のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:124,320,251人
912,734,461頁
昨日:603人
706頁
今日:480人
634頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ男「Hになればなるほど硬くなるものってなーんだ?」女「んもー、最低ーっ!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:03:16.364 ID:PgRAOU7i0.net (+125,+30,-114)
    「Hになればなるほど硬くなるものってなーんだ?」

    「んもー、最低ーっ!」

    「え、なんで?」

    「だって……」

    「答えは?」

    「チン……って言わせないでよ!」

    「正解は鉛筆の芯でしたーっ!」

    「やだー、さっきの発言は取り消し!」

    アハハハハ…



    (そう……俺はH(本気)になればなるほど、芯の硬い鉛筆を使う)
    2 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:04:03.233 ID:SV8Rf/WRd.net (+24,+29,-12)
    鉛筆暗殺者H第一話
    3 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:04:53.158 ID:mjfuseOd0.net (+34,+29,-34)
    鉛筆ナイフで尖らせて鉛筆で相手刺してそう
    4 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:06:41.173 ID:EkBm32HUa.net (+29,+29,-20)
    >>3
    殺したあと鉛筆削れば証拠隠滅で完全犯罪成立じゃん
    5 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:07:06.385 ID:PgRAOU7i0.net (+95,+30,-106)
    ある一室にて――

    「今日の仕事は?」

    上役「こいつだ」サッ

    「このツラ構え……同業者ですか」

    上役「ナイフを使うとのことだ」

    「敵対組織の殺し屋ですか?」

    上役「標的の素性まで、お前が知る必要はねえ」

    上役「お前は≪組織≫の命令通り、つまり俺の命令通り仕事をこなせばいいんだ。余計なことを考えるな」

    「すいません」
    6 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:09:24.138 ID:mjfuseOd0.net (+9,+14,+0)
    なんかはじまったぞ
    7 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:10:17.349 ID:SV8Rf/WRd.net (+0,+9,+0)
    SSだったか
    8 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:11:23.975 ID:VN4Ke9uM0.net (+24,+29,-42)
    こいつが女相手にくだらないなぞなぞを出した心境何なんだよ
    9 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:11:40.207 ID:PgRAOU7i0.net (+95,+30,-141)
    ……

    ナイフ使い「なんだお前は?」

    「……“5H”ってところか」

    ナイフ使い「は?」

    「俺の武器は鉛筆でな。鉛筆の芯の硬さは、JIS規格では6Bから9Hの17種類があるんだが」

    「標的を仕留める難度が高いほど、硬い芯のを使うことにしてるんだ」

    「つまり、お前は上から五番目、まあまあの評価ってことだ」

    ナイフ使い「……」

    ナイフ使い「ご親切にどうも」

    ナイフ使い「――ってナメてんじゃねえぞォ!」チャッ
    10 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:12:08.536 ID:g9E0JIdu0.net (+14,+29,-2)
    あの画像はよ
    11 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:13:26.582 ID:mjfuseOd0.net (+30,+30,-20)
    ナイフで切れば切るほど尖っていく奴の牙…‼︎!
    12 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:14:23.879 ID:PgRAOU7i0.net (+95,+30,-91)
    シュバッ! ビュオッ!

    ナイフ使い「……くそっ!(当たらねえ!)」

    「速いが……雑だな。怖さはない」

    ガシッ

    ナイフ使い「わっ!」

    男はナイフ使いの手を取って、腕を捻じり上げると――

    ズンッ! ドサッ…

    「……」

    延髄に5Hの鉛筆を突き刺した。仕事は終わった。
    13 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:15:26.523 ID:Bbip5eNir.net (-8,-3,-1)
    Hだけにハードな展開
    14 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:16:34.781 ID:uG6GDv3P0.net (+4,+19,+1)
    なんだこれ
    16 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:17:38.868 ID:PgRAOU7i0.net (+95,+30,-96)
    「もしもし、終わりました」

