のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:124,212,725人
昨日:no data人
今日:
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ佐天「写輪眼を開眼する能力かぁ」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    1 :

    立つか?

    3 :

    書くんならさっさと書きんさい

    4 :

    >>2
    左のソレはなに

    5 :

    くそまとめ民ちーっす

    6 = 1 :

    佐天「うーいーはーるー!」

    初春「どうしました、佐天さん」

    佐天「やったよ、初春。ついに能力に目覚めたんだよ」

    初春「へぇ、どんな能力なんですか?」

    佐天「知りたい? ねぇ、知りたい? えー、どうしようかなー」

    初春「……知りたいので教えてください」イラッ

    7 :

    使い捨てやん

    8 = 1 :

    佐天「へぇ、そんなに知りたいんだ。仕方ないなぁ、初春は親友だから教えてあげる!」

    初春「おねがいします」

    初春(めんどくさ)

    佐天「実はね、初春。写輪眼を使うことができるようになったんだ」

    初春「しゃりんがん? なんですか、それは」

    9 :

    開眼するには愛する人が死ぬようなショッキングなことがないとだめなんだけど誰か死んだの?

    10 :

    これ再放送な

    11 :

    親友・・・あっ・・・(察し)

    12 = 9 :

    >>11
    佐天「…正しくはこれから使えるようになるわけだが…」ズバッ

    初春「佐天…さん…?」

    こうですかね

    13 :

    親友が死ななきゃならないのは万華鏡の方じゃ…

    14 :

    サスケェ「ここが学園都市かェ…」

    ナルト「ついに到着したってばよ!」

    サクラ「ちょっとあんたたちキョロキョロしないでよ、田舎もんだと思われるでしょっ!」

    ナルト「ごめぇ~んサクラちゃん 俺ってば都会慣れてないから興奮しちゃったってばよ」

    カカシ「はいは~い、みんなちゃんと付いてきてね~」

    ナルト「迷子はごめんだってばよ!」

    サクラ「ほんと気をつけなさいよねあんた!」

    カカシ「あれ?サスケェ…は?」

    ナルト「サスケェの奴…プップップ…迷子になったってばよ?wwwwwwww」

    サクラ「そんなわけないでしょ!あんたじゃあるまいし…」

    ~~~~~~~

    サスケェ「…(ワクワクドキドキ)」

    御坂「(誰よアイツ…見ない顔ね…)」

    サスケェ「…?!」

    みたいなナルト視点のも見てみたいなぁ

    15 = 1 :

    佐天「うーん、私も詳しくはよく分からないけど、こうババーッと高速移動するモノを見切ったりできる能力なんだー」

    初春「それって要するに固法先輩みたいな能力ですか?」

    佐天「うーん、透視能力とはまた違うんだよね」

    初春「レベルは何なんですか?」

    佐天「一応、強能力なんだ」

    初春「いきなり強能力者!? 凄いじゃないですか、佐天さん!」

    佐天「えへへ、それほどでも」

    16 = 9 :

    >>13
    写輪眼も万華鏡も結局どっちも親しい人が死んで悲しむことじゃね

    17 = 1 :

    初春「御坂さん達には報告は」

    佐天「うーん、まだしてないよ」

    初春「それじゃあ、今から」

    佐天「あっ、ごめんね。今からちょっと先生のところに行かないといけないんだ」

    初春「そうですか。それじゃあ、明日は」

    佐天「あ、うん。明日は大丈夫だよ、多分」

    初春「じゃあ、白井さん達を誘っておきますね」

    佐天「うん、分かった」

    18 :

    >>16
    写輪眼は危機的状況になったりすればいいっぽい

    19 = 1 :

    佐天さんと別れ、初春の帰り道。

    初春「♪」

    初春(佐天さんも能力者になれたんことだし、明日はちょっと奮発して…)

    初春(それにしてもいきなり強能力者。凄いですね、佐天さん。私も頑張らないと…)


    「ねぇ、そこの君。ちょっと良いかね」


    初春「はい?」


    ―――――――

    20 = 9 :

