のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:126,447,865人
昨日:no data人
今日:
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレキョン「・・・・・・メリーさん?」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - 涼宮ハルヒの憂鬱 + - カイジ + - キョム + - キョンが鬼畜 + - スネーク + - ハルヒ + - ブラック + - メリー + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    1 :

    プルルルル プルルルル

    キョン「はい」

    メリー「私メリーさん。今あなたの家の前にいるの」ガチャツ

    キョン「・・・・・・え?」

    プルルルル プルルルル

    キョン「・・・・・・はい」

    メリー「私メリーさん。今あなたのはやの前にいるの」ガチャツ

    キョン「いやっ・・・ちょっ・・・」

    2 :

    パソコンからやろうとしたけどあまりにも打ちにくかったため携帯からにします

    3 :

    かまわんつづけろ

    4 = 2 :

    プルルルル プルルルル


    キョン「……はい」

    メリー「私メリーさん。今あなたの部屋の前にいるの」ガチャッ

    キョン「いや……だから」


    プルルルル プルルルル プルルルル プルルルル

    キョン「……はい」

    メリー「私メリーさん。今あなたの後ろにいるの」ガチャッ

    キョン「……」

    メリー「……」

    キョン「……」

    メリー「……」

    6 :

    見守ろうぞ

    7 = 2 :

    プルルルル プルルルル

    キョン「……はい」

    メリー「うっ……えっぐ……あの……なんで部屋にいないんですか……うぅ」

    キョン「いや、知り合いの家にいるから……」

    メリー「うぅっ……えぐっ……ひどいよ……」

    キョン「お前が人の話を聞かないからだろ」

    メリー「うっ……失敗……しちゃった……ひっぐ……うぅ……」

    キョン「というかお前は誰だ?」

    8 :

    よろしい、大変よろしい

    9 :

    ふむふむ、それで?

    10 = 2 :

    訂正お願いします

    メリー「私メリーさん。今あなたのはやの前にいるの」ガチャツ


    メリー「私メリーさん。今あなたの部屋の前にいるの」ガチャツ

    でお願いします
    はやってなんだ……orz

    11 :

    そんなんいいからはやく

    12 = 2 :

    メリー「うっ……えっぐ……私……メリーさんです……」

    キョン「……」

    メリー「ひっぐ……うぅ…」

    キョン「……」

    メリー「……あの……聞いてくれてますか……えっぐ……」

    キョン「あの、すいません。間違い電話だと思います。それでは」ガチャッ

    メリー「……えっ……うぅ……うわぁあああああん」

    13 = 5 :

    ヒャッハー!気にしなくてもいいぜぇ!

    14 = 2 :

    プルルルル プルルルル プルルルル プルルルル プルルルル


    キョン「……はい」

    メリー「いきなり……えっぐ……切らないでください……うぅ……」

    キョン「……」(さっきまでお前もいきなり切ってたんだがな……)

    メリー「あの……えっぐ……私……ひっぐ……」

    キョン「すいません、間違い電話だと思いますんで。それでは」ガチャッ

    メリー「……えっ……また……うぅ……ひどい……ひどいよ……えっぐ……」

    15 :

    これこそまさにハルヒでやる意味がないような・・・

    16 = 2 :

    プルルルル プルルルル プルルルル プルルルル


    長門「……電話」

    キョン「ああ、気にするな」

    プルルルル プルルルル プルルルル プルルルル


    長門「……」

    キョン「……」イライラ

    プルルルル プルルルル プルルルル プルルルル プルルルル プルルルル プルルルル プルルルル


    キョン「……はぁ」イライラ


    プルルルル プルルルル プルルルル プルルルル


    キョン「……はい」

    メリー「あっ……やっと……出てくれた……うぅ……」

    キョン「悪戯ですか?いい加減にしないと警察呼びますよ。次電話してきたら警察に通報しますんで」ガチャッ

    メリー「えっ……ちが……うっ……うぅ……」

    17 = 2 :









    キョン「はぁ……なんだったんださっきのは……、早く寝るか」


    ガチャッ


    キョン「……」

    メリー「……」

    キョン「……」

    メリー「……」

    キョン「きゃぁぁぁぁぁあああああ!!」

    18 = 2 :

    メリー「あっ……やっと帰ってきたんですね」

    キョン「……な、なんで女の子が……」

    メリー「待ちくたびれちゃいました」

    キョン「……」(また、ハルヒのせいか?)

