のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:124,288,589人
昨日:no data人
今日:
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ凛「プロデューサーに私を意識させたい」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - モバマス + - 渋谷凛 + - 渋谷凜 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    1 :

    「タイトルの通りなんだけどさ」

    奈緒「オイ!やめろよそういうの!」

    加蓮「プロデューサーって、モバPさん?赤羽根Pさん?」

    「Pさん」

    加蓮「………ふぅん」

    シーン……。

    奈緒(空気重っ!!)

    2 = 1 :

    「とりあえず、どうしたら良いかな?」

    奈緒「ノープランなのかよ」

    加蓮「モバPさんとか赤羽根Pさんで、コクる練習でもしたら良いんじゃないかな」

    「………どうやれば良いかわかんなし、加蓮お手本見せて?」

    シーン……。

    奈緒「なに陰険な応酬してんだよ! ったく、これだからクール系は……」

    凛・加蓮「「奈緒もクールじゃん」」

    奈緒「ぅぐっ……」

    4 = 1 :

    加蓮「とりあえず、直接相談とかしてみれば良いんじゃない?」

    「Pさんに?」

    加蓮「うん。気になる人がいるの~って」

    奈緒「まぁ、そいうのってありがちだよな」

    「そっか……うん、やってみる」

    加蓮「がんばってね、凛」

    奈緒「(へぇ、急に協力的じゃん)」ヒソヒソ

    加蓮「(とりあえず凛で様子見)」ヒソヒソ

    奈緒「クール……ってか怖っ!」

    ――

    5 = 1 :

    (ファミレス)

    P「ファミレスなんかで悪いな」

    「ううん、ファミレス嫌いじゃないよ?」

    P「そうか? なら良いんだけど……で、相談って言うのは?」

    「うん。あのね、ちょっと気になる人がいて」

    P「んぐっ!? ゲホッ、ゴホッ!」

    「……大丈夫?」

    P「ご、ごめん。それは凛が気になってるってことで良いんだよな?」

    「う、うん」

    6 = 1 :

    P(この様子からすると、既に気になるってレベルじゃないような……)

    「それでね、どうしたら良いかなって」チラッ

    P「えっと、それは、その人と付き合いたいっていうことか?」

    「ううん。まだそんなに具体的な感じじゃないんだけど……」

    P(“まだ”か……でも、凛のことだし、色々考えた上での相談なんだろう)

    「プロデューサー?」

    P「もし、凛が本気でその人のことが好きなら、俺は凛の気持ちを尊重する」

    「え、それって――」

    7 = 1 :

    P「その時が来たら、俺からも社長や皆を説得するよ!」

    「えっ!? あ、いやっ……」

    P「でも、アイドルのことも考えてみてほしいんだ。凛は才能もあるし――」

    「ちょっと待っ……たないで」

    P「え?」

    「つ、つづけて」

    P「あ、ああ……凛は才能もあるし、もったいないって思うんだ!」

    8 = 1 :

    「………プロデューサーから見て、私才能ある?」

    P「ああ!」

    「そうなんだ、ふぅん……♪」

    P「モバPも赤羽根Pも、凛は才能あるって言ってたぞ!」

    「え、ちっ、ちがっ……」

    P「うん?」

    「~~っ………なんでもない」ガックリ…

    P「そ、そうか? まぁ、話を戻そう」

    10 = 1 :

    P「とにかく、よく考えて決めるんだ。あ、でも、相手は芸能関係の人なのか?」

    「え?」

    P「いや、そうなるとうちの事務所だけの問題じゃなくなるからさ」

    「えっと、それは……」

    P「ごめんな。本来ならこんなこと聞くべきじゃないんだけど」

    (うぅ、こんな形で……)

    P「あ、もし俺に言い辛かったら――」

    「その……事務所の人なんだ」

    11 = 1 :

    P「は?」

    「だから、うちの事務所の人……」チラッ

    P「えっ!うちの人なのか!?」

    「……///」コクコク

    P(そっ、そんな……一体、誰なんだ………ハッ!まさか!)

    (プロデューサー黙っちゃった……うぅ、サイアク……)ズ~ン…

    P「し、しかしな凛。相手にも家族がいるわけだし、何より年の差がっ!」

    12 = 1 :

    「…………何言ってるの?」

    P「いやいや、恋愛に年の差なんか関係ないとは思うけどさ!」

    「ちょ、ちょっと待って!」

    P「え?」

    「誰だと思ってる?」ジロリ

    P(うっ………どうやら、俺の予想は違ったらしい……)

    P「な、なーんだ、そうだよな!さすがにそれは……あははは!」

    13 = 1 :

    「言って」ギロッ

    P「は、はい……えっと、社長かなぁ~っと」

    「はぁあっ!?」ガタン!