    >>18
    >生命の危機等をトリガーとして開眼する。
    原理的には、愛情を知ったうちは一族がその喪失を感じて深い悲しみ・怒りの感情に飲まれた時や、また己の力不足に対する憤りを爆発させると、脳から特殊なチャクラが発生し、視神経が影響を受けることで開眼する。


    サスケの場合は慕っていた兄貴の裏切りとうちは虐殺の恐怖からの開眼?
    よくわからんね

    21 = 1 :

    一方、その頃。佐天さんは、とある研究室にいた。

    佐天「あの、えっと…ここは一体」

    「あ、少し散らかってると思うけど気にしないで頂戴」

    佐天「いえ、そういうことではなくて…それにあなたは」

    芳川「そういえば自己紹介がまだだったわね。私は芳川桔梗。あなたの能力開発を任されたのよ」

    佐天「あ、そうなんですか! わ、私は」

    芳川「佐天涙子さんよね。ふふ、もっと楽にしていいわよ」

    22 = 1 :

    ちょっとご飯いってくる。保守オナシャス。それと再放送ではないからな。前に書いたのがバッドエンドに終わったから今回はハッピーエンドを目指すお

    23 :

    一方通行に効きそうなのはイザナミイザナギ位か

    24 = 13 :

    >>23
    天照は…
    熱量反射できるのは未だに納得できない。

    25 = 1 :

    >>24
    これは思う。分子の振動の向きを自在に返られる固体を液体に変えたりもできそうだよな

    26 :

    >>24
    熱量は反射してないだろ
    高温の熱風は反射できるだろうけど

    27 = 26 :

    >>25
    分子運動の向き変えてもエネルギーは増減するわけじゃないから熱量は変わらないぞ

    28 = 13 :

    >>26
    一方通行(アクセラレータ)
    運動量・熱量・光量・電気量など、体表面に触れたあらゆる力の向き(ベクトル)を任意に操作(変換)する

    でも確かに細かいこと気にしたら霧がないな。

    29 = 26 :

    >>28
    半分以上スカラーじゃねえかwww

    30 = 1 :

    >>27
    分子運動の向きを変えるということは、分子の振動を演算子に組み込んだ上、その向きを変えるんだろ?
    それに分子運動の向きを変えたところで熱量が増大しないのは理解している。
    だけど物質の大半が分子の移動によるものなんじゃないの?
    固体を液体に変えるのは無理でも、液体を気体に変えたりはできそう

    31 = 13 :

    >>30
    >>1だったのか…続きはよ

    32 = 5 :

    再放送だな
    佐天さんが周り殺しまくるのは笑った

    33 = 11 :

    写輪眼の瞳術は一方に効くんじゃないか?



    >>20
    それはひょっとしてギャグで言ってるのか?

    34 :

    熱量の移動はベクトルだけど天照は見たものを燃やすから効くんじゃね

    35 :

    >>32
    >>22を読め

    36 :

    幻術って脳内のチャクラをコントロールするんだからナルトの世界の住人以外には効かないはずなんだけどなぁ

    37 = 1 :

    佐天「そ、それでその、芳川さんが私の能力開発を?」

    芳川「ええ、あなたのその能力はまだ分からないことだらけなのよ」

    佐天「へ?」

    芳川「最初は透視能力の類だとは思っていたみたいだけれど、それとはまた違う。書庫に登録されている能力とは類を見ない能力なのよ」

    佐天「えっと、そうなんですか。そんなに凄い力なんですか?」

    佐天(あ、あんまり実感わかないなぁ)

    38 = 1 :

    芳川「―――というわけであなたの能力開発に私が回されたというわけ」

    佐天「よ、よろしくおねがいします!」

    芳川「こちらこそ」

    芳川(ふぅ、それにしても統括理事会は何を考えているのかしら。私にはあの実験もあるのにその合間を縫ってこの子の能力の開発。完全に寝かせない気ね)

    39 :

    >>22
    スレタイ前みたことあるなあと思っていたら前の作者か
    期待してるぞ。

    40 = 26 :

    >>30
    状態変化は分子がどれだけ激しく動くかだからエネルギーが増減しないと変わらないぞ
    分子同士を逆ベクトルにして衝突させてエントロピーを減少させることはできそうだが、それって結局観測でエネルギー変化してて断熱系じゃなくなるしなあ

    41 = 1 :

    芳川「とりあえずあなたの能力を見せてくれる?」

    佐天「はい、分かりました!」

     芳川の要望に応じる彼女は、目を閉じ、開いた。

    佐天(写輪眼!)

