のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,566,604人
911,676,466頁
昨日:5,661人
6,276頁
今日:326人
381頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ幼「男は…どうしたいの?」 男「………俺は……」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:20:43.382 ID:AIp4YI+G0.net (+125,+30,-133)
    ~朝~

    男 スヤスヤ

    「男-!起きなさい!遅刻するよー!」バンバンッ!

    「うーん、起きてますよー…」ウワァ(アクビー

    「早く降りてきなさい!幼馴染ちゃんも外で待ってるわよ!」

    「あーそういえば今日からまた幼馴染と一緒に学校行くんだったなー」

    「さ!時間ないんだからさっさと着替えて行きなさい!」

    「ん、はーい」ヌギヌギ
    2 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:21:14.447 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-154)
    ~男宅 一階~

    「あれ?朝飯は?」

    「あんたが寝坊助するからナシ!これだけ持っていきなさい!」

    「えー食パン1枚かよー」

    「曲がり角を走るといいことあるかもよ」ウフフ

    「んなアニメみたいなことあるわけねーだろ、アニメの見すぎだ」

    「さぁ、幼馴染ちゃんも外で待ってるんだし急ぎなさいよ!」

    「んにゃ、行ってきまーす」モグモグ
    3 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:21:50.418 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-97)
    ~玄関~

    「ハンカチ持った!?、ティシッュは!?」

    「大丈夫だってー、お母さんは心配性だなぁー」モグモグ

    「大事な時によく抜けるあんたが悪いんでしょ!」

    「あいあい、すみませんでしたー んじゃ行ってくる」ガチャ

    「行ってらっしゃーい」
    4 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:22:12.450 ID:tRQ7yTzB0.net (+1,+7,-1)
    なんか始まっててワロタ
    5 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:22:16.290 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-128)
    「ほんと朝からうるさい人だなぁ~」モグモグ

    「あっ」

    「」

    「幼馴染ー!おはよう!久し振りだな」

    「男君!おはよう!久し振り!」

    こいつは俺の幼馴染、小学生ぐらいからの付き合いだ。
    俺の家の向かい側に住んでいて、今でもよく御飯食べたりして
    お世話になってる

    「男君、そのパンどうしたの?」

    「ん?あぁこれか、 お母さんがさ、曲がり角でいいことあるかもよって言って渡されたんだ」モグモグ

    「へぇー」
    6 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:22:50.594 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-134)
    「幼馴染こそどうしたんだ?その髪」

    「あぁ、これ?これ寝癖なのぉ」

    「今日から高校二年生が始まるってなると緊張してさ」

    「昨日あまり寝られなかったんだ」

    「ンハハハ!お前も心配性なんだな、お母さんと違って可愛いけどな!」

    「か、可愛いなんて///!!」テレー

    (そんなこと急に言われたら照れちゃうよ!)

    「どうした?」ヒョコ

    「な、な、何でもない!」

    「それより!最初はクラス確認とかで忙しいから、早く行こっ?」

    「おっ、そうだな!急ごうか!」
    7 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:23:33.622 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-83)
    ~学校昇降口前~

    「うぉー凄い人いるなぁー」

    「早いとこ確認して行こうか!」

    「おう、そうだな!」

    (男君と一緒のクラスがいいなぁー)

    「おっ!あったあった!」

    「俺と幼馴染、同じクラスじゃん!」

    「えっ!本当!!?」

    「あぁ、本当だぜ」

    (やったぁ!!)パァ

    「じゃ、教室に行こうか」

    「うん!」
    8 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:24:13.631 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-156)
    ~教室~

    「」ガラガラ

    「あっ!」

    幼友「あっ!」

    「幼友!」

    幼友「幼も同じクラスだったんだ!」

    「やったね!」
    幼友「ってどうしたのその髪!?」
    「えへへ、ちょっと寝癖でね」

    ワイワイガヤガヤ

    「よっ!」ベシィ

    「いてっ!男!朝っぱらから何すんだ!」

    「どうしたんだ?そんなに俯いて」

    「男―!聞いてくれよぉ!!」
    9 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:24:16.337 ID:rn1babci0.net (+24,+30,-24)
    男母とかオネエかよ
    10 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:24:50.151 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-159)
    「妹のやつがさぁ!一緒に登校してくれないんだょぉ!!」

    「それどころかあいつ、さっそく他の男と仲良くなっててさー!」

    「なんであいつはモテるのに俺は今まで彼女が出来ないんだぁーー!顔には自信あるほうなのに!」

    「そんなもん、俺だって彼女出来たことないんだぜ? 世の中そーゆーもんさ…」

    「お前は幼馴染ちゃんがいるじゃねぇか!」ギッ

    「何いってんだ、幼馴染はそういう対象じゃねぇんだよ」

    「じゃぁ俺が貰ってもいいのか?」

    「それは許さん」ニタァ

    「なんでだよぉーーー」バタバタ

    先生「はい、静粛にー!今すぐ席に座りなさい!」
    11 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:25:41.084 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-152)
    先生「いまから出席をとるから答えろよー」

    (今のところ知り合いは、幼馴染、幼友、友、ぐらいか…)

    (ま、去年よりはいいクラスだなー)

    …こ、…とこー!男ー!!

