のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:126,500,339人
昨日:no data人
今日:
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレレッド「ポケモンマスターになる」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★
    タグ : - 東京魔人學園 + - おっぱいポケモンバトル + - エメラルド + - キース・レッド + - ナツメ + - ヒカリ + - ブルー + - ポケットモンスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    1 2 3 4 5 6 7 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    1 :

    レッド「なりたい」

    オーキド「突然になんじゃ一体」

    レッド「……」

    オーキド「……道は険しいぞ?」

    レッド「頑張る」コクン

    オーキド「意志は固いようじゃな」

    レッド「……」

    オーキド「ほれ、好きなポケモンをもってけ」

    レッド「!」

    オーキド「何を驚いとるんじゃ。その為にきたんじゃろう?」

    3 :

    ちゃんと書くなら落ちないように張り付いてやんよ

    5 :

    レッド「頑張る」コクン
    コクーンで決まったな

    7 :

    あ~ 憧れの~♪
    ポケットモンスターに~♪
    なりたいな ならなくちゃ 絶対なってやる~♪

    8 = 1 :

    レッド「……」

    オーキド「ほれ、好きなものもってけ。とは言っても研究用の三匹しかここにはないがの」

    レッド「……」ジー

    オーキド「どうだ? なにか気に入った奴はおったか?」

    レッド「……」フルフル

    オーキド「ふむぅ……そうか。困ったのお……さっきも言ったとおり研究所にはこの三匹しかおらん」

    レッド「モンスターボール」

    オーキド「……? まさか、自分で取ってくるとでも?」

    レッド「……」コクン

    オーキド「駄目じゃ駄目じゃ! ポケモン無しに一人で野生のポケモンを捕まえるなんて危険すぎる!」

    9 = 3 :

    まさかピッピじゃあるまいな……

    10 :

    ギエピー…

    11 = 1 :

    レッド「大丈夫」

    オーキド「何を馬鹿な。そんな危険な事は許可できん。諦めてこの三匹で選ぶのじゃ」

    レッド「……」フルフル

    オーキド「我儘な奴じゃのお……昔から頑固だとは思っておったが……」

    レッド「……」

    オーキド「仕方ない。特別に許可しよう……」

    レッド「!」

    オーキド「じゃが条件つきじゃ。わしも同行する。よいな?」

    レッド「…………」

    オーキド「嫌なら三匹から選ぶしかないのう」

    レッド「……」コクン

    オーキド「ではいくとするか」

    12 :

    これを思い出した

    13 = 4 :

    しえん

    14 = 1 :

    オーキド「少しわしは出かけてくるぞい」

    助手「またですかあ?」

    オーキド「うるさいわい。たくっ出かける容易は出来たかの?」

    レッド「……」コクン

    助手「あっ、レッド君。おはよう」

    レッド「……」コクン

    助手「あはは。相変わらず無口だなあ」

    レッド「……」

    オーキド「ほれっ、行くならはよせんかい。わしはこう見えて忙しいんじゃい」

    レッド「……また」タッタッタッ

    助手「行っちゃった……喋ってくれたのは初めてだなあ……」

    15 = 1 :

    オーキド「いいか? ポケモンというのは大抵こういう草むらに生息しているものなのじゃよ……ほらっ! 出てきた!」

    ポッポ「ポッポー」

    レッド「……」

    オーキド「ほれ、モンスターボールじゃ。奴さん油断しきっておるから絶好のチャンスじゃぞ」

    レッド「……」

    オーキド「どうした? 何故投げんのじゃ?」

    レッド「違う」

    オーキド「我儘な奴じゃのお……」

    16 = 1 :

    オーキド「とりあえずもったいないし、捕まえておくか。ついでにお手本じゃ」ポイッ

    ポッポ「クルッポー?」コツン 

    ボール「コロコロコロコロ……コロ……」ポゥンポゥンポゥン……

    オーキド「よし、捕まえたようじゃな」

    レッド「……」

    オーキド「興味なし、か……まぁいい。次のを捜すとするかの」

    レッド「……」ガサガサ

    オーキド「なかなか出てこんの……おっ」

    コラッタ「……」

    レッド「……」ジッー

    17 = 1 :

    オーキド(コラッタがお目当てか)

    レッド「……」ジッー

    オーキド「ほれ、ボールじゃ」

    レッド「違う」

    オーキド「……またか」

    レッド「ボール」スッ

    オーキド「? 違うんじゃなかったのか?」

    レッド「……」

    オーキド「やれやれ……なにを考えているのやら。さっぱりじゃ、ほれ」

    レッド「ありがとう」

    オーキド「しっかし子供は元気じゃのお……年寄りにはきつい。疲れてきたわい……」

    レッド「……」ザッザッザッ

    18 = 1 :

    オーキド「ちっとそこの木陰でやすんどるぞ」

    レッド「……」コクン

    オーキド「はぁー……疲れた」

    レッド「……」ザッザッザッ

    オーキド「あんまり遠くへいくんじゃないぞー!」

    レッド「……」コクン

    オーキド「ふぁああああ…普段の疲れがたまっとるようじゃなあ……一休み一休み」ウツラウツラ

    レッド「……」ジー

    オーキド「ぐー」

    レッド「……はぁ」フルフル

    20 = 1 :

