のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,530,759人
911,635,882頁
昨日:2,628人
3,167頁
今日:3,896人
4,338頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ女騎士「くっ……。殺せ」 エルフ「ちょっと! アンタばっかりずるいわよ!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 女騎士 ×2+ - びっち + - エルフ + - オーク + - 変態 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 18:57:16.49 ID:LjL3A3uY0.net (+130,+30,-122)
    エルフ「いっつもオークを独り占めして! 元々私のものなのに!」

    騎士「なんだ貴様は!? オークは私のものだ!」

    エルフ「アンタが寝取ったんでしょ!? ふざけるんじゃないわよこのビッチ!」

    騎士「なんだと!? 誇り高き王宮の騎士の私に向かって……」

    エルフ「アンタが誘惑するからオークも無理してやってるだけなの!」

    騎士「そんなわけがあるか! オーク! どうなんだ!」

    エルフ「言ってやりなさいよ、オーク。嫌々やってます、ってね」

    オーク>>5
    2 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 18:57:45.36 ID:njQomqW30.net (-19,-7,+0)
    ksk
    3 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 18:58:06.72 ID:Fi6qRnqt0.net (-19,-7,+0)
    ksk
    4 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 18:58:36.31 ID:qiIppE4l0.net (+24,+29,-5)
    オーク「(なんだこいつら)殺しておくか」
    5 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 18:58:39.85 ID:vznWlSdF0.net (+40,+29,-13)
    そう言うと思って今日は弟もつれてきた
    6 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 18:58:56.32 ID:wFIT5W/E0.net (+19,+29,+0)
    くっ…!殺せ!
    7 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 18:59:24.21 ID:+qWk58G10.net (-23,-14,+0)
    >>5
    ワロタ
    8 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:01:40.16 ID:n696kR4r0.net (+12,+22,+0)
    流石っす
    9 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:02:22.13 ID:LjL3A3uY0.net (+100,+30,-122)
    オーク「そう言うと思って今日は弟もつれてきた」

    オーク弟「ど、どうも。初めまして」

    騎士「くっ……。かわいい」

    エルフ「オークに似てイケメンだけど……。ちょっと年齢低すぎない?
       子供でしょ、この子」

    オーク「ああ。俺より3歳も下だからな。まだ2歳だ」

    騎士「なんだこの胸の高鳴りは……。くっ……。殺せ」

    エルフ「ちょうどショタコンの変態がここにいたみたいだわ。良かったわね。」

    騎士「なんだと! 貴様ァ!」

    オーク弟>>14
    10 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:02:58.23 ID:+89nliUN0.net (-1,+0,+1)
    >>5
    Wktk
    11 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:03:45.04 ID:FOA7Cm1W0.net (-14,+0,+1)
    kskst
    13 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:04:09.30 ID:n696kR4r0.net (+24,+29,-1)
    女騎士おねーちゃんとヤりたい
    14 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:04:11.46 ID:hg7IJRcS0.net (+38,+29,+0)
    僕はエルフさんがいいです///
    15 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:04:57.77 ID:0hBnU9n/0.net (+29,+29,-10)
    僕は将来ちゃんとした職業に就きたいと思っているので貴方達と付き合ってる暇はないんです
    17 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:08:41.82 ID:LjL3A3uY0.net (+100,+30,-86)
    オーク弟「僕はエルフさんがいいです///」

    騎士「なっ……」

    エルフ「ふふふ。素直でいい子ね。坊や」

    オーク弟「は、はい。よろしくお願いします……」

    エルフ「こっちにいらっしゃい。お姉さんが良いこと教えてあげる」

    オーク弟「ひゃ、ひゃいっ!」

    エルフ「ふふっ。そんなに緊張しなくてもいいのよ?
       ……あ、そうだ。じゃあね。負け犬の女騎士ちゃん?」

    騎士>>21
    18 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:09:29.76 ID:HITv1M090.net (-14,+0,+1)
    kskst
    19 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:10:05.30 ID:+AR1NdqU0.net (+0,+28,+0)
    くっ殺せ
    20 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:10:27.48 ID:ZSBJQU8V0.net (+13,+28,+0)
    計画通り
    21 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:10:29.61 ID:OkLX6jil0.net (+43,+29,-3)
    私はアナルも調教済みだ、使ってもいいんだぞ
    22 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:10:45.38 ID:n696kR4r0.net (+17,+27,-1)
    くっ…殺す!!
    23 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:12:57.14 ID:LjL3A3uY0.net (+100,+30,-67)
    騎士「私はアナルも調教済みだ、使ってもいいんだぞ」

    オーク弟「あ、結構です」

    エルフ「じゃあ行きましょうか」

    騎士「……」

    エルフとオーク弟は手をつないで茂みの中へと消えていった。

    騎士「……オーク」

    オーク「何?」

    騎士「やはり、私はお前一筋のようだ」

    オーク>>27
    24 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:15:15.12 ID:hg7IJRcS0.net (-17,-7,+0)
    ksk
    25 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:15:18.46 ID:n696kR4r0.net (+16,+26,+0)
    さて、遊ぼうか
    26 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:16:11.57 ID:Xhveexwk0.net (+10,+25,+1)
    いい加減飽きた
    27 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:16:20.09 ID:n696kR4r0.net (+43,+29,-22)
    ふっ…これで二人きり…
    何時もの様に殺しあおうじゃないか
    28 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:16:59.64 ID:4CU/4FrH0.net (+19,+29,+0)
    俺も弟が良かった
    29 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:22:33.50 ID:LjL3A3uY0.net (+95,+30,-188)
    オーク「ふっ……。これで二人きり……。何時もの様に殺しあおうじゃないか」

