のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:124,278,047人
912,686,850頁
昨日:519人
555頁
今日:461人
482頁
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ凛「プロデューサーに私を意識させたい」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - モバマス + - 渋谷凛 + - 渋谷凜 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    ←前へ 1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    51 = 1 :

    「……見た?」

    加蓮「うん、抱き付いてた」

    奈緒「さすがパッション系、ドストレートだったな」

    「私達に足りないのはあれだよ」

    加蓮「抱き付いたり、甘えたり?」

    奈緒「あ、あたしは無理だ!やらないからな!」

    「私もキャラじゃない」

    加蓮「急にあんなことしたら、救急車呼ばれちゃいそう……」


    春香「おはようございます!プロデューサーさんっ♪」

    52 = 1 :

    P「ああ、おはよう春香」

    春香「今日はクッキーを焼いてきたんです」

    P「へぇ~、相変わらず春香はすごいなぁ」

    春香「えへへ、良かったら食べてください」

    P「お、良いのか? なんか毎回悪いなぁ~」

    春香「いえいえ、一人じゃ食べきれないですし」

    P「うーん、それじゃ、今度お礼も兼ねてなんか奢るよ」

    春香「ふふっ、楽しみにしてますね!」


    凛奈緒加蓮「「「………」」」

    53 = 1 :

    「……見た?」

    加蓮「うん、お菓子あげてた」

    奈緒「さすがキュート系、女子力高いイベントだったな」

    「私達に足りないのはあれだよ」

    加蓮「手作りお菓子の差し入れ?」

    奈緒「あ、あたしは無理だ!できないからな!」

    加蓮「料理できない……」

    「私はキャラじゃない、と思う」


    あずさ「プロデューサーさ~ん」

    54 :

    さるよけ

    55 :

    56 = 1 :

    P「あずささん、おはようございます」

    あずさ「おはようございます~。あっ――」コケッ

    P「ちょっ!」バッ

    ――ドタプ~ン!

    あずさ「あらあら、ごめんなさいプロデューサーさん……」

    P(とっ、咄嗟に抱きとめてしまった……顔に当たっているぅっ///)

    P「むぐっ………い、いえっ、それより怪我はなかったですか?」

    あずさ「あ、はい。プロデューサーさんこそ、どこか打ちませんでしたか……?」サワサワ

    P「うひっ!? お、おかげさまでやわらkっ……大丈夫デシタッ!」カチコチ…


    凛奈緒加蓮「「「………」」」

    57 = 1 :

    「チッ……見た?」イライラ

    加蓮「最低、顔赤くなってた」イライラ

    奈緒「さすが変態プロデューサーだなッ!」イライラ

    「……でも、あんな照れたプロデューサーってはじめて見た」

    加蓮「うん。それに、ちょっと試したいことできたかも」

    奈緒「なんだよそれ?」


    P「お~い、りんなおかれん~。何話してるんだ~?」ホクホク


    凛奈緒加蓮「「「………」」」イラァ…!

    58 = 1 :

    「なにその顔、デレデレしてだらしないよ」イライラ

    奈緒「変態!」ムカムカ

    加蓮「私達、今大事な話してるからあっち行ってて」ツーン

    P「ぬあっ!?俺のりんなおかれんがグレたっ!?」

    凛奈緒加蓮(((俺の……///)))←チョロイ

    加蓮「い、今は女の子同士の話なのっ」

    奈緒「Pさんは聞かないでくれよ!」

    「ごめんね、プロデューサー……」

    59 = 1 :

    P「え~、仲間に入れてくれよ~、凛~」

    「っ!……もう、仕方ないなぁ……」

    奈緒「ちょっと待てぃっ!」

    加蓮「もう、なんだかんだ言って凛が一番Pさんに甘いんだから」

    「ご、ごめん」

    加蓮「ダメだよ、プロデューサー」

    奈緒「ほら、あっち行った行った」

    P「ちぇー」スタスタ…

    60 = 1 :