    P「ちょっ!」

    ザワザワ…。

    「ご、ごめん」スゴスゴ…

    P「ふぅ、夜だし客が少ないと言っても、気を付けないとダメだぞ」

    「うん、ごめんなさい……っていうか、プロデューサーが悪いんじゃん」

    14 = 1 :

    P「ごめんなさい」

    「はぁ……っていうか、なんで社長だって思ったの?」

    P「お、怒らないでくれよ?」

    「内容による」

    P「くっ」

    「ほら、早く言いなよ」

    P「……凛って、ちょっとオジセンぽいなって」

    「…………………………っ///」プイッ

    15 :

    これは怒っていいと思うぞ

    16 = 1 :

    P(目ぇそらしちゃったよ!?)

    P「や、やっぱり社ちょ――」

    「それはない」キッパリ

    P「そ、そうか」

    P(でも、凛がオジセンで社長じゃないとすると、年齢的に次は俺だけど……)

    P「うーん、俺はオジサンじゃないしなぁ」

    「えっ! そんなことないって、プロデューサーは立派なオジサンだよ!」

    P「えええっ!!?」ガーン!

    17 = 1 :

    P「オレ、オジサン……?」

    「うん、絶対オジサンだって!」←必死

    P「いやいやいや!これでもギリギリ二十代だぞ!?」←必死

    「私から見たら完全にオジサンだしっ」

    P「ぐはっ!!!」グサッ!

    P「ハ、ハハ……そうだよな、JKからすれば俺は既にオジサン……」

    「うんっ」グッ!

    18 = 1 :

    P「アンチエイジングはじめようかな……」ズ~ン…

    「あ、あれ?」

    P「はぁ……で、結局、凛の気になる人って誰なんだ?」

    「えええっ!!?」ガーン!

    P「な、なんだぁ!?」

    「ありえないよ、プロデューサー……」

    P「えっ!? ま、待ってくれ、俺にもう一度チャンスをくれ!」ガシッ、ギュ…

    「(あぅ……て、手ぇ……///)」ゴニョゴニョ…

    19 = 1 :

    P「頼む、凛――」キリッ

    (こ、こんなときに限って、無駄に凛々しい顔するし……)

    「わかったから……手、はなして?」

    P「おっと、これは失敬」

    (びっくりした……)

    P「よーし、次は当てちゃうぞぅ!」

    「はぁ……」

    ――

    20 = 1 :

    数時間後(渋谷家前)

    P「それじゃあ、また明日な」

    「うん、送ってくれてありがとう」

    P「ムフフ、赤羽根Pじゃなくてごめんな~」ニヤニヤ

    「そ、そんなことない!っていうか、誤k――」

    P「んじゃ、おやすみぃ~☆」

    ブロロロ~……。

    「………話を聞いて」

    ――…。

    23 = 1 :

    翌日(事務所)

    「――っていう感じだった」

    加蓮「ぷはっ……くふっ……コ、コントぉ?」

    奈緒「ぶふぉっ……くくっ……し、死ぬうぅ」

    「………」イラァ…!

    加蓮「はぁ、はぁ……わかったよ。次は私が行ってみる」

    「は?」

    奈緒「へ?」

    24 = 1 :

    加蓮「だって、凛もお手本見せろって言ってたしぃ」シレ~

    「……うん、そうだね。頑張って、加蓮」

    奈緒「(おい、良いのか?)」ヒソヒソ

    「(あの鈍さは、ちょっとやそっとじゃどうにもならないよ)」ヒソヒソ

    奈緒「(でもさぁ~)」ヒソヒソ

    「加蓮が帰ってきたら笑ってやるんだ……ふふ」

    奈緒「こえーよ!!」

    ――

    25 = 1 :

    (ファミレス)

    加蓮「私ね、気になってる人がいるの」

    P「なんだとぅ!?」ガタンッ!

    加蓮「どうしたら良いかなぁ……」チラッ

    P「いけません!」キッパリ

    加蓮「えっ!」

    加蓮(り、凛の話と違うよ!?)

