のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:125,108,764人
913,606,663頁
昨日:875人
1,016頁
今日:54人
54頁
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ男「い、許嫁が…出来ただと…!?」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×8
    タグ : - 許嫁 + - お嬢様 + - ツンデレ + - 中途半端 + - + - + - 幼馴染 + - 悲しい + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    1 :

    「…ああ」

    「ど、どういうことだよ、許嫁って!」

    「……すまん、男…。父さん、実は二千万程借金をしてしまってな…」

    「…はぁ!? 何でそんな…!」

    「まだ話の途中だ、最後まで聞け」

    「……はい」

    2 :

    「…はぁ!? 何でそんな…!」

    「まだ話の途中だ、最後まで聞け」

    3 :

    「つまんないよ!」

    「まだ話の途中だ、最後まで聞け」

    4 :

    「まだ話の途中だ、最後まで聞け」

    「……はい」

    5 :

    今日のらんまスレはここですね

    6 :

    「まだ話の途中だ、最後まで聞け」

    「だが断わる」

    7 :

    許婚かと思ったけどよく見たら許褚だったとかいうオチだろ

    8 = 1 :

    「それでな? 父さんの親しい友人が、

    『君の息子が私の娘を貰ってくれるなら、借金を肩代わりしてあげよう』

    と…」

    「…はぁ」

    「だから、頼む!結婚してやってくれ!」

    「…ていうか、何でその人の娘を貰わないといけないの?」

    「…実際に会ったらわかる」

    「……」

    9 :

    うん

    10 :

    どのレベルのブサイクか気になる

    11 :

    不細工すぎて嫁の貰い手がいないとかはやめてよ

    12 = 6 :

    アンドロイドか獣人娘

    13 :

    見たら心臓マヒするレベル

    15 = 1 :

    「…で、ここがその友人の家?」

    「ああ…。どうだ? 大きいだろ!」

    (…そりゃあ、こんだけ金持ちじゃないと二千万なんて大金……)


    ピンポーン

    『はい?』

    「あ、御免下さい…父と申しますが…」

    『あ、父ちゃん!? 待ってて、今開けてあげる!』ブツッ

    「…その声の主がむすm

    「いや、この人が父さんの友人…つまりは、お前の許嫁の母親だ」

    「え!? いや、だって声g

    16 :

    髪乾かしてくるから
    それまで>>50は行ってろよ?

    17 = 1 :

    「いらっしゃい、父ちゃん!」

    「あぁ、相変わらず小さいなぁ!」

    「う、うるさいっ! これから伸びるもん!」

    「もう40なのに、まだ伸びるのか?」

    「…うぅ…!」

    (…40? てか、イメージしてたのと大分違う…)

    「あ、その子が男くん?」

    「ああ」

    「ど、どうも…」

    「うわぁ…昔の父ちゃんそっくり…」

    (…そんなに昔からの友人なのか…)

    19 :

    つづけたまえ

    20 = 1 :

    「それで、娘さんは何処に居るんだ?」

    「あ、娘ちゃんなら部屋に居るよ?」

    「よし! 男、挨拶に行ってこい!」

    「…あぁ、うん」

    「メイドさん、案内してあげて?」

    メイド「かしこまりました」

    (…どんな人なのかな…?)

    22 = 1 :

    スタ…スタ…

    (…しかし、広い家だな……こんなに部屋あったら、地図無いと迷うだろ…)

    メイド「こちらのお部屋になります」

    「あ、はい…どうも……」

    (えーと…まずはノックか? それで挨拶して…)

    『…誰?』

    「!! あ、えっと…男って言うんだけど…」

    『男? …あぁ、ママの言ってた人か…入って?』

    「あ、うん…」

    23 = 1 :

    ガチャ…

    「…」

    「…どうも」

    「ど、どうも…」

    (…どんな子かと思ったら……可愛らしい普通の女の子じゃないか…)

    「あなたの結婚相手にさせられた、娘です。どうぞよろしく」

    「……」

    「…どうかした?」

    「さ、させられたって…」

    「だって、そうでしょ?」

    「…まぁ、そうだけど…」

    25 = 16 :

