のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,541,017人
911,647,640頁
昨日:4,224人
4,633頁
今日:813人
944頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレオーク「女騎士さん、逃げてください!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、\(^o^ - 2014/08/01(金) 23:58:26.20 ID:Gjn2v7140.net (+125,+30,-129)
    オーク「今の牢の鍵を開けます」ガチャガチャ

    騎士「な、何故...」

    オーク「さぁ早く! 城壁の外まで案内します」

    オーク「今は晩餐の最中、警備も薄いはずです」

    騎士「....信用していいのか?」

    オーク「えぇ。 それに貴女は明日、見せしめに犯され殺される予定です」

    オーク「今脱出しないと後がありません」

    騎士「...わかった、信用しよう」

    オーク「手を出してください、枷も外します」

    騎士「ありがとう」
    2 : 以下、\(^o^ - 2014/08/01(金) 23:59:03.96 ID:5xg53YeS0.net (-24,-12,-1)
    期待
    3 : 以下、\(^o^ - 2014/08/01(金) 23:59:41.21 ID:Gjn2v7140.net (+95,+30,-154)
    オーク「こっちです」

    オーク「奴らが気づかない内に早く行きましょう」

    騎士「私を逃がした後お前はどうするんだ?」

    オーク「何食わぬ顔して仲間たちのところへ戻りますよ」

    オーク「とりあえずこの廊下を抜けましょう......ん?」

    騎士「どうしたんだ?」

    オーク「静かにっ! 向こうから来ます!」

    オーク「柱の後ろに隠れて下さい」

    騎士「わかった」サッ

    悪オークA「やっぱり明日まで待てねぇよ
    なぁ」

    悪オークB「そうだよ、久々の人間の女なんだぜ?」

    悪オークA「減るもんじゃねぇんだ、少しくらいつまみ食いしてもいいよなぁ」

    騎士(......!?)
    4 : 以下、\(^o^ - 2014/08/01(金) 23:59:41.53 ID:e+csOiip0.net (+24,+29,-20)
    これはオークは魔法をかけられた美男騎士だな
    5 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:00:54.84 ID:bBr3ti6f0.net (+55,+30,-161)
    オーク「お前たち、どこへ行くんだ」

    悪オークB「決まってんだろぉ昨日捕まえた女騎士へのところへさぁ!」

    悪オークA「あんな上玉滅多にお目にかかれねぇ、ヤれるときに犯っとかねぇとな」

    オーク「でも明日まで手を出すなと棟梁が言ってたぞ」

    悪オークA「あぁん? そんなん言ってたっけかぁ?」

    悪オークB「知らねぇなぁそんなこと」

    オーク(まずいここで牢に行かれたらバレてしまう....)

    オーク「お前ら言いつけるぞ!」

    悪オークA「あぁんてめぇごらぁ痩せ餓鬼のくせして調子乗ってんじゃねぇぞ!」

    悪オークB「こいつすこし癪に触るな」

    悪オークB「やっちまうか」

    オーク「な、なにを」
    6 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:01:16.69 ID:Q57bUcbs0.net (-7,+7,-2)
    ほほう…
    7 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:02:04.90 ID:+W31usUv0.net (-25,-20,+1)
    ホ モ ま つ り
    8 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:02:07.26 ID:bBr3ti6f0.net (+55,+30,-119)
    オーク(何か無いか退ける策は....)

    悪オークA「さーてどうしてくれぐほぉぅっ!」ドサッ

    悪オークB「ど、どうした!」

    騎士「てやぁっ!」バシッ

    悪オークA「びゃっ!」ドサッ

    騎士「ふぅ....」

    騎士「不意打ちだから何とか勝てた」

    オーク「す、すげー....」

    騎士「お前、オークの中じゃ弱いほうなのか?」

    オーク「ほ、ほっといて下さい...」

    騎士「あぁいやすまない」

    騎士「さて、こいつらが目を覚まさない内に行こうか」

    オーク「は、はい。」

    オーク「こっちです」
    9 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:03:53.90 ID:abxxt6s+0.net (+19,+29,-13)
    森のくまさん的なのを想像してた
    10 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:04:44.33 ID:bBr3ti6f0.net (+55,+30,-134)
    オーク「ここをまっすぐ行きます」

