のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:125,584,108人
昨日:no data人
今日:
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレダル「ねぇ、オカリン脱法ハーブ興味ある?」岡部「はぁ?」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    ←前へ 1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    51 = 5 :

    萌郁さんとシャブセックスしたい

    52 :

    わろた

    53 = 1 :

    るか「僕は…大切な人が、危ない目に遭うのを…見てはいられません」

    岡部「…」

    岡部「お前の気持ちは良くわかった」

    岡部「俺も俺と関係ない、ハーブなんかに手を出すバカを助けるつもりなど毛頭ない」

    岡部「…しかしお前らの意思と関係なくハーブは近寄ってくる」

    岡部「それこそ…機関のようにな」

    牧瀬(機関ってか効いてるんですけどねwww)

    岡部「…だから俺はお前らが恐る闇を振り払っておきたいのだ」

    岡部「…しかし、それも検討に入れておこう」

    岡部「…感謝する…るか子よ」

    るか「岡部さん…」

    るか(ほっ…)

    54 :

    牧瀬さん絶好調ですね

    55 :

    ダルは?

    56 = 1 :

    岡部「さぁ、次はシャイニングフィンガーだ」

    岡部「貴様はどうやってこの問題に策を練る」

    シャイニングフィンガー「わたしは…」

    シャイニングフィンガー(…言えない…一番体質にあっているハーブを…)

    シャイニングフィンガー(自分で調合して…吸ったり…売ったり…してるなんて…)

    シャイニングフィンガー(脳内麻薬の三千万倍の快楽を生み出すハーブを)

    シャイニングフィンガー(今更辞められるわけ無いし…)

    岡部「さぁ!なんかあるのか!?」

    57 = 52 :

    大物きた

    58 :

    一人だけシャイニングフィンガー表記でわろた

    59 = 1 :

    シャイニングフィンガー(ここは1つ…逆に…岡部くんに…注意してみよう)

    シャイニングフィンガー「あの…」

    岡部「なんだ!?」

    シャイニングフィンガー「…岡部くん…」

    岡部「どうした!?」

    シャイニングフィンガー「…その…」

    岡部「ええい!メールでいいからさっさと言えっ!」

    シャイニングフィンガー『私が思うに一番危ないのは岡部くんだと思うんだ(*^^)v』

    岡部「な!?」

    シャイニングフィンガー『ほら、岡部くんって今はみたいに悩むことも多いでしょ?(?_?)』

    シャイニングフィンガー『そういう人こそ付け込まれ易いんだよ⊂('ω'⊂ )))Σ≡』

    岡部「…」

    ダル「確かに一理あるお」

    60 :

    プログラマーとか科学者ってめっちゃクスリやるらしいな

    61 = 34 :

    ラボメン麻薬ズブズブじゃねえか

    62 = 1 :

    シャイニングフィンガー『でしょ?』

    シャイニングフィンガー『周りを助けるにはまず自分が気を付けないとダメだよヽ(゚∀。)ノ』

    シャイニングフィンガー『だから私達の事よりもまず自分が注意した方がいいと思うなd(ゝc_』

    岡部「…ふん、くだらん」

    岡部「貴様たち…これと言って良い策などないではないか」

    岡部「…」

    岡部「しかし、そこまで貴様らが俺のことを大切に思っていてくれてるなど」

    岡部「思いもしなかった」

    岡部「ありがとう」

    岡部「…どうかお前らは…変わらず俺のそばへいてくれ」

    牧瀬「あ、あたりまえだろ」

    るか「当然です!」

    シャイニングフィンガー「…もち…ろん…」

    63 = 1 :

    岡部「さて、最後はまゆりだ」

    ダル「あれ?僕は?」

    岡部「お前はハーブなどに手を出さずともエロゲで充分だろう」

    ダル「ちょ、それひどくね」

    岡部「…いつからの付き合いだと思っている」

    ダル「…分かってるってか、さすが僕のリーダーだね」

    岡部「ふん、さぁ、まゆり」

    岡部「お前なぞが手を出すはずもないが」

    岡部「一応聞いておこう、お前はどんな策を練る?」

    まゆり「あへあへあへ」

    64 :

    ダルの扱いww

    65 :

    通常運行のまゆり

    66 = 1 :