    メリー「あの、私……」

    キョン「ちょっと待て、誰だお前は?何故俺の部屋にいる?」

    メリー「私メリーさん」

    キョン「……」(どうしよう……絶対に絡んじゃいけないような奴に絡まれた……)

    メリー「あっ、ご家族には見えないから安心して」

    キョン「……」(な、長門に助けを……)

    19 :

    この時間帯に絵師はいるかな?

    20 = 2 :

    メリー「あの……話を……」

    キョン「……」(ダメだ……絶対に絡んじゃダメだ……)


    トテトテトテ


    キョン「ん?……シャミセンか」

    シャミセン「ふにゃあ!!」シャッー

    メリー「えっ?……えっ!?」

    シャミセン「シャァッ!!」

    メリー「きゃぁ!……痛い!やめて!やめてください!」

    キョン「……え?」

    メリー「いやぁぁぁぁあああああ!やめてよぉ……痛いよぉ……」

    シャミセン「シャァッ!!」

    キョン「……なに……これ」

    21 :

    おいやめろぉぉぉ!これ以上メリーちゃんを虐めるな!

    22 = 2 :









    メリー「うわぁあああああん、痛いよぉ……うぅ……ひっぐ……」

    キョン「……これ……使うか?」

    メリー「うぅ……恐いよぉ……ひっぐ……」

    キョン「……ほらっ、引っ掻かれたとこ見せてみろ」

    メリー「……えっ?……あっ……」

    キョン「ったく……なんで俺がこんなことを」

    メリー「ひゃんっ!!」

    キョン「染みるかもしれないが我慢しろ」

    23 :

    ほお・・・

    24 = 19 :

    くそっ…!何でこんな胸が痛いんだ…!

    25 :

    ふむ…

    26 = 2 :

    キョン「今何時だと思ってるんだ?深夜の2時30分だぞ。君、親御さんは?」

    メリー「うぅ……痛いよぉ……えっぐ……」

    キョン「……はぁ、家出少女かなにかか?」

    メリー「うぅ……私……メリーさん……」

    キョン「……はぁ」

    メリー「ひっぐ……えっぐ……命を……もらいに……うぅ……来ました……うっ……」

    キョン「今は真面目な話をしてるんだ」

    メリー「うっ……真面目です……ひっぐ……」

    キョン「……はぁ」

    メリー「えっぐ……命……ください……ひっぐ……」

    キョン「……え?」

    27 :

    平野ボイスで再生されてしまう…

    28 = 2 :

    メリー「お願いしますぅ……私……うぅ……」

    キョン「ちょっ、ちょっと待った!なんか空気がおかしい!」

    メリー「えっぐ……困るんです……うぅ……」

    キョン「やめっ!こっち来るな!!」

    メリー「うぅ……ごめんなさい……えっぐ……」

    キョン「……あっ……ぁ……ぁぁぁぁあああああ!!」

    29 = 23 :

    こういうときこそ能登ボイスだろ・・・

    30 :

    >>29
    じゃあ間取って戸松で

    31 = 9 :

    若本じゃないの?

    32 = 2 :



    「させませんよ」


    メリー「きゃぁ!!」

    キョン「……え?」

    古泉「……ふぅ、全くあなたも……よく女性に絡まれますね」

    キョン「こ、古泉ぃぃぃいいいいい!!」

    メリー「うぅ……痛い……痛いよぉ……うわぁあああああん……」

    古泉「ところで……あれは一体?」

    キョン「分からん、とりあえず不法侵入者だ」

    メリー「うぅ……ひどい……ひどいよ……えっぐ……命……もらおうとしただけなのに……うっ……」

    古泉「……痴情の縺れかなにかですか?」

    キョン「違う!初対面だ!」

    メリー「うっ……ひどい……ひどいよ……」

    古泉「っ!?」

    キョン「っ!?」

    33 :

    かわいいと感じてしまった

    34 = 23 :

    >>31
    メリー「私メリーさん。今あなたの後ろでぶるぁあぁぁぁぁぁぁぁ」

    35 :

    寝れないじゃないか

    どうしてくれるんだ1

    36 = 19 :

