のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,536,823人
911,642,974頁
昨日:4,713人
5,410頁
今日:837人
912頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレチノ「ティッピーが寝たきり動きません」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - ご注文はうさぎですか? + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 21:49:23.683 ID:90+/nHuz0.net (+455,+30,-102)
    ―――――――――――――――――――――――――――
    ――ラビットハウス

    チノ「ティッピー、朝ですよ」

    ティッピー「……」

    チノ「朝ですよ!」

    ティッピー「……」

    チノ「……まったく、ココアさんだけでも大変なのに、ホントにどうしようもないティッピーです」

    チノ(先にココアさんを起こしにいきましょう)


    チノ『ココアさ~ん!朝ですよ!』

    ココア『……あと5分だけ……』

    チノ『いつもそう言って遅刻しそうになるじゃないですか』

    ココア『だってぇ~』


    ティッピ「……」
    2 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 21:49:55.696 ID:NGOtuQJO0.net (+17,+27,-3)
    あと3時間だけ………
    3 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 21:50:01.723 ID:4AU+1Cm80.net (+65,+25,-3)
    チノちゃん助けてっ…
    /nox/remoteimages/e8/ab/7c40a15b130e5ff22bdbb0860dc8.jpeg
    4 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 21:52:23.700 ID:NGOtuQJO0.net (+17,+27,+0)
    続き書けよ
    5 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 21:53:02.880 ID:90+/nHuz0.net (+35,-29,-83)
    ―――――――――――――――――――――――――――
    ―――洗面台

    チノ「ああ、ココアさん、やっと起きましたか」

    ココア「うん、おはよー。あれ、ティッピーは?」

    チノ「それがまだ眠いみたいで起きてこないんです」

    ココア「そうなんだ、珍しいね」

    チノ「ホントですよ。お年寄りはいつも朝が早いのに」

    ココア「お年寄り?」

    チノ「いえ、ココアさんは知らなくていいことです」

    ココア「えーー!教えてよぉ!」



    ――――――――――――――――――――――――――― 👀
    Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
    6 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 21:54:16.237 ID:SoP90ids0.net (+19,+29,+0)
    目玉ギョロギョロ
    7 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 21:57:20.544 ID:90+/nHuz0.net (+95,+30,-87)
    ―――――――――――――――――――――――――――
    ――――朝食

    ココア「ティッピー来ないね? まだ眠いのかな?」

    チノ「もう一度見に行ってきます」




    チノ「ティッピー!」

    ティッピー「……」

    チノ「もう、ココアさんが二人いるみたいです」

    チノ「おじいちゃん、起きてください!」ユサユサ


    チノ(あれ?)


    チノ(ティッピーの身体って、こんなに冷たくないはずです……)
    8 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 21:57:34.280 ID:NGOtuQJO0.net (+24,+29,-2)
    おはよーおはよー
    9 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 21:59:10.897 ID:AhcfLqxh0.net (+12,+24,+0)
    いいね
    10 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:00:38.098 ID:90+/nHuz0.net (+95,+30,-53)
    チノ「そ、そんな」

    チノ「おじいちゃん、ホントに起きてください!」


    ココア「どうしたの?」

    チノ「……」

    ココア「……ん?」

    チノ「ティッピーが……」

    ココア「……?」

    チノ「ティッピーの身体が冷たくて……」
    11 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:03:45.664 ID:+kDwzz+UM.net (+7,+22,+0)
    続けて
    12 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:04:09.459 ID:Qos8WF770.net (+24,+29,-17)
    何悲しんでんだよ
    本来なら既に死んでる爺だろ
    あんまり泣いてるとぶちのめすぞクソガキ
    13 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:04:34.704 ID:90+/nHuz0.net (+95,+30,-96)
    ココア「……そんなわけないよー!」

    ココア「今日はきっと寒いからティッピーも冷たくなるのは当たり前だよ」

    チノ「……うさぎは恒温動物です」

    チノ「気温が低くても冷たくなるわけないです」

    ココア「……え?」


    チノ(そ、それって……)