    岡部「おいこら!まゆり!」

    岡部「こっちを向け!よだれを垂らすな!」

    まゆり「あへあへ…あひゅう…」

    岡部「どうしたんだ!体調が悪ければ来なくていいと言っただろ!」

    ダル「そういや来ないといえばフェイリスたんは?」

    岡部「フェイリスは用事があるらしい」

    岡部「なんでもこの地を支配する、だそうだ」

    ダル「なんだそれ」

    岡部「さぁ、わからん、というかまゆり!」

    岡部「どうしたんだおい!おい!」

    ???「…末期症状だね」スパー

    岡部「お、お前は!」

    岡部「ば、ば、バイト戦士!!」

    鈴羽「やぁ、岡部倫太郎」スパー

    68 = 1 :

    岡部「き、貴様それは!?」

    鈴羽「そう、ハーブだよ」スパー

    岡部「よせ!こっちへ来るな!」

    鈴羽「あはは、そう邪険にしないでよ」スパー

    岡部「ごほっ、ごほっ」

    鈴羽「この時代のハーブじゃ私は満足できないらしいよ」スパー

    岡部「な、なんだと?」

    鈴羽「ほら、言ったじゃん、害かどうかは分かんないってさ」スパー

    岡部「そ、それよりまゆりが末期症状とはどういう事だ!?」

    鈴羽「言った通りだよ、彼女は既にハーブに落ちている」

    岡部「なっ!?」

    69 = 64 :

    オカリン…

    70 = 1 :

    鈴羽「その様子だと相当やってたようだね」スパァァァァー

    岡部「げほ、ふ、深く吸うな!」

    鈴羽「彼女はもう廃人も同然だ」スパー

    岡部「ふざけるな!」

    鈴羽「ふざけてなんか無いよ、これが現実だ」

    岡部「…そ、そんな」

    岡部「…どうしてだよ、まゆりぃ…」

    まゆり「あへあへあへへへへあへあへへへああへ」

    牧瀬(…吸いてぇ)

    71 = 39 :

    気づけよ…

    72 :

    岡部「あえて言おうホモであると!」

    73 = 58 :

    岡部「トべよおおおおおおおおおおお!!!!!」

    74 = 1 :

    岡部「…なぁ、まゆり…」

    岡部「なんでそんなもんに手を出したんだんだ…」

    岡部「…なにが…何が不満だったんだよ…」

    岡部「…お前は…俺の人質だろ?…どうして…」

    鈴羽「…やり直したいかい?」スパー

    岡部「…!?」

    鈴羽「今の現実から逃げてやり直したいかい?」スパー

    岡部「どういうことだ!」

    鈴羽「彼女の未来を変えたいかと聞いているんだ」スパー

    岡部「…出来るのか!?」

    鈴羽「簡単じゃない、だけどできる」スパー

    鈴羽「彼女が快楽を得たという事実を変えないで」スパー

    鈴羽「彼女自身を、世界を騙せばいい」スパー

    岡部「…やれるのか…?俺に」

    鈴羽「君にしかできないんだよ、岡部倫太郎」スパァァァァー

    76 = 5 :

    まゆりを犯せ
    世界を犯せ

    77 = 1 :

    岡部「…」

    鈴羽「そうだよね」スパー

    鈴羽「…君はどれだけ辛い選択だったとしても」スパー

    鈴羽「君自身にしかできないことがあると知ったとき」スパー

    鈴羽「それを選択できてしまう強さと、勇気がある」スパー

    岡部「そうかもな…」

    鈴羽「…」スパー

    岡部「…だが…」

    岡部「俺のこの勇気は…もともとまゆりがくれたんだ」

    鈴羽「…」スパー

    岡部「…それを返しに行くだけだ!」

    鈴羽「…いいよ、なら私も付き合うよ」

    鈴羽「君が未来を、麻薬大国日本(ディストピア)をどう変えるのか」

    鈴羽「その運命を見届けたくなってきた」

    78 = 1 :

    ねぇ、俺もちょっと吸ってきていいかな?
    タバコだけど
    休憩したいッス

    79 = 5 :

    いいよ

    80 = 16 :

    完結させてね

    81 = 65 :

    >>1自身が脱法ハーブ中毒ってオチ

    82 :

    >>73
    書かれてたか

    83 :

    サイキクスオみてーなセリフ多いな

    84 = 55 :

    85 :

    お前らマジで危険ドラッグとかいうダサい名前流行らせててちょっと引いた。

    86 = 1 :

    夜風とタバコの相性はやばい

    あと危険ドラッグだったな
    すまんな間違えて
    じゃあ書くわあへぇ

    88 = 65 :

    89 :

    こんなかんじかな
    http://youtu.be/_os0w_Srn8o

    90 :

    いやぁ、ためになるなぁ…

    91 :

