のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,566,611人
911,676,466頁
昨日:5,661人
6,276頁
今日:326人
381頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ深雪「ハァ……お兄様……」達也「……」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 魔法科高校の劣等生 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 20:20:37.04 ID:c1cACRh90.net (+125,+30,-309)
    ~入学式当日~

    深雪「お兄様は補欠の雑草(ウィード)ですよね? どうしてこんなに早く来てるんですか?」

    深雪「新入生総代の私ならともかく、雑草のお兄様が早朝に登校だなんて」

    深雪「『スペアなのに張切っちゃってる』とか勘違いされますよ?」

    達也「い、家にいても暇だから……深雪についてきただけだよ……」

    達也「……あと……あ、あんまり大きな声……だ、出すなよ……皆、見てるじゃん……」

    「何? ケンカ?」「新入生同士で?」

    深雪「……もういいですから、私についてこないでください。あまり、身内とは思われたくありませんので……」

    達也「そんな……きょ、きょ、兄妹じゃないか……そんなこと、い、い、言うもんじゃないよ……」

    深雪「触らないでくださいっ」バシッ

    達也「ごめ、ごめん……」

    深雪「実技も筆記もラインギリギリで入学だなんて……無理して入ることもないでしょうに」

    達也「だって……み、深雪が入るって言うから……」

    深雪「ご自分の意志を持ってください。……私は答辞の打ち合わせがあるのでいきますね」
    2 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 20:22:56.79 ID:epzvmCeY0.net (+22,+27,-11)
    ツンデレパティーン
    3 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 20:26:11.92 ID:KImSbVYS0.net (+13,+28,-1)
    おにいさま!
    4 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 20:27:18.23 ID:c1cACRh90.net (+95,+30,-204)
    達也「あ、えっと……み、深雪、その……」

    深雪「なんですか? はっきりおっしゃってください」

    達也「が、頑張れ……!」 

    深雪「はい。それでは」


    達也「……」

    達也(はぁ……帰りたい……入学式出たくない……できたら学校にも行きたくない……)

    達也「……」

    達也(退屈だな……やっぱりもっと遅くに来ればよかった……入学式のしおりでも読むか)

    ペラッ

    達也(……生徒会長……七草真由美……? ななくさ……? お粥みたいな名前だな……しかもナンバーズか……)

    達也(俺とはほど遠い存在だな……)
    5 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 20:33:43.82 ID:c1cACRh90.net (+95,+30,-230)
    由美「ちょっと、そこの君。新入生?」

    達也「……はぃ?」

    由美「そろそろ会場に向かった方がいいですよ」

    達也「…………」

    由美「……? 大丈夫? なんだか、顔色が優れないようだけど」

    達也「……ぁ……はぃ。大丈夫です……その、すぐ、い、い、行きます……」スクッ

    由美「私は第一高校生徒会長、七草真由美です。よろしくね」

    達也「…………!」

    達也(せ、生徒会長……! 七草粥の人だ……! さえぐさって読むのか……!)

    達也(ナンバーズ……エリート中のエリート……! 恐い……!)

    達也「ひ、ひぃ……」フラッ

    ペタン

    由美「あ、あらあら。どうしたの? 本当に体調が悪いのかしら」
    6 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 20:35:29.37 ID:+DBCxiq50.net (+0,+10,+0)
    面白い
    7 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 20:36:17.37 ID:qXDJI6ME0.net (+19,+29,-3)
    俺妹みたいになってるのか?
    8 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 20:38:47.10 ID:c1cACRh90.net (+95,+30,-161)
    達也「だ、だいじょぶ……大丈夫です……あの、お、俺、僕はさきに……はい一人で、行きますんで」

    由美「え? そのまま入学式に出席するの? 保健室へ行った方が……」

    達也「いや、ほんと、ほんと、いいんで。そういうの、大丈夫なんで、はい」ブンブンブンブン

    由美「そう……? じゃあ、入学式でね」

    達也「は、はぃ……」

    達也(恐かった……七草粥さん……絵にかいたような優等生だったな……)
    9 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 20:45:05.38 ID:c1cACRh90.net (+95,+30,-152)
    ~会場~

    達也(一番後ろの席に座ろう……端っこの方に……)

    達也「……」

    美月「あの」

    達也「……」

    美月「……あの、すいません」

    達也「……え?」

    達也(おっぱいがデカイ人だ……)