    オーク「さっきので少し時間を食いました。急がないと」

    騎士「.......」

    騎士「なぁ....」

    オーク「はい?」

    騎士「何故お前は私を助けてくれたんだ?」

    オーク「.....なぜでしょうね」

    オーク「ただ...こんなの間違ってるなと、漠然と思っただけです」

    騎士「そうか....ありがとう」

    オーク「お礼を言うのは無事にここを抜けてからにしましょう」

    オーク「さぁ、ここを降りますよ」

    オーク「そしたらすぐですよ」




    悪オークC「いたぞーっ!」

    オーク&女騎士「「!」」
    11 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:04:58.80 ID:NzrQ4P710.net (+24,+29,-13)
    オークでは評価されない科目ですからね
    12 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:05:58.47 ID:bBr3ti6f0.net (+53,+30,-97)
    オーク「そんな馬鹿な!」

    悪オークA「さっきはよくもやってくれたなぁ!」

    悪オークB「2人ともぶっ殺してやる!」

    悪オークA「女は犯す!」

    騎士「あの2人、もう回復したのか!」

    騎士「くそっ!打ち込みが甘かったか!」

    オーク「女騎士さんこっちです! ここさえ抜ければ馬を用意してあります!」

    オーク「奴等が追いつく前に早く!」

    騎士「わかった!」
    13 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:07:01.14 ID:bBr3ti6f0.net (+55,+30,-96)
    悪オークA「待てこのアマぁ!」

    悪オークB「裏切り者がぁ!」

    オーク「あそこです!」

    騎士「あの馬か!」

    オーク「早く!」


    タッタッタッ バッ


    騎士「よし乗った!お前も乗れ!」

    オーク「で、ですが俺は....」

    騎士「早くしろ! お前はもうここには居られないだろう!」

    オーク「で、でも....」

    悪いオークA「このままじゃ逃げられるな....」

    悪いオークC「弓を打つぞ!」

    悪いオークA「でかしたやってやれ!」
    14 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:08:49.89 ID:bBr3ti6f0.net (+55,+30,-181)
    騎士「あぁもうっ、そらっ!」ガシッ

    オーク「う、うわっ」ボフッ

    騎士「お前、意外と軽いな」

    オーク「え、ちょ、な」

    騎士「それっ 逃げるぞ!」パシーンヒヒーンッ


    悪オークA「打てぇーっ!」バシッ ババシッ ヒュンヒュン

    騎士「むっ弓矢かっ!」

    騎士「ぐぁっ!」ズザッ

    オーク「女騎士さん!」

    騎士「大丈夫!かすり傷だ!」

    騎士「さぁ、もっと速く走れ!」パシーン ヒヒーンッ



    悪オークA「くそっ....逃げられた」

    悪オークB「あぁ....もう追いつけねぇな」

    悪オークC「棟梁にしばかれるぞこりゃあ.....」
    15 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:09:37.24 ID:/LtaundZ0.net (+17,+29,+0)
    さるよけ
    16 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:09:42.23 ID:bBr3ti6f0.net (+55,+30,-186)
    オーク「あの橋を渡ればもう追っても来ないはずです」

    騎士「そうか....ようやく逃げ切れたようだな」

    オーク「はい、ようやく脱出しました」

    オーク「女騎士さん、ケガのほうは...」

    騎士「大丈夫....と言いたいところだが、少し体が痺れてきてな...」

    騎士「思うように動かなくなってきている....」

    騎士「きっとあの矢に毒が塗ってあったのだろう」

    騎士「これはかなりヤバかったりするのだろうか」

    オーク「おそらくオークの麻痺薬です。死ぬことはないと思いますが....」

    オーク「薬が回れば半日ほど動けなくなります」

    オーク「逆に言えば約半日寝てれば麻痺はとけます」

    騎士「そうか....致死毒じゃなくて良かった....」

    騎士「......」

    オーク「.......」
    17 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:09:44.47 ID:1pQk/wlG0.net (-9,+2,+0)
    ほす
    18 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:10:27.04 ID:bBr3ti6f0.net (+55,+30,-100)
    騎士「........」