    かぁーかぁー

    オーキド「はっ……いかん! いつのまにか夕暮じゃ!」

    オーキド「おーい! レッド! おーい!」

    オーキド「しまった……どうしよう……」

    オーキド「い、一旦研究所に戻って捜索隊を……」

    レッド「呼んだ?」ヒョコ

    オーキド「……このっ、心配させおって!」ゴツン

    レッド「……痛い」ジワァ

    オーキド「はぁ。で、成果は?」

    レッド「……」コクン

    オーキド「そうか。良かったの。今日はゆっくり休んで明日出かけるとしなさい」

    レッド「……」コクン

    22 = 1 :

    オーキド「気をつけてな帰るんじゃぞー」

    助手「一緒についていってあげようか?」

    レッド「……」フルフル

    助手「そっか。気をつけてね」

    レッド「……」トコトコ

    グリーン「よう、レッド。こんな夜遅くにどうしたんだ?」

    レッド「ポケモン探し」

    グリーン「へえ。で?」

    レッド「捕まえた」

    グリーン「それは良かったな。そうそう俺は明日おじいちゃんからポケモンを貰うんだ。だから明日バトルしないか?」

    レッド「うん」

    グリーン「よし。決まりだな。それじゃあ俺はおじいちゃんに弁当届けなくちゃいけないから。またな」

    レッド「ばいばい」ヒラヒラ

    グリーン「じゃあーな。明日忘れんなよ!」

    レッド「……」コクン

    24 :

    おそらくこのSSはレッド萌えをコンセプトにされているんだろう
    かわいいポケモンでるといいな

    25 :

    レッド可愛い支援

    26 :

    レッドかあいい

    27 = 1 :

    レッド「ただいま。ママ」ガチャ

    レッド「……」バタン

    レッド「今日は博士と一緒にポケモン捕まえたよ」

    レッド「帰りにグリーンにあって明日ポケモンバトルする約束もしたんだ」

    レッド「それと、明日旅に出るよ」

    レッド「……僕、絶対ポケモンマスターになるから……」

    レッド「おやすみ、ママ」

    レッド「……」モゾモゾ

    レッド「……」スゥスゥ

    28 = 1 :

    レッド「おはよう」

    レッド「いってきます」バタン

    オーキド「レッドか早いのう」

    レッド「……」コクン

    オーキド「うむうむ。いいことじゃ。早起きは三文の得とも言うしの」

    レッド「……」

    オーキド「ところで捕まえたポケモンを見せてくれるかの?」

    レッド「……」コクン

    オーキド「どれどれ」

    ピカチュウ「ピカピカァッ!」

    オーキド「! これはピカチュウじゃないか!」

    29 :

    母…既に亡くなっているのか

    30 = 24 :

    このスレタイにピカチュウ
    このひねりの無いシンプルな設定!
    これは良スレになりそお!!

    31 = 1 :

    レッド「……」コクン

    オーキド「大変珍しいポケモンじゃ……是非ともわしにゆずってくれんか? 三匹全部と+ポッポじゃ!」

    レッド「……」フルフル

    オーキド「うぅむ……ならばこのイーブイも……」

    グリーン「おじいちゃん! それは俺にくれるって約束だろ!」

    オーキド「グリーン、来てたのか」

    グリーン「たくっ……油断も隙もありゃしないんだから……」

    オーキド「ぬぅ……惜しいのぅ……ほしいのぅ……」

    レッド「だめ」ギュッ

    ピカチュウ「ピカァ」

    32 = 1 :

    グリーン「ヘぇ……それがレッドのポケモンか……中々じゃん」

    レッド「ありがとう」ナデナデ

    ピカチュウ「ピカピカァ」

    グリーン「俺のイーブイも見せてやるよ。出て来い! イーブイ!」

    イーブイ「ブイ」

    グリーン「どうだ? ふさふさのもふもふで可愛いだろ? 気持ちいいんだぜ」

    レッド「……いいなあ」

    ピカチュウ「ピカァッ!?」

    グリーン「特別に触らせてやるよ」

    レッド「……」ナデナデ

    イーブイ「ブイー」

    レッド「かわいい……」

    グリーン「だろ?」

    33 = 29 :

    目指せモエモンマスター

    34 :

    長くなりそうだな

    35 = 4 :

    ここでピカチュウが電気ショック

    36 = 1 :

    レッド「抱っこしたい」

    グリーン「駄目駄目」ヒョイ

    イーブイ「ブイ」

    グリーン「イーブイを抱っこしていいのは俺だけなの。な、イーブイ?」

    イーブイ「ブイブイー」

    レッド「残念」ガックリ

    ピカチュウ「ピカッ、ピカピカピカァ!」

    レッド「……? あっ、ごめんね」ナデナデ

    ピカチュウ「ピッカチュゥー」

    37 = 1 :

    オーキド「かわいいのぅ」

    助手「ほんとうですね」

    オーキド「ポケモンはいい」

    助手「子供はいいですね」

    オーキド「えっ?」

    助手「えっ……なんですか?」

    オーキド「いや……別に」

    38 = 1 :

