のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,546,939人
911,654,231頁
昨日:6,240人
7,002頁
今日:514人
532頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレハム蔵「たまには昔の話もしよう」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:05:27.230 ID:+ERPIx2U0.net (+120,+30,-110)
    ハム蔵「ヂュイ!ヂュイ!ヂュイ!」プンプン

    「はい…はい…ごめんなさい…」

    亜美「ひびきん、なんでハム蔵に怒られてんの?」
    2 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:06:46.525 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-61)
    真美「どうせまたハム蔵のご飯摘み食いしたりしたんでしょ?」

    貴音「いえ、今回はトイレの電気を点けっぱなしにしたことを怒られているそうです」

    亜美「ハム蔵、お母さんみたいだね…」
    3 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:08:54.785 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-109)
    ハム蔵「ヂュヂュイ!ヂュイ!」

    「はい…それは…はい…あの…はい…」

    真美「自分のペットに敬語で謝る飼い主ってひびきんくらいだよね…」
    4 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:15:12.765 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-73)
    ハム蔵「ヂュヂュイ?」

    「うぅぅ…はいぃ…もう2度としません…えっぐ…」

    亜美「泣き出しちゃったよ…」
    5 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:15:13.271 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-73)
    ハム蔵「ヂュヂュイ?」

    「うぅぅ…はいぃ…もう2度としません…えっぐ…」

    亜美「泣き出しちゃったよ…」
    6 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:16:16.014 ID:kfBN0lqHd.net (+8,+20,+1)
    かわいい
    7 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:17:28.314 ID:+ERPIx2U0.net (+94,+30,-160)
    ハム蔵「ヂュヂュイヂュイ…ヂュイヂュイヂュイ?」

    「うん…えっぐ…それは…ひっぐ…わかっ…わかって…わがっでまず…えっぐ…」

    真美「あっ!これ多分『何も響ちゃんが憎くて言ってるんじゃないのよ?』って言われてるパターンだ」

    貴音「詳しいですね?」

    亜美「亜美たちがよくりっちゃんに言われるからね!」エッヘン

    貴音「それは誇ることなのでしょうか…」
    8 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:19:16.021 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-110)
    ハム蔵「ヂュイ…ヂュイヂュイ?」

    「うん…うん…ごめんね…えっぐ…えっぐ…」

    亜美「どうやら終わったみたいだね」

    真美「お説教は人間もハムスターも変わらないんだね」

    貴音「面妖な…」
    9 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:19:48.449 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-112)
    ハム蔵「ヂュイヂュイ!」

    「うん、そうだね…えへへ」

    亜美「でもひびきんとハム蔵たちの関係って珍しいよね」

    真美「そーだね、たまにどっちが飼い主なのかわかんなくなるよ」

    「飼い主は自分だぞ!」
    10 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:20:26.660 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-74)
    亜美「でもハム蔵はどう思ってるのかわかんないよ?」

    「そ、そんな…ハム蔵!そうなのか!?」

    ハム蔵「ヂュイ?」
    11 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:21:15.545 ID:+ERPIx2U0.net (+94,+30,-143)
    真美「ねえ、ハム蔵。ハム蔵はさ、ひびきんのことちゃんと飼い主だと思ってる?」

    ハム蔵「ヂュイ!」

    「は、ハム蔵~!」

    亜美「今のは亜美にも意味がわかったよ!」

    真美「うん!『もちろん!』って自信満々に答えてたね!」
    12 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:22:47.057 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-101)
    「うわぁぁぁぁん!信じてたぞ、ハム蔵ぉぉぉお!」ギュゥッ

    ハム蔵「ヂュ…ヂュイ…」

    亜美「うあうあー!?ひびきん!ハム蔵が潰れちゃうよぉ!」
    13 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:23:45.508 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-52)
    貴音「しかし、ハム蔵殿は真賢いですね…」

    「うん!ハム蔵は出会った時からめちゃくちゃ強いし賢いんだぞ!」

    亜美「だろうね」
    14 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:24:54.121 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-83)
    真美「ねぇねぇ、ひびきん。ひびきんはハム蔵とどうやって出会ったの?」

    「へ?自分とハム蔵の出会い?」

    ハム蔵「ヂュイ?」
    15 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:25:34.464 ID:+ERPIx2U0.net (+94,+30,-82)
    亜美「うん、知りたい!知りたい!」

    貴音「亜美、真美、あまり人のぷらいべーとに踏み込むものでは…」

    亜美「えぇー!?だって気になるよぉ!」

    真美「そうだよ、ハム蔵みたいな賢いハムスターなんて中々いないんだよ?」

    ハム蔵「ヂュイ!」エッヘン
    16 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:27:12.005 ID:+ERPIx2U0.net (+94,+30,-55)
    亜美「それがなんでよりにもよって『765プロ一のアホの子』って言われてるひびきんのペットになったの?」

