のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,546,865人
911,654,047頁
昨日:6,240人
7,002頁
今日:332人
348頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレP「真美!メロンソーダ買ってきたぞ!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - 真美 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 21:19:47.067 ID:wfv8xl6L0.net (+125,+30,-115)
    真美「……」ピコピコ

    P「見ろこれ!コンビニに売ってた!」

    P「クリームソーダじゃないぞ!メロンソーダだぞ!?」

    真美「……」

    P「すごくね!?普通ドリンクバーとかにしかないのに!」

    P「ほら!これ!メロンソーダ!緑色の炭酸飲料!!」

    P「すごくね!?すごくねぇ!?」

    真美「……あっそ」ピコピコ
    2 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 21:24:46.790 ID:wfv8xl6L0.net (+95,+30,-158)
    P「飲んじゃうんだー、俺、メロンソーダ」

    P「炭酸抜けないうちに飲んじゃうんだー」プシュ

    P「……」グビグビ

    P「うっめ!メロン味のソーダうっめ!」

    真美「……」ピコピコ

    P「いやー、こんなのめったに飲めないからなー」

    P「一人で飲むの悪いなー」

    P「というわけでなんと……」

    P「じゃーん!真美のも買ってきたんだぞー!」

    P「ほら、真美、メロンソーダだぞー」

    真美「……いらない」
    3 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 21:25:58.394 ID:124DIfqya.net (+16,+26,+0)
    ふむ
    4 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 21:28:21.091 ID:wfv8xl6L0.net (+95,+30,-48)
    P「えっ」

    真美「……」

    P「……いらないのか?」

    真美「……いらないって言ってるじゃん」

    P「……そ、そうか……」

    真美「……」ピコピコ

    P「れ、冷蔵庫に入れとくからな?飲みたくなったら飲むんだぞ?」

    真美「だからいらないってば」
    5 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 21:30:51.389 ID:wfv8xl6L0.net (+90,+30,-39)
    真美「……」ピコピコ

    P「……」

    P「な、なあ真美ー?」

    真美「……」

    真美「何?」

    P「さっきから何のゲームしてるんだー?」

    真美「……別になんだっていいっしょ」

    P「なんだよー、教えろよー」
    6 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 21:31:40.192 ID:bOxfrPAzp.net (+13,+28,+0)
    Pがかわいい
    7 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 21:31:45.348 ID:15TpAmKx0.net (+14,+29,-10)
    おとうさんかよ
    8 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 21:38:21.236 ID:wfv8xl6L0.net (+95,+30,-148)
    P「何?アクション?RPG?やっぱりRPGのほうかな?」

    真美「……」ピコピコ

    P「そうだよなー、真美はそういうの好きだもんなー」

    P「魔物を倒してレベルアップ!ってな!」

    P「キャー!!悪い魔王にさらわれたわー!」

    P「待ってろよ!姫!必ず助けに行くからな!!」

    真美「……」

    P「よし、まずはステージ1-1……」

    P「あっ敵だ!」ピョイーン

    P「ってそれはマリオやないかーいwwwwwwww」

    P「ってなー、違うよなー、真美ー」

    真美「……」ピコピコ
    9 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 21:43:41.925 ID:uHOe//IUa.net (+24,+29,-4)
    なんか自分の親父と妹見てるみたいで胸が痛い
    10 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 21:46:47.605 ID:wfv8xl6L0.net (+95,+30,-158)
    P「それともアレかな?頭とか使っちゃうパズルゲーかな?」

    真美「……」

    P「そうだよなー、真美は頭がいいもんなー」

    P「狙って消して大連鎖ってな!」

    P「充実のキャラクター!豪華なエフェクト!」

    P「操作は簡単!画面をタッチしてなぞるだけ!」

    P「さあ君もダウンロード!!」

    P「ってスマホのゲームなのかよ!!」

    P「なー、真美は課金なんてしないもんなー」

    真美「……」ピコピコ

    P「真美は課金するくらいなら貯金するもんなー」

    P「うまい!俺!」

    真美「あー!うるさいな!!」
    11 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 21:56:40.192 ID:wfv8xl6L0.net (+95,+30,-123)
    真美「さっきから何!?うっさいんだけど!!」