    上役『ご苦労』

    「死体はいつも通りで?」

    上役『ああ、≪組織≫の消し屋が消してくれる。武器もそのままにしとけ。消し屋に任せた方が安心だ』

    「分かりました」

    鉛筆が刺さったままの死体を一瞥すると、現場から立ち去る。
    17 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:19:10.539 ID:hUC55HnSd.net (+18,+23,-4)
    幼稚園児と戯れる時とかは6B使うのかな
    18 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:20:25.258 ID:PgRAOU7i0.net (+90,+30,-58)
    シャワーを浴び――

    シャァァァァァ…

    (“殺し”をやると……あいつに会いたくなる)

    「もしもし」

    『はーい』

    「今から……ちょっとだけでもいい、会えないかな?」

    『いいよー!』

    「ありがとう」
    19 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:21:21.375 ID:mjfuseOd0.net (+24,+29,-3)
    バトエンでもやるんか?
    20 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:23:14.447 ID:PgRAOU7i0.net (+95,+30,-68)
    「悪いな、急に」

    「別にいいけど、どうしたの?」

    「仕事がつらくてさ……ふと顔を見たくなっちゃって……」

    「よしよし、今夜は思い切り甘えなさい」

    「うん……」

    (俺についた見えない返り血が消えていく)

    (こいつだけが俺の生きがいだ……。こいつがいるから俺はやっていける)
    21 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:23:18.596 ID:rUXeWyewa.net (+24,+29,-19)
    そう言えば9Hはあるのに9Bは無いんだな
    そもそも硬い方は用途が思いつかん
    22 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:23:39.290 ID:CgAo7n9Y0.net (+9,+19,+1)
    なんだこれ
    23 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:25:04.806 ID:6jpNrJZ20.net (+18,+28,+0)
    モモンガマン思い出した
    24 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:26:41.728 ID:PgRAOU7i0.net (+95,+30,-143)
    ― バー ―

    同業者「最近景気はどうだい?」

    「おかげさまで、仕事は多いよ」

    同業者「俺たちが仕事多いってのは、あんまりいいことじゃねえな」

    「そうだな」

    同業者「相変わらず、鉛筆を得物にしてんのか」

    「ああ、これが一番しっくりくる」

    (こいつは同じ≪組織≫の同業者。つまり殺し屋)

    (腕はさほどじゃないが、なにかと情報通で気も合うので、こうしてよく酒を飲む)

    (俺が標的によって芯の硬さを変えることは、上役やこいつにも話してないが)
    25 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:28:31.502 ID:2AIE5tzu0.net (+19,+29,-16)
    鉛筆に拘る理由が知りたいなら
    26 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:30:09.288 ID:PgRAOU7i0.net (+88,+30,-213)
    同業者「前から聞きたかったんだけど、なんで鉛筆を武器に選んだんだ?」

    「子供の頃、俺に目をつけてしつこくいじめてくるガキ大将がいてな」

    「ある日、そいつの足を鉛筆で思い切りブッ刺したんだ」

    「そしたらそいつ、すっかり俺にビビっちまって、その日から立場は逆転した」

    「あれ以来、俺にとって鉛筆は書く道具というより、戦いの象徴になった」

    「それに、俺の武器が鉛筆だって知ると、油断する奴も案外多い」

    「鉛筆だって、急所に刺されば十分死ぬってのに」

    同業者「ゲン担ぎと実利を兼ねてるってとこか」
    27 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:33:18.568 ID:PgRAOU7i0.net (+95,+30,-111)
    同業者「だが……気をつけろよ?」

    「なにをだ」

    同業者「≪組織≫に、お前に対抗意識を燃やしてる殺し屋がいるらしいんだよ」

    「対抗意識? なんで?」

    同業者「そいつの武器は“シャープペン”なんだそうだ」

    同業者「そいつからすりゃ、似たような武器を使うお前は面白くねえってとこなんだろう」

    「なんだそりゃ」

    (だが……おそらく真実なんだろう)
    28 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:36:58.126 ID:PgRAOU7i0.net (+95,+30,-152)
    (俺たちのような末端は≪組織≫のことなんか全然知らないし、知る必要もない)