    ふむ

    26 = 11 :

    許婚とは主人公を〇〇様って慕ってくる女の子だと思っていたが
    こんなパターンもあるんだな

    27 = 13 :

    男か

    28 = 13 :

    あっごめ

    29 = 1 :

    「…」じろじろ…

    「…何?」

    「あなたみたいな奴と結婚させられるなんて、最大の屈辱ですね」

    「……」

    「まぁ、ママに逆らったら怖いし? 仕方ないから結婚してあげるけど」

    「…はぁ」

    「私が結婚してあげなかったら、あなたみたいなのは一生独身でしょうね」

    「…そうですか」

    31 = 1 :

    「さ、ママ達が待ってるでしょうし、行きましょう?」

    「…あぁ、うん」

    「あ、並んで歩かないでくださいね? 気持ち悪いですから」

    「……き、きもっ…!?」

    「あぁ、それと…結婚しても、あなたとの子供は絶対に作りたくありませんので」

    「…」

    「あくまでも、形だけですから。わかってくださいね?」

    「……はい」

    33 :

    なぜ、書きためてこなかったのか。

    35 = 32 :

    書きためておいてほしかったな

    まぁ静かにwktkしてるかな

    36 = 1 :

    ギィ…

    「あ、娘ちゃんに男くん! おかえり!」

    「…はい、ただいまです…」

    「父さん、こんにちは」

    「あ、あぁ…こ、こんにちは…」

    「二人とも、いいタイミングで来たね!」

    「え?」

    「じ、実はな…? お前と娘さんは、今会ったばかりだろ?」

    「当たり前でしょう?」

    「…」

    37 :

    変に最初からデレがなくて良い

    38 = 1 :

    「それでね? 十分仲を深めてから結婚させようと思って…」

    「お前達は、今日から二人で暮らすんだ」

    「……えぇっ!? な、何を勝手に決m

    「ええええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!?」

    「」

    「嫌! そんなの絶っっっっ対に嫌ッ!! 勝手に決めないでッ!!」

    「……」

    「…こら、娘ちゃん?」

    「」

    39 = 30 :

    でも結婚はいいのか
    これってなんてらんm

    40 :

    しえん

    なんか男不憫だなw

    41 = 37 :

    >>39
    あかねは長髪時代が最高だった

    42 = 1 :

    「だって、こんな奴と一緒になんて…!」

    「……娘ちゃん…?」

    「…っ」

    「ごめんね、男くん…。娘ちゃんが失礼なことを…」

    「…い゛え、気にじてないでずから…」

    「……フン!」

    (きっとこいつらは上手くいかない…)

    43 = 11 :

    俺としてはずっとこの路線で行ってほしい

    娘にゴミを見るような目で見られ
    結婚してからは奴隷のようにこき使われてほしい

    44 = 30 :

    >>41
    うっちゃんには負けるがな

    45 :

    >>43禿同

    46 :

    何故かまりあほりっくを思い出したのは俺だけでいい

    47 = 1 :

    そんなこんなで

    「それじゃ、仲良くね?」

    「…出来るだけ、仲良くするんだぞ?」

    「…はいはい」プイッ

    「……はい」

    …バタン

    「ったく…何でもうマンション借りてんの…!?」

    「……前々から計画されt

    「喋らないでくれません? 菌が散りますので」

    「」

    48 = 11 :

    よし!決めた!今日はこれで三回は抜く

    49 :

    ここまで可もなく不可もなし

    50 = 1 :

    「あぁ、お家に帰りたい…」

    「」

    「…あなた、料理くらいは出来るんでしょうね?」

    「…」

    「…喋っていいですから」

    「……多少は…。小さい頃に父さんに教えて貰って、練習してたし…」

    「あぁそう、もう口を閉じて結構ですよ?」

    「…」

    (父さん…偉いことをしてくれたな…!)


    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×8
    タグ : - 許嫁 + - お嬢様 + - ツンデレ + - 中途半端 + - + - + - 幼馴染 + - 悲しい + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について