    奈緒「……で、試したいことってなんだよ」

    加蓮「さっきのを参考にしてみたらどうかなって」

    「さっきのって……星井さんや天海さん、あずささんのを?」

    加蓮「うん。たとえば、お菓子を差し入れするとか」

    奈緒「てか、他の二つは難易度高すぎだろ!」

    「……じゃあ、私お菓子作ってみる」

    加蓮「天海さんを参考にするんだ」

    奈緒「まぁ、凛ならお菓子とかも作れそうだよな」

    61 = 1 :

    「頑張るよ。だから、奈緒は星井さんで、加蓮はあずささんね」

    奈緒「はっ?」

    加蓮「え?」

    「ん?」

    奈緒「いやっ、ちょっと待てよ!どうしてあたしまで!?」

    加蓮「そ、そうだよ。それに、どうして私があずささんなの?」

    「サイズの問題、かな」

    62 = 1 :

    加蓮「あ、確かに、私の方が背ぇ高いよね、ふふっ♪」

    奈緒「嬉しそうなとこ悪いけど、たぶん背のことじゃない」

    「とにかくやってみようよ」

    加蓮「う~ん……」

    奈緒「そっ、そもそもあたしはッ…あっ、あいつに意識してほしいわけじゃねぇし!」

    「もともと加蓮の発案だよ?」

    加蓮「ん~……そうだよね、やってみようか」

    奈緒「あたしの話を聞けぇー!!」

    ――

    64 = 21 :

    地味に一番ハードル低くて一番効果ありそうなの選ぶしぶりんズルいわ
    みくにゃんのファンやめます

    65 = 1 :

    翌日(事務所)

    奈緒「なんであたしからなんだよ……」

     P「よ、おはよう奈緒」

    奈緒「ったく、肝心のPさんは来てねぇし」

     P「俺来てるよ~」

    奈緒「だぁー!っていうか、本当にやんなきゃダメなのかよぉ~///」

     P「………」モミモミ

    奈緒「あ~、気がおm―ひゃんっ!」ビクンッ!

     P「……」ササッ!

    66 = 1 :

    奈緒「なっ、ななっ、なんだぁあっ!??」キョロキョロ

    P「おはよう、奈緒」

    奈緒「あれ、Pさん? あたし今、急に身体がびくってなって……」

    P「どうしたんだ?」

    奈緒「う~ん……いや、なんでもない。おはよう!」

    P「ああ。今日はやけに早いんだな」

    奈緒「べっ、別にっ、Pさんに用があって早く来たわけじゃないんだからな!」

    P(俺に用があってきたのか………なんだろう?)

    67 = 1 :

    奈緒「(はっ、はにーって……ととっ、飛び付けば……)」ゴニョゴニョ…

    P(う~ん、奈緒の様子が変だ)

    奈緒「よしっ――って、できるかぁっ!!」

    P「な、なんだ? 早起きしすぎてまだ寝ボケてるのか? ははっ!」

    奈緒「(くっ…人の気も知らないでぇ……)Pさん!そこを動くなよっ!」キッ!

    P「え……ちょっ! 腰を落として何する気だ!?」

    奈緒「うぉおおお!!」ドドドド!

    ピョ~ン、ピト…

    P「………なにこれ」

    68 = 1 :

    P(タックルかと思ったら寄り掛かって来た……。何がしたいんだ?)

    奈緒(うぁあああ~~っ!こっ、こっからどうしよぉ~っ///)

    P「な、奈緒?」

    奈緒(ぅうううぅ~っ……ハ!そっ、そうだっ!)

    奈緒「……はっ…に……///」

    P(え、歯に?)

    奈緒「はにっ…ぃ……///」プシュ~

    P「!?」

    P(あっ、『ハニー』か!)

    69 = 1 :

    P(しかしなんで急に……)

    奈緒「うぅぅ~っ……///」

    P(はは~ん、この様子を見るに、罰ゲームかドッキリって感じだな)

    奈緒「だっ……だぃ……す……~~っ///」

    P(乗ってあげてもいいけど、俺はあえてイジメる方を選択するぞ!)

    奈緒(うああああっ……なにやってんだあたしぃ……///)

    P「(どうしたんだい、ハニー…?)」ボソボソ…、フゥ~…

    奈緒「うひやうわぁあっ!??」ビクンッ!

