のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:125,345,131人
913,852,614頁
昨日:660人
796頁
今日:589人
633頁
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ美希「バラエティの出演が決まったの!」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    1 :

    律子「おめでとう」

    美希「ミキにかかればこんなもんなの!」

    2 :

    4 = 1 :

    P「でも大丈夫か、美希?」

    美希「何が?」

    P「美希は映画やドラマの仕事は多いけどバラエティの仕事はあんまりしたことないだろ?」

    美希「ふぅ…ハニーはダメダメなの…」ヤレヤレ

    P「なんかすっごく腹立つな」

    6 = 1 :

    美希「ハニー?ミキは生っすかでもちゃんと出来てるの、だからバラエティもバッチリだよ?」

    律子「でもね?美希、生っすかは同じ事務所の仲間ばっかりだし貴女はMCでしょ?」

    美希「ん?そうだよ?それがどうかしたの?」

    7 :

    パンツ脱いだ

    8 :

    パンツが悠久の彼方へと消え去った

    9 = 1 :

    律子「今度の番組では他は他事務所の人ばっかりだし貴女はパネラーの1人よ?全然状況が違うのよ?」

    美希「うーん…そうかなぁ…」

    P「そうだぞ?困っても誰も助けてくれないぞ?」

    美希「それは困るの…ミキ、隣で春香に見てもらってないと寝ちゃうかもしれないの…」

    律子「それはバラエティ云々以前の問題よ!」

    10 = 1 :

    美希「どうしよう…不安になってきたの…」

    P「うーん、ならみんなに聞いてみたらいいんじゃないか?」

    美希「みんなに?」

    11 = 1 :

    律子「そうね、幸い765プロにはバラエティ慣れしてる娘も多いから…アドバイスを貰うのはいいかもしれないわ」

    美希「なるほどなの!そうと決まれば早速聞いてくるの!」

    春香「それで私のところに?」

    美希「うん」

    14 :

    いよぉ!

    15 :

    待ってました!

    16 :

    芸人のこと春香さんって呼ぶのやめろよ!

    17 = 1 :

    美希「春香なら生っすかのMCも上手だし、絶対いいアドバイスくれるって思って…」

    春香「ふっふっふ…いいところに目を付けたね…」

    美希「?」

    18 = 1 :

    春香「何を隠そうこの春香さん!765プロだけではなく、芸能界全体を見てもバラエティ出演本数女性タレント部門NO.1ですよ!NO.1!」ドヤァ

    美希「春香凄いの!」

    春香「バラエティのことなら何でも聞いてよ!」エッヘン

    美希「凄い凄い!」

    19 = 1 :

    美希「じゃあ春香、バラエティって何すればいいの?」

    春香「これはいい質問だけど根本的で非常に難しいね…でも大丈夫!しっかり説明してあげるよ!」

    美希「春香に頼って良かったの!流石春香なの!」

    20 = 15 :

    転んだら良いんでしょ

    21 :

    コケからのパンチラで視聴率を一気にかっさらう系アイドル

    23 = 1 :

    春香「ふふふ、じゃあ私が今までやってきたものをそのまま見せるから…よく見ててね?」

    美希 コクッ

    24 = 1 :

    春香「こんにちは!天海春香です!」

    春香「え?この箱の中に手を入れるんですか?」

    春香「うわぁ!?」ドンガラガッシャ-ン

    春香「誰が『本体はリボン』ですか!」バンッ

    春香「お、押さないでくださいよ?絶対ですよ!?絶対ですか…ぎゃぁぁぁぁぁぁあ!?」ジタバタジタバタ

    美希「…」

    25 = 5 :

    アイドルって一体、なんなのよ…

    26 = 1 :

    春香「…とまあ、ざっとこんな感じかな」

    美希「いや、わかんないの!」

    春香「まぁ最初はそのまま真似するだけでも大丈夫だよ、徐々に美希なりの熱湯風呂との向き合い方を見つければいいから…」

    美希「仮にもアイドルの言うセリフじゃないって思うな!」

    27 :

    まあバラドルってポジションもあるから…

    28 = 1 :

    春香「まぁ、私は熱湯風呂のギネス記録持ってるから…いきなり真似するってのも難しいかもしれないけど…美希ならできるよ!」

    美希「もっと他の部分で評価してほしいの…」

    「ふっふっふ…美希!そんなんじゃダメさー!」

    美希「響!?」

    29 = 1 :

    「美希、バラエティのことなら同じフェアリーである自分に聞いてほしいぞ!こんな無個性リボンなんかよりよっぽどいいアドバイスをしてあげるさー!」

    美希「ちょっ!?ひび…」

    春香「響ちゃん?それってどういう意味かな?」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

    30 = 1 :

    美希「ひぃ!?は、春香も落ちつくの!響!早く謝って!」

    「は?なんで自分が謝るんだ?自分何も間違ったこと言ってないぞ?いいか、美希?自分の真似をしておけば完璧さー!今からやるから見ててよね!」

    31 = 1 :