    私はチノちゃんの前にいつもと変わらず穏やかな様子で寝ているティッピーに触れた。

    そして全てを悟った。


    チノ「……ティッピーが……ティッピーが……」
    14 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:05:52.129 ID:djDp2BgL0.net (+24,+29,-14)
    そりゃうさぎの寿命なんてせいぜい10年だもの
    15 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:07:29.079 ID:eNytkgSS0.net (+19,+29,-4)
    ティッピーが変温動物に
    16 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:08:03.734 ID:90+/nHuz0.net (+95,+30,-161)
    部屋にはしばらくの間沈黙が続いた。

    二人して床を見たまま俯いていた。

    ……もう学校に行く時間だけれど


    階段から音がする


    タカヒロ「二人とも、どうしたんだ、学校に行く時間だろう」

    チノ「……」

    タカヒロ「なにか、あったのか?」

    ココア「その、ティッピーが……」

    タカヒロ「……?」


    タカヒロさんは私がしたのと同じようにティッピーに触れると、今まで見たこともない程に動揺した様子で後ろに一歩、後ずさりした。


    タカヒロ「……オヤジ……」
    17 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:11:37.533 ID:NGOtuQJO0.net (+19,+29,-3)
    心筋梗塞かな?
    18 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:12:58.407 ID:90+/nHuz0.net (+95,+30,-155)
    タカヒロ「そうか、……そうか」

    タカヒロ「……辛いと思うが、ティッピーももう長生きしたさ」

    タカヒロ「人間で言ったらおじいさ」


    チノ「……嘘です」


    タカヒロ「……」


    チノ「ティ……ティッピーが、死んじゃうなんて……ありえないです」


    ココア「……チノちゃん……」


    チノちゃんは涙を眼に浮かべ、必死にこらえていた。
    19 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:15:19.471 ID:90+/nHuz0.net (+95,+30,-121)
    チノ「嘘です……こんなの信じません」

    チノ「きっとおじいちゃんとお父さんが私のことを驚かそうとしてるだけです」

    チノ「ほら、おじいちゃん、私は十分驚いたので起きてください」

    チノ「ねえ、おじいちゃん」ユサユサ

    チノ「おじいちゃんってば!!」バサバサ


    タカヒロ「チノ!もうやめろ!」


    ココア「チノちゃん……」


    チノ「嫌です!ほら、おじいちゃん!!ティッピー!!!!!」
    20 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:18:25.828 ID:NGOtuQJO0.net (+18,+28,+0)
    かたくなる
    21 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:18:54.595 ID:a9BC+/TN0.net (+12,+24,-12)
    どうなるのこれ
    22 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:19:05.387 ID:90+/nHuz0.net (+95,+30,-66)
    ココア「チノちゃん!もうやめて!」


    私はそう言って、チノちゃんの身体を抱きしめた。


    ココア「チノちゃん……そんなことしたらティッピーが可哀想だよ……」

    チノ「ココアさん……」

    ココア「チノちゃんも、本当はわかってるんでしょ?」

    チノ「……」


    するとチノちゃんの身体からは力が抜け、涙だけが私の肩を濡らした。
    23 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:22:32.114 ID:NGOtuQJO0.net (+29,+29,-2)
    なんとか屋のうさぎもkillしに行こう
    24 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:23:55.535 ID:90+/nHuz0.net (+95,+30,-218)
    ―――――――――――――――――――――――――――
    ―――――――――――――――――――――――――――