     彼女の両方の瞳の色が変化していた。朱色の瞳に瞳孔を囲うように三つの勾玉が浮かんでいた。

    芳川「それが写輪眼というやつね。もういいわよ」

    佐天「あ、はい、分かりました」

     佐天が瞬きをした直後、もう元の瞳に戻っていた。

    42 = 1 :

    佐天「それで次は何をすれば」

    芳川「あー、ごめんなさいね。今日は能力を確かめる為だけに呼んだのよ」

    佐天「そうですか…」

    芳川「そう落ち込まないで。明日は予定あるかしら?」

    佐天「明日、ですか?」

    佐天(明日は初春と遊ぶ約束が…)

    43 = 1 :

    芳川「無理、かしら?」

    佐天「えっと、その……」

    芳川「無理にとは言わないわよ?」

    佐天「……明日ですね。分かりました」

    佐天(初春なら分かってくれるよね)

    芳川「そう。それじゃまた明日」

    佐天「はい、それでは失礼します!」

    45 = 1 :

    佐天の退室とほぼ同時に一方通行が入ってくる。

    一方通行「おいおい、なンだ今のガキは」

    芳川「あら、来てたの。今の子は普通の学生よ」

    一方通行「普通の学生がこンな場所にくるわけねェだろ」

    芳川「…それで? あなたがここにくるなんて珍しいわね」

    一方通行「ふン、来たくて来たンじゃねェよ。次の実験はいつか聞きにきただけだ」

    芳川「……渡した書類に書いてなかったかしら? 次の実験は今日の18時からよ」

    一方通行「そォかい。そンじゃ愉快で楽しい実験まで準備でもするかァ」

    一方通行(写輪眼か、ちとばっか書庫でも漁ってみるかァ)

    46 = 1 :

    翌日。

    佐天「うーいーはーるー!」バサッ

    初春「ひゃっ!?」バッ

    佐天「おっ、水玉かぁ。今日も可愛い下着だね、初春」

    初春「も、もう佐天さん! やめてください!」

    佐天「あはは、ごめんごめん」

    初春「ごめんじゃないですよ、まったくもう」

    47 = 1 :

    初春「あっ、そういえば佐天さん! 今日の放課後―――」

    佐天「ごめん!」

    初春「ふぇ?」

    佐天「ごめんね、初春。今日も行けないかも」

    初春「えっ、どうして…」

    佐天「いやぁ、今日も放課後に研究室に行かないといけないんだ」

    初春「…そ、それは仕方ないですね。それじゃ…予約はキャンセルしておきますね」

    佐天「うん、ホントにごめんね、初春」

    初春「いえ、それは仕方ないことですよ。頑張ってくださいね、佐天さん」

    佐天「うん、頑張るよ。ありがと、初春」

    49 = 1 :

    佐天「あっ、そうだ。明日は暇だと思うからあの店のパフェを奢るよ!」

    初春「えっ、良いんですか!?」

    佐天「うん、今日の埋め合わせに、ね」

    初春「そ、それじゃ、お言葉に甘えて」

    佐天「初春は甘いものが好きだからね。ってもうこんな時間。そういえば今日は職員室まで先生に呼ばれてたんだった」

    初春「……佐天さん。また何かしたんですか?」

    佐天「失敬な。私ほど模範的な女子中学生は他にいないよ。あっ、やばっ、じゃーね、初春!」

    初春「はい、佐天さん。また後で、ってもういない」

    50 = 1 :

    柵川中学、職員室。

    佐天「し、失礼します」

    担任「お、来たか」

    佐天「先生、おはようございます!」

    担任「おう、おはよう」

    佐天「それで一体」

    担任「佐天、今日からしばらくの間、授業に出なくていいぞ?」

    佐天「……え?」

    担任「お前には専用のカリキュラムを用意した。そっちに出ろ」

    佐天「そっ、そんな、なんでいきなり!」


    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について