のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:124,493,685人
912,924,475頁
昨日:1,055人
1,111頁
今日:696人
696頁
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレキョン「ハルヒに顔射したい」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - 涼宮ハルヒの憂鬱 ×2+ - 鶴屋さん + - キョンコ + - キョン子 + - タらを + - タラヲ + - ポケモン + - 仮面ライダー + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    1 2 3 4 5 6 7 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    1 :

    古泉「はい?」

    2 = 1 :

    キョン「だからハルヒに顔射したいんだが」

    古泉「あなたは何を言っているんですか……」

    キョン「ハルヒに顔射したいと言っている」

    古泉「そんな台詞何度も言わないでください」

    キョン「お前が言わせたんだろうが」

    3 :

    ヴぃっぱ「はい?」

    4 = 1 :

    古泉「失礼ですが頭大丈夫ですか?」

    キョン「ああ、いたって正常だ」

    古泉「正常な人間の台詞とはとても思えませんが……」

    キョン「言われてみるとそうかも知れんな」

    古泉「あなたの愛した平凡な日々はどこへ行ったんですか」
    キョン「……うーむ」

    5 = 1 :

    キョン「だが古泉……」

    古泉「なんでしょうか」

    キョン「もし俺が今おかしなことを言ってるとしたら、ハルヒがそうなるように願ってるって可能性があるんじゃないのか?」

    古泉「それは……」

    キョン「だとしたら顔射してやった方がハルヒも喜ぶんじゃないか?」

    古泉「そうきましたか」

    6 :

    濃墨「ははは。私も酢墨家さんに顔射したいと思ってました。」

    7 :

    いいじゃない。僕は続きが楽しみだよ。がんばって

    8 = 1 :

    キョン「ちょっと行ってハルヒに精液をかけてきてみるか」

    古泉「すとーっぷ!!」

    キョン「なんだ古泉、大きな声を出すなよ」

    古泉「今機関に連絡をとって鈴宮さんの力が発生しているかききますから!」

    長門「その必要はない」

    9 = 1 :

    キョン「ん?長門か」

    古泉「長門さん、必要ないとはどういうことですか?」

    長門「鈴宮ハルヒの力は発動していない。顔射したいというのは彼の願望に間違いない」

    古泉「ほら!僕の言った通りじゃないですか!」

    キョン「言ってないだろ」

    11 :

    鈴て

    12 :

    良スレの予感…

    13 = 1 :

    古泉「とにかく顔射は無しです。我慢してください」

    キョン「んー無理かも知れんな」

    古泉「世界のためです」

    キョン「それを言うのは卑怯じゃないか?」

    古泉「あなたが我慢すれば全て丸くおさまるんですよ」

    長門「我慢は良くない」

    14 :

    長門「私にかけるべき」

    15 = 1 :

    長門「我慢は身体に悪い、と統合思念体が告げている」

    古泉「ちょっと長門さん何を言い出すんですか」

    キョン「長門は話がわかるな」

    古泉「長門さんは宇宙崩壊の危険を承知で彼に顔射させようというのですか!?」

    長門「そうは言っていない」

    キョン「ん?」

    長門「あなたは鈴宮ハルヒではなく私に顔射するべき」

    キョン「!!」

    古泉「……こんな世界壊れてしまえ」

    16 = 6 :

    みくる「キョンくーん わ・た・し・に・も」

    18 :

    >>17
    ジャッキーだー

    19 :

    だれ鈴宮って

    21 :

    後藤「シャーッ!コイヤァーッ!!」

    22 = 7 :

    >>1
    早く続き書いてくれえええええええ
    死ぬうううううううう

    24 :

    続きはまだかね

    27 :

    ドパ

    29 :

    古泉にしろよ

    30 :

    古泉と国木田ならホモセックス出来るよ。



    ハルヒかわいい

    31 = 27 :

    ハルヒ系のプリン、アナル全滅!

    32 :

    キョン「ふざけんな、俺はなんでもハルヒのいいなりか?」

    古泉「そうは言いませんがあなたには我慢していただきたいです」

    キョン「じゃあなにか!?ハルヒが俺に対して裸で外歩いちゃいけないっていったら俺は裸で外歩いちゃいけないのか?」

    古泉「そうです。というか涼宮さんの意志以前に法律の問題です」

    キョン「なんの為の法律だよ鳩山さんよー!!」

    34 = 32 :

    古泉「いえ、ちなみにその件に鳩山さんは全く関係していません」


    キョン「…こういう事態を対処するのが機関の仕事じゃないのか?」

    古泉「といいますと?」

    キョン「ハルヒの機嫌を損ねないことが機関の目的だろ。原因となりそうな俺を穏便に対処するのがお前らの仕事だろうが」

    古泉「まったくあなたという人は…わかりました、僕の顔をお貸しいたします。思う存分かけてください」

    キョン「誰がお前にかけて興奮するか!こっちがお断りだ!」

    35 :

    はっはっはっ

    36 :

