のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:124,452,810人
912,882,109頁
昨日:874人
899頁
今日:732人
765頁
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ意味怖「少年が「くちゃーにくちゃーに」といっていたのは口、兄のことで呪とずっといっていたのだ!!」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    ←前へ 1 2 3 / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    101 = 9 :

    >>96
    意味怖ってより星新一のショートショートっぽい

    102 = 96 :

    ニューヨークの地下鉄を私はよく利用する。
    毎朝通勤の度に地下鉄構内で何やらぶつぶつ言ってる一人のホームレスの男がいた。
    男の近くの壁に寄り掛かり内容を盗み聞きした。
    目の前をおばさんが通る。すると男は
    「豚」
    と呟いた。
    私は思った。なんだただの悪口か、動物に例えているだけか…。
    次に普通のビジネスマンが通る。すると男は
    「人」
    あぁ、まさに普遍的人間って感じの人だな…。
    別の日、暇潰しにまた盗み聞きしてみる。
    男の目の前をやつれた男が通る。すると男は
    「牛」
    と呟いた。
    牛?どちらかと言うと痩せた鳥だが…?
    次に典型的な肥満の男が通る、すると男は
    「野菜」
    と呟いた。
    野菜?豚の間違いだろ?
    私は家に帰り考えた。
    もしや、次に生まれ変わる生き物、すなわち転生を言い当てるのか!?
    その後、何度もホームレスを観察しているうちに疑問も確信に変わった。
    ある日思い切ってホームレスに疑問をぶつけ、能力を身につける方法を教えてくれと懇願した。
    ホームレスは淀んだ目で私を見つめた後、私の頭に手をかざした。
    次の日からホームレスはいなくなった。仙人だったのだろうか?はたまた神か?
    私は能力を身につけた。
    それは期待するものとは違っていた。
    ただ単に、その人が直前に食べたものだった
    私はあまりのくだらなさに笑ってしまった。

    103 = 55 :

    >>99
    コピーアンドペーストか
    カットアンドペーストじゃないからコピー元の自我も残ると

    104 = 65 :

    >>96
    スワンプマン的な

    105 = 67 :

    >>96
    これ老人は自分が焼却施設に運ばれてることに気付かないで今から若返りが始まると思ってるんだけど、なんかチグハグ感あるんだよな
    老人視点なのにベッドが焼却施設に向かってることが読者にだけ伝えられるところとか
    「運んで行った」なんて老人とは別にもう1つのベッドがあって老人から離れていくような表現とか

    106 :

    >>102
    草食え

    107 :

    「ねあーにねあーに」

    109 = 95 :

    >>91
    結局これは何が怖いの

    110 = 96 :

    >>107
    祝ってやる!

    112 = 96 :

    あれは私が18歳の頃地元でも有名な心霊スポットへ行った時のことでした
    当時私は同じ学年の男子と付き合っており、その他のカップル達とグループ交際をしていました

    3組のカップル、計6人で山の中にある古いトンネルに向かいました
    トンネルの前にあるスペースに車を止め、静かに中へ

    中は驚くほど静かでした、私はあまりにも恐かったので彼の腕にしがみ付き眼を閉じていました
    私たちの前では他のカップル(仮にAとBとします)
    A「やだ~B、恐いよー」
    B「大丈夫だって、いざって時は俺が守ってやるから・・・」
    A「B・・・私Bがいれば恐くない!」
    などとバカップル振りを発揮し、ずっとイチャイチャしていました
    A「んーBがキスしてくれれば恐くなくなるかも・・・」
    B「えーしょうがねーなー・・・」Bがキスしようとしたその時
    「オエエェェェ!!」誰かが吐くような声が聞こえて来ました
    みんながシン・・・としていると今度は明らかに私たちの後ろから
    「ッチ!」と舌打ちする音が聞こえてきたのです。
    私たちはすっかりパニックになってしまい急いで車に飛び乗り家に帰りました

    その後霊感の強い知り合いに話を聞くと
    「あそこは危ない、特に女性を連れてるとその人は大体不幸な目にあうから『雌殺しトンネル』って呼ばれてるんだ」
    と教えてくれました。
    幸い私たちは全員男だったので事無きを得ましたが、もし私が女性だったら・・・と今でも鳥肌が立ちます。

    113 :

    >>95
    2階から飛び降りたら危ない
    じゃなくて、最後の「『ひだりのへやから(ry』」の後だけは「書いてあった」がない

    114 = 95 :

    >>111>>113
    やっぱそこなのか
    もっと縦読みとかあるのかと思ったけど

    117 :

    >>90
    先生は腕が3本あったのか……

    118 :

    >>117
    そんな表現するなよ
    ただ息子を使っただけだろ

    120 :

    タウンワーククソワロタ

    121 = 1 :

    まだのこってんじゃん

    122 = :

    >>2
    作者の頭が一番こわいんだけど


    ←前へ 1 2 3 / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について