のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,535,459人
911,641,421頁
昨日:4,530人
5,106頁
今日:4,204人
4,770頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ真「魔法の指輪が無くたって」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 00:30:05.235 ID:bZRLF/510.net (+120,+30,-25)
    カメラマン「いいよぉ!かっこいいよ、真ちゃん!」カシャァカシャァカシャア

    ファン「きゃぁぁぁぁあ!?真様ぁぁぁぁぁあ!」

    雪歩「真ちゃん良すぎぃ~~~!!!」

    「…」
    2 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 00:32:47.595 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-60)
    P「え?思ってたのと違う?」

    「はい…僕はこう…なんていうかもっと…フリフリーってして、キャピキャピーってしたかったんですけど…」

    P「うん…だろうなとは思ってたけど…」
    3 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 00:35:26.869 ID:3nJWGUyoa.net (+25,+30,-33)
    「僕にはそんなに魅力がないんでしょうか…」

    P「いやいや、中性的っていうのは立派な魅力であってな…」

    「僕は女の子らしくなりたいんですよ!」
    4 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 00:36:38.205 ID:mEBt26lf0.net (+14,+29,+2)
    パンツ脱いだ
    5 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 00:38:00.584 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-20)
    雪歩「ま、真ちゃんは十分可愛いし、女の子らしいよぉ!」

    「ふーん…」

    雪歩「な、何?」
    6 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 00:39:16.894 ID:dqYBcz5yM.net (+19,+29,+0)
    前も見た希ガス
    7 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 00:39:38.897 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-31)
    「じゃあ雪歩は僕のことを見てもなんとも思わないんだ…」

    雪歩「そりゃ…」

    真 ドンッ

    雪歩「!?」

    P「壁ドン!?」
    8 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 00:40:06.840 ID:nR3Qrc2S0.net (+19,+29,+1)
    途中でおちたやつやね
    9 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 00:41:12.930 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-53)
    「嘘をつくなんて…いけない子猫ちゃんにはお仕置きが必要だね?」

    雪歩「きゃぁぁぁぁあ!真ちゃんかっこい…あっ…」

    真 ウルッ
    10 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 00:41:25.261 ID:dqYBcz5yM.net (+24,+29,+0)
    落ちたのか
    なるほど期待
    11 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 00:42:28.383 ID:bZRLF/510.net (+88,+30,-44)
    雪歩「ま、真ちゃん、違うの!これは…つい…魔が差したと言うか…」

    「もういいよ!そうやって雪歩も僕をバカにして…うわぁぁぁぁぁぁあん!?」ダッ

    雪歩「真ちゃん!?」

    P「出ていてしまった…」
    12 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 00:44:12.004 ID:bZRLF/510.net (+88,+30,-39)
    街中

    「ひっぐ…みんなして…僕をバカにするんだ…えっぐ…」

    怪しい「そこのお嬢さん」

    「うぅぅ…はっぐ…」
    13 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 00:45:22.535 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-42)
    怪しい「そこのお嬢さんったら」

    「ひっぐ…ぼ、僕ですか?」

    怪しい「そうですよ、そうに決まってるじゃないですか」
    14 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 00:47:43.588 ID:bZRLF/510.net (+95,+30,-55)
    「えっぐ…えへへ、嬉しいなぁ…僕みたいな…男みたいな女をお嬢さんだなんて…」

    怪しい「いえいえ、何を言ってるんですか。あなたのような美しいお嬢さんを男だなんて…」

    「そんなこと初めて言われましたよ…お世辞だとしても嬉しいです…」
    15 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 00:49:34.700 ID:dqYBcz5yM.net (+29,+29,-2)
    可愛くしようとしても突き抜けちゃうからなぁ
    16 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 00:49:39.157 ID:bZRLF/510.net (+95,+30,-78)
    怪しい「お世辞だなんて…しかし、もしもそうだとするならば、容姿ではなくイメージの問題なのかもしれませんね。菊地真さん?」

    「なっ!?なんで、僕の名前を…」

    怪しい「はっはっは、あなた程の有名人なら誰でも知っていますよ」

    「あっ…そういえばそうか…」
    17 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 00:50:16.527 ID:bZRLF/510.net (+95,+30,-68)
    怪しい「あなたは美しい。しかし、その美しさも強さには隠れてしまう…」

