のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,532,898人
911,638,465頁
昨日:4,530人
5,106頁
今日:1,637人
1,814頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレブタ太「飛べない豚はただの豚」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 00:04:03.383 ID:6GKpE/6l0.net (+120,+30,-119)
    ハム蔵「たまには昔の話もしよう」
    いぬ美「大きい私と小さな貴女」
    オウ助「ヒーロー」
    ねこ吉「吾輩はねこ吉である」
    の続編です

    だいぶ時間が空きましたがよろしければどうぞ
    2 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 00:04:57.453 ID:EjHJt40Ca.net (+12,+22,-1)
    初見
    3 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 00:05:44.305 ID:sc9DAE9Ur.net (+19,+29,-18)
    ブタ太「飛べー飛べーもっと飛べー」
    4 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 00:05:53.267 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-21)
    亜美「お腹すいたよぉ!」ジタバタ

    真美「ペコペコだよぉ!」ジタバタ

    「こら!2人とも、お行儀が悪いぞ!」
    5 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 00:07:47.207 ID:EjHJt40Ca.net (+43,+29,-5)
    最近は保守がいらないからSS書くの楽そうだな
    6 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 00:07:51.772 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-36)
    亜美「だってぇ…」

    真美「お腹すいたんだもん…」

    貴音「2人とも、友人とはいえ招かれた家で騒ぐものではありませんよ?」

    亜美「背に腹は変えられないんだよぉ!」
    7 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 00:08:43.155 ID:6GKpE/6l0.net (+95,+29,-17)
    >>5
    多分結構時間かかるから良かったら前作も読んでみてくれ
    8 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 00:10:49.270 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-70)
    「しょうがないだろ?急な台風で食べ物なんて買ってないんだから…」

    貴音「ろけが中止になり、交通手段もない我々を受け入れてくれただけでも感謝すべきです」

    真美「それはわかってるけどさ…」
    9 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 00:12:42.982 ID:EjHJt40Ca.net (+32,+29,-2)
    観てみますわ
    10 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 00:13:19.218 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-46)
    貴音「2人とも、もう中学生なのですから。武士は食わねど高楊枝という諺も…」グ-

    貴音響亜美真美「「「「…」」」」
    11 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 00:14:05.412 ID:6GKpE/6l0.net (+94,+29,-12)
    >>9
    ありがとう
    一応見なくても楽しめるようには書いてるつもりだけど見てくれた方がわかりやすいかも
    12 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 00:17:12.566 ID:6GKpE/6l0.net (+54,+29,-29)
    貴音 グ-グ-

    「いや、まだ鳴るの!?」

    亜美「お姫ちんこそ、一番お腹空いてんじゃん!?」
    13 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 00:19:04.358 ID:cZ/tH6Fn0.net (+19,+29,-8)
    相内「人間語話せないのはただの豚」
    14 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 00:20:03.384 ID:6GKpE/6l0.net (+95,+30,-56)
    貴音「お恥ずかしい限りです…」グ-グ-

    真美「その気持ちとは裏腹にお腹は鳴り続けてるよ…」

    貴音 グオングオン

    「それ本当にお腹の音か!?」

    亜美「お姫ちんマジ面妖!?」

    貴音「お恥ずかしい限りです…」グバババババ
    15 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 00:24:21.456 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-51)
    ブタ太「ブヒィ!」

    亜美「あ、ブタ太だ…」

    真美「ブタ太…」

    亜美真美 ゴクリッ
    16 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 00:25:16.696 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-48)
    ブタ太「ブヒィ!?」

    「ちょっと!?2人とも、何考えてるんだ!?」

    亜美「な、何にも考えてないよ!」

    真美「そ、そうだよぉ!ちゃんと我慢してるもん!」

    「我慢してる時点でアウトだぞ!?」
    17 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 00:25:58.180 ID:5X/4Cn6bp.net (-13,-1,-1)
    ワロタwww
    18 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 00:33:56.540 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-58)
    貴音「亜美!真美!とんこ…ぶた太は響の家族なのですよ!」

    「今『とんこつ』って言いかけただろ!?」

    ブタ太「ブヒィィィ!?」ガクガクブルブル
    19 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 00:38:28.125 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-48)
    亜美「じょ、冗談だよぉ、ブタ太ぁ…」

    真美「そうだよ、だからほら、怯えないで出ておいで?」

    ブタ太「…ブヒィ?」

    「めちゃくちゃ疑ってるぞ…」
    20 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 00:47:14.201 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-43)
    貴音「ぶた太殿、響の友人である私達がそのようなことをするはずが…」グババババババ

