のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:124,248,096人
912,652,209頁
昨日:539人
614頁
今日:44人
44頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ春香「プロデューサーさんのいじわるっ♪」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - 春香 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    ←前へ 1 2 3 / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    101 : 以下、名無しにか - 2013/05/15(水) 03:33:27.43 ID:cxYmXlJB0 (+95,+30,-120)
    春、昼の公園。

    満開の桜に彩られた公園には、子供達の元気な歌声が響いていた。


    「楽しそうだなぁ~♪」


    以前の自分だったら、一体どんな風に見えていただろう。

    夢や目標を失ったまま、もしかしたら幼い頃の幻覚でも見ていたかもしれない。

    そして、失意の私は、幼い頃の自分に向けこう尋ねるのだ。


     『ねぇ、私はどうしてアイドルになりたかったの?』

     『あいどるになってね、みんなでたのしく、おうたをうたうの!』


    きっとこれも一つの答えで、一つの結末に辿り着けたに違いない。
    102 : 以下、名無しにか - 2013/05/15(水) 03:36:23.78 ID:cxYmXlJB0 (+95,+30,-72)
    「でも、もう思い出しちゃったから……」


    歌のお姉さん。一緒に歌った友達。拍手してくれた人々。

    そして、それを思い出させてくれた、あの人のこと。


    「プロデューサーさん……」


    私はこれからも、色々な場所でアイドルをするでしょう。

    そして、その場所では、あなたを思い出すことはないのかもしれない。

    でも、それでも、『天海春香』が最後に戻る場所は――。
    103 : 以下、名無しにか - 2013/05/15(水) 03:36:45.25 ID:3IqwRem8O (+20,+25,-3)
    支援は紳士のつとめ
    104 : 以下、名無しにか - 2013/05/15(水) 03:37:36.24 ID:cxYmXlJB0 (+95,+30,-96)
    「いつか、アイドルを辞めたときは、あなたのところへ戻っても良いですよね……」


    “ああ。そのときは、あの話の続きをしよう。

     春香の気持ちが、変わっていなければね――”


    「うふふっ♪」


    天を仰げば、私を照らす、あの人の笑顔みたいな太陽が輝いている。

    私は目を細め、遥か彼方のあなたに向けて。


    春香「プロデューサーさんのいじわるっ♪」


    ――。
    105 : 以下、名無しにか - 2013/05/15(水) 03:39:53.58 ID:cxYmXlJB0 (+95,+30,-131)
    epilogue

    長い長い時が経ち、誰もが一人の少女がアイドルであったことを忘れ去った頃。


    「色んなことがあったなぁ~」


    一人の少女が、街灯に照らし出された夜道を歩いていた。


    「最初は、765プロってアイドル9人だったんだよねぇ」


    懐かしい夜風を頬に感じ、遠い昔に思いを馳せる。


    「そこに、美希や響、貴音さんが加わって――」

    「そういえば、美希が961プロに移籍しちゃったこともあったなぁ」

    「律子さんがプロデューサーで、伊織達とフェスで競争したりもしたっけ」


    それらは、全てが終わらなければ見ることのできない、思い出の俯瞰風景。
    106 : 以下、名無しにか - 2013/05/15(水) 03:55:10.06 ID:3IqwRem8O (+20,+25,-3)
    支援は紳士のつとめ
    107 : 忍法帖【Lv= - 2013/05/15(水) 04:09:50.93 ID:RpBGaFrW0 (+7,+17,+0)
    さるったかw
    108 : 以下、名無しにか - 2013/05/15(水) 04:23:01.65 ID:cxYmXlJB0 (+95,+30,-67)
    「長かったけど、やっと戻って来れたんだ」


    街灯に照らし出された夜道。

    ここはかつて、彼女が大切な人と歩き、別れた場所。


    「ここで終わって、始まったんだよね……」


    多くの思い出が色褪せる中、それだけは鮮明に覚えている。

    天海春香のルーツ。

    大切な人と歩んだ、光り輝く61週間。

    彼女が生まれ、アイドルとなった、一番最初の物語。
    109 : 以下、名無しにか - 2013/05/15(水) 04:33:09.69 ID:cxYmXlJB0 (+95,+30,-60)
    「やぁ、春香。お疲れ様」


    待ち望んだ声。


    「ふふっ、お疲れさまです、プロデューサーさん♪」


    長い長い時を繋ぐ挨拶。


    「私……トップアイドルになれてましたか?」

    「ああ、もちろんだ。春香はトップアイドルだった!」


    会話は、昨日まで一緒だったかのように軽やかだった。
    110 : 以下、名無しにか - 2013/05/15(水) 04:35:29.86 ID:cxYmXlJB0 (+95,+30,-82)
    「えへへ、私なんかでも、トップアイドルになれたんですね」

    「当然だよ。何せ春香は、俺が唯一、感情を押し殺してでも業界に残したアイドルなんだから」

    「え……? あの、それって――」

    「俺と春香の物語だけは、あの時に終わってないからな」

    「プロデューサーさん?」

    「だから、今度は俺から言わせてもらうよ」


    向き合った二人は、あの時と全く同じ姿で。

    違うとするなら、それは話の結末。
    111 : 以下、名無しにか - 2013/05/15(水) 04:40:03.42 ID:cxYmXlJB0 (+95,+30,-46)
    遠い昔に始まった物語は、


    「春香」


    長い長い時を経て、


    「は、はい」


    忘れ去られたこの場所で、


    「俺さ、ずっと春香のことが――」


    ようやく終わりを迎える。



    アイドルだった少女の、初恋の成就によって――。


    END
    112 : 以下、名無しにか - 2013/05/15(水) 04:42:06.49 ID:cxYmXlJB0 (+89,+29,-2)
    おわりです。お目汚し大変失礼しました。
    113 : 以下、名無しにか - 2013/05/15(水) 04:49:17.57 ID:qOM/L/Lw0 (+24,+29,-8)
    つまりこのPはアイドルマスターで最低のゲス浮気野郎じゃないですかやだー
    114 : 忍法帖【Lv= - 2013/05/15(水) 04:51:53.95 ID:RpBGaFrW0 (+21,+26,-14)
    うはw完走www
    まぁ、おつ
    115 : 以下、名無しにか - 2013/05/15(水) 06:38:24.18 ID:ebKhSwtW0 (-16,-1,+0)
    ←前へ 1 2 3 / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - 春香 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について