のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:124,261,723人
912,667,703頁
昨日:536人
620頁
今日:268人
466頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ上条「五和と入れ替わった」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★
    タグ : - 神スレ + - TSF + - とある + - 上条 + - 五和 + - 入れ替わり + - 吹寄 + - 安価 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    ←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    51 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 01:22:46.37 ID:Z6G6T4/P0 (-25,-15,+0)
    ks
    52 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 01:29:05.66 ID:Z6G6T4/P0 (-5,+4,+0)
    k
    53 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 01:34:20.30 ID:zSzoogWc0 (-17,-7,-1)
    ksk
    54 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 01:35:02.74 ID:2c9FtYsK0 (+14,+29,-1)
    鉄装先生
    55 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 01:36:49.85 ID:LEpB8/RTO (+20,+29,-11)
    べジータ
    56 : 忍法帖【Lv= - 2011/11/06(日) 01:42:23.92 ID:C/RxFdtC0 (+19,+29,+0)
    どうすんだよこれ
    57 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 01:47:53.24 ID:Z6G6T4/P0 (+17,+27,-3)
    安価は厳しいな
    58 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 01:53:16.95 ID:zSzoogWc0 (+20,+25,+0)
    誰でもいいからはよ
    60 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:03:30.69 ID:210GTDqk0 (+24,+29,-4)
    誰も居ないのか、落ちるくらいなら
    61 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:08:19.42 ID:210GTDqk0 (+40,+30,-119)
    >>25から

    上条「な、何で俺がもう一人……?」

    「うう……あれ? 私が居る……鏡?」

    上条「……確認してーんだけど、お前は五和だよな?」

    「えっ!? 鏡の中の私が勝手に動いてる!?」

    上条「いや、鏡じゃねーんだ……」

    「か、鏡じゃない!? どういう事ですか……?」

    上条「今は五和に見えるかもしんねーけど、俺は上条当麻なんだよ」

    「上条、さん……? いったい何が……」

    上条「五和、鏡だ。これで見てみろよ」

    「は、はい……ええっ!? 上条さんになってる!?」
    62 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:10:12.26 ID:ammlenqs0 (-20,-5,-1)
    しえん
    63 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:11:43.21 ID:DNr+0riC0 (-5,+6,-1)
    おっ、期待
    64 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:14:10.68 ID:210GTDqk0 (+45,+30,-175)
    「どうしてこんな事が……。いや、これは夢です……そうに決まってます」

    上条「だと良いんだけどな……どうやら夢でも無さそうだぞ」

    「そ、そんな……私が上条さんになって、上条さんが私になっているなんて……」

    上条「なんでこうなっちまったんだろうな……」

    「もしかして……魔術師、でしょうか?」

    上条「何だと!? いや、確かに『御使堕し』とそっくりだな……おのれ魔術師!」

    「それならまだ何とかなるかもしれませんね、良かったー……」

    上条「ほっ……あれ? 待てよ……俺も入れ替わっちまってんだから……」

    「あっ……という事はもしかして……」

    上条「多分、魔術関係でも無いかもしれないな……」

    「そんなぁ……」
    65 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:14:37.60 ID:48vfSOGYI (-27,-15,-1)
    はよ
    66 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:15:53.64 ID:DNr+0riC0 (+22,+29,-15)
    魔術師じゃないだと……?
    67 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:17:26.50 ID:zSzoogWc0 (-28,-18,-1)
    支援
    68 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:17:43.05 ID:AxnGRKc70 (+24,+29,-17)
    最近安価になった途端閉じたくなるんだよな
    このまま続けておくれ
    69 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:19:44.10 ID:210GTDqk0 (+35,+30,-194)
    上条「とりあえず整理しよう、俺が五和。五和が俺になっている」

    「そして今の所、魔術関係ではないかもしれない」

    上条「さらに、入れ替わったのは頭をぶつけてからだ」

    「……これだけでは何も分かりませんね、どうしましょうか」

    上条「んー……もしかして、アレかもしれない」

    「アレ? 上条さん、何か心当たりがあるんですか!?」

    上条「あぁ……コレを見てくれ」

    「これは……漫画、ですか?」

    上条「あぁ、頭がぶつかって中身が入れ替わっちまってるだろ?」

    「そうですね……私達と同じみたいです」

    上条「つまり……よくある頭ぶつけて入れ替わるパターンのヤツだ!」

    「なるほど! さすが上条さん! ……でも、それって今の状況を表してるだけなんじゃ……」

    上条「あっ……それもそうだな……」
    70 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:20:26.83 ID:emlqJpky0 (+4,+14,-13)
    シエスタ
    71 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:23:19.39 ID:210GTDqk0 (+35,+30,-99)
    上条「うーん……今の所は何も分かんねーな」