    「ふぅぇ!?」

    先生「男!しっかり返事せんか!」

    「うっ、すいません」

    ふぅぇ!?、ダッテクスクス
    マヌケナヘンジダナクスクス
    ナンダカ、オモシロイヤツガイルデゴザル

    (はぁー最悪だー)

    「……」ックス



    ーー今から体育館に行くようにー!わかったなー!ーー
    12 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:25:48.442 ID:4lFEKspJp.net (+17,+27,+0)
    紫煙
    13 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:26:18.229 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-197)
    ~体育館内~

    ガヤガヤザワザワ

    「よー間抜けさん?調子はどうだい?」

    「友かよ、ったく最悪だね」

    「あの時のお前の声ときたら…ったく録音しときたかったなぁー」

    「いくら幼馴染みのお前でも流石に拳骨じゃすまないぞ」

    「おー怖い怖い、ところでさ、あの話ー」

    「ん?あの話って?」コソコソ

    学校長「生徒諸君ーおはよう…---」

    「知らないのか?この学校に飛びきり綺麗なお嬢様が来たんだってよ」コソコソ

    学校長「……であるからしてー」

    「転校生か?」
    14 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:26:57.781 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-190)
    「そうそう、しかも噂によると知的優秀でとてもかわいくて、運動も抜群で権力もある金持ちのお嬢様らしいぜ」コソコソ

    「それほぼ情報でてるじゃん…」コソコソ

    続いては、在校生代表の言葉ーー

    「ほら、噂をすればなんとやらよ、前を見てみろよ」コソコソ

    「どれどれ」

    「…私は…ー」

    「な!可愛いだろ!」

    「…確かにな」

    「俺、ちょっと狙ってみよーかなー」

    「無理に決まってるだろっ、あーゆーお偉いさんは庶民には興味がないんだよ」

    「そんなのただの偏見だよ!俺は諦めねぇぞ、何があっても今年でウハウハな生活を送る!」
    15 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:27:07.806 ID:vScw6tnTM.net (+20,+25,-2)
    見てるから続けてくれ
    16 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:27:35.860 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-127)
    「じゃぁ、どうすんd…」

    「男!ほら見ろ!あのお嬢さん、今俺らを見てなかったか!?」

    「えっ、……そうだな…」

    「やっぱりそうだよ!なんか俺のことめっちゃ見てるし!」

    「これは俺がイケメンだからかな?っな?っな?」

    (見てるって言うよりは睨んでるの方が正しいよな…?ん?)

    「っ!?コホンーー在校生代表、嬢」

    「……?」

    ーーー以上で始業式を閉じます

    あのお嬢さんめっちゃ可愛くなかった!? あれは惚れるぜ…
    Sっ気がしてたまらんな… 苛められたい…
    ワイワイガヤガヤ
    18 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:28:18.851 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-79)
    (うるさいなぁーあいつのことはあまり良さそうにはみえなかったんだがなぁ)

    「男君っ!」

    「ん?どうした?」

    「今日はもう終わりだし、一緒に帰ろっ!」

    「おっ、そうだな、腹も減ったし途中で飯でも食うか?」

    「そうだね~じゃ食べに行こ!」
    19 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:28:44.580 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-130)
    校門前

    ワイワイガヤガヤ

    「なんか凄いわいわいしてるな」

    「そうだね。あ、あれ見て!」

    「ん?」

    校門前の道路にはいかにもお偉いさんが乗るっていう黒くて長い車…いわゆるリムジンがあった

    「へー凄いなー」

    「いかにもって感じだよね」

    「ま、俺らには関係ないからもう行こうぜ」テクテク

    「そうだね!」テクテク
    20 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:28:47.492 ID:vScw6tnTM.net (+22,+27,-1)
    SS見るの久しぶりだな
    21 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:29:11.886 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-100)
    ー そこの男、止まりなさい!

    モブA「えっ!?俺!?」モブB「いやいや!俺だよ!」

    ーーそこの女と一緒に歩いてる男!今すぐに止まりなさい!!!

