のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:124,263,174人
912,670,029頁
昨日:533人
886頁
今日:6人
6頁
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレマツコデラックス「とうまーとうまー」 上条「えっ」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - とある + - とある魔術の禁書目録 + - インフィニット・ストラトス + - マツコデラックス + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    1 :

    マツコデラックス「あらやだ」

    上条「インデックス…さん?」

    マツコ「いい男」

    上条「おい、ちょっと待てお…」

    ぶちゅうううう

    上条「不幸だぁああああ!!!!!!」

    3 :

    久々にワロタ
    こういうスレがあったのが昔のVIPなんちゃら

    4 :

    嫌われマツコのデラックス

    5 = 1 :

    土御門「かみやーんどうしたにゃー。元気がないぜよ?」

    青ピ「そうやで~、いつもの元気がないやんか~」

    上条「ちょっとな…。今までの不幸と比べものにならない不幸があってな…」

    土御門「かみやんが言うとはらそれは恐ろしいぜよ」
    青ピ「き、聞かせてもらってもええか~?」

    上条「あぁ…。」

    6 :

    スレタイで不覚にも

    7 = 1 :

    あれは昨日の夜だった…

    俺はいつも通りに限定品の卵を手にいれ腹ペコシスターの待つ家に帰ろうとしていた

    上条「ただいまー」

    「おかえりなさい」

    上条「お、おう(あれ?こんな声だっけ?)」

    「ご飯はまだかしら」

    上条「はいはい。待ってろ今すぐに作ってやるから」

    (ぜってー変だ!!!!
    これはインデックスじゃない!!)


    8 :

    スレタイで笑ったの初めてだwwwww

    9 :

    竜の息吹吐き出すマツコデラックスを想像した
    違和感がなかった

    10 = 1 :

    「とうまーとうまー」

    そう、その時だった…
    インデックスと思われる人物が俺のところへ駆け寄ってきたんだ

    上条「おー、インデックス。だから飯はすぐに作るっ」

    マツコ「あらやだ」

    ん?

    上条「インデックス…さん?」

    マツコ「いつもながらいい男」

    上条「おい、お前テレビで見たことあ…」

    ぶちゅうううう

    上条「んぎゃああああ!!!!!!」

    11 :

    マツコさんに頭かじられたらそのままもっていかれそう

    12 = 1 :

    上条「って訳ですよ…」

    土御門「…」

    青ピ「…」

    上条「お、お前ら嘘だと思ってんだろ」

    土御門「だって…、あのマツコデラックスぜよ?」

    青ピ「て、テレビの人やんか~。かみやん嘘つくにしてももうちょっとマシな」
    上条「嘘じゃねぇよ!!!」

    青ピ「かみやん…」

    土御門「うそ…だろ?」

    上条「信じたくねぇよ…。俺だって」

    13 = 1 :

    土御門「よ…よし分かった!俺が確かめてやるにゃー」

    青ピ「下手したら処女が…」

    上条「土御門!」

    土御門「誰かが確かめなアカンかぎり皆信じられんぜよ。なら俺が確かめてやるって言ってんだにゃー」

    上条「ありがとう、土御門」

    土御門「いいってことぜよ」

    上条「なら、今日の学校の終わりに」

    土御門「分かったぜよ」

    青ピ「二人とも気つけてな~」


    こうして戦友の土御門と共に俺は突入することに決めた

    まさか、あんなことになるなんて誰が想像したであろうか

    14 = 1 :

    放課後

    上条「行くぞ、土御門」

    土御門「ゴクリ…」

    土御門の唾を飲みこむ音がきこえる
    緊張しているのであろう
    膝が震えている

    prrrrr!!!!!!

    土御門「!!!!」ビクッ

    上条「落ちつけ土御門。携帯だ」

    土御門「そ…、そうだにゃーこんなとこでびびってちゃ駄目ぜよ…」

    上条「はい、上条さんですけど」

    15 = 1 :

    ステイル「やぁ、上条当麻インデックスは元気かい?」

    上条「っ!インデックスは…元気だ」

    ステイル「それは良かった。最近インデックスの様子が気になっててね。べ、別に好きだからじゃないぞ!」

    上条「あぁ…、それならウチにこいよ…」

    土御門「か、かみやん!」
    上条「仲間は多い方がいいだろ?『オトリ』になるかもしれないしなwwwww」

    このときはかみやんが悪魔に見えたぜよ

    16 :

    正義じゃないな

    17 = 1 :

    ステイル「ほ、本当にいいのかい?まぁ、様子を見に行くだけだし」

    上条「全然!上条さんはいつでも大歓迎ですよ」

    ステイル「そ、そうか。ならお邪魔するよ」

    上条「はいよー」ピッ

    土御門「青ピもくる…ステイルもくる…」

    上条「確かめるんだろ?」
    土御門「いや、もしマツコデラックスが本当なら…と思っててにゃー」

    上条「ふぅ~ん」

    正直俺もびびってる
    土御門もびびってるさ。でも上条さんは臆病なので一人では帰れないんですよ
    ごめんな、みんな

    20 :

    こないだなんとなくテレビ付けたらマツコデラックスが歌ってて吹いた

    21 :

    良スレの予感

    22 :

    お前らが名前を間違えまくるから…

    23 = 1 :