    ――。

    70 = 31 :

    ハニー支援

    71 :

    寝れなくなった

    72 = 1 :

    翌日(事務所)

    「――で、そのまま気絶しちゃったんだ」

    奈緒「みっ、耳は弱いんだよっ!!」

    加蓮「いや、そんな力強く言われても……」

    奈緒「絶対おかしなやつだと思われた……」

    「そうかな? たぶん、企みに気付いたんだと思うけど」

    加蓮「そうじゃなきゃ、わざわざ耳に息吹きかけないよね」

    奈緒「んなっ!?じゃあ、やっぱりあたしはからかわれたのかっ!」

    「やっぱりって……」

    奈緒「くぅ~っ、仇を!あたしの仇をとってくれぇ!」

    ――

    73 = 1 :

    翌日(事務所)

    (今日は私か……うまく渡せるといいな……)

    「おはようプロデューサー」

    P「ああ、おはよう凛。今日も早いんだな」

    「うん、プロデューサーに渡したい物があって」

    P「渡したい物?なんだろ?」

    「あのね、クッキーを焼いてみたんだ」

    P「へぇ~、凛って料理できたのか、なんか以外だ」

    「い、以外は失礼……」

    P「あはは、ごめんごめん」

    74 = 1 :

    「もう……」

    「えっと、それでね、プロデューサーに食べてもらおうと思って」スッ

    P「おっ、良いのか? ありがとしぶりんっ!」

    「うん――って、なんでしぶりん?」

    P「では早速……」ガサガサ…

    「えっ、今食べるの?」

    P「モグモグ……うん、美味いよこれ」

    「そ、そう……なら良かった、かな……ふふっ」

    75 = 1 :

    P「それにしても、凛にお料理機能が付いていたなんてな~」

    「お料理機能って……」

    P「さすがは凛、ハイスペックアイドルだな!」

    「お菓子くらいで、そんなに褒めないでよ……///」

    P「あははは!照れてるのか?」ナデナデ

    「ちょっ、まっ、にゃっ」

    P「あははははは!」ナデリ、ナデリ

    (うぅ……///)プシュ~

    ――。

    76 = 1 :

    翌日(事務所)

    加蓮「――で、返り討ちにされちゃったんだ」

    奈緒「意識させるつもりが、意識させられちゃったんだな」

    「うぅ……」

    加蓮「ミイラ取りがミイラって感じ?」チクチク

    奈緒「あ~、まさにそれだな~」チクチク

    「ゃ、やめてよ……」

    加蓮「んっ」キュン…

    奈緒「くっ」キュン…

    77 = 1 :

    加蓮・奈緒((り、凛かわいい……!))

    「……二人とも?」

    加蓮「ううん、なんでもないよ?」ナデナデ

    奈緒「なんでもないなんでもない」ナデナデ

    「うあ、ちょっとっ……」

    加蓮「じゃあ、最後は私だね」

    奈緒「おう!頼むぞ加蓮!」

    「相手は手強いよ」

    加蓮「うん、行ってくる……っ!!」ザッ…

    ――

    78 = 1 :

    翌日(事務所)

    加蓮(とにかく、Pさんのペースに巻き込まれちゃだめっ)

    加蓮「おはようPさん。あ~――」コケッ

    P「かっ、加蓮っ!」バッ!

    ――むにゅん♪

    P(む、胸を掴んでしまった――)

    加蓮「きっ、きゃあああ~~っ!!」

    P「うわっ!ちょっ!体重掛けたまま暴れるなっ!」

    81 = 1 :

    加蓮「はなしてっ、はなしてよぉーっ!」ジタバタ

    P「わっ!そんな動いたら余計に!」

    むぎゅっ、むにゅっ

    加蓮「んぁっ…んんっ……///」ビクッ

    P「ひっ、ひぃいいぃっ!ごめんなさいごめんなさい!」

    加蓮「んくっ……いっ、いい加減にっ――!」ブン!

    P「ちょっ!この体制でビンタ!?」

    加蓮「しろぉーっ!!」

    バッチィィーンン~~!!