    >>34
    ダメだ…殺される…
    もう終わりだ…

    38 = 2 :

    古泉「な、なにか得体のしれない恐怖を感じるんですが……」

    キョン「お前……助けてくれるんじゃないのかよ」

    メリー「うふふ……ひどいです……私……何も悪いことしてないのに……」

    古泉「助けたいのは山々なんですが」

    キョン「なぁ、ちょっとあれやばくないか?」

    メリー「うふふ……」

    古泉「長門さん……早く来て下さい」

    キョン「……結局長門任せかよ……」

    古泉「しょうがないでしょう、僕は閉鎖空間外では一般人なんですから」

    キョン「お前なぁ……」

    メリー「あはははは!」

    キョン「……って呑気に話してる場合じゃ……うわぁあああああ!!」

    古泉「……っ!?くそっ!!
    マッガーレ!マッガーレ!マッガーレ!フンモッフ!フンモッフ!
    …………くそっ!きかないか……」

    キョン「ちょっ!なに掛け声だけだして格好つけてんだよ!!なにも出てないからね!?
    ちょっ!!助け……ぁぁぁぁあああああ!!」

    40 = 19 :

    ヤンデレ体質かよ…騙された…w

    41 :

    マッガーレふんもっふでカコイイと思うキョンくんってステキ

    42 :

    パラドキシアのメリーさん思い出した

    ついでにロリ巨乳の花子さんも

    43 = 2 :

    古泉「フンモッフ!!フンモッフ!!マァッガァーーーレェェェェ!!!」

    キョン「ぁぁぁぁあああああ!!」(……お、終わった……)


    「ふにゃあ!!」


    メリー「きゃぁぁぁぁぁあああああ!!」

    キョン「っ!?」

    古泉「っ!?」


    シャミセン「シャァッ!!」

    メリー「いやぁ!痛いよぉ……やめてよぉ……あっ!……た、助けてぇ……」

    キョン「シャミセェェェェン!!」

    44 = 2 :









    メリー「うっ……ひっぐ……痛いよぉ……恐いよぉ……えっぐ……」

    キョン「分かったか?悪いことをしようとすると罰が当たるんだ」

    メリー「うっ……ひっぐ……えっぐ……」

    古泉「全く……次は許しませんからね」

    キョン「ごめんなさいは?」

    メリー「うっ……ひっぐ……え?……」

    キョン「ごめんなさいは?」

    メリー「うぅ……えぐっ……ごめんなさい……」

    45 :

    古泉かわいいぞ

    46 :

    キョン「ごめんなさいは?」

    メリー「うっ……ひっぐ……え?……」

    キョン「ごめんなさいは?」

    メリー「うっ……ひっぐ……え?……」

    キョン「ごめんなさいは?」

    メリー「うっ……ひっぐ……え?……」

    キョン「ごめんなさいは?」

    メリー「うっ……ひっぐ……え?……」

    キョン「ごめんなさいは?」

    メリー「うっ……ひっぐ……え?……」

    キョン「ご め ん な さ い は ?」

    メリー「うっ……ひっぐ……え?……」

    47 = 30 :

    >>46
    なにそれこわい

    48 = 2 :

    キョン「いいか?人を殺すなんて悪いことだ。反省しろ」

    メリー「えぐっ……はい……うぅ……」

    古泉「相手の気持ちも考えください。自分が殺されたら嫌でしょう?」

    メリー「えっぐ……はい……ごめんなさい……」

    キョン「……ったく、ほら、引っ掻かれたとこ見せろ」

    メリー「……え?……ひゃぁん!!」

    キョン「染みるが我慢しろ。罰だ」

    メリー「んっ……あうっ……あっ……痛いよぉ……」

    古泉「次は容赦なく当てますからね。覚悟しておいてください」

    キョン「……お前ちょっと黙ってろ」

    古泉「……ごめんなさい」

    メリー「あっ……やっ……ひゃぁん!……うぅ……染みるよぉ……」

    49 :

    「うらめしや~」

    50 = 21 :

    >>48
    やめて!朝から賢者になんてなりたくない!


    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - 涼宮ハルヒの憂鬱 + - カイジ + - キョム + - キョンが鬼畜 + - スネーク + - ハルヒ + - ブラック + - メリー + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について