだろjk

    44 :

    これはカス条の予感

    45 :

    上条さんの鈍感っぷりには胸が熱くなるな

    46 = 1 :

     
    禁書「……ぐすっ……インデックスだって、とうまとお喋りしたいのに……」

    禁書「最近のとうま、電話やメールばっかりしてて、全然インデックスに構ってくれないんだよ」

    スフィンクス「にゃー」

    禁書「スフィンクス、どうしよう。インデックスは、とうまに嫌われちゃったのかな……」

    スフィンクス「なーぅ」

    禁書「とうま、いっつも誰とお喋りしてるんだろう……やっぱり、女の子なのかな」

    47 :

    カス条さん人気すぎw

    48 = 1 :

     
    ~ 翌朝 ~



    御坂「………………」スゥスゥ


    ~~♪

    ~~♪

    ~~♪


    白井「んんっ……うるさいですの」

    白井「ちょっとお姉様、電話が鳴ってますわよ」

    御坂「………………」スゥスゥ

    白井「……お疲れのようですわね。全然起きる気配が無いですの……」

    49 :

    たまにはかっこいい上条さんを見せてくれよw

    50 = 1 :

     
    ピッ


    上条『もしもし、美琴か? 珍しく出るのが遅かったな』

    白井「おかけになった電話番号は、現在使われておりませんの」

    上条『へ……その声は、白井か?』

    白井「ええ。やはり毎朝の電話の相手はあなたでしたのね」

    上条『なんで白井が美琴の携帯に……』

    白井「お姉様、お疲れのようで。今も眠り姫のように夢の世界へ旅立っておられますわ」

    上条『そうか……じゃあ、無理に起こすこともないか』

    白井「そうしていただけると嬉しいですわね。それより、いつの間にお姉様のことを名前で……」

    上条『結構前からだぞ。美琴も俺のことを当麻って呼ぶし』

    白井「……随分と親密な仲ですのね。お弁当を用意するくらいなので、それは想像がつきますけど」


    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×7
    タグ : - ヤンデレ ×2+ - 黒子 + - gyakutenn + - とある + - とある魔術の禁書目録 + - + - にゃんこい! + - アクセラレータ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について