    手を出す奴はバカなんだから危険ドラッグぐらいの呼び方がちょうどいいだろ

    92 = 1 :

    ゴウンゴウン

    岡部「ディストピア…と言ったか…」

    鈴羽「そうだね」スパー

    岡部「貴様…それ、ハーブではないだろう」

    鈴羽「あは、バレた?」

    鈴羽「そうだよ…私は未来を買えるためにここへ来た」

    岡部「試していたのか、俺を」

    鈴羽「それもあるよ、だけど一番はやっぱり岡部倫太郎がどれほどハーブの危険性について知ってるか確かめたかっただけだよ」

    岡部「…未来での俺は…どうなっている?」

    鈴羽「…聞かない方がいい」

    岡部「そうか、やはり…」

    鈴羽「この偽ハーブよくできてるでしょ?」

    岡部「あぁ、ぱっと見は怪しいモノにしか見えなかった」

    鈴羽「これ実は未来の高性能電子タバコなんだ」

    鈴羽「それを私がハーブに見えるよう紙をまいただけ」

    93 = 1 :

    鈴羽「これ、父さんと君が作ったんだよ」

    岡部「そうか…」

    鈴羽「未来ではもう麻薬なしでは生きていけない人が大勢いる」

    鈴羽「だから少しでもそれを抑えるために作ったのが、これさ」

    鈴羽「危険なものは一切入っていない」

    岡部「…優秀なのだな、貴様の父は」

    鈴羽「…そうだね…凄い人…だったよ」

    岡部「…」

    鈴羽「分かるでしょ?こんなもの世界が許さないんだ」

    鈴羽「父さんも君も…麻薬漬けにされてしまった」

    鈴羽「…それこそさっきの椎名まゆりみたいにね」

    94 = 55 :

    お父さんエロゲじゃ耐えられなくなったのか

    95 = 1 :

    鈴羽「…」

    岡部「…誰がそんなことを…!」

    鈴羽「…」

    鈴羽「世界的麻薬機関の名前は…」

    鈴羽「MAー百合」

    岡部「…?」

    岡部「…なっ!」

    鈴羽「そう、彼女は廃人になっても生きていた」

    鈴羽「1日三百回以上決めても彼女は既に生きていたんだ」

    鈴羽「…そして…世界を麻薬漬けにした…張本人」

    鈴羽「…彼女を…椎名まゆりを救うことは…世界を救うことと同義なんだよ」

    96 :

    ハーブ吸いながらエロゲはトリップ感ぱねっすぶひぃぃぃとか言ってそう

    97 :

    されてしまったって書いてるやん

    98 = 1 :

    岡部「…出来るのか…俺に」

    鈴羽「…わからない…でも…」

    岡部「やるしかない…か」

    鈴羽「…頼むよ…岡部倫太郎…」

    鈴羽「…救ってよ…世界を…」

    鈴羽「…父さんを…!」ぽろぽろ

    岡部「勘違いするな」

    岡部「俺は貴様の父親や…世界を救うつもりなど毛頭ない」

    鈴羽「…」

    岡部「…俺が救うのは…お前を含めた…」

    岡部「ラボメンの…未来だ…!」

    鈴羽「…岡部…倫太郎…」

    99 = 1 :

    岡部「…ここにまゆりは来るのか?」

    鈴羽「わからないよ、でも君が迷わずここへ来たのならここあたりを探そう」

    岡部(…まゆり…なんで…)

    鈴羽「…あれは…!」

    岡部「…!まゆりか!?」

    まゆり「…」

    岡部「…どうしたというんだ…こんなところをふらふらと…」

    鈴羽「…岡部倫太郎!あれ見て!」

    岡部「!?」

    黒人「ヘイヘーイ、オジョウチャンイイモノカッテカナイ?」

    まゆり「…いい…もの?」

    岡部「…まゆりぃ!」

    鈴羽「待って!」

    岡部「ええい!はなせ!」

    100 = 1 :

    鈴羽「君がここで出ていっても彼女はきっとまたほかのところでハーブに手を出す!」

    鈴羽「ここは大人しく原因を探るんだ!」

    岡部「…くっ…!」

    黒人「ソウソウ、イヤナコトモワスレラレルヨー」

    まゆり「…嫌なこと…」

    まゆり「…それって、大切な人も…?」

    岡部「…!」

    黒人「マイドアリー」

    鈴羽「今すぐ使うわけじゃない、ここは耐えるんだよ岡部倫太郎」

    岡部「…あぁ…」


    ←前へ 1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について