のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:124,452,910人
912,882,212頁
昨日:874人
899頁
今日:835人
868頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ魔王「クックック、お前には特等席を用意してやったぞ」ヒロイン「なんですって……!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    ←前へ 1 2 / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    51 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 22:51:37.186 ID:mxq9gJuG0.net (+19,+29,-1)
    圧倒的増田こうすけ感
    52 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 22:56:42.895 ID:j4hH8LsKa.net (+19,+29,-2)
    オチが気になって眠れへん
    54 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 22:58:35.496 ID:dSQOcJjy0.net (+95,+30,-210)
    主人公『なぜ俺の父親を……自分の兄弟を……!』

    魔王『ククク、お前には分かるまい。私が受けた屈辱を……あれは私がまだ幼かった頃……』


    ヒロイン「……」チラッ


    手下A「なあ、さっきから時計をやたら気にしてないか?」

    手下B「ああ……俺も気になってた。聞いてみるか」

    手下A「だな」


    手下B「あの、すいません」

    ヒロイン「えっ、な、なによっ!」ビクッ

    手下B「この後、何かお約束でもあるんですか?」

    ヒロイン「あ、別に……ただ……今日は見たい番組があったから……」

    ヒロイン「これ、まだ続くのかなぁって……少し思っただけよ」

    手下B「ははぁ」
    55 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 22:59:52.563 ID:AepASXRH0.net (+24,+29,-8)
    めくばせ、きくばせ、こころくばせだな
    56 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 23:03:06.160 ID:dSQOcJjy0.net (+95,+30,+0)
    魔王「その時、兄は……お前の父親は、なんと言ったと思う!? この私に向かって……!」

    主人公「い、いったい……何を……!」

    魔王「あいつはな……こう言ったのだ……!」

    ピピピ

    魔王「タイム。いや違う、今のは私の言葉だ」

    主人公「……!」

    魔王「なんだ」

    手下B『その……お客様がこの後、ご予定があるらしくて……』

    魔王「なに!? 事前に調べたはずだ……! ここへ連れ去る時、確認はとったのだろうな!?」

    手下B『ええ、間違いなく。彼女は「今日は特に何も無い」とおっしゃったので、お連れしました』

    手下B『ですが、その……「夕方までかかるとは思ってなかった」と……』

    魔王「予定とは何なのだ」

    手下B『さほど重要ではないのですが……ご覧になりたいテレビ番組があると』

    魔王「……録画予約はしていないのか?」

    手下B『少々お待ちください……あの、録画予約は……、あ、はい。していないそうです』

    手下B『というのも、母親と一緒にご覧になるのが毎週の楽しみだそうで……録画では意味が無いと』

    魔王「……そうか」

    手下B『可能であれば、巻きで……』

    魔王「分かった」

    ピッ

    魔王「話はここまでだ!!!!! 死ねぇ!!!!!!!!!!」

    ザシュッ

    主人公「ぐあああああああああああああああああああああああああっ」
    57 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 23:09:51.733 ID:dSQOcJjy0.net (+95,+30,-180)
    ヒロイン「しゅ、主人公!!!!!」


    魔王『ククク……モニターで観ていたのだろう? ここへ降りてくるといい……』


    ヒロイン「……!」


    魔王『忘れ物をしないようにな……』


    ヒロイン「……くっ!」

    ヒロイン(言われなくたって……! 誰が忘れ物なんてするもんですか……!)

    ヒロイン(えっと、サイフはポッケに入ってる……鍵と、ハンカチと……よし!)

    ヒロイン「待ってて主人公……すぐ行くから……!」

    タッタッタッタッタ


    手下A「よし。忘れ物チェックだ」

    手下B「ああ」


    タッタッタッタッタ

    ヒロイン「……」

    手下B「……あれ? どうされたんですか? 主人公のところへ行ったはずじゃ……」

    ヒロイン「上着……忘れてた……」
    58 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 23:10:45.839 ID:HwnHfxbo0.net (+18,+28,-14)
    梅昆布茶もな
    59 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 23:11:51.186 ID:pzzuw1g9a.net (+19,+29,-1)
    久しぶりのあたり
    60 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 23:12:05.674 ID:y9k4QQ7J0.net (+24,+29,-2)
    ギャグ漫画びより~
    61 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 23:13:57.042 ID:kB+eOoVi0.net (+7,+17,-14)
    梅昆布茶...
    62 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 23:14:38.961 ID:dSQOcJjy0.net (+95,+30,-265)
    ヒロイン「主人公!!!」

    ダキッ

    ヒロイン「目を覚ましてよ! 主人公! 主人公!」

    主人公「う、っぐう……!」

    ヒロイン「っ! い、生きてる……!」

    魔王「ククク……運のいい奴だ……これに懲りたら、もう私の邪魔はしないことだ……!」

    魔王「おい、救急車はまだか」

    手下C「もう来るはずです」

    ヒロイン「よくも……よくも主人公を……!」

    魔王「安心しろ。主人公には我々が付き添う。病院までな。お前は早く帰るといい」

    ヒロイン「っ!」

    魔王「送りの車を用意した。さあ、観たい番組があるのだろう?」

    ヒロイン「ゆるさない……絶対にゆるさない! いつか後悔させてやるから!!!」

    魔王「ククク……どうした? 帰らないのか?」

    ヒロイン「……帰る」

    手下B「あ、梅昆布茶です。どうぞ」

    ヒロイン「……」

    魔王「遠慮することは無い。まだたくさんあるからな」

    ヒロイン「ふ、フン! だ、だれが……! 主人公に酷いことしたアンタたちから、こんなもの……!」

    魔王「要らないのか?」

    ヒロイン「……貰う」
    63 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 23:16:51.767 ID:MY4JijHK0.net (+4,+14,+0)
    面白い
    64 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 23:17:54.811 ID:PbfTsWg30.net (+29,+29,-30)
    絶対梅昆布茶飲みながらテレビ見ちゃうやつじゃん
    65 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 23:20:30.935 ID:dSQOcJjy0.net (+95,+30,-204)
    ヒロイン「ただいま! ブラタモリもう始まっちゃった!?」