    ブタ太「ブヒィ!?」

    貴音「…」
    21 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 00:59:29.012 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-42)
    亜美「もう!お姫ちん!」

    真美「ややこしくなるから黙っててよ!」

    貴音「…面妖な…」グギュルグギュル

    「こっちのセリフだぞ…」
    22 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 01:01:56.013 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-59)
    亜美「でも豚って臆病なんだね」

    「そりゃ目の前に自分のことを食べようとするやつがいたら誰だって怯えるぞ…本当はブタ太はとっても勇敢なんだぞ!」

    真美「えっ?そうなの?」
    23 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 01:06:26.072 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-25)
    ブタ太 ガクガクブルブル

    真美「…とてもそうは見えないけど」

    「そ、そのうちわかるさー!」
    24 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 01:09:34.514 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-34)
    prrrrr

    亜美「あっ、ひびきん。電話みたいだよ?」

    「えぇ…こんな時に誰だろう?」

    ピッ

    「もしもし?」
    25 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 01:16:18.100 ID:6GKpE/6l0.net (+95,+30,-78)
    『ああ、響かい?』

    「真じゃないか!今日はどうしたんだ?」

    『ほら、響の家にみんなが避難してるって聞いたからさ。もし必要なら食料を持って行こうかと…』

    亜美真美貴音「「「是非お願いします!!!」」」

    「うわぁぁあ!?もー!電話中に大声出さないでよ!」
    26 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 01:47:21.622 ID:6GKpE/6l0.net (+95,+30,-68)
    貴音「も、申し訳ありません…しかし、あまりにも空腹で…」

    「もう空腹って言えばなんでも許してもらえるみたいな言い草だぞ…」

    真美「神様、仏様、まこちん様だね!」

    亜美「まこちん!早くおいでよぉ!」

    『はっはっは、実は…』
    27 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 01:51:39.304 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-54)
    ピンポ-ン

    「はいはーい」

    ガチャッ

    「もう着いてるんだけどね」

    真美亜美「「まこちーーーん!!」」

    貴音「あぁ…菊地真…貴女こそ我がめしあ…」

    「そんな大げさな…」
    28 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 02:03:52.323 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-64)
    貴音「して、食糧は…」

    「うん、食べ物はこっちの…」

    ブタ太「ブヒィ!」ドンッ

    「うわぁ!?」

    亜美「ちょっと!ブタ太、どうしたのさ!」
    29 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 02:39:42.578 ID:6GKpE/6l0.net (+95,+30,-85)
    ブタ太「ブヒィ!ブヒィ!」

    「ちょ、ちょっと待っ…」

    貴音「これは…」

    ブタ太「ブヒィ!ブヒィ!」ペロペロ

    「くふふ…く、くすぐったいよぉ…」

    貴音「まるでぶた太殿が真を好いているかのような…」
    30 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 02:41:21.299 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-32)
    亜美「えっ…」

    真美「ブタ太って…そっち系なの?」

    「誰がそっち系だ!」
    31 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 02:45:30.254 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-54)
    「そうだぞ!ブタ太はノーマルだ!」

    「いや、響、それはそれでおかし…くはないのかな?」

    「ん?」

    亜美「まぁややこしいからね」

    真美「ちかたないね」
    32 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 02:50:57.093 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-73)
    貴音「しかし、何故ぶた太殿はこのような…」

    「うーん…ブタ太ぁ、どうしたんだ?」

    ブタ太「ブヒィ!ブヒィ!」

    「ん?パパ?」

    亜美真美貴音真「「「「パパ?」」」」
    33 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 02:59:01.304 ID:wFdXKBLBa.net (+24,+29,-7)
    たしか、正しくは
    飛べないじゃなくて
    飛ばない
    なんだよな
    34 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 02:59:37.503 ID:6yrn/Nuv0.net (+20,+25,-7)
    エリカがたとえてあげる!
    この豚ァ!
    35 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 05:09:38.294 ID:cY9pwjTka.net (+17,+27,-1)
    平気だと思うけど一応保守
    36 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 07:31:09.540 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-38)
    「うーん…ああ!なるほど…」

    亜美「いや、ひびきん、1人で納得してないでさ…」

    真美「真美たちにも教えてよぉ!」
    37 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 07:34:40.822 ID:6GKpE/6l0.net (+95,+30,-98)
    「うーん、それはいいんだけど…別にそんな面白い話でもないしなぁ…」