    ――。

    82 = 1 :

    翌日(事務所)

    加蓮「死にたい……」ズズ~ン…

    奈緒「む、胸触られたのは事故なんだろ?」

    「そうだよ。プロデューサーだってわざとやったわけじゃないと思うよ」

    加蓮「うん、それは分かってるし……そっちは別に良いんだけど……」

    奈緒「じゃあなんで凹んでるんだよ」

    「もしかして、ビンタ?」

    加蓮「うん……」

    83 = 1 :

    奈緒「いや、それこそ事故みたいなもんだろ」

    加蓮「でも、思いっきりぶっちゃったし……」シュン…

    奈緒「で、でもさ!Pさんも加蓮の胸触ったわけだし、良い思いしてるからチャラだって!」

    「(ちょっと奈緒……!)」ヒソヒソ

    奈緒「あっ……ご、ごめん」

    加蓮「私なんかの胸で、良い思いしてくれたかな……?」

    (加蓮、すごいこと言ってるけど)

    奈緒(落ち込むとえらく殊勝になるな)

    84 :

    それをご褒美と呼ぼう

    85 = 1 :

    ガチャ。

    P「おはようございます」

    加蓮「っ!!」ビクゥッ!!

    貴音「おはようございます、あなた様」

    P「ああ、早いな貴――うおっ!?」コケッ

    貴音「あ、あなた様」バッ

    ――ボユ~ン♪

    P「もぐぐ……」

    貴音「んあっ…」ビクッ

    86 = 1 :

    P「すすすっ、すまんっ!!」ササッ!

    貴音「ぁ……いいえ、それよりも、お怪我はありませんでしたか?」

    P「あ、ああ、貴音のおかげで助かったよ……///」ジィ~

    貴音「あの、そのように見つめられては……///」

    P「ぬあっ!決して胸を見ていた訳ではっ!!」

    貴音「そこまで否定されますと、逆に傷付きます……」

    P「ご、ごめん。その…さすが貴音だ、スゴかったよ!」グッ!

    ――ゲシッ!

    87 = 1 :

    P「いでっ!」

    貴音「あ、あなた様?」

    P「いてて…ったく、誰だぁ~?」クルッ

    加蓮「………」

    P「げっ!」

    加蓮「ふぅん、四条さんとは違って、ずいぶんな反応だね」ギロリ

    P「あわわわわ……あのぅ、そのぅ……」

    「私達もいるんだけど?」イライラ

    奈緒「変態!」ムカムカ

    88 = 1 :

    P「ひぃっ! でっ、出たぁ!」

    奈緒「なんだよその反応!」

    「プロデューサー最低だよ……」

    加蓮「私の胸揉んでおいて、次は四条さんの胸ってわけ?」

    P「ちょっ!そんな誤解を招く言い方をっ……!」

    貴音「うふっ、ふふふっ」

    凛奈緒加蓮「「「え?」」」

    89 = 84 :

    らぁめん

    90 = 1 :

    貴音「でしたら、わたくしも北条加蓮も、あなた様に責任を取ってもらわねばなりませんね」

    加蓮「せっ、責任って……///」

    P「お、おいおい……」

    貴音「うふふっ、わたくしは“らぁめん”を所望します♪」

    P「はぁ……わかったよ。トッピング全入りの大盛りをご馳走しよう」

    貴音「はい、楽しみにしております。では、わたくしはお先に……」

    P「ああ。俺もすぐに行くから、レッスンをはじめててくれ」

    貴音「承知しました」

    91 = 1 :

    奈緒「(おい、見たか……?)」ヒソヒソ

    「(うん。クールに流してたね……)」ヒソヒソ

    加蓮「(なんかすっごい負けた気分なんだけど……)」ヒソヒソ

    P「で、三人は何が良いんだ?」

    奈緒「え、あたしたちもいいのか?」

    P「ああ、胸触っちゃったし、お詫びだと思ってくれ」

    奈緒「そっか――って、ちょっと待てぃ!いつあたしが胸触られたんだよ!」

    P「………ムフ♪」

    92 = 1 :