    「そうですね……これからどうしましょうか?」

    上条「……そうだ! 頭をぶつけたんだから、そこを調べれば何か分かるかもしれないぞ!」

    「つまり、頭を調べるという事ですか?」

    上条「あぁ、知り合いの先生に聞いてみれば解決するかもしれねーからな」

    「さすが上条さん! その知り合いの先生とは誰なんですか?」

    上条「あぁ、いっつもお世話になってる――」
    72 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:25:56.31 ID:emlqJpky0 (+19,+29,-2)
    お世話に・・・
    73 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:28:20.29 ID:210GTDqk0 (+35,+30,-216)
    病院

    冥土帰し「――うん、申し訳ないけど僕でも力になれそうもないね?」

    上条「そ、そんなぁ……」

    「駄目なんですか……」

    冥土帰し「ええと、今は入れ替わっているからこっちの女の子に話せばいいのかな?」

    上条「俺が上条当麻です。……何とかなんないんですか?」

    冥土帰し「急に言われてもすぐに対処法が見つかる訳でもないからね?」

    「それはそうですよね……」

    上条「どうしたもんかな……」

    冥土帰し「まぁ、僕としても目の前で困った人を見過ごすのは嫌でね? 調べてみるから何か分かったらまた連絡しよう」

    上条「本当ですか!? お願いします!」

    冥土帰し「出来る限りの事はするつもりだけど、あまり期待しない方がいいかもね?」
    74 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:32:57.30 ID:210GTDqk0 (+35,+30,-189)
    「はぁ……結局このままみたいですね」

    上条「だな……元の戻るかどうかも分かんねーし、ひょっとしたら一生このままなのかもな」

    「そんな……」

    上条「……悪いな、五和。俺のせいでこんな事になっちまって」

    「い、いえ! 上条さんが悪い訳じゃありませんよ! 私も避けずにぼーっとしていましたし……」

    上条「そう言ってくれると気持ちが楽になるな。そういえば、何であの時ぼーっとしてたんだ?」

    「えっ……?」

    上条「急に黙って、何か考え事でもしてたのか?」

    「そ、それは……」

    (言えない……上条さんと、その……あんな事やそんな事を考えてたなんてとても……)

    上条「五和?」

    「は、はい! 何でもないですから気にしないでください!」

    上条「?」
    75 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:35:17.39 ID:210GTDqk0 (+35,+30,-75)
    上条「でもさ、冗談抜きにして本当にこのままだったらどうするよ?」

    「そうですね……私が上条さんのまま、という事ですよね」

    上条「それで俺が五和って事になるな……それだと、一生二人頑張って生活するしかねーのかもな」

    「一生、二人で……ですか?」

    上条「あぁ、一生二人でだな」

    (…………)

    ――五和の妄想タイム――
    76 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:37:01.83 ID:Z6G6T4/P0 (-15,-5,-1)
    しえん
    77 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:39:14.64 ID:210GTDqk0 (+35,+30,-131)
    『上条さん! お帰りなさい!』

    上条『ただいま、五和。今日もカッコいいぞ?』

    『そんな……上条さんも可愛いですよ。上着、貸してください』

    上条『あぁ、今日も疲れたー……』

    『えっと、上条さん……』

    上条『ん? どうした五和?』

    『お風呂にしますか? ごはんにしますか? それとも……わ・た・し?』

    上条『そんなの決まってんだろ? まずは、五和の体をぶち頂くっ……!』ガバッ

    『あっ……上条さん……だめっ、』


    ―――――――

    (こ、こんなふうな事に!? それはそれで……)

    上条(また急に黙っちまった……)
    78 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:42:19.22 ID:SCtlIHnT0 (+27,+29,-18)
    五和の下条さんがスタンドアップするんじゃないの
    79 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:42:52.60 ID:J8/7VoXN0 (+19,+29,-2)
    幻想殺しはどっちについているのか
    80 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:44:23.97 ID:210GTDqk0 (+35,+30,-157)
    (あれ? でも……そういう事をする時は……きゃ、きゃー)

    上条「五和? おい、五和ってば」

    「は、はい!? 何でしょうか!?」

    上条「『いれる』時は、どうなるんだろうな?」

    「え、ええっ!? 『いれる』時ですか!?」

    上条「あぁ、五和はどうした方がいいと思う?」

    (いれる、って……その、えええっ!? でも、一生一緒にいるならやっぱり……)

    上条「なぁ、どう思う?」

    「それは……その、…………やっぱり私がいれる方だと思います」

    上条「やっぱりそうだよなー。よし、じゃあ早速試してみるか」

    「えええっ!? 今からするんですか!?」

    上条「あぁ、早い方がいいだろ?」

    「か、上条さん……///」
    81 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:49:39.25 ID:210GTDqk0 (+35,+30,-200)
    上条「……何で顔紅くしてんの?」