    騎士「ふん……。そうこなくてはな」

    薄い木漏れ日の射す森の中。
    やや離れた位置で向かい合った両者が睨みあっていた。
    そんな二人をはやし立てるように、音を立てて草花が風にそよぐ。

    オーク「……どうした。かかってこないのか」

    騎士「いいのか。あとほんの少し、髪の毛ほどの距離をつめたら、
        命をやり取りする間合いだぞ。お互いの命の保証は……」

    オーク「御託は良い。そちらから来ないのなら」

    姿勢を低くし、オークが深く構え力を溜めた。
    女騎士は迎撃に備え剣の柄に緩く手をかける。
    30 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:26:19.08 ID:zHY792cN0.net (+17,+29,-1)
    一方その頃エロフさんと弟くんは
    31 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:27:27.25 ID:vTVWDRC50.net (-26,-14,+0)
    ワロタ
    32 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:28:44.91 ID:X8LQFICe0.net (+29,+29,-3)
    まさかバトルものになるとは誰が思っただろうか
    33 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:30:34.28 ID:LjL3A3uY0.net (+95,+30,-165)
    オーク「……こちらから行くぞっ!」

    極限までに鍛え抜かれたオークの大腿が、
    一瞬膨張したかと思うと、地面を一気に蹴り上げ疾走する。
    土、草花、小石がはじけ飛び、風切音を鳴らして、
    瞬きする間に女騎士の眼前に躍り出た。

    騎士「覇ァッ!」

    眼光鋭く迎え撃った女騎士は、大剣を握りしめ空間に走らせる。

    オーク「ぬんっ!」

    オークは疾走しながら空中で体を反転させ、
    研ぎ澄まされたナイフのような爪でそれを弾いた。
    女騎士にも負けていない、その巨体が嘘のような速度。
    数秒の攻防で、両者はお互いの喉元に己を殺しうる刃が突きつけられていることを悟る。
    34 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:31:41.87 ID:N4OM7RO90.net (+19,+29,-2)
    前振りもちゃんとやるんだな
    35 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:33:28.88 ID:+qWk58G10.net (+8,+18,+1)
    ハイレベルすぎワロタ
    36 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:33:40.59 ID:CaFNg9TA0.net (+19,+29,+0)
    素晴らしい流れだ
    37 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:34:35.28 ID:wFIT5W/E0.net (-10,+0,+1)
    wktk
    38 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:35:03.14 ID:LjL3A3uY0.net (+93,+30,-149)
    エルフ「んんっ……。ん……っ、ん……っ。……もう出ちゃったみたいね?
       ふふふ……。お姉さんのお口の感触はどうだった? 坊や」

    オーク弟「は、はぅぅ……」

    エルフが口元を拭いながら妖艶に囁くと、
    オーク弟は恍惚の表情を浮かべて天を仰いだ。
    未だ股間の巨大な一物は、怒張し、小刻みに痙攣を繰り返している。

    エルフ「ふふ……。若さって素晴らしいわね。
       次はお姉さんのことも気持ちよくしてくれる?」

    オーク弟>>42
    39 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:36:02.40 ID:ynYx8ETKO.net (+24,+29,+0)
    いま楽にしてあげるよ
    40 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:36:02.87 ID:nHYinuez0.net (+16,+26,+0)
    それはいや
    41 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:36:48.83 ID:n696kR4r0.net (+24,+29,-2)
    天に登らせてあげるよ…!!
    42 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:37:03.65 ID:wFIT5W/E0.net (+22,+19,-1)
    分身!
    43 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:37:03.94 ID:UXO+IExW0.net (+24,+29,-9)
    命の取り合いに比べればこんなもの児戯に等しい
    44 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:39:31.09 ID:4VPgrMxJ0.net (+29,+29,-4)
    何かバトル描写をひきづって官能小説っぽくなってる
    45 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:41:05.02 ID:XfRNrrLI0.net (+17,+27,-2)
    カオスになってきたな
    46 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:43:09.19 ID:LjL3A3uY0.net (+98,+30,-173)
         アナザーマインド
    オーク弟「”分身”!」

    エルフ「え……っ」

    オーク弟がそう叫ぶや、エルフは”数人のオーク弟”に取り囲まれていた。
    緊張に強張ったエルフの額から、一筋冷汗が流れる。

    オーク弟「くけけっ! たぁっぷりとかわいがってあげるよ……」

    先程のあどけなさは鳴りを潜め、邪悪な笑みを浮かべオーク弟は呟く。

    オーク弟「いいでしょ、お姉ちゃん?」

    エルフを取り囲む輪が徐々に狭まり、手が届く距離までそれは迫っていた。

    エルフ>>50
    47 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:44:41.03 ID:wFIT5W/E0.net (-17,-7,+0)
    ksk
    48 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:45:20.02 ID:wFIT5W/E0.net (-17,-7,+0)
    ksk
    49 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:46:05.82 ID:4VPgrMxJ0.net (+19,+29,-10)
    うんオッケー
    50 : 以下、\(^o^ - 2014/10/28(火) 19:46:08.56 ID:CVftI8BY0.net (+25,+26,-1)
    どんと来い
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 女騎士 ×2+ - びっち + - エルフ + - オーク + - 変態 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について