    P「何って、真美がなんのゲームしてるか教えてくれないからだろー」

    真美「別になんだっていいじゃん!そんなの!」

    P「なら教えてくれたっていいだろー」

    真美「あーもう!」

    真美「コレだよ!バイオ!ゾンビのやつ!」

    真美「はい!もうこれでいいっしょ!?」

    真美「集中してるんだから邪魔しないでよね!」

    P「お、バイオか、俺はあんまりやらないなー」

    P「なんてっていっつも」

    P「『夜ちゃんと寝てます?ゾンビみたいな顔になってますよ』って言われるもんなー」

    P「って誰がゾンビみたいな顔やねーんwwwwwww」

    真美「……」イラァ
    12 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 21:57:24.144 ID:55CYMyyH0.net (+19,+29,+0)
    胃がキューッとなる
    13 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 21:59:30.518 ID:124DIfqya.net (+29,+29,-10)
    思春期反抗期かわいい
    お父さんが娘にちょっかい出して嫌われるのも仕方ないかわいさ
    14 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 22:01:50.933 ID:lauZvvsu0.net (+24,+29,+0)
    ぶっちゃけPハーレムが嫌いなのでもっとやれ
    15 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 22:02:26.835 ID:wfv8xl6L0.net (+95,+30,-132)
    真美「……」ガタッ

    P「お?どこ行くんだ?真美」

    真美「……レッスン」

    P「おいおい、まだ2時間前だぞ」

    真美「……別にいつ行ったっていいじゃん」

    P「そうか、それじゃあちょっと待ってな、車だしてくるから」

    真美「いいよ、歩いてくから」

    P「え?歩くのか?」

    真美「だからそうだってば」

    P「結構遠いだろ?車出すぞ?」

    真美「だから、いいって言ってるっしょ」

    P「……歩いてくと40分くらいかかるぞ?」

    真美「……だから」

    真美「いらないって言ってんじゃん!真美は今日歩きたい気分なんだからほっといてよ!」

    バタン!
    16 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 22:03:34.165 ID:oRdYA7op0.net (+1,+16,+1)
    見てる
    17 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 22:07:57.485 ID:wfv8xl6L0.net (+95,+30,-69)
    P「……」

    ガチャ

    「はいさーい!」

    「……あれ?プロデューサーだけ?」

    P「……響」

    「確か、真美がレッスン前にちょっと寄るって言って……」

    P「響……」スタスタ

    「……へ?」

    P「ひびきぃーー!!」

    「ちょ、急に寄って来るなー!」
    18 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 22:09:45.189 ID:h7NZxQkh0.net (+24,+29,+0)
    真美はかわいいなあ
    19 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 22:11:30.793 ID:wfv8xl6L0.net (+90,+30,-35)
    P「……ごめん」

    「まったく、何なんだ一体……」

    「化け物かと思って思いっきり蹴っちゃったぞ……」

    P「誰の顔がゾンビやねん!」ガタッ

    「……」

    「……はい?」

    P「……ごめん」
    20 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 22:15:17.995 ID:wfv8xl6L0.net (+95,+30,-107)
    「……なるほど、最近真美が構ってくれないと」

    P「そうなんだよ……」

    P「前までの真美だったらさ」

    P「『なー♡、真美なー♡』」

    P「ってやったら」

    P「『ねー♪兄ちゃんねー♪』」

    P「って返してくれたもんなのに」

    P「最近じゃ、ガン無視されるんだよ……」

    「……正直、当然だと思うぞ」
    21 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 22:23:14.186 ID:wfv8xl6L0.net (+95,+30,-53)
    P「なんでだよ!今まではやってくれてたんだぞ!?」

    「だって、自分もそれされたことあるけどさ」

    「嫌だったぞ、恥ずかしいから」

    P「え……?」

    「っていうか、皆も実は同じこと……」

    P「……マジ?」

    「うん」
    22 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 22:26:05.509 ID:wX0VEBSI0.net (+19,+29,-1)
    胃が痛くなってくるな
    23 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 22:29:14.603 ID:wfv8xl6L0.net (+95,+30,-73)
    P「で、でもさ!」

    P「真美はやってくれてたじゃないか!」

    P「それに俺のギャグだって」

    P「『兄ちゃんおもしろーい!!』」

    P「って喜んでくれてたし!」

    P「皆も結構笑ってくれてた……」

    「……」

    P「……え?」

    P「……もしかして俺、滑ってたのか?」

    「正直、かなり」

    P「……マジで?」

    「……ごめん、プロデューサー」
    24 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 22:37:05.431 ID:wfv8xl6L0.net (+95,+30,-100)
    P「……マジか、マジかぁー……」