    母親「ちょうど始まったとこ」

    ヒロイン「良かったぁ」

    ボフッ

    ヒロイン(あ、ソファ固い……それに……)

    ガヤガヤ

    ヒロイン(テレビも小っちゃいなぁ…………音も平面だし……)

    ヒロイン「……」

    ヒロイン(あ、そうだ。もらった梅昆布茶を飲みながら観よう)

    ヒロイン「♪~」

    ヒロイン「!!!」

    ヒロイン(なんで私……あいつらのアジトのこと考えてるの……?)

    ヒロイン「ハッ! ま、まさか……!」

    ヒロイン(これもやつらの作戦……! せ、洗脳……!? 私を懐柔するつもりなの……!? 信じられない……!)

    ヒロイン(絶対にやつらと馴れ合ったりなんてしないわ……! 絶対よ……! 忘れるの! あんな場所!)

    ヒロイン「負けない……絶対に屈しないんだから……!」
    66 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 23:24:47.643 ID:dSQOcJjy0.net (+95,+30,-146)
    ~翌週~

    主人公「ヒロイン……! 目を覚ましてくれ!!!」

    魔王「ククク……無駄だ。もうお前の知っているヒロインはこの世にいないのだからな」

    手下A「へっへっへ!」

    ヒロイン「私が魔王様の御意志に賛同した時、あなたの知っていたヒロインは死んだのよ……!」

    ヒロイン「魔王様に盾つくというなら、容赦しないわ!!!」

    ヒロイン「この梅昆布茶が冷める前にあなたを倒す!!!」

    魔王「一日一杯だぞ」

    ヒロイン「もちろんです!!!」

    END
    67 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 23:25:51.614 ID:39Mh7cBH0.net (-2,+7,-1)
    へっへっへ乙
    68 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 23:26:05.255 ID:Ectc01OZ0.net (-27,-15,-1)
    ワロタ
    69 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 23:30:40.128 ID:7arRflsw0.net (-3,+11,+0)
    おつ
    70 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 23:32:28.036 ID:y9k4QQ7J0.net (+24,+29,-16)
    梅昆布茶ってそんなに美味いのか
    71 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 23:34:31.237 ID:xTqNDLMl0.net (+24,+29,-17)

    俺はしょっぱ過ぎてダメだな梅昆布茶
    72 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 23:49:42.841 ID:a3EnWMGWa.net (+19,+29,-1)
    たまに飲むとすげえ美味い
    73 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 23:50:00.708 ID:vYoUcmBJ0.net (+65,+30,+0)
    /nox/remoteimages/39/9d/0331111c4a70beeaa8df97a3e373.jpeg
    74 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 23:56:27.785 ID:HwnHfxbo0.net (+29,+29,-22)
    おつ!面白かったぞ
    梅昆布茶ひさびさに飲みたくなった
    75 : 以下、\(^o^ - 2016/09/03(土) 23:57:17.101 ID:w4CVbzaT0.net (+29,+29,-39)
    おっと乙だった
    梅昆布茶に関してはすごい分かる
    あといっぱいあといっぱい…でキリがなくなる
    76 : 以下、\(^o^ - 2016/09/04(日) 00:04:23.589 ID:4IUebq8S0.net (+24,+29,-10)
    追い付いたら終わってた

    まじ面白かったぞ乙
    77 : 以下、\(^o^ - 2016/09/04(日) 00:11:09.384 ID:48tSmnVx0.net (+7,+22,-1)
    笑った
    78 : 以下、\(^o^ - 2016/09/04(日) 00:13:05.408 ID:iyvhEv+D0.net (+24,+29,-17)
    こういうのもNTRに分類されるのだろうか
    79 : 以下、\(^o^ - 2016/09/04(日) 00:13:06.972 ID:dMkp2g690.net (-25,-13,-2)
    80 : 以下、\(^o^ - 2016/09/04(日) 00:33:32.625 ID:iBd/wJGgM.net (+14,+29,-1)
    クックック……
    81 : 以下、\(^o^ - 2016/09/04(日) 00:43:46.846 ID:RCjHK2Xu0.net (-6,+8,+0)
    おもしろかった
    82 : 以下、\(^o^ - 2016/09/04(日) 00:45:16.542 ID:k69Co7270.net (+24,+29,-9)
    たとえヒロイン相手でも、敵となった以上容赦なくぶっ潰してくれる主人公がいいなぁ
    83 : 以下、\(^o^ - 2016/09/04(日) 00:53:44.212 ID:zlDRoRbm0.net (+24,+29,-38)
    最高の環境に浸らせる事で忠誠を誓わせる
    世の経営者にとって大切な事だな
    ←前へ 1 2 / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について