    上条宅前

    上条「おせーぞ青ピ」

    青ピ「な、中々決心がつかへんくてな~」

    土御門「結局自分の目で確かめたいんだろ?俺に任せておけば良かったのににゃー」

    ステイル「任せるとか確かめるとか何の話しだい?」
    上条「か、関係ねーよ。さ、入りましょーか」

    そして俺は震える手で鍵をとり、鍵穴にいれようとした

    24 = 1 :

    土御門「かみやん!」

    上条「っ!」ビクッ

    カランカラン

    ステイル「な、なんだいそんなに怯えて」

    上条「お、お、おおおおどどどかすなよ」

    青ピ「悪ふざけはアカンで~、今そんなときちゃうやろ」

    土御門「ちょっとだけ…ちょっとだけ心の準備させてくれぜよ」

    上条「あ、あぁ…」

    25 :

    これか・・・

    26 = 1 :

    ステイル「心の準備?インデックスに何かする気か?」

    青ピ「ち、ちがうで~、恥ずかしがりなんや~。なー?」

    土御門「そ、そうだにゃー」

    ステイル「ふん、君にもそんな一面があるとはな」

    びびってやがる
    土御門の奴マジでびびってやがる。こんな土御門みたことないぜ…。そうだよなだってマツコデラックスだもんな。俺だったら聞いただけで逃げだしちまいそうな名前だ。それほど魅力的な名前さ。土御門。お前、つえーよ

    27 :

    「あらやだ」がマツコの部屋のまんまに再生される

    28 = 21 :

    下手したらステイルは自殺してしまうやもしれん

    29 = 1 :

    上条「お前らさ、最期に言っておくこととかないですか?」

    ステイル「は?」

    青ピ「『こもえ』先生。愛してるで」

    強調してやがる
    本気で覚悟してるんだな
    ごめんよ、青ピ…

    土御門「『ま・い・か』」
    名前だけだと?
    それ以上でもそれ以下でもない
    土御門は純粋に名前だけを…
    俺のために…か
    へへっ、いい友達もったぜ
    上条「幸せだ」

    かみやんが幸せ!?
    狂ったんか?恐怖で狂ったんか?
    か、かみやん…

    かみやん、俺とお前は、マブダチぜよ!!!!

    家族会議行ってくるんで良かったら保守お願いします

    31 :

    どうした

    32 :

    妹がマツコデラックスになってたんじゃね?

    33 :

    マイカ・デラックスとな

    34 :

    マイカの手料理っぽいな

    35 :

    あらやだ...
    マツコの声が見事に再生されちゃうわ...

    37 :

    41 = 1 :

    保守ありがとう
    土御門は遺言としてただ単に愛する妹の名前を言っただけです

    ステイル「なんだ馬鹿馬鹿しい。僕が先に入らせてもらうよ」

    ガチャ

    上条「死亡!」

    土御門「フラグが!」

    青ピ「たった!!!!!!」

    ステイル「え?なにを言って」

    ガタガタガタドタンドタン!!!!
    ズズズズー

    土御門「ステイルがかみやんの家に吸い込まれたぜよ!!!」

    上条「違う!奴だ!」

    青ピ「ど、どないなってるんや~」

    あら、いい男

    うぎゃああああああ!!!!


    上条「ステーーイル!!!」

    42 :

    俺の中では本日一番のスレ

    43 = 1 :

    土御門「早くステイルを助けにいくぜよ!!!」

    青ピ「いくで!かみやん!」

    上条「分かった!」

    バタン!!!!!!!

    青ピ「な、なんやて!?扉が勝手に」

    土御門「嘘ぜよ!!!嘘ぜよ!!!ステイル!ステイル!」

    上条「あけろぉおおお!!!!!!!」

    ダンダンダン

    上条「あけろって言ってんだよ!!!!!!」

    あらやだ、後でゆっくり可愛いがってあげるんだよ

    上・土・青「…」ゾクゾクゾク

    44 :

    > あらやだ、後でゆっくり可愛いがってあげるんだよ

    こええなおい…

    45 :

    ホラーすぎるだろ

    46 = 1 :

    土御門「かみやん…、もうステイルは駄目ぜよ」

    上条「そうみたいだな…」
    青ピ「ふ、二人とも嘘やろ?仲間が…仲間が…」

    上条「これは犠牲だ!!!俺達のためにステイルは…」

    な、なにしてるんだ!!
    は、はやく助け…
    く、くるな
    くるなぁああああ!!!!
    土御門「ステイルももうじき食われるぜよ」

    上条「行くぞ青ピ!時間がねぇ。ステイルの処女を無駄にするな!!!」

    青ピ「わ…分かった…。ステイルに感謝せなな…ステイルの分まで処女守らなな…」

    47 :

    これは恐怖
    いいぞもっとやれ

    48 :

    だれかコラ画像作ってくれ

    49 = 1 :

    -ステイルサイド-

    ステイル「なん…だと?あいつら…逃げたのか?」

    マツコ「なにを怖がってるの?じゃなかったわ。なにを怖がってるのかな?」

    ステイル「なんなんだよ…なんで僕なんだよ!!!上条当麻の方がかっこいいじゃないか!!!!」ポロポロ
    マツコ「あらやだ、涙なんか流して…、可愛いかも」
    ステイル「い…インデックス…インデックスをどこへやった!!!!!」

    マツコ「インデックス?私に決まってるじゃない。」
    ステイル「嘘だ!!嘘に決まっている!!」

    50 = 33 :

    >>48
    この一枚で十分すぎる


    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - とある + - とある魔術の禁書目録 + - インフィニット・ストラトス + - マツコデラックス + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について