    「はいさい!自分、我那覇響です!」

    「う、うぎゃー!?わさびが入ってるぞ!?」

    「え?火の輪くぐり?自分が?」

    「誰が『本体はハム蔵』だ!」バンッ

    「ちょっ!?熊は聞いてないぞ!」

    美希「…」

    32 = 1 :

    「…とまあ、ざっとこんな感じさー」

    美希「ほとんど同じなの!響の方がやらされてること過酷だけど!」

    「ふっ…熊くらい…なんでもないだろ…」ハイライトオフ

    美希「ハニー!後で話があるの!あの頃の響を返してなの!」

    33 = 1 :

    「まぁ、最初は『うぎゃー』って言っとけば周りの人がいいように料理してくれるから…」

    美希「春香より言ってることが適当なの…」

    「そのうち美希なりのイジメられ方が見えてくるよ。そうしたらむしろ快感に…」

    美希「それ以上はダメなの!ハニー!本当に後で話し合いだからね!?」

    34 = 14 :

    やばいよやばいよ~

    35 = 1 :

    春香「はっ、ほんとよくこの程度でノコノコ出てこれたよね?」

    「は?」

    美希「ちょっ…春香ぁ…」

    36 = 1 :

    春香「何、美希?私は普通に思ったまんま言ってるだけだよ?」

    「どういう意味だよ!?」バンッ

    美希「ひぃ!?」

    37 = 1 :

    春香「どういう意味もこういう意味も…火の輪くぐりとかアイドルのすることじゃないでしょ?」

    美希「アイドルは熱湯風呂にも入らないの…」

    春香「なんかヨゴレと言うかなんと言うか…」

    美希「春香もどっこいどっこいだと思うな…」

    38 = 1 :

    春香「なんか中途半端なんだよね、響ちゃん」

    「は?」

    春香「アイドルとしてはヨゴレだけど芸人さんとしては弱いっていうか…なんか、その…熊と対決した程度で騒がれても…」

    美希「それどんな種類のプライドなの?」

    39 = 22 :

    春香は生き残りに必死なアイドル感あるけど響がやってると可愛いよね

    40 = 1 :

    春香「そういうことはせめて寝起きにザリガニに指という指挟まれてから言ってほしいっていうか…」

    美希「アイドルどころか芸人さんでもやらないよ!?」

    「は?そっちこそ起きたらミミズだらけのベッドに寝てたことあるのか?」

    美希「響は誰かしら訴えたら勝てるって思うな…」

    41 = 1 :

    「本当に苦しいのはミミズまみれになってることなんかじゃなくて、ミミズは目が見えないから急に土の中から出されたことを認識できてないから『怖いよ…怖いよ…』『助けて…』って声がそこら中から聞こえ…」

    美希「響…もういいの…もう泣いていいの!辛かったね?」ギュッ

    42 = 1 :

    春香「本当になんなの?」

    「そっちこそ!」

    春香「なんだとー!」ツカツカツカ

    「なんだよ!」ツカツカツカ

    美希「ふ、2人とも…喧嘩はやめ…」オロオロ

    春香響 チュッ

    美希「へ?」

    43 = 16 :

    がなはるわっほい!

    44 = 1 :

    春香「「はい~」」

    美希「ど、どういうことなの…?」

    「自分たちが喧嘩するわけないだろ?」

    春香「演技だよ、演技」

    45 :

    美希「そ、そうなの?」

    「見たことあるでしょ?殴り合いの喧嘩になってるのに最後にチューしたら仲良しになるやつ」

    美希「あ、あるけど…」

    春香「も~、美希が泣いちゃいそうだったから殴り合いはカットになっちゃったじゃん」

    46 = 1 :

    美希「え?そんなのいつ決めたの?」

    春香「へ?いつって…」

    「即興だけど…」

    美希「地味に凄いの!」

    47 = 1 :

    「まぁ、自分たち共演する度にこれやるからな」

    春香「今年だけで既に1000回はやってるよ?ねー、響ちゃん♪」ナデナデ

    「なー、はーるか♪」テレテレ

    美希「なんなのなの…」

    48 = 1 :

    美希「でも良かった…あんなに仲が悪くて過酷なことをさせられてる2人は居なかったんだね…」

    春香「「え?」」

    美希「え?」

    49 = 1 :

    春香「仲悪いのは演技だけど…」

    「仕事は…なあ?」

    春香「むしろソフトなやつをチョイスしたんだけど…」

    美希「ハニー!春香と響のプロデュースから即刻降りるの!」

    50 = 1 :

    「や、止めてよ…ミミズくらいでNG出してたらお仕事こなくなっちゃうぞ!」

    美希「響!正気に戻るの!絶対フェアリーの目の届く範囲ではそんなことさせないからね!」

    春香「ふっ…私達の仕事が…美希の目に届くかな?」

    美希「なんか壮絶な闇を抱えてそうなセリフなの!?」


    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について