    「そ、それは……そういうのは初めてですから……」

    上条「えっ? 五和ってそういう人なの?」

    「……うう、恥ずかしいですけど……はい。上条さんは……どうなんですか?」

    上条「いや、もう慣れたもんっつーか……生活の一部っつーか」

    「え、えええっ!?」

    上条「何で驚いてんだ? ほら、手を出せよ」

    「て、手ですか……?」

    上条「あぁ、ほら早く」

    「は、はい……(こんな事になるとは思わなかったけど……上条さんとなら……!)」

    上条「ほれ、じゃあ頼むぞ」

    (な、何か硬い物が!? こ、これはまさか……あれ? でも今は私の方に……)

    上条「これで頼むぞ」

    「うう………って、あれ……?」
    82 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:53:28.70 ID:210GTDqk0 (+35,+30,-139)
    「えっと……これは」

    上条「俺の携帯電話だよ、それで土御門にでも連絡を『いれた』方がいいだろ?」

    「えっ……? 『いれる』って……そういう事だったんですか!?」

    上条「お、おう……何だと思ったんだ?」

    「そ、それは……」

    上条「それは?」

    「……何でもありません」

    上条「へ? 何だよ、気になるじゃねーか、教えてくれよ」

    「何でもありません! これ以上は聞かないでください!」

    上条「うおっ!? あ、あぁ……なんかごめん」

    (はぁ……私はいったい何を……)
    83 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:55:42.43 ID:oiP3o2O70 (+22,+29,-6)
    ちょっと無理矢理なような…
    まあどうでもいいや
    85 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:58:20.34 ID:isYT4ZO50 (+29,+29,-5)
    五和はハワイ侵略メンバーに入らないのですか・・・
    86 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:59:00.55 ID:210GTDqk0 (+35,+30,-143)
    上条「じゃあ土御門にでも連絡してみるか」ピポパ

    土御門『よーう、カミやん。何か用かにゃー?』

    上条「あー、土御門。今時間あるか?」

    土御門『へ? 時間はあるけど……カミやんの声が女の子の声にしか聞こえねーんだが……』

    上条「これには色々あるんだ……悪いけど今から俺の部屋に来てくれ」

    土御門『んー……何かあったって事か、少しまってろ。ちょっと外出してたから今から向かうぜい』

    上条「あぁ、じゃあまたな」ピッ

    上条「……よし、俺達も一旦家に戻るか」

    「分かりました」
    87 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 02:59:34.73 ID:0Dap/Zm8O (+31,+29,-16)
    >>85 行間で登場が確定されてるからまだまし
    88 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 03:03:52.87 ID:210GTDqk0 (+35,+30,-144)
    上条の部屋

    上条「来たか、土御門」

    土御門「お、おう……カミやん、それに五和か」

    「お、お久しぶりです……」

    土御門「ん? 何でカミやんが久しぶりーとか言ってんだ? 昨日も学校で会っただろう?」

    上条「土御門、今から言う事は全部本当の事だからな」

    土御門「なんだか雰囲気も話し方も五和っぽくねーぜよ、何か関係でもあるのか?」

    上条「あぁ、俺が上条当麻で」

    「私が五和です……」

    土御門「……はぁ?」
    89 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 03:08:53.49 ID:emlqJpky0 (+14,+29,-2)
    >>84
    ナルトは今は関係ない
    90 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 03:09:36.63 ID:210GTDqk0 (+35,+30,-171)
    上条「――って訳なんだ」

    土御門「頭ぶつけて入れ替わり、か……まるで漫画の世界だにゃー」

    上条「俺もそう思うよ……」

    「土御門さん……何か知っていたりしませんか?」

    土御門「んー……陰陽博士の土御門さんでも、これはちょっと専門外ですたい」

    上条「そっか……なぁ、土御門。どうすれば良いと思う?」

    土御門「とりあえず、イギリス清教にも聞いてみるとするか。まっ、何か分かるまではそのままぜよ」

    「やっぱりそうですよね……はぁ」

    上条「そのままか……困ったな」

    「何か問題でもありましたか?」

    上条「いや、明日も学校はあるし、どうしたもんかと思ってさ……」

    「確かに……それもそうですね」

    土御門(……これは、使える!)
    91 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 03:11:26.38 ID:SCtlIHnT0 (+12,+24,-3)
    のよな
    92 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 03:14:47.89 ID:210GTDqk0 (+35,+30,-148)
    上条「俺の代わりに五和に学校に行ってもらうしかねーのかな……」