    美月「隣……空いてますか?」

    達也「あ、あ……あ、と、とな……隣……? あ、ああ」

    美月「はい、その、隣……」

    達也「え、っと……あ、隣……はぃ、ど、どうぞ」

    エリカ「よかったー! 座れるね!」

    達也「ひぃっ」ビクッ
    10 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 20:50:49.00 ID:c1cACRh90.net (+95,+30,-189)
    美月「私、柴田美月っていいます」

    達也「ぁ……司波……た、達也です……」

    エリカ「あたし千葉エリカ! よろしくね、司波くん!」

    達也「…………ども」

    達也(この赤髪の子……どっか行ってくんねえかな……苦手なタイプだ……)

    エリカ「シバにシバタにチバだって! 語呂合わせみたいで面白いね!」

    達也「……」

    エリカ「ね!」

    達也「…………ぉぅ」

    エリカ「『ぉぅ』だって。消え入りそうな声で。司波くん面白いね」

    達也「……はぃ」

    エリカ「アハハ。はぃ、だって。アハハ。うける」

    達也(トイレ行こうかな……入学式の間ずっと籠ってれば……)
    11 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 20:51:21.60 ID:epzvmCeY0.net (+19,+29,+0)
    私怨
    12 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 20:57:19.11 ID:c1cACRh90.net (+95,+30,-134)
    『続きまして、新入生答辞。新入生代表、司波深雪』

    達也「……」

    深雪『この晴れの日に歓迎のお言葉を頂きまして感謝いたします』

    深雪『私は新入生を代表し、第一高校の一員としての誇りを持ち勉学に励み』

    深雪『魔法を共に学び、この学び舎で成長することを誓います』

    達也「……」

    パチパチパチパチ

    達也「……ハッ」

    達也(やばい、寝てた……深雪の答辞聞いとかないと……まだ始まってないよな)

    エリカ「あの深雪って子、綺麗だったね」

    美月「ええ。立派な答辞だったわ」

    達也「……!」

    達也(……終わったのか……まあいいや……)
    13 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 20:59:29.62 ID:BtNyjFYZ0.net (+18,+28,-1)
    いいね見てるよ
    14 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:02:50.29 ID:c1cACRh90.net (+95,+30,-98)
    達也(入学式終わったし帰ろう……)

    エリカ「あたしE組! ふたりは?」

    美月「E組です!」

    達也「……」

    エリカ「司波くんは?」

    達也「あ、え?」

    エリカ「何組?」

    達也「あぁ……えっと……E組……?」

    エリカ「なんで疑問形なの?」

    達也「いや、その……E組」
    15 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:05:20.54 ID:rk4hnF530.net (+19,+29,-13)
    これは普通のお兄様より好き
    16 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:06:05.19 ID:BtNyjFYZ0.net (+34,+29,-30)
    デブ一夏はコミュ力は最強だったが
    お兄様はコミュ症だったか
    17 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:07:46.47 ID:+CpeD+ZUi.net (+19,+29,-14)
    こんなお兄様なら強くても許す
    18 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:08:52.78 ID:c1cACRh90.net (+95,+30,-104)
    美月「同じ組ですね」

    エリカ「やった! ねっ、今からHR覗かない?」

    達也「あー……」

    達也(嫌だなぁ……帰りたい)

    美月「いいですね」

    エリカ「でしょ? 司波くんも行こ」

    達也「……あぁ……その、ちょっと……俺は……よ、用事、用事が」

    エリカ「用事? なんかあんの?」

    達也(本当は無いけど……)
    19 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:10:26.69 ID:LPJeZCIq0.net (+27,+29,-5)
    主人公は卑屈にならんでもいいが妹はツンデレのが良かった
    20 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:15:13.73 ID:c1cACRh90.net (+95,+30,-179)
    達也「ま、ま、ま、待ち合わせしてるから……」

    エリカ「『ままま待ち合わせ』? アハハ、ままま待ち合わせ。誰と?」

    達也「い、妹と……」

    エリカ「妹?」

    美月「あ、もしかして。総代の司波深雪さん?」

    達也「…………ぅん」

    エリカ「へー。兄妹で一科と二科に分かれちゃったんだ。複雑だね」

    達也(一番気にしてることを……このDQN女……)

    達也「ベ、別に……気にしてないけど……全然……そういうの、気にしないし」

    エリカ「そう? 妹が優等生で、兄が劣等生って……ね?」

    美月「ちょ、ちょっとエリカちゃん」

    達也「……あー……そう、思う人もいるかな……うん」
    21 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:20:53.84 ID:c1cACRh90.net (+95,+30,-125)
    エリカ「それよりよくわかったね。兄妹だなんて。全然似てないのに」