    レッド「グリーン」

    グリーン「もふもふー……んっ? なんだ?」

    レッド「約束」

    グリーン「んん? なんの話だ?」

    レッド「……」

    グリーン「冗談だよ、そんな睨まなくてもいいじゃんか」

    レッド「……」

    グリーン「ほんとだって。ポケモンバトルだろ? ちゃんと覚えてるさ」

    レッド「うん」

    グリーン「そんじゃ、始めようぜ」

    レッド「……」コクン

    39 = 29 :

    助手ショタコン説浮上

    40 = 1 :

    レッド「ピカチュウ。頑張れ」

    ピカチュウ「ピッカチュウ!」

    グリーン「いけっイーブイ! 体当たり!」

    イーブイ「ブイブイブイッ!」ダッ

    ピカチュウ「ピカピカァー」ヒョイ

    イーブイ「ブィイイ!?」ゴツン

    グリーン「イーブイ! 大丈夫か?」

    イーブイ「ブイ……」

    レッド「電気ショック」

    ピカチュウ「ピーカァーチュウウウ!」バチバチバチ

    イーブイ「ブィィィ……」ドサッ

    41 = 3 :

    一発でダウンする辺りアニメ仕様っぽいな
    イワークに電気ショック効いたりしそう

    42 = 1 :

    グリーン「イーブイ!」ダッ

    イーブイ「ブイー……」

    グリーン「大丈夫か? くそっ……ひどいじゃないか! レッド」

    レッド「……」

    グリーン「もうお前とは絶交だ! 金輪際お前と幼馴染の縁は切らせてもらうからな!」

    レッド「そんな……」

    グリーン「イーブイ今治してやるからな……」タッタッタッ

    レッド「……」

    ピカチュウ「ピ、ピカチュー……」

    レッド「ばかっ」コツン

    ピカチュウ「ピ、ピカピカァ……」

    レッド「ごめん……ピカチュウは悪くない」

    43 = 1 :

    オーキド「レッドも悪くは無い。ポケモンバトルに負けたグリーンが悪いんじゃ」

    レッド「……」

    オーキド「全く。全面的にレッドは無実じゃ。あいつにポケモンをやったのは失敗だったかのお」

    レッド「……」

    オーキド「レッド、本当に気に病む必要は無いじゃぞ? わしからもよく言っといてやるからの」

    レッド「……」コクン

    オーキド「ふぅ……困ったものじゃ……」

    助手「レッド君、大丈夫?」

    レッド「……」トコトコ

    44 = 1 :

    オーキド「旅に出るのか?」

    助手「あはは。無視されちゃった」

    レッド「……」コクン

    オーキド「そうか。では気をつけるんじゃぞ。餞別の品じゃ」

    レッド「……」

    オーキド「モンスターボールに傷薬。それと、ポケモン図鑑じゃ」

    レッド「?」

    オーキド「まぁ、わしの研究を助けると思って持っておくんじゃ」

    レッド「……」コクン

    オーキド「気をつけてな」

    助手「いってらっしゃいレッド君」

    レッド「……」コクン

    45 = 1 :

    レッド「……」トボトボ

    レッド「……」クルッ

    レッド「……」

    レッド「さよならバイバイ」クルッ

    レッド「……」トボトボ

    グリーン「おーい! 待てよー!」

    レッド「!」クルッ

    グリーン「はぁっ……はぁっ……追いついた……」

    レッド「……」

    46 :

    なんかわかんないけどこの雰囲気いいな

    47 = 1 :

    グリーン「その……ごめんな。あんなことで怒っちゃってさ」

    レッド「……」フルフル

    グリーン「許してくれるのか?」

    レッド「……」コクン

    グリーン「へへっ。やっぱりお前は良い奴だな」

    レッド「……」ジッ

    グリーン「でも、あの言葉は撤回しないぞ」

    レッド「……」

    グリーン「これからは親友で永遠のライバルだ。絶対、俺がポケモンマスターになってやる!」

    レッド「……」スッ

    グリーン「?」

    レッド「握手」

    グリーン「ああ……」ギュッ

    48 = 34 :

    もうレッドの台詞はコピーで張ってるんだろうな

    49 = 1 :

    レッド「負けない」

    グリーン「おう。ちょっと遅れるけど、すぐに追い抜いてやるさ」

    レッド「頑張る」

    グリーン「ふん。じゃあな」クルッ

    レッド「グリーン!」

    グリーン「なんだ?」トコトコ

    レッド「……一足先に、待ってる」

    グリーン「言っただろ。すぐに追い抜くってな……」

    レッド「うん……待ってる」クルッ

    レッド「行こう」タッタッタッ

    50 = 3 :

    このレッドに東京魔人學園とか九龍妖魔學園紀の主人公臭を感じる


    1 2 3 4 5 6 7 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★
    タグ : - 東京魔人學園 + - おっぱいポケモンバトル + - エメラルド + - キース・レッド + - ナツメ + - ヒカリ + - ブルー + - ポケットモンスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について