    26 = 1 :

    P「加蓮ちゃんには刺激が強過ぎます」

    加蓮「はっ、はぁあ!? なに言ってんの!?」

    P「加蓮……俺は、君のことが心配で心配でたまらないんだ……」

    加蓮「Pさんっ……」キュン…

    P「本当なら、加蓮を滅菌のガラスケースにでも入れて置きたいくらいなんだ!」

    加蓮「そ、それは異常……」

    P「いいや!こうしてる間にも、加蓮の身体目的の病魔が忍び寄ってるかも!」ワナワナ…

    加蓮「いや、身体目的って……」

    27 = 1 :

    加蓮「っていうか、いつから病気の話になったの?」

    P「とにかくダメです。加蓮ちゃんは恋愛禁止!」

    加蓮「めちゃくちゃだよっ!」

    P「議論の余地はありません」

    加蓮「私だって、色々やりたいこととかあるんだよ?」

    P「この前した放課後デートとかか?」

    加蓮「それもそうだけど……(その先とかも……///)」ゴニョゴニョ…

    P「む!加蓮、顔が赤くないか?」

    28 = 21 :

    Pの謎の勢い

    29 = 1 :

    加蓮「べ、別に赤くないっ///」カァ~

    P「この話はやめよう」

    加蓮「え?」

    P「やっぱり加蓮にはまだ早かったみたいだ」

    加蓮「意味わかんないよ!」

    店員「お待たせしました。スパゲティアラビアータとオムライスになります」

    P「お、来た来た。とりあえず食べよう、な?」

    加蓮「もうっ……」プクゥ!

    30 = 1 :

    食後。

    加蓮「ごちそうさま。さ、話のつづきしよっか」

    P「その前に加蓮、口を空けてくれないか」

    加蓮「え、なんで」

    P「頼むよ、良いものあげるから」

    加蓮「………ぁ~」

    P「そぉいっ!」

    ズボッ!

    加蓮「もごぉっ!!?」

    加蓮「ッ…っ……ぁ、あぃこぇ?」

    P「のど飴(大)だよ。外は空気が乾燥してるからな」

    31 :

    のど飴ならしかたねえな

    32 = 1 :

    P「もう八時だし、良い子と加蓮は帰る時間だろ?」

    加蓮「ほ、ほんあぁっ」

    P「それと今夜は冷えるから、コレを装備するんだ!」

    ――モコモココート、フワフワニットキャップ、ロングマフラー、ビッグマスク。

    加蓮「ひょっ! むぐぐ……!」グルグル~

    P「あ、コートとマフラーで簀巻き状態になっちゃった……まぁ、良いか」

    加蓮「むむぐ~!(あと、マスクとマフラーの所為でじゃべれないから!)

    P「よ~し、車で家まで送るぞ~!」

    加蓮「むぐ~!(ほどいて~!)」

    33 = 1 :

    数十分後(北条家前)

    P「ドアの前まで送るからな。どっこいしょっと!」ガシッ!

    加蓮「むぐぐぅー!(か、担ぐなぁ~!)」ジタバタ!

    P「すまない加蓮。高くて怖いかもしれないけど、我慢してくれ」

    加蓮「む~む~ぐ~!(どんな心配の仕方!?お~ろ~し~てぇ~!)」

    P「あはは、加蓮もすっかり元気になったよなぁ」

    加蓮(え……)

    P「本当に、良かったよ――」シミジミ…

    加蓮(Pさん………Pさんっ、私っ…!)




    加蓮「むーむんむむぐむむむぐ!」←告白中

    P「あはははっ!何言ってるかわかんねぇw」

    34 = 1 :

    加蓮「むぐぅっ!!」ガーン

    P「さ、着いたぞ。ぽちっとな♪」

    ピンポーン♪

    加蓮「むぐぐ!?(押すの!?)」

    加蓮母『はい、どちらさまでしょう』

    P「夜分遅くにすみません。765プロのPですが、お嬢様を送らせて頂きました~」

    加蓮母『あら、いつもすみません。今開けますね~』

    ――。

    35 = 21 :

    まだ凛の方が善戦したな…

    36 = 1 :

    翌日(レッスンスタジオ)

    加蓮「――って感じ」

    凛・奈緒「「………」」

    加蓮「……笑えば?」

    奈緒「いや、ごめん。笑えない」

    「加蓮かわいそう……」

    加蓮「くっ………(ぐすん…)」

    37 = 1 :

    奈緒「っていうか、お母さんが出て来て大丈夫だったのか?」

    「娘が簀巻きにされてたら驚くよね」

    加蓮「最初は少し驚いてたけど“暖かそうで良いわね~”だって……」

    奈緒「え゛?」

    「加蓮のお母さんって、過保護だって言ってたよね?」

    加蓮「そうなんだけど、最近は私よりPさんの方が信用されてる気がする……」

    奈緒「おいおい、さすがにそれはないだろ」

    「言い過ぎだよ」

    38 = 1 :