    美月「オーラが似てたから」

    達也「……」

    達也(江原啓之かよ……)


    エリカ「あれ、司波くん。あそこにいるの、妹さんじゃない?」

    達也「あ……ほんとだ……み、み、深雪……」

    深雪「……」

    エリカ「もっと大きな声で呼ばないと聞こえないと思うよ?」

    達也「み、深雪っ」

    深雪「……」

    エリカ「さっきと全然変わってないよ。音量が」

    達也「……み、深雪……!」

    達也(気付けよ!!! 深雪!!!)
    23 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:26:14.22 ID:j3jdfT8A0.net (+14,+24,+0)
    これはつらい
    24 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:27:16.37 ID:c1cACRh90.net (+95,+30,-172)
    <み、み、深雪

    深雪「……? あの震えた声は……」チラッ


    達也「深雪……」

    深雪「……お兄様……はぁ……さきに帰ったと思ってました」

    達也「ま、待ってた方が……いいかなと思ったんだけど」

    深雪「別に、お待ち頂かなくても」

    達也「あ、そう……」

    達也(……あれっ! 深雪の後ろにいるのは……!)

    由美「……」ニコニコ

    達也(七草粥さん……!)

    深雪「そちらのお二人は?」

    達也「え……? あ、ああ……えっと……千葉エリカ……さんと、えは……柴田美月さん」

    深雪「兄が何かご迷惑を?」

    エリカ「え? いや全然」
    25 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:30:24.75 ID:NZ/qvDv30.net (+9,+24,+0)
    七草粥ワロタ
    26 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:32:24.05 ID:2PmWKsTj0.net (+27,+29,-16)
    でもお兄さま長身でイケメンなんでしょ?
    27 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:32:32.01 ID:c1cACRh90.net (+95,+30,-169)
    達也(もう疲れた……はやく帰りたい……深雪を置いて帰ろう)

    達也「み、深雪……生徒会の人たちと用があるんじゃ……?」

    深雪「ええ。そうです」

    達也「じゃ、じゃあ、俺は邪魔だろうから……さ、先に帰って……」

    由美「大丈夫です。今日は御挨拶だけですから」

    達也「……ぇ?」

    由美「お兄さんと先にご予定があるんでしょう? また日を改めます」

    服部「会長! それではこちらの予定が!」

    深雪「あの、兄と予定なんて……」

    由美「それでは、またいずれ」

    服部「……」ギロッ

    達也「ひぃ……」ビクッ

    達也(凄い睨まれた……めっちゃ怒ってるな、あの人……)
    28 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:35:24.25 ID:I9zEPApE0.net (+24,+29,-14)
    原作がこれだったら読んでたかもしれん
    29 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:38:43.28 ID:c1cACRh90.net (+95,+30,-163)
    深雪「お兄様のせいで生徒会長に気をつかわせてしまいました」

    達也「ご、ごめ……ごめん」

    深雪「それに、副会長の心証も損ねてしまいましたね」

    達也「あぁ……なんで、あんなに怒ってたんだろうな……」

    深雪「お分かりにならないのですか? 雑草の分際で生徒会に茶々を入れたから生意気だと思われたんです」

    達也「あ、あー……」

    深雪「はぁ……帰りましょう」

    達也「うん……」

    達也(はやく帰ろう……)
    30 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:40:13.36 ID:eHjKrTI00.net (+38,+29,-8)
    >>16
    懐かしいな
    今のVIPにそれ知ってるやつがまだ残ってるとは思わなかったわ
    31 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:44:37.27 ID:c1cACRh90.net (+95,+30,-148)
    ~自宅~

    深雪「お兄様、何か飲まれますか?」

    達也「えっと……コーラ」

    深雪「ありません」

    達也「……ファ、ファンタ」

    深雪「ありませんよ。ジンジャーエールもCCレモンもサイダーもありませんから」

    深雪「お兄様、いい加減炭酸ジュースなんて子供染みたものを飲むのは止めてください」

    達也「……ふむ……じゃあ、コ、コーヒー」

    深雪「はい。HAR(ホームオートメーションロボット)に淹れさせますね」

    達也「……そう」

    達也(自分で淹れてくれるわけじゃないのか……)
    32 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:45:18.68 ID:5T/6jD7P0.net (-12,+0,+0)
    いいゾ~
    33 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:45:24.68 ID:j3jdfT8A0.net (+24,+29,-15)
    このお兄様は許せる
    34 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:45:37.05 ID:WH5M0kax0.net (-4,+10,+0)
    面白い
    35 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:46:07.31 ID:2PmWKsTj0.net (+27,+29,-26)
    深雪「お兄様、何か飲まれますか?」