    「誰がアホの子だ!」

    貴音「響、落ち着いてください。褒め言葉です」

    「全く褒められてるように感じないぞ…」
    17 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:27:31.304 ID:+ERPIx2U0.net (+94,+30,-79)
    真美「でもひびきん、本当になんでなの?」

    亜美「そうだよ。こんなに賢いハムスター、普通ならサーカスとかテレビ局に売り払われてるよ?」

    「ふっふっふ…よくぞ聞いてくれたな!」

    貴音「と言うことは何か事情があったのですね?」
    18 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:29:27.516 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-95)
    「あぁ!そりゃもう聞くも涙、語るも涙の大事情だぞ!」

    ハム蔵「ヂュイ、ヂュイ」ウンウン

    亜美「うあうあー!?余計に聞きたくなってきたよー!」

    真美「ねぇねぇ、ひびきん!教えて教えて!」
    19 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:31:04.213 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-58)
    「ふっふっふーん!よーしわかった、心して聞くがいいぞ!」

    亜美真美「「うん!」」

    「あれは…えっと…」

    亜美「ん?」

    「…なんだっけ?」

    亜美真美ハム蔵 ズコ-
    20 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:31:40.093 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-83)
    貴音「忘れてしまったのですか?」

    「い、いや、そんなことはないぞ!自分がハム蔵を助けたのは覚えてるんだけど…」

    亜美「ひびきんがハム蔵を?」

    真美「逆じゃなくて?」

    「なんで逆なんだよ!」
    21 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:31:58.959 ID:ELNgK6O70.net (+17,+27,+0)
    紫煙
    22 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:33:46.349 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-46)
    貴音「どのように助けたのですか?」

    「うーん…そこがよく思い出せなくて…」

    亜美「本当は逆だったんじゃないの?」

    「だから自分がハム蔵を助けたんだってば!」
    23 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:34:14.856 ID:+ERPIx2U0.net (+94,+30,-82)
    真美「じゃあ何で詳しく覚えてないのさ?」

    「しょうがないだろ、あれは自分が小学一年生の時だったんだから…」

    亜美「一年生!?」

    真美「じゃあハム蔵ってもう10年近く生きてるの!?」

    ハム蔵「ヂュイ!」コクコク
    24 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:36:16.489 ID:ELNgK6O70.net (+17,+27,+0)
    スキャバーズか
    26 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:39:36.510 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-49)
    貴音「にわかには信じがたいことですが…」

    亜美「ハム蔵ならあり得るって思っちゃうのが怖いよ…」

    「うぎゃー!?全然思い出せないぞー!」
    27 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:39:51.662 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-68)
    真美「本当に何も思い出せないの?」

    「うーん…イリオモテヤマネコと闘ったような気はするんだけど…」

    亜美「ひびきん…それ多分いつかの響チャレンジだよ…」

    「うぎゃー!何で思い出せないんだー!」
    28 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:40:26.365 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-77)
    貴音「それではハム蔵殿に教えていただく、というのはいかがでしょう?」

    真美「それだ!」

    「よーし、ハム蔵、あの時のこと覚えてる?」

    ハム蔵「ヂュイ!」コクッ
    29 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:41:50.462 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-45)
    「じゃあ悪いんだけど、自分に思い出させてくれない?」

    ハム蔵「…ヂュイ」フリフリ

    亜美「えっ!?」

    真美「ダメなの!?」
    30 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:42:17.531 ID:+ERPIx2U0.net (+94,+30,-170)
    「な、なんでだ、ハム蔵!?」

    亜美「ひょっとして、ひびきんが助けたってのがやっぱりひびきんの勘違いで…」

    真美「ハム蔵はひびきんが傷つかないように庇ってるんじゃ…」

    「ハム蔵!そうなのか?」

    ハム蔵「ヂュイヂュイ」フルフル

    亜美「違うんだ…」
    31 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:42:36.591 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-74)
    「じゃあ何で教えてくれないの?」

    真美「ハム蔵~、教えてよ~」

    ハム蔵「ヂュヂュイ」

    「『言いたくない』って…」
    32 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:43:28.714 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-74)
    「じゃあ何で教えてくれないの?」

    真美「ハム蔵~、教えてよ~」

    ハム蔵「ヂュヂュイ」

    「『言いたくない』って…」
    33 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:44:03.109 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-79)
    亜美「うあうあー!?気になって今夜は眠れないよぉ!」

    「そうだぞ、ハム蔵!」

    真美「ハム蔵、お願い!ひまわりのタネ買ってあげるから~」

    ハム蔵「ヂュイ…」
    34 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:45:47.568 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+29,-42)
    貴音「よしましょう」

    亜美「お姫ちん!?」

    真美「お姫ちんは気にならないの?」
    35 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:46:10.800 ID:+ERPIx2U0.net (+94,+30,-97)
    貴音「確かに気にはなります…しかし、これは響の思い出であると同時にハム蔵殿の大切な思い出でもあります。言い出した私が言えることではありませんが…」