    「……いや、うん、なんて言うかさ」

    「真美も、ちょっとずつ大人になってきてるんだと思うぞ」

    「だから、そんなに落ち込むこと無いさー」

    P「……大人にって、真美にはちょっと早すぎないか?」

    「そう?自分だって、中学生の時にずっとイライラしてた時とかあったし……」

    「プロデューサーだって、中1の頃にそんなことあったでしょ?」

    P「いや、俺はそのころまだ道端の花の蜜吸って喜んでたぞ」

    「……そ、そうか」
    25 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 22:39:29.181 ID:P9VHcN5r0.net (+30,+29,-2)
    千早におもいっきし舌打ちされてそう
    26 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 22:39:51.982 ID:SCkM/6au0.net (+19,+29,-2)
    このP友達いなさそう
    27 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 22:40:17.571 ID:OMy6B1KD0.net (+33,+29,-9)
    >>25
    あの子は笑いの沸点低いから
    28 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 22:43:23.205 ID:wfv8xl6L0.net (+95,+30,-67)
    P「だから、真美も流石にませるには早いだろ……?」

    「そんなこと無いってば!それに、女子の方がそういうのは早いの!」

    P「いや、でもな……」

    「あー、もう!めんどくさいな!」

    「とにかく!真美だってもう思春期なんだからあんまり構いすぎちゃだめだからな!」

    P「……」

    「分かったか!?」

    P「まあ、うん……」
    29 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 22:44:41.374 ID:l5ty1GgC0.net (+9,+24,+1)
    つらい
    30 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 22:45:25.732 ID:OMy6B1KD0.net (+19,+29,-2)
    響母さん?
    31 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 22:46:37.963 ID:TLjeA5cR0.net (+14,+29,+1)
    胃が痛い
    32 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 22:48:20.424 ID:wfv8xl6L0.net (+95,+30,-119)
    「まったく、プロデューサーは……」

    P「……」スクッ

    「……どこ行くんだ?」

    P「外回り言ってくる」

    「お、ちゃんと分かったみたいだな」

    P「……そうだな、これからは真美の意見も尊重するよ」

    「うんうん、それじゃ、仕事いっぱいとって来るんだぞー!」

    P「おう」

    P「……あ、そうだ、響」

    「なんだ?」

    P「冷蔵庫にメロンソーダが入ってるから、飲んでいいぞ」

    P「じゃ、行ってくるな」

    「……メロンソーダ?」
    33 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 22:54:03.805 ID:yFtIUeJu0.net (+11,+26,+0)
    みてれぅ
    34 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 22:56:29.044 ID:wfv8xl6L0.net (+95,+30,-158)
    レッスン場

    真美「もー!めっちゃ鬱陶しいしいんだよー!」

    「はは、大変だね、真美も」

    真美「そりゃ、真美だって小学生の時は兄ちゃんと遊んでたけど」

    真美「真美、もう中学生だよ!?小学生は卒業したんだよ!?」

    「うんうん、分かる分かる」

    真美「それなのに兄ちゃんはまったく……」

    「苦労するねえ、真美も」

    真美「真美、身長もめっちゃ伸びたし、スタイルもめっちゃ出るとこ出てきたのに」

    「……」

    真美「それで小学生扱いとか、信じらんないよねー!」

    「……そう、だね」

    真美「……まこちん?何遠い目してんの?」

    「いや、別になんでもないよ……」
    35 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 23:00:28.008 ID:TuAyxNh+0.net (+24,+29,+0)
    真美は合法かわいい
    36 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 23:05:27.851 ID:wfv8xl6L0.net (+95,+30,-113)
    真美「まったく、その辺をぜーんぜん分かってないんだよね!兄ちゃんは!」

    「まあまあ、プロデューサーも、真美が可愛くて仕方ないんだよ」

    真美「にしたって、もうちょっと静かにして欲しいの!」

    「そっかそっか」ゴソゴソ

    「……あれ?ボク、着替えどこやったっけ」

    真美「無いの?」

    「うん……おっかしいな、鞄に入れといたはずなんだけど……」ゴソゴソ

    真美「……誰かに盗まれたとか?」

    「や、やめてよ真美……」
    37 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 23:07:04.272 ID:P9VHcN5r0.net (+24,+29,+0)
    ごめんなさいつい魔がさしました
    38 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 23:07:27.908 ID:6cqxGsPv0.net (+19,+29,+0)
    おまことさんこいつです
    39 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 23:11:02.544 ID:wfv8xl6L0.net (+95,+30,-176)
    真美「いや、これは事件の匂いがしますなあ……」