    まだ聞いてくれるだけ親切だな
    36 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:48:40.19 ID:BtNyjFYZ0.net (+29,+29,+0)
    >>30
    あれ面白かったよな
    37 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:50:41.62 ID:dyS8yoAZ0.net (+24,+29,-13)
    これのほうが絶対おもしろかっただろwwwww
    38 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:50:55.10 ID:c1cACRh90.net (+95,+30,-86)
    深雪「私の答辞、どうでした?」

    達也「え?」

    深雪「答辞ですよ」

    達也「……よかっ、良かったよ」

    深雪「どのあたりが?」

    達也「は、ん、えーっと……全体的に……」

    深雪「……本当に聞いてました?」

    達也「……ぅん」

    深雪「……」

    達也「……ごめっ、ごめん」

    深雪「何で謝るんですか?」

    達也「……いや」

    深雪「はぁ……」
    40 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:56:45.85 ID:c1cACRh90.net (+95,+30,-200)
    ~翌朝~

    達也「……」

    エリカ「あ、司波くん! おはよー!」

    美月「おはようございます」

    達也「あ、ああ……はぃ」

    達也(巨乳江原が隣の席なのか……DQN女と仲良いんだよな……絡まれる頻度が増えるな……くそ)

    達也「……」

    達也(さっそく気まずい……履修登録でもして場を持たそう)

    達也(話しかけてくるなオーラを出しながらタイピングをしていれば……)

    ピピピピピピピピッ

    美月「凄く速いタイピングですねっ。履修登録ですか?」

    達也(話しかけてくるなオーラを感じ取れよ江原だろ……!)

    達也「そ、そうかな……」

    エリカ「えー! はっや! きもっ! なぁに、司波くんてオタク?」

    達也「……ちが、違ぅ」
    41 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:57:19.99 ID:8LBGbUVn0.net (+30,+29,-6)
    >>30
    そんな古いもんでもないだろ
    俺ですら知ってるんだから
    42 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:58:20.51 ID:nxlam6aY0.net (+24,+29,-17)
    なんだかんだで劣等生(優等生)になるSSなのかな
    43 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 21:58:46.16 ID:NdvUrb4H0.net (+24,+29,-12)
    これなら原作読んでた
    44 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 22:01:43.36 ID:+DqJsupUi.net (+29,+29,-24)
    深雪「ハァハァ…お兄様…」と思って来たらトラウマ抉るスレだった
    45 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 22:02:38.61 ID:eIk7N+WU0.net (+18,+28,+0)
    ヤバい面白い
    46 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 22:03:01.34 ID:c1cACRh90.net (+93,+30,-162)
    レオ「すげー!」

    達也「ひゃんっ」ビクッ

    レオ「驚かせちまったか? わりい、キーボードオンリーの入力なんて初めてでさ」

    達也(体育会系だ……)ガクガク

    レオ「俺は西条レオンハルトだ。レオでいいぜ」

    達也「……ども」

    達也(……体育会系にまで目を着けられた……苦手なタイプが二人も……俺の高校生活は終わった……)

    レオ「お前、名前は?」

    達也「……ぁつや」

    レオ「通夜? 新規臭い名前だな」

    エリカ「そんなわけないじゃん、馬鹿? 達也だよ。達也」

    レオ「ああ、達也か! よろしくな!」

    達也「……ぉぅ」
    47 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 22:03:49.48 ID:0hsI39VIi.net (+24,+29,+0)
    驚き方が可愛いな
    48 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 22:03:52.41 ID:ch/N+Xq40.net (-8,+1,+1)
    カオヘのタクみたいだな
    49 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 22:05:36.36 ID:DFTRg2Pn0.net (+27,+29,-8)
    初めて魔法科高校の劣等生という名前を聞いた時にはこんなのをイメージしてた
    50 : 以下、\(^o^ - 2014/09/04(木) 22:07:06.07 ID:BtNyjFYZ0.net (+29,+29,-7)
    確かに体育会系は怖い
    できるだけ近寄らないようにしないといけないな
    1 2 3 4 5 6 7 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 魔法科高校の劣等生 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について