    ・幼「えっ?」

    「そこの男、こっちに来なさい」

    なんだよあいつ 誰?
    羨ましいー ぉれじゃないのか…

    「あなた、クラスとお名前を言いなさい」

    「はぁ、2年○組、男ですけどなにか、」
    22 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:29:25.385 ID:4lFEKspJp.net (+24,+29,-16)
    始業式閉じますって方言?
    23 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:29:31.454 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-96)
    「…そうですか……今日一緒に御飯でもいかが?」

    (いきなり御飯のお誘いかよ、こういうのって大抵ビッチなんだよなぁ)

    「すいません、今日は他の約束がありまして…」

    「……分かりましたわ、ではごきげんよう…」

    バダッ ブーーン

    なんだなんだ!?何が起こってるんだ!?
    もしかしてフィアンセ!?
    マジかよ…

    「お、男君!早く行こ!」ギュッ

    「お、おう、走るなって」パタパタ
    24 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:30:06.276 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-114)
    ~フードコート内~

    「お、男君!一体全体どういうことなの!?」

    「ど、どういうことって言われてもなぁ…俺もよく分かんねぇよ」

    「と、とにかく、厄介な問題事には巻き込まれないでよね!」

    「へいへい、肝に銘じとくよ」

    アリガトーゴザイマシター

    「ふぅー食った食った」テクテク

    「おいしかったねー」テクテク
    25 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:30:34.056 ID:AIp4YI+G0.net (+89,+29,-18)
    ーーーーーーーーーーー


    「お、もう家の前か」

    「それじゃまた…」

    「うん!また明日ね!」
    26 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:31:01.356 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-202)
    ~それから一週間後~

    先生「来週の遠足の班決めを行うぞ」
    ヤッター!! ワイワイガヤガヤ

    「班と言っても」

    「いつもと変わらないよな」

    幼友「まあ、べつにいいじゃない」

    「幼ちゃんは言いとしてまな板と一緒でもなぁー」チラ

    幼友「ーっ!!!」グサッ! ×2

    「ぎぃゃぁぁぁぁ!!!目が!目が!」ジタバタ

    (本当にぺったんこだよな…)ジー

    幼友「あ・ん・た・も・か…」ゴゴゴゴゴコ

    「っ!!?待てー弁解の余地をー!!」

    チョップ!

    「うっ!」チーン
    27 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:31:19.088 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-113)
    「みんなープリントもらってきたよーってどうしたの?男君に友くん」

    幼友「さぁ、腹でも壊したんじゃない」

    幼友「さっ!あんな変態どもはおいといて、さっさと決めちゃいましょ!」

    「う、うん」

    (友よ、これからはあいつの前では胸の話はやめよう…)

    (あぁ、あんなんトラウマになるわ…)
    28 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:32:05.853 ID:AIp4YI+GH.net (+30,+30,-82)
    ~またまた一週間後:遠足~

    幼友「とーちゃーく!!!」

    「やっと着いたね!」

    幼友「ねー!うちの学校って遠足でわざわざ京都まで行くんだからねー凄いよね」

    「新幹線だから一瞬だったね」

    「ほんと、たいしたもんだな」

    「おっしゃ、貼りきっていくぞー!」
    29 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:32:31.131 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-150)
    ~数十分後~

    「着いたー!!」

    「ここが平安神宮ってとこか」

    幼友「なんか中国の寺みたいだねー」

    「んなことよりさ、早く写真とろうぜ!」

    「そうだねー、あ、すいません、写真お願いしていいですか?」トコトコ

    「おいおい、勝手に歩くなって」

    「OKっだってー!」テコテコッ


    ハイチーズ
    パシャ!

    「「「「ありがとうございます!」」」」

    幼友「友の顔、凄く変だよww」

    「っるせぇ!!恥ずかしいだろ!///」
    (変顔なんてするんじゃなかった)
    30 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:33:02.349 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-107)
    (私変な顔してないよね…?)チラ 男(どれどれ…チラ)

    ガツンッ!

    幼・「痛ったぁ……!!」

    幼友・友「…ぷっ、アハハハww!!」

    「お、男君、大丈夫…?」

    「お、おう、こっちこそすまない、怪我とかしてないか?」

    「お前ら仲良すぎだろ、爆発しろ!」

    幼・「…っ!まだ付き合ってない!!」

    幼友「アハハハ!ほんと、仲良いわねぇ!」

    「……」///
    31 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:33:03.443 ID:orT5oxCc0.net (+6,+16,+1)
    見てる
    32 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:33:31.536 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-99)
    「も、もう次のとこ行こーぜ、なっ?」

    「う、うん。さぁ行こう!」

    「次ハーー…ダヨ!」トットット

    幼友「ちょっと!走るなってー!待ってよー!」トットット

    「お、おい!待ってよ~」トットット

    「はぁ~」
    トボトボ

    一般人A「あの!すいません、写真いいですか?」

    「あ、はい」

    パシャ
    ドウゾ ワァーアリガトウ!