    「ええっ!? 私がですか……?」

    上条「あぁ、俺が五和の姿で学校に行く訳にもいかねーだろ?」

    「そうですよね……分かりました! 上条さんのためなら私!」

    土御門「いや、ちょっと待つぜよお二人さん。オレに良い考えがあるぜーい?」

    上条「良い考え? 何だよ土御門?」

    土御門「ちょいと待つですにゃー、すぐ戻るからよ」ダッ

    「……どうするんですかね?」

    上条「分かんねーけど……なんか嫌な予感がするな」

    93 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 03:23:07.09 ID:bQ/mg7PX0 (+6,+16,+0)
    支援なのよ
    94 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 03:24:28.70 ID:NiOUsL+w0 (+55,+30,-218)
    土御門「待たせたにゃー、ほれ」

    「これは……いったい何ですか?」

    上条「おい、土御門……ウチの高校の女子の制服なんて持ってきて何考えてんだ?」

    土御門「五和が行っても不安が残る、かと言ってこれ以上休むと」

    上条「……留年の危機!?」

    土御門「だろ? だから明日は二人揃って登校しちまえよ」

    上条「いや、それは駄目だろ? 魔術側が科学のそういうのは……」

    土御門「そういう授業になった時は五和に抜けてもらう。保健室にでも行ってれば良いぜよ」

    「私が、上条さんと同じ学校へ……」

    土御門「面倒な事はウマくやっとくから心配するなって、じゃあ手回ししとくからオレはここで失礼するぜーい」ダッ

    上条「あっ、おい土御門! ……行っちまったか」

    (上条さんと……同じ学校……)
    95 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 03:27:45.57 ID:bQ/mg7PX0 (+24,+29,-5)
    読んでるから完結させてくれよな
    96 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 03:29:30.74 ID:NiOUsL+w0 (+55,+30,-150)
    上条「無茶苦茶な事言いやがって……なぁ、五和?」

    (上条さんと同じ学校……という事は)

    上条「五和さん? もしもーし?」

    ―――――――

    『上条さん、はい! お弁当ですよ!』

    上条『さんきゅー五和。いっつも悪いな、弁当作って貰っちまって……』

    『上条さんのためですから……さぁ、どうぞ食べてください』

    上条『五和……俺、箸使いたくない』

    『へ? 何を言ってるんですか?』

    上条『だから、五和が食べさしてくれよ』

    『も、もう……分かりました。仕方ないですね、はい……あーん』

    ―――――――

    「なんて事も!? いや、でも……」

    上条(……頭のぶつけ所が悪かったのか?)
    97 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 03:34:42.58 ID:NiOUsL+w0 (+55,+30,-140)
    上条「五和、五和!」

    「は、はい! あっ……すいません」

    上条「いや、いいんだけど……大丈夫か?」

    「大丈夫です、お弁当は任せてください!」

    上条「? まぁいいや、それで明日は良いとして……今日はどうするよ?」

    「今日ですか? 何か問題でもありましたか?」

    上条「五和は今日泊まる所があったかもしんねーけど、俺になっちまってるから泊まれないだろ?」

    「あっ……そうですね、どうしましょう……」

    上条「あー……こうなったんだし、こういうのも変だけど」

    「変……?」

    上条「俺と一緒に寝るしかねーか」

    「!?」
    98 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 03:38:34.89 ID:NiOUsL+w0 (+55,+30,-116)
    (いや、今度も勘違い……でも、もしかして……?)

    上条「俺の家で寝てもらうしかないかもな……それで良いか?」

    「は、はい! 大丈夫です! むしろそのつもりで……」

    上条「そのつもり?」

    「何でも無いです……では、上条さん」

    上条「お、おう……」

    「今夜は……よろしくお願いします」

    上条「よ、よろしく……」

    上条(顔を赤くする俺って……気持ち悪いな……)

    (上条さんと……一晩……はぁ、こんな事にならなければもっと……)
    99 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 03:43:54.19 ID:ammlenqs0 (+7,+17,+0)
    イイヨーイイヨー
    100 : 以下、名無しにか - 2011/11/06(日) 03:46:50.35 ID:NiOUsL+w0 (+55,+30,-182)
    上条「……で、何だかんだでもう四時か。今日の夜飯を何とかしねーとな」

    「あっ、それなら私がつくりますよ。どうでしょうか?」

    上条「本当か!? いやー、五和の料理がまた食えるなんて……」

    「任せてください! では冷蔵庫の中身を……」ガチャ

    「何も……無い?」

    上条「えっ? そんなまさか……無い!?」

    「空っぽですけど……」

    上条「犯人は……アイツだろうな。はぁ……買いに行くしかねーか」

    「そうですね……私が行った方が良いですか?」

    上条「うーん、今の状態で五和を一人にするのもな……一緒に行くか?」

    「一緒に……ですか?」

    上条「あぁ、嫌だったらここで待ってても良いぞ?」

    「い、いえ! ぜひご一緒したいです」

    上条「そっか、じゃあ行くとしますかね」
    ←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★
    タグ : - 神スレ + - TSF + - とある + - 上条 + - 五和 + - 入れ替わり + - 吹寄 + - 安価 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について