    奈緒「ぎゃあああ!ほんとに触ったのかよ!いつだ!いつ触ったぁあっ!?」

    P「まぁ、とにかく何が食べたいか考えておいてくれよ」

    加蓮「(Pさんの浮気者、サイテー……)」ボソ…

    「プロデューサー、もしかして私のも……?」

    P「いや、凛のは触ってないよ?」

    「な、なんでっ!?」ガーン

    P「だって、知らぬ間にそんなことしたら卑怯じゃないか」

    「そうだけどっ……そうじゃないよっ!」

    93 = 1 :

    奈緒「をい!その理論だと、あたしの立場はどうなるんだよ!」

    加蓮「私は単なる事故だったし」ムスッ…

    「私は触られてない……」ズーン…

    P「皆何を言ってるんだ?」

    ちひろ「もう、鈍いですね。プロデューサーさん。えいっ」チクッ!

    P「あ、いたっ!ちひろさん……今、何かで刺しませんでした?」

    ちひろ「いやですねぇ。そんなことしませんよ。というか、ダメダメじゃないですか!」

    P「は、はぁ、ダメダメですか……」

    94 = 1 :

    ちひろ「良いですか?凛ちゃんは……ひそひそ……」

    P「ふむふむ……えぇ~、本当ですかぁ~?」ジトー

    ちひろ「本当です!間違いありません!」

    P「でも、二人以上のことを頼んだら、それこそ俺捕まっちゃいますよ」

    ちひろ「大丈夫です!プロデューサーさんが強く頼めば拒めません!」

    P「う~ん、しかしぃ~」

    ちひろ「(凛ちゃんのためですよ?)」ボソリ…

    P「え……凛の、ため………あ、レ……?」グルグル

    ちひろ「(ふふっ、効いて来ましたね? そうです。凛ちゃんのためです)」ヒソヒソ

    96 = 1 :

    ちひろ「(凛ちゃんのため、私の言う通りに………)」ヒソヒソ

    P「――ワカリマシタ。リン、チョット……」

    「なんか用……?」

    ちひろ「(これは相当プライドが傷付いてます。さぁ、早く)」ヒソヒソ

    P「リン。今スグ俺ニ胸ヲ触ラセルンダ」

    「……はっ?」

    奈緒「なななっ、なに言ってんだよ!?」

    加蓮「本格的に頭おかしくなったの!?」

    97 = 1 :

    ちひろ「ダメよ。これは凛ちゃんとプロデューサーさんの問題よ?」

    奈緒加蓮「「くっ……」」

    P「リン、頼ム」

    「……私のを、触りたいの?」

    P「アア、リンノ胸ヲ触リタイ」

    「……し、仕方ないな……」ヌギヌギ…


    奈緒加蓮「「すとぉおっぷ!!」

    98 = 1 :

    奈緒「なんでカーディガンまで脱いでるんだよ!」

    加蓮「っていうか、Pさんも何言ってるかわかってる!?」

    P「エ――……はっ!俺はいったい何を!?」

    「プロデューサー?」

    ちひろ「チッ」ダッ!

    加蓮「あ、逃げた!」

    奈緒「待てこら!」

    ちひろ「既にプロデューサーさんのセクハラ証拠動画は撮りました!」タッタッタッ

    99 = 1 :

    P「なんですとっ!?」

    ちひろ「これからは貴方も、私の言う通りに課金してもらいますからね!」タッタッタッ

    P「くっ…運営の犬めっ……!」

    ちひろ「うふふふふふーっ!」

    ――ガチャ、バコン!!

    ちひろ「ふぎゃっ……」

    「はいさい!……って、あれ?」

    ちひろ「きゅうぅ~……」

    ――。

    100 = 1 :

    P「いやぁ、流石は響だ。助かったよ~」ナデナデ

    「えへへ、よくわかんないけど、役に立てて良かったさー」

    奈緒「はぁ……なんだったんだろうな」

    加蓮「ほんと……っていうか、何の話だっけ?」

    (……なんか、いろいろ有耶無耶になっちゃったけど)

    (そもそも私の企画だし、誤解もとかないといけないし……)

    「プロデューサーと、ちゃんと話さなきゃ――」


    ←前へ 1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - モバマス + - 渋谷凛 + - 渋谷凜 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について