    貴音「面白い面白くないはこの際二の次です」

    「そんなに聞きたいの?」

    貴音「えぇ、事情を説明してくださらなければ…」

    「ぱ…パパ…また…男…それも…子持ち…」ズ-ン

    貴音「真の精神が壊れてしまいます…」
    38 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 07:40:17.844 ID:6GKpE/6l0.net (+95,+30,-75)
    「ま、真ぉぉぉお!?」

    真美「うあうあー!?まこちんしっかりしてよぉ!」

    「ははは…大丈夫だよ…僕が…僕が男みたいだからいけないんだ…」ズ-ン

    「いや、そうじゃなくて…ブタ太は勘違いしてるんだよ」

    亜美真美貴音真「「「「勘違い?」」」」
    39 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 07:42:13.565 ID:6GKpE/6l0.net (+95,+30,-75)
    「ま、真ぉぉぉお!?」

    真美「うあうあー!?まこちんしっかりしてよぉ!」

    「ははは…大丈夫だよ…僕が…僕が男みたいだからいけないんだ…」ズ-ン

    「いや、そうじゃなくて…ブタ太は勘違いしてるんだよ」

    亜美真美貴音真「「「「勘違い?」」」」
    40 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 07:44:49.862 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-54)
    「そう、勘違い」

    亜美「まこちんを誰と勘違いしてるの?」

    「うん、それは…」

    ブタ太(あっ、『パパ』の話が始まるな…)
    41 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 07:45:43.160 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-66)
    ブタ太(『ママ』と『パパ』の話をするには…)

    「あれは…自分が小学校四年生ぐらいだったかなぁ…」

    ブタ太(まず自分達の出会いから話さないといけない…)
    42 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 07:46:35.142 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-68)
    7年前

    ブタ太「ぶひぃ!」

    ブタ太(7年前、僕は沖縄のとある養豚場で産まれた)

    ブタ太「ぶひぃ!ぶひぃ!」

    ブタ太(だけど…)
    43 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 07:47:11.877 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-29)
    養豚場主「なんだ?この小さいやつは?」

    ブタ太(どうやら僕は小さすぎたらしい)
    44 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 07:48:36.591 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-53)
    養豚場主「こんな小さいやつ、売り物になんねーよ!廃棄だ廃棄!」

    ブタ太(だから僕は捨てられた…)

    ブタ太「ぶ…ひぃ…」バタッ
    45 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 07:49:19.329 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-57)
    ブタ太(空腹と夜の寒さに限界を感じ、目を閉じた僕が次に見たのは…)

    ブタ太「ぶ…ぶひ?」

    ???「お、おい…目が覚めたみたいだぞ!?」
    46 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 07:49:56.126 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-67)
    「ほ、本当だ!!」

    ブタ太(『ママ』…我那覇響と…)

    「やったな!次郎!」

    次郎「あぁ…一安心だよ…」

    ブタ太(『パパ』…我那覇次郎の2人だった…)
    47 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 07:50:35.128 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-71)
    ブタ太(あの日…生まれたその日に捨てられた僕はどうやらこの2人に拾われたらしい…)

    「はぁぁ…良かったぁ…安心したぞ…」

    次郎「全く…お前がこいつ連れて家に来た時にはどうなることかと思ったぜ…」
    48 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 07:51:27.586 ID:6GKpE/6l0.net (+95,+30,-60)
    「だ、だって…うちより次郎の家の方が近かったし…」

    次郎「いや、そこじゃねーよ!?何がどうなったら瀕死の豚を抱えるはめになるんだよ!」

    「野良で普通にいるだろ!」

    次郎「いねーよ!犬とか猫ならわかるけど野良豚なんかいねーよ!」
    49 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 07:53:07.396 ID:6GKpE/6l0.net (+90,+30,-49)
    「野良ハムスターと野良オウムだっているぞ」

    次郎「だからそれはお前んとこが特殊なんだって!」

    ブタ太「…ぶひぃ」ニコッ
    50 : 以下、\(^o^ - 2016/08/14(日) 07:54:38.879 ID:6GKpE/6l0.net (+95,+30,-99)
    ブタ太(そんな2人の会話がなんだか楽しくて、僕は産まれて初めて笑うことができたんだ…)

    「あ、笑った!笑ったぞ、次郎!」

    ブタ太(そんな笑顔をくれた2人だから…)

    次郎「だから俺にはわかんねーんだってば…」

    ブタ太(つい、こう呼んでみたくなったのが最初だ…)
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について