    「さて」
    33 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:34:03.969 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-37)
    一般人B「すいません、私も写真よろしいでしょうか?」

    「あ、分かりました」

    パシャ
    ドウゾ アリガトウゴザイマス!


    「はぁ、なんか大変だったなぁ、ってあれ?」

    シーン

    「あ……はぐれちまった…」
    34 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:34:33.977 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-123)
    「あんまり遠くには行ってないだろうと思って…ハァハァ」

    「門を出て走り回ったが…ハァハァ」

    「くそっ!なんで、ここはこんなに道がややこしいんだよ!」

    「……少し休憩しよう…」

    「はぁ、最悪だな…」

    ギャル1「ちょっとぉねぇ、そこのイケメンくぅん?」ザッ

    「は?」

    ギャル2「きゃはははは!ちょっとぉギャル1ぃ!そんなナンパの仕方あるぅ?チョー受けるんだけどーwwwww」

    ギャル1「うっさいよ!…ねぇ、イケメン君、今迷子でしょぉ?」

    ギャル2「よかったらあたし達が案内してあげようかwwwww?」
    35 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:34:56.842 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-74)
    (なんだよこいつら、うるさいし、馴れ馴れしいしマジ苦手タイプなんだけど)

    ギャル1「だぁいじょぉぶー?www私たちが案内してあげるよー?」

    ギャル2「ギャル1ぃ!あんた皮被りすぎぃ!!ほんとは早くそこのイケメンとヤりたいだねなんでしょ?wwwwww」

    (しかもビッチかよ)

    (嫌なのに捕まったなーーって、ん?あれは?)
    36 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:35:35.502 ID:4lFEKspJp.net (+16,+26,-1)
    嬢クルー?
    37 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:35:51.065 ID:AIp4YI+G0.net (+84,+29,-5)
    (……嬢?)


    (……そうだ)
    38 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:36:13.877 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-78)
    ギャル1「ちょっとぉきいてんの?」

    「あはは、すいません、彼女と待ち合わせてて、ってあれは噂をすればの彼女ちゃんじゃーん!ってことで彼女見つかったんでさよならー」スタコラサッサ

    ギャル1「あっ!ちょっとぉ!」

    ギャル2「ギャハハハハ!!!フラレてやんのーwwwww」

    (なんとか撒けたか!?)

    (本当は関わりたくなかったけど、仕方ない。一応勝手に利用しちゃったし、しっかり謝らないとな)

    「おーい嬢s」
    39 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:37:02.452 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-112)
    チャラ「へーい!そこのかわうぃお嬢ちゃん!!」

    チャラ「僕と一緒に今夜どう?」
    DQN「なぁ、お嬢ちゃん、暇そうだしさ俺らと遊ぼーよww」

    「えっ、あの……」

    チャラ「なになにー?あ!もしかしてこy?大丈夫大丈夫、きちんと優しくシたあげるからさー」ガシッ

    「いや、やめて!!」ジタバタ

    「!!」

    「あ」
    40 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:37:18.647 ID:orT5oxCc0.net (+24,+29,-3)
    ギャルは嬢の手先説
    41 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:37:41.874 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-121)
    「男!」トコトコ!!

    DQN「あ?誰だおめぇ?」

    「男!遅いわよ!」ギュッ

    「えっ?」

    (なななななんだこの状況……!?)

    チャラ「ちょっとちょっとあんちゃん?急になんやねん!あ!?」

    チャラ「こちとらその子にデートのお誘いしてたんやぞ!」

    DQN「お前、その子の彼氏かぁ?」

    「えっ、いや、あの」




    「お願い、助けて」コソコソ

    「……」
    42 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:38:03.801 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-138)
    「あはは、そうなんですよー、どうも彼氏と申します」

    「えーと、じっ、実は初デートにここで待ち合わせをしておりまして」

    「えーと、彼女が迷惑かけてすいませんでした」

    「ではではー」

    DQN「おい待てよ」ドン

    「えっ、え?」

    DQN「お前本当に彼氏か?」

    「も、もちろんですよーあははは」

    DQN「なら証拠見せてみろよ、カップルなんだろ?ツーショットぐらいあるんじゃねえか?」

    (やばいぞ、疑われてる……ツーショットなんてのもあるわけないし…どうしたら)