    朝倉に眉射したい

    37 = 32 :

    古泉「いえ、機関はそのような仕事は…ご自分の欲求はご自分で解決して頂きたいのですが」

    キョン「無理だろ…誰が顔射させてくれっていってOKするんだ」

    古泉「心当たりはありませんか?」

    キョン「朝比奈さん…は無理だよな」

    古泉「朝比奈さんが無理なら誰にも対しても無理だと思います」

    キョン「長門…ならいけるかも」

    古泉「長門さんのあの冷たい目に耐えられますか?」

    キョン「無理だ…鶴屋さん…はぶん殴られそうだ」

    古泉「妹さんはいかがでしょう」

    キョン「おい。俺は近親相姦するようなクズじゃないぞ」

    古泉「おやおや。この場に及んでどの口がそんなことを言いますか」

    38 = 32 :

    キョン「朝倉はチンコナイフでぶった切られそうだしな」

    古泉「はぁ…」

    キョン「頼む!機関の方で適当な女あてがってくれ」

    古泉「ヤリマンの女紹介してくれ、みたいなノリやめてください。だいたい上にどう説明したらいいんですか」

    キョン「世界の神の鍵となる男が大ピンチと言えば偉い人も動くだろ」

    古泉「あなたはなぜそんなに上から目線なんですか」

    キョン「頼むよ!じゃあ一緒にナンパしようぜ!な?それならいいだろ?」

    40 = 32 :

    古泉「それなら構いませんがあなたはそういう経験はあるんですか?」

    キョン「ない。一切」

    古泉「…」

    キョン「だからお前に頼んでるんだろうが。お前はそういう経験ないのかよ」

    古泉「声をかけられたことは何度か…しかしかけたことはありませんね」

    キョン「やっぱお前はそっち側の人間か」

    古泉「ひとまず解散して着替えてからもう一度集合しましょう。制服でナンパもあれですから」

    キョン「なんだお前もノリノリじゃないか」

    古泉「人生何事も経験ですからね」

    41 = 32 :

    駅――

    キョン「なんだその格好は!」

    古泉「ナンパといったらやはりホストスーツでしょう」

    キョン「バランス考えろ!カジュアルな格好のやつとホストみたいな格好のやつが一緒に声かけてきたらおかしいだろ!」

    古泉「ではあなたのスーツも一式揃えましょうか」

    キョン「え?いいのか?」
    古泉「やはりナンパには王道のホストです。メンズエッグにそう書いてありました」

    キョン「お前そういうの読むのか…俺はそういうのはわからん」

    古泉「とりあえず行きましょう」

    42 :

    ガイアが俺にもっと輝けと…

    43 = 32 :



    キョン「うわー…ゴリゴリのホストだ。我ながら恥ずかしい」

    古泉「よくお似合いですよ」

    キョン「そうか?悪いな金出してもらって」

    古泉「いえ。いずれ返していただきます」

    キョン「あぁそれはもちろん」

    古泉「それじゃあ行きますか」

    キョン「よし!それはそうと古泉、どんな女に声かけるんだ?」

    古泉「ここではいつきとお呼びください。狙いは頭の弱そうな、遊んでそうな大学生です」

    キョン「お前…なんだか頼もしいな」

    44 = 32 :

    ……

    古泉「今お暇でしたらご一緒しませんか?」

    キョン「あ…あの…よかったら…どこか…」




    キョン「全然ダメじゃねぇか…」

    古泉「おかしいですね、身持ちが固い女性ばかりで困ります」

    キョン「今んとこ5戦5敗か…」

    古泉「ターゲットを広げましょうか、遊んでそうな女性にはこちらの焦りが伝わってしまっているようです」

    キョン「だな…ちょっと固そうな女の方が逆にいけそうな気がする」

    45 :

    魅惑のジェネラルパーソン・・・

    46 :

    あれ最初の頃のワクワク感はどこに行った?

    47 = 32 :

    「あれーキョンくん~」



    キョン「ん?うげぇぇ!お前どうしてここに…」

    「お母さんとお買い物に来たの~キョンくんどうしたの?その格好?」

    キョン「いや…あの…お、俺も高校生なんだからオシャレくらいするんだよ」

    「ふぅーん」

    キョン「…お袋は?」

    「卵買い忘れたからってもう一回デパート行ってくるからここで待ってろって~」

    キョン「そうか…」

    48 :

    ハルヒに顔射はどうしたんだよ顔射は

    49 = 32 :

    キョン「お前は向こう行ってろ。なっ?」

    「わかった~バイバーイ」


    キョン「はぁ…」

    古泉「お恥ずかしい姿を見られましたね」

    キョン「萎えた…帰る」



    50 :

    えっ…


    1 2 3 4 5 6 7 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - 涼宮ハルヒの憂鬱 ×2+ - 鶴屋さん + - キョンコ + - キョン子 + - タらを + - タラヲ + - ポケモン + - 仮面ライダー + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について