    「うーん、確か、こっちにまとめて……」ゴソゴソ

    真美「んっふっふ~、任せておきたまえよまこちんクン!」

    真美「この美少女探偵双海真美が、この事件を解決……」

    「あ!あったあった」

    真美「えー!見つかっちゃったの!?」

    「うん、ホラ」

    真美「何だー、つまんないよまこちんー」

    「あはは、ごめんごめん」

    真美「これからがいいところだったのにー」

    「ほら、真美、もうレッスン終わったんだから早く出ないと怒られるよ」

    真美「ほーい……」
    40 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 23:12:00.907 ID:OMy6B1KD0.net (+19,+29,-2)
    真と真美は新鮮
    41 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 23:17:13.789 ID:wfv8xl6L0.net (+95,+30,-110)
    「それじゃあね、真美」

    真美「うん!まこちんはこれからゆきぴょんとデートだっけ?」

    「デートじゃ無いってば!」

    真美「んふふ、お熱いですなあ、2人とも……」

    「まったく、真美は……」

    真美「あはは!それじゃあね!バイバーイ」

    「はいはい、じゃあね」


    真美「さて、真美も事務所帰ろーっと……」

    P「お、いたいた、真美ー」

    真美「え」

    P「レッスン終わったか?ちょうどよかったな」

    真美「……」
    42 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 23:17:53.078 ID:HpavjSTt0.net (+3,+18,+0)
    おもろい
    支援
    43 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 23:22:06.928 ID:wfv8xl6L0.net (+95,+30,-83)
    P「どうだった?レッスンちゃんと出来たか?」

    真美「……」

    P「最近暑いからな、汗はちゃんと拭いたか?」

    P「あ、そうだ、コレ……」

    P「ほら、事務所にゲーム忘れてたぞ」

    真美「……兄ちゃん」

    P「なんだ?」

    真美「……なんで来たのさ」

    P「え?なんでって……」

    真美「言ったじゃん!送り迎えはいらないって!!」
    44 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 23:26:21.465 ID:TurMQ5zm0.net (+24,+29,-7)
    プロデューサーっていい仕事だよなーって思ってたけど
    現実はこうだよな・・
    45 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 23:27:55.210 ID:wfv8xl6L0.net (+95,+30,-87)
    P「……言ったか?そんなこと」

    真美「言ったじゃんか!今日は真美、歩きたい気分なのって!!」

    P「いや、だから、ちゃんと車じゃなくて徒歩で迎えにだな……」

    真美「迎えが欲しいなんて誰も言ってないっしょ!?」

    P「でも、来るなとも言われて……」

    真美「言ってないけど!普通分かるじゃん!ていうか分かってよ!」

    P「だって心配だろ、真美のこと……」

    真美「レッスンくらい真美一人で行けるもん!」
    46 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 23:30:16.313 ID:wfv8xl6L0.net (+90,+30,-56)
    P「何があるか分かんないだろ?」

    真美「っ……」

    真美「じゃ、じゃあもう、ハッキリ言うけど」

    真美「真美はね!もう兄ちゃんとは一緒に居たくな……」

    「あれ?真美ちゃんじゃない?」

    真美「!!」
    47 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 23:34:13.423 ID:h7NZxQkh0.net (-24,-14,+0)
    しえん
    48 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 23:34:22.644 ID:wfv8xl6L0.net (+95,+30,-50)
    A子「あ、やっぱりそうだー!」

    B美「ホントだ、真美ちゃーん」

    P「……誰だ?」

    真美「あ、こ、この子たちは……」

    A子「私たち、真美ちゃんの友達なんですー!」

    B美「一緒の学校なんですよー」

    P「へー!そうか、真美のクラスメイトかー」
    49 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 23:38:20.293 ID:RZ9VhhPra.net (+19,+29,-1)
    一番思春期の子が嫌がるアレ
    50 : 以下、\(^o^ - 2015/06/16(火) 23:39:58.739 ID:wfv8xl6L0.net (+95,+30,-71)
    真美「ね、ねえ……にいちゃ……」

    P「真美がいつもお世話になってるな」

    A子「ねえねえ、真美ちゃん、この人真美ちゃんのお兄さん?」

    B美「あれ?真美ちゃん、お兄さんなんていたっけ……」

    真美「ね、ちょっと……ちょっと!」グイ

    P「あはは、ちがうちがう」

    P「俺は真美の事務所のプロデューサーだよ」
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - 真美 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について