    亜美「そっかぁ…」

    真美「そーだね、ハム蔵にだって無闇に喋りたくないこともあるよね…」

    貴音「えぇ、そうです。誰にでも、無闇に他人に語れない過去があるものです…」
    36 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:46:57.825 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-58)
    「うぅぅ…自分が覚えていたら良かったんだけど…」

    亜美「まぁ、そこはひびきんだしね」

    真美「そうだね、ちかたないね」

    「うぎゃー!それどういう意味だよー!」
    38 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:47:39.474 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-44)
    貴音「まぁまぁ。話もひと段落したところですし、昼食でもどうでしょうか?最近近場にいい二十郎を見つけたのですが…」

    亜美「いい二十郎って何なの…」

    真美「もはや哲学だね…」
    39 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:48:22.823 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+29,-69)
    貴音「いいえ!二十郎にはいい二十郎も悪い二十郎も存在するのです!そもそも…」

    亜美「うあうあー!お姫ちんが語り出したら…」

    ワイワイガヤガヤ

    ハム蔵(出会い…か…)
    40 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:48:47.535 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+29,-56)
    ハム蔵(響ちゃんが覚えてないのも無理はないわな…なんせあれは…)

    ハム蔵(10年以上も前の話なんだから…)
    41 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:49:48.364 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-62)
    11年前

    ハム蔵(当時の俺はとある人間に飼われていた…ある1人の少年に…)

    少年「ここが今日からお前の家だよ!」

    ハム蔵「ヂュイ!」
    42 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:50:53.845 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-68)
    ハム蔵(今でこそ、名前も顔もよく思い出せないけれど、我ながらいい関係を築けていたと思う…いや、思っていた…)

    少年「あーあ、君が人間だったなら良かったのになぁ…」

    ハム蔵「ヂュイ?(どうして?)」
    43 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:51:57.382 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-46)
    少年「だってそうしたらいつでも一緒にいられるし、言葉だって通じるだろ?そうしたらもっと仲良くなれるじゃないか!」

    ハム蔵「ヂュイ!(なるほど!)」
    44 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:52:50.526 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-117)
    ハム蔵(そこから俺は人間に近づけるように努力した…)

    ハム蔵「ヂュイ!ヂュイ!ヂュイ!」グググググ

    ハム蔵(そうして…血の滲むような努力の末、二足歩行ができるようになった時だった…)
    45 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:53:46.325 ID:+ERPIx2U0.net (+94,+30,-168)
    ハム蔵「ヂュイ!(どうだ!)」エッヘン

    少年「凄い!凄いよ!まさか僕がこの間言ったから?」

    ハム蔵「ヂュイヂュイ!(そうだよ!)」コクコク

    少年「凄いや!凄いや!君は凄く賢いし努力家なハムスターなんだね!僕、君と友達になれて嬉しいよ!」

    ハム蔵「ヂュイヂュイ!(僕もだよ!)」
    46 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:54:49.002 ID:+ERPIx2U0.net (+94,+30,-115)
    ハム蔵(しかし、そんな幸せは長くは続かなかった…)

    少年の母親「えっ…何、そのハムスター…ハムスターのくせに人間みたいで気持ち悪い…」

    少年の父親「サーカスに売れば多少は金になるんじゃないか?それかテレビ局とか…」

    ハム蔵(少年は純粋だった、しかし、大人はそうではない。大人になればなるほど自分の常識を外れるものを排除したがる)
    47 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:57:58.025 ID:+ERPIx2U0.net (+94,+30,-132)
    ハム蔵(そして、遂にその日はやってきた…)

    ハム蔵「ヂュイ!ヂュイ!(嫌だ!嫌だよ!)」

    少年「ごめんね…お父さんが、この旅行が終わったら君をテレビ局に売りつけるって言うんだ…」

    ハム蔵「ヂュイ…(そんな…)」
    48 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:58:09.163 ID:ELNgK6O70.net (-24,-13,+0)
    しえん
    49 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:58:59.412 ID:+ERPIx2U0.net (+89,+30,-104)
    少年「だから今日…旅行中に立ち寄ったこの島に君を逃す…そうすればお父さんは君を見つけられないから君は平和に暮らせる…」

    ハム蔵「ヂュイヂュイ!(僕は君といたいよ!)」
    50 : 以下、\(^o^ - 2016/02/24(水) 00:59:53.291 ID:+ERPIx2U0.net (+94,+30,-117)
    少年「ははは…君は僕のために立ち上がってくれたのに…僕は君の言葉を理解することもできないのか…」

    ハム蔵「ヂュヂュイ!(そんなこと関係ないよ!)」

    少年「じゃあね、幸せに暮らすんだよ…」

    ハム蔵「ヂュイ!ヂュイィィ!(待って!待ってよぉぉ!)」
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について