    「あ、あの!実は」
    43 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:38:33.139 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-126)
    ギャル1「ちょっとぉ!イケメンくんなにやってるのぉ?」

    ギャル2「こっそり話聞いてて、偽カップルの可能性でた瞬間登場ってwwwww必死過ぎwwwww」

    (うわー最悪だ)

    ギャル1「あんた付き合ってないんやったらさーうちと遊ぼーよ」

    ギャル2「ていうかナニー?そこのもっさい男ら、キモいんですけどーwwwwwとっとと消えてかれませんかねーwwwww」

    チャラ「はぁ?てめぇ喧嘩売ってんのか!?」

    DQN「いくら女でも容赦しねぇぞ」

    ギャル1「うるさいわ!あんたらは邪魔!」

    ワーワーギャーギャー
    44 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:39:03.943 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-49)
    ギャル2「さっ、お二人さん早く逃げな」

    ・嬢「えっ」

    ギャル2「あんた達が偽カップルなんてすぐに分かるんだよ、ここは私が取り繕ってあげるから」

    「……すいません、ありがとうございます」

    ギャル2「いえいえ、ナンパには気を付けな、じゃあな」
    45 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:39:18.551 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-133)
    (いい人だったんだなぁー、完全に見た目で判断してた)

    「あの、男…さん、」

    「ん?」

    「助けてくれてありがとうございます!」

    「私、迷子のとこにナンパされちゃって…」

    「本当に困ってたの!」

    (なんだ?口調が前と全く違うぞ?)

    「ああ、いいよいいよ!実は俺もあのギャル達にナンパされててさ」

    「嬢さんを口実に逃げてたんだよ」

    「勝手なことしてごめん」

    「うん…」
    46 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:39:36.604 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-115)
    シーン

    (気まずい……)

    「あ、あのさ、嬢さんも迷子なんだろ?」

    「うん、男さんも?」

    「ああ、だからさ、一緒に歩かない?」

    「…うん!」

    「」トコトコ

    「」トコトコ

    (うーん、一応はなんか喋ったほうがいいよなぁ)

    「あの、すいません」

    「うん?」

    「急だとは思うんだけど、自分語りしてもいい?」

    「えっ?」
    47 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:39:53.120 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-147)
    嬢さんからは色々な話を聞いた。
    彼女は、本当はお嬢様ではなかったらしい
    昔、彼女の父が仕事を失敗して多額の借金を背負って
    おかけで貧乏な生活を暮らしていた。

    ある日にその父が株を始めた。
    一発逆転でも狙おうとしたんだって
    そしたらそれは本当に実現して、
    物凄い金が入ったらしい。
    そこからは地元を引っ越しして彼女をお嬢様学校に転入させ
    お嬢様という肩書きを背負うために色々な習い事などもさせられたと
    彼女が地元に戻りたいと父に言ったのがきっかけで今年にここに戻ってきたらしい。

    なんで戻ってきたかは教えてくれなかった
    48 : 絵は才能 - 2016/07/23(土) 22:39:56.026 ID:uDYlOxdRa.net (+19,+29,+0)
    絵だけは才能
    49 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:40:13.606 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-106)
    「私はね、正直お嬢様のふりをするのはいやなの」

    「語りまでらしくしなければならないなんて」

    「周りはお嬢様だからって関わろうとしないし」

    「私は…普通の高校生になりたいの」

    「…………ごめん」

    「えっ?」

    「俺、全然嬢さんと関わったことないのに」

    「見た目で判断してた。」

    「本当にごめん」

    「……ううん、いいよ」
    50 : 以下、\(^o^ - 2016/07/23(土) 22:40:56.382 ID:AIp4YI+G0.net (+95,+30,-119)
    「あ、あのさ、良かったら、良かったら俺と友達にならないか?」

    「!?……うん、お願いします」

    「じゃ、私、あなたの前では普通に喋るよ……いい?」

    「おう!」

    「じ、じゃあさ、ライン交換しよ?」

    「おう、……ってあ!!」

    「え!?どうしたの?」

    「そうだ!携帯があったじゃないか!」

    (電源切ってたから忘れてた)

    ポチー

    「」

    未読数 999 電話記録378

    (ほとんど幼馴染だ…)ゾクッ

    携帯「ゴーウィwwwwwゴーウィwwwwwヒカリッヘーwwwwww」

    「あ…幼馴染から着信だ……」ポチ
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について