    加蓮「でも、お父さんもお母さんも“Pさんのやることに間違いはない!”って」

    「あれ?」

    奈緒「んん?」

    加蓮「どうしたの二人とも?」

    「それとまったく同じ台詞、うちの親も言ってた」

    奈緒「う、うちもだ」

    凛奈緒加蓮「「「………」」」

    39 = 31 :

    Pさんのやることなら間違いはねえな

    40 = 1 :

    「え、新興宗教?」

    加蓮「Pさんが教祖様?」

    奈緒「なにそれこわい」

    「(……入信しようかな)」ボソ…

    加蓮「ッ!!」

    奈緒「ええっ!?」

    「じょ、冗談だから」

    41 = 1 :

    加蓮「………はぁ、とにかく私はそんな感じだった」

    奈緒(今、すげぇ凛のこと睨んでた)

    「じゃあ、次は奈緒の番だね」

    奈緒「よし!って、なんでだよ!」ズビシッ!

    加蓮「はいはい、もうそういうのいいから」

    「そうだよ、結局やることになるんだから」

    奈緒「はぁあ!?いやだよ!あたしは絶対やらないからな!」

    ――

    42 = 9 :

    P何気にやり手か

    43 = 1 :

    (ファミレス)

    奈緒(どうしてこうなった……)

    P「いきなりファミレス連れて行けなんて、流行ってるのか?」

    奈緒「べっ、別に、ちょっと行きたくなっただけだって」

    P「まぁ、良いけどさ」

    奈緒「……あ、あのさ」

    P「相談なら乗らないぞ~」

    奈緒「んなっ!?」ガーン

    44 = 1 :

    P「あははっ、冗談だよ」

    奈緒「(ったく、なんであたしのときだけ……)」ブツブツ

    P「それは、奈緒がツンデレカワイイからだな」

    奈緒「なっ、なに言ってッ――っていうか聞こえてたのか!?」

    P「バッチリ聞こえてた。奈緒って、ついつい意地悪したくなる可愛さなんだよ」

    奈緒「か、かわっ!?」

    P「むふふ」

    奈緒「へ、変態っ!」カァ~///

    45 = 1 :

    数分後。

    P「うん、このハンバーグ美味いな」

    奈緒「へぇ~、Pさんのはトマトソースなんだな」

    P「良かったら食べてみるか?」

    奈緒「いいの?」

    P「ああ、美味いぞ。ほら、あーん」

    奈緒「ええっ!?そっ、それはいいって!!」

    P「早くしないとソースが垂れるぞ?」ニヤニヤ

    奈緒「そ、それは……お店にも迷惑だよな。しっ、仕方ないな~。あ~ん…///」

    46 = 1 :

    数分後。

    奈緒「でさ、凛も加蓮も、もうグチョグチョでさぁ~」

    P「へぇ~、あの二人が以外だなぁ」

    店員「失礼します。お済のお皿、お下げしてよろしいでしょうか?」

    P「はい、お願いします。あ、そうだ奈緒?」

    奈緒「へ、なに?」

    P「デザート食わないか?」

    奈緒「え、いいの?」

    P「ああ、PV撮影も終わったしな。すみません。注文良いですか?」

    47 = 1 :

    数分後。

    P「ふぅ、食った食った」

    奈緒「うん、お腹いっぱいだ」

    P「というか、あんなデカイパフェ食べて大丈夫か?」

    奈緒「全然へーき、余裕だって!」

    P「そうか? よし、ぼちぼちドライブでもしながら帰るか!」

    奈緒「おー!」

    ――。

    48 = 1 :

    翌日、事務所。

    奈緒「――って、あたしなにもしてねぇー!!」

    凛・加蓮「「………」」

    奈緒「フ、笑ってくれよ、二人とも……」

    凛・加蓮「「えい」」ムギュ~~ッ!

    奈緒「いひゃひゃひゃひゃっ!!!」

    加蓮「まったく、何もしてなくないじゃん」パッ

    「ほんとだよ。奈緒が一番楽しんでる」パッ

    奈緒「うぅ、ほっぺいたぃ……」メソメソ…

    49 :

    モバマスは眉毛っ娘率が地味に高いよな

    50 = 1 :

    「っていうか、そもそも私の企画だったのに……」

    奈緒「まぁ、結局全滅だったよな、あたしら」

    加蓮「なんか自信なくなってきた……」


    P「おはようございます」

    美希「あ、ハニー!おはようなの!」ガバッ!

    P「うおっ、美希!? いきなり飛び付くなって!」

    美希「ごめんなさいなの~♪」スリスリ


    凛奈緒加蓮「「「………」」」


    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - モバマス + - 渋谷凛 + - 渋谷凜 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について