    結局その日はチノちゃんは学校を休むことになり、私は3時間目から学校に登校した。


    珍しく家を出てからずっと一人きりの通学。

    ティッピーが死んでしまったことはもちろん悲しかったけれど、それ以上にあんなに動揺していたチノちゃんが心配だった。



    ―――――――――――――――――――――――――――
    ―――学校


    千夜「あら、ココアちゃん、おはよう。今日は遅かったのね……って、どうしたの?」

    ココア「え、えっとね」

    千夜「なにかあったの?」


    千夜ちゃんは、私の顔を見るとすぐに只事ではない雰囲気を悟ったのか、いつもより真剣な眼差しで私に問いかけた。


    ココア「ティッピーがね、今朝起きたら動かなくて」

    千夜「……それって」

    ココア「うん、もうおじいちゃんだったからね……」

    千夜「……そうなの……」 👀
    Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
    25 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:24:45.436 ID:ggMdpqIS0.net (+4,+19,+0)
    うわあああああああああああああああああああああああああああ
    26 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:25:05.888 ID:MFHoZlnb0.net (+19,+29,-5)
    ティッピーはメスでは?
    27 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:25:11.935 ID:a9BC+/TN0.net (+28,+30,-42)
    ティッピー「はっ!」
    ティッピー「........ここは?」

    千夜「あら?あんこちゃん起きたのね?」
    28 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:25:41.499 ID:NGOtuQJO0.net (+17,+27,-3)
    なむなむ
    29 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:26:11.811 ID:90+/nHuz0.net (+89,+29,-8)
    ―――――――――――――――――――――――――――

    ↑これ打つと↓みたいな表示でるんだな、初めて知ったわ気をつけよ
    30 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:26:25.298 ID:90+/nHuz0.net (+30,-30,-27)
    Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
    31 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:34:00.635 ID:NGOtuQJO0.net (+14,+24,+0)
    はい
    32 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:35:16.433 ID:90+/nHuz0.net (+95,+30,+0)
    ココア「それでね、スゴくショックなんだけど、それ以上に……」

    千夜「……チノちゃん?」

    ココア「そうなの。今まで見たこともないほど取り乱してて……」

    千夜「とても可愛がってたものねぇ」

    言い終えると千夜ちゃんは、私の顔をもう一度見て、私の足元へ視線を落とした。


    千夜「ココアちゃん、屋上でお話しましょうか」


    【屋上】

    千夜「ごめんなさいね、風に当たりたくて……」

    ココア(千夜ちゃんも、ショックなのかな……?)

    ココア「チノちゃん、今日は学校休むことになったんだけど、なんだか心配で」

    千夜「今日は早めに帰ってそばにいてあげたほうがいいかもしれないわね……」

    ココア「うん、そうするね」

    千夜「それに、ココアちゃんも……」

    ココア「えっ、私がどうかした?」

    千夜「……気づいてる?」

    ココア「……?」

    千夜「すごく顔が引きつってて、その、ココアちゃんじゃないみたいで……」
    33 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:36:40.205 ID:p2NPoiCA0.net (+13,+28,+0)
    さいこぱす
    35 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:40:21.649 ID:ZVhvbiEZ0.net (-3,+11,-2)
    最終回かな?
    36 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:40:57.819 ID:90+/nHuz0.net (+95,+30,-255)
    千夜「ココアちゃんも、すごくショックよね」

    ココア「……うん……あまりに唐突でよく分かんなくって……」


    千夜は私の側まで歩み寄ってきた。

    そして私を抱きしめてくれた。


    千夜「ココアちゃん、大丈夫よ」

    ココア「ち、千夜ちゃん……」

    千夜「お姉ちゃんらしくあろうとしてるかもしれないけど、今は私の友達でしょ?」

    千夜「辛い時は泣いていいんだよ?」


    ココア「……ウッ……ティッピー……」



    私は子供のように泣きじゃくってしまった。

    チノちゃんのことが心配で自分のことなんて後回しにしてしまっていたけれど。

    ティッピーが死んでしまったことは自分で思っていた以上に精神的なダメージが大きかったことを千夜ちゃんに教えられた。
    37 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:42:03.582 ID:NGOtuQJO0.net (+1,+11,+0)
    よいよい
    39 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:48:17.955 ID:90+/nHuz0.net (+95,+30,+0)
    【教室】