    「強いから…僕は強いから可愛くなれないんですか?」

    怪しい「えぇ、せっかくの美しさをその強さで台無しにしている…」

    「そんな…どうすれば…」
    18 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 00:51:31.322 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-23)
    怪しい「そんなあなたにこの魔法の指輪をあげましょう」

    「魔法の指輪?」
    19 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 00:54:18.230 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-33)
    怪しい「えぇ、この魔法の指輪をつければ、あなたの強さは無くなり、たちまちか弱い女の子になれますよ?」

    「か弱い…女の子…」
    20 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 00:55:50.146 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-44)
    怪しい「更に、そのパンチ力は料理の腕前に、キック力は裁縫の腕前に…つまりは戦闘力がそのまま女子力に早変わりです」

    「女子力…」
    21 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 00:58:12.586 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-56)
    怪しい「つけたら最後、本人が心から望まない限り2度と外せませんがどうします?」

    「僕は…」

    怪しい「?」

    「僕は…可愛い女の子になるために…アイドルになったんだ…だから…」
    22 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:00:08.361 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-41)
    真 カチャッ

    「僕はその目標を達成する!」

    怪しい「うっひっひっひ…応援してますよ~」
    23 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:02:08.010 ID:bZRLF/510.net (+90,+29,-11)
    その後…

    「…とは言うものの、本当に弱くなってるのかなぁ…」

    ガチャッ

    「ただいま~」
    24 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:04:34.623 ID:bZRLF/510.net (+89,+29,-36)
    亜美「あ!まこちん!」

    真美「探したよ!」

    「亜美に真美じゃないか?探したって?」
    25 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:05:43.424 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-78)
    亜美「まこちんが事務所飛び出しちゃったって言うからみんなで探してたんだよぉ!」

    「あぁ…ごめんね、もう大丈夫だから…」

    真美「おーい、兄ちゃーん!まこちん居たよー!」
    26 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:07:31.841 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-23)
    P「おぉ、居たか!真、確かにお前の気持ちもわかるが、だからって飛び出し…」ガッ

    亜美「あっ…」

    真美「兄ちゃん!危ない!」
    27 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:10:03.394 ID:bZRLF/510.net (+89,+29,-21)
    P「ん?とっ…とっ…うわぁぁぁ!?」トンガラガッ...ムニュ

    亜美「ん?」

    真美「むにゅ?」
    28 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:12:32.511 ID:bZRLF/510.net (+89,+29,-22)
    P「ん?なんだ?この慎ましいながらも柔らかい何か…」モミモミ

    真 プルプルプルプル

    P「は…」
    29 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:13:33.515 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-62)
    「いつまで…揉んでるんですかぁぁぁぁあ!?」ガッ

    亜美「ま、まずい!?」

    真美「あれはまこちんの対πタッチ用撃滅殺戮奥義『魔殺魔殺凛』!?」
    30 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:14:55.798 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-55)
    亜美「あれをくらえば流石の兄ちゃんでもひとたまりも…」

    「うぉぉぉぉぉぉお!!」

    亜美真美「「兄ちゃぁぁぁぁぁあん!?」」

    真 ペチンッ

    P真亜美真美「「「「へ?」」」」
    31 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:15:48.293 ID:dqYBcz5yM.net (+24,+29,+0)
    奥義持ってる女の子って
    32 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:16:09.162 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-96)
    「あ、あれ?あれ?」ペチンッペチンッ

    P「何してるんだ?真?」

    亜美「そうだよ、まこちん。ふざけてんの?」

    「いや…ふざけてるわけじゃ…」ペチンッペチンッ
    33 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:17:42.772 ID:ur+VQhF/0.net (+30,+30,-80)
    この後は女の子化した真をみんなで心配するが、
    真は戸惑いつつも女の子っぽくなれたと聞き入れない
    しかしその戸惑いがトラブルを生みPあたりに解決してもらう
    で、指輪なんかなくたって真は可愛い女の子だよと言われ、
    指輪を捨てる決心をする

    という予想
    34 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:18:13.444 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-51)
    真美「いつもみたいにぶっ飛ばさないの?」

    「いつもぶっ飛ばさないよ!」

    P「でも本当にどうした?体調が悪いのか?」

    「いや、実は…」カクカクシカジカ
    35 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:20:32.135 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-26)
    P亜美真美「「「魔法の指輪?」」」