    (俺も≪組織≫のメンバーで面識があるのはいつも命令をよこす上役と、横で飲んでるこいつぐらい)

    (俺が≪組織≫の全貌を知ることは死ぬまでないだろう。まぁ興味もないが)

    (そんな構造だから、よほどのことがなきゃ、≪組織≫の他のメンバーの噂なんか流れてこない)

    (それがこうして俺の耳に入ってくるってことは、そいつ自身が“鉛筆を使う同業者はいつか殺す”と)

    (自分から周囲に吹聴してる可能性が高い)

    (いつか……殺り合う日が来るかもしれないな)
    29 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:39:25.324 ID:NMlewbz7r.net (-12,+0,+1)
    wktk
    30 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:39:59.809 ID:+6y4Dk410.net (-16,-4,-1)
    期待
    31 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:40:26.223 ID:PgRAOU7i0.net (+95,+30,-133)
    ……

    上役「今日の標的はこいつだ」

    「はい」

    上役「死体はいつも通り、消し屋に任せる手はずになってる」

    「その消し屋ですが、もしかしてシャープペンを使ったりしますか?」

    上役「シャープペン? さぁな、俺も消し屋については“消しゴム”と呼ばれてることぐらいしか知らん」

    (鉛筆にシャープペンに消しゴム……≪組織≫は文具メーカーだったりして)

    上役「死体はもちろん、生き物も物体も、果ては記録や記憶さえ消しちまうって話だ」

    「それはすごいですね」
    32 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:43:31.692 ID:PgRAOU7i0.net (+95,+30,-110)
    「子供の頃、俺のドラクエのデータを消したのもそいつだったりするのかな」

    上役「は? ドラクエ?」

    「いえ、なんでもありません」

    上役「いいか、お前は≪組織≫の手駒なんだ。余計なことを考えたり、知ろうとするな」

    上役「俺の言った通り仕事をこなせばいいんだ」

    「分かってます」

    上役「じゃあ、とっとと行ってこい」

    「失礼します」スタスタ

    上役「……」ボソッ
    33 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:44:15.145 ID:Bbip5eNir.net (+22,+27,-2)
    定規やコンパスもいたりして
    34 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:45:32.867 ID:PgRAOU7i0.net (+95,+30,-75)
    ……

    (さっき、上役はボソッと“いつまでもこんな冷や飯食ってる俺じゃねーぞ”とつぶやいてた)

    (何を企んでるんだか……まあ、俺はあの人に言われたことをこなすだけだ)

    (今日の標的は……)チラッ



    スーツ「……」スタスタ



    (“HB”ってところか)

    仕事は滞りなく終わった。
    35 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:48:04.922 ID:PgRAOU7i0.net (+90,+30,-51)
    ― ケーキ屋 ―

    「すいません」

    店員「いらっしゃいませー」

    「二人で食べれる、小さめの丸いケーキください」

    「誕生日用なんで、ロウソクもつけて……」

    店員「かしこまりました」
    36 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:50:43.728 ID:PgRAOU7i0.net (+90,+30,-36)
    ― 女のマンション ―

    「あっ、どうしたの?」

    「ジャーン!」

    「これ、もしかしてケーキ?」

    「そう、今日誕生日だったろ?」

    「嬉しい! ありがとー! さ、上がって上がって!」
    37 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:53:45.152 ID:PgRAOU7i0.net (+95,+30,-61)
    「ハッピバースデートゥーユー♪」

    「ありがと~!」

    「じゃ、吹き消して」

    「うん」フーッ

    「おおっ、一回で!」

    「やるもんでしょ、こういうの得意なの」

    「それともう一つ……これ、プレゼント」

    「えっ……」
    38 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:55:48.207 ID:VbwsU1ig0.net (+13,+23,+0)
    気になる
    39 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:56:06.394 ID:PgRAOU7i0.net (+95,+30,-78)
    「わぁっ、素敵なネックレス!」