    千夜ちゃんのおかげでだいぶ心が落ち着いた。

    ただ、せっかく学校にきけれど、先生の言ってることはほとんど頭に入らない。

    早く帰ってチノちゃんのところにいてあげなきゃ……。




    【ラビットハウス】

    ココア「ただいまー」

    タカヒロ「ああ、ココアくん、おかえり」

    ココア「タカヒロさん、ただいま……その、チノちゃんは……」

    タカヒロ「今は部屋で横になってる」

    ココア「そうですか……、そうだ、ティッピーは……」

    タカヒロ「ペット専用の葬儀業者があって、一時的に引き取って貰ってる」

    ココア「そうですか……」

    タカヒロ「どうか、チノのところへ行って慰めてやってくれないか」

    ココア「……はい」


    私は階段を上がってチノちゃんのところへ向かおうとした。

    するともう一度だけタカヒロさんは声をかけてきた。


    タカヒロ「……ああ、そうだ。ココアくんは……大丈夫なのか」

    ココア「私ですか……?私は千夜ちゃんが慰めてくれたので」

    タカヒロ「そうか……いい友達を持ったな」
    40 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:50:26.434 ID:Wg3re85C0.net (+24,+29,-4)
    お父さんは筋肉に慰めてもらう
    41 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:50:44.795 ID:NGOtuQJO0.net (+24,+29,-15)
    ココアちゃんに慰められたい
    42 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:54:50.472 ID:90+/nHuz0.net (+95,+30,-108)
    【チノの部屋の前】

    コンコン

    ココア「チノちゃん……」

    返事は返ってこない。

    ココア「チノちゃん、入るよ?」

    やっぱり返事は返ってこない

    ココア「……」


    私は部屋に入るのを一瞬戸惑ったが、再び思い直して扉を開けた。


    ココア「チノちゃん……」

    扉を開けると、チノちゃんは壁のほうを向いてベッドの上で毛布に身を包みうずくまっていた。
    43 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:55:39.770 ID:o5aXINSFd.net (+12,+29,+0)
    慰め姉妹百合セックス
    45 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:57:58.823 ID:90+/nHuz0.net (+95,+30,-105)
    私はチノちゃんの顔を覗き込んだ。

    ココア「チノちゃん?」

    チノ「ああ、ココアさんですか」


    思いのほか元気そうなチノちゃんの様子に思わず安堵する。


    ココア「その、大丈夫?」

    チノ「何がです?」

    ココア「いや……ティッピーのこと……」


    きょとんとした表情をするチノちゃん



    チノ「ティッピーが、どうかしたんですか?」


    ココア「……」



    その日からチノちゃんは変わってしまった。
    46 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:58:59.600 ID:Wg3re85C0.net (+24,+29,-13)
    お笑い芸人を目指します
    47 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 22:59:08.952 ID:NGOtuQJO0.net (+24,+29,+0)
    死んでるかと思ったじゃねえか
    48 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 23:03:11.092 ID:90+/nHuz0.net (+95,+30,-129)
    その後も何度もティッピーのことを口にしたが、チノちゃんはいつも通りに振るまった。


    まるで今日のことなんて無かったかのように。


    その後メグちゃんとマヤちゃんも「お見舞いに来たぜーー!」だと行って訪ねてきてくれたが、チノちゃんは普段と同じような言動で楽しそうに話す。

    私も横で話しをしていたが、今日休んだのは風邪をひいた、などという始末。


    夕食の時も、不気味なほどいつも通りの食卓だった。


    そして私は最後まで『ティッピーが死んだ』という事実を口にすることが出来なかった。
    49 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 23:03:15.695 ID:AhcfLqxh0.net (+12,+24,+0)
    いいね
    50 : 以下、\(^o^ - 2015/12/08(火) 23:04:29.150 ID:NGOtuQJO0.net (+18,+28,+0)
    ぐぎぎ
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - ご注文はうさぎですか? + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について