    「そうみたいで…」

    亜美「まこち~ん、そんな嘘、もう亜美たちにも通じないよ?」

    「いや、本当なんだってば!」
    36 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:23:10.810 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-53)
    真美「ほらほら、そんなおもちゃの指輪なんか真美が取ってあげ…ん?」グイグイ

    「ちょっ!?真美!痛いよぉ!」

    真美「あり?取れないよぉ!」グイグイ
    37 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:24:07.235 ID:VdGI785L0.net (+19,+29,+0)
    この辺までさっきも読んだ
    38 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:24:49.184 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-27)
    「だから魔法の指輪なんだってば!」

    亜美「ふーん、なら何しても取れないの?」

    「僕が望まない限りは抜けないらしいよ」
    39 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:26:08.710 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-75)
    亜美「まこちんが望まない限り?」

    「そう、僕が外したいと思わない限りは外れないって言われたよ」

    真美「まこちん、外したくないの?」

    「ん?なんで外さなくちゃいけないの?」
    40 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:26:36.987 ID:bZRLF/510.net (+95,+30,-84)
    亜美「だ、だって、まこちんが変わっちゃうんでしょ!?」

    真美「真美、そんなの嫌だよ!まこちんはまこちんのままでいてよ!」

    「いや、僕は僕だよ?ただ戦闘力が女子力に置き換わっただけで…」

    亜美「いや、それ普通は置き換わらないかんね?」
    41 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:27:01.718 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-17)
    真美「兄ちゃんからもなんか言ってよぉ!」

    P「ん?別にいいんじゃないか?」

    亜美真美「「兄ちゃん!?」」
    42 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:28:29.113 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-70)
    P「何をそんなに驚くんだよ?」

    亜美「いや、何でも何も…」

    真美「まこちんが変わっちゃうんだよ!?」

    P「いや、変わるってわけじゃないだろ。現にちゃんと真だし」

    亜美「それはそうだけど…」
    43 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:29:55.532 ID:bZRLF/510.net (+95,+30,-66)
    「でも…僕が言うのも何なんですけど…いいんですか?今までとはプロデュース方法も変わっちゃうと思いますけど…」

    P「それは俺が考えることだ。俺の仕事はお前たちを輝かせることなんだからな。お前たちは安心して輝けばいい」

    「プロデューサー…」ジ-ン

    亜美「うーん…」

    真美「そんなもんなのかなぁ…?」
    44 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:30:31.717 ID:bZRLF/510.net (+95,+30,-55)
    亜美「でもどうすんの?まこちん、今までみたいにスポーツとか体力系のお仕事はできなくなっちゃったんでしょ?」

    「まぁそうだけど…」

    真美「ならどうすんのさ!お仕事来なくなっちゃうよ!?」

    P「まぁそのへんのことはおいおい考えるとして…」
    45 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:32:12.256 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-32)
    春香「うわぁ!?」

    P「ん?」

    亜美「はるるんの声だ!」

    「給湯室から聞こえたね…」
    46 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:33:59.449 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-42)
    真美「はるるん?どうかしたの?」

    春香「それが…」

    千早「いえ、ごめんなさい。私が悪いの…」

    亜美「千早お姉ちゃんまで…」

    P「何があったんだ?」
    47 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:35:47.928 ID:bZRLF/510.net (+95,+30,-68)
    千早「私が春香に料理を教えてほしいって頼んだんです」

    春香「だから比較的簡単な肉じゃがから教えてあげようと思って、給湯室で作ってたんですけど…」

    亜美「はるるんの肉じゃが!?」

    真美「食べたい!食べたい!」
    48 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:37:08.761 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-39)
    春香「いや…それが…」

    千早「私がお醤油と間違えてソースを入れちゃって…」

    亜美真美「「えぇぇぇぇ!?」」

    P「またありがちなミスを…」
    50 : 以下、\(^o^ - 2016/02/15(月) 01:38:51.100 ID:bZRLF/510.net (+90,+30,-24)
    亜美「じゃあこれもう食べれないの?」

    春香「うーん、止めておいた方がいいかなぁ…」

    真美「そんなぁ…凄く美味しそうなのに…」
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について