    「ありがとう! これ高いんじゃ……」

    「大丈夫、俺これでも結構稼いでるから」

    「だけどキツイ仕事してるんでしょ? 無理しないでね」

    「ああ、大丈夫」

    (そう、彼女のためなら俺はどんな仕事でも頑張れる。たとえ、人を殺す仕事でも……)
    40 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 21:59:24.347 ID:PgRAOU7i0.net (+95,+30,-81)
    ― バー ―

    同業者「お、今日はご機嫌だな」

    「いいことがあってな」

    同業者「いいこと? 仕事が上手くいったのか?」

    「それをいいことといえるほど、俺は仕事好きじゃないよ」

    グビグビ…

    同業者「ところで……今≪組織≫内で不穏な動きがある」

    「なんだ?」
    41 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 22:01:21.636 ID:U7dw3jDjd.net (+6,+21,+1)
    かまわん続けろ
    42 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 22:02:42.341 ID:PgRAOU7i0.net (+93,+30,-118)
    同業者「≪組織≫内に、どうも裏切り者がいるらしくてよ」

    同業者「誰かが外部に情報を流したり、利益をかすめ取ったりしてる痕跡があったらしい」

    同業者「上の連中は、今血眼になって捜してるぜ」

    「≪組織≫に逆らうなんて、バカな奴がいたもんだ。どうなるかぐらい分かるだろうに」

    同業者「ホントだぜ、自殺行為だ」

    同業者「いずれ、俺やお前にそいつの始末命令が下るかもな」
    43 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 22:03:15.686 ID:Bbip5eNir.net (+4,+14,+0)
    ほう
    44 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 22:06:24.321 ID:KjJ7qJwUd.net (+7,+17,+0)
    45 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 22:06:41.133 ID:PgRAOU7i0.net (+95,+30,-64)
    ……

    上役「次の仕事はこれだ」

    「……手強そうですね」

    上役「ああ、だがやってもらわなきゃならん。それがお前の仕事だ」

    「分かってます。死体はいつも通りに?」

    上役「いや、今日は消し屋が都合つかなくてな。お前自身で始末しろ」

    「分かりました」
    46 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 22:08:31.841 ID:LZhBmS8O0.net (+19,+29,+0)
    消すのが得意な女さん
    47 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 22:09:24.211 ID:PgRAOU7i0.net (+89,+29,-19)
    標的を待ち伏せる。

    「……」

    (来た)



    巨漢「……」ズンズン



    (生で見ると、写真以上に強そうだ……“8H”を使うか)
    48 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 22:12:01.860 ID:PgRAOU7i0.net (+95,+30,-60)
    (格闘になったら面倒だ。一撃で――)シュッ

    背後から延髄を狙う。

    巨漢「……」ピクッ

    ブオンッ!

    迫力満点の裏拳。

    (バレていたか!)バッ

    巨漢「……」

    (奇襲にも全く動じていない……。間違いなく裏の住人……)
    49 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 22:14:54.968 ID:t4hLFNtI0.net (+24,+29,+0)
    押し屋もいるのかな
    50 : 以下、?ちゃんね - 2020/01/01(水) 22:15:09.923 ID:PgRAOU7i0.net (+95,+30,-143)
    巨漢はその巨体に似合わぬスピードで動く。

    ブオンッ! ブウンッ! ブオンッ!

    (この拳、一発でも浴びたら、意識を持ってかれる!)

    (しかもこの筋肉、とても鉛筆など通りそうもないな)

    ガシッ!

    巨漢の手が男を掴む。絶体絶命。だが、男はこれを待っていた。

    (爪の間に――)

    ザクッ!

    巨漢「ぐううっ!?」

    激痛に巨漢が怯む。
    1 2 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について