    騎士「なぁ、お前」

    オーク「はい」

    騎士「これからどうするんだ?」

    オーク「.....考えてもいませんでした」

    オーク「バレないようにやるつもりでしたから」

    オーク「どうしましょう....」

    オーク「もうあそこには戻れませんし」

    騎士「そのなりじゃ人里にも降りれないだろう」

    騎士「もし人間に見つかったらお前は殺されるかもしれないしな」

    オーク「そうですよねぇ....」

    オーク「.......」
    19 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:11:20.54 ID:bBr3ti6f0.net (+55,+30,-180)
    騎士「.....仕方ないか」

    オーク「え?」

    騎士「ここから一山越えたところに私の隠れ家がある」

    騎士「人里からは離れてるが、川も近いし井戸もある、森もある」

    騎士「お前の身の振り方が決まるまで、そこで匿ってやる」

    オーク「え、でも、そんな....」

    騎士「それくらいさせてくれ、お前は命の恩人なんだ」

    騎士「とても感謝している」

    騎士「しばらく一緒にそこで暮らそう」

    オーク「い、いいんですか?」

    オーク「醜い私なんかと」

    騎士「何も構うことはないさ」

    騎士「お前は私の王子様なんだぞ?」
    20 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:12:22.80 ID:bBr3ti6f0.net (+49,+29,-4)
    ここまで書き溜めたけどやっぱ人いなさそうだな
    21 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:12:42.00 ID:+W31usUv0.net (+13,+23,+1)
    いるよ
    22 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:12:49.85 ID:w5tPa17P0.net (-7,+2,-1)
    いまぁす!
    23 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:12:58.85 ID:1pQk/wlG0.net (-10,-3,-2)
    書いてくれるなら保守くらいはする
    24 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:13:21.22 ID:HkhHPGwz0.net (+19,+29,-12)
    正直期待している俺ガイル
    25 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:13:40.53 ID:bBr3ti6f0.net (+49,+29,-2)
    ありがと、こっから書いてくから結構遅くなる
    26 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:13:54.33 ID:ARvxlcE50.net (+17,+27,-2)
    読者はいまぁす!
    27 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:14:49.49 ID:qKlUrDve0.net (+24,+29,-18)
    しこしこ描いてた妄想が評価されなくて残念でちたね~
    28 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:15:12.66 ID:emhr/X8D0.net (+19,+29,-15)
    最後の王子様で少し冷めた
    29 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:16:02.47 ID:F/v9D3N5I.net (+6,+21,-1)
    みてるよ
    30 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:16:13.00 ID:S+Qxfa240.net (+8,+23,+0)
    ひょえ~
    31 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:17:48.12 ID:pvu7/BOt0.net (+1,+16,-1)
    みてるぞ
    32 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:18:44.97 ID:bBr3ti6f0.net (+55,+30,-125)
    オーク「王子さま何てそんな大げさな....」

    騎士「大袈裟なんてことはない、私は絶対絶命のピンチだったのだからな」

    騎士「本当に、ありがとうな」

    オーク「女騎士さん.....」

    騎士「.........」

    オーク「.........」

    騎士「..........」

    騎士「.....やばい」

    オーク「え?」

    騎士「手綱......」

    オーク「え、あ。麻痺薬ですね!?もう動けませんか!」

    オーク「あ、ちょっとまって、馬から落ちないでくださーいっ!」
    33 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:20:20.01 ID:AOpIo9jR0.net (+30,+30,-63)
    騎士「ヒョロガリオークの粗チンなんていらないのぉぉぉ!」
    オークA「オラァッ!!」
    騎士「オークチンポぉ!本物のオークチンポきたぁぁぁ!あんな粗チンと比べものにならないのおぉおお!!」

    まで読んだ
    34 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:24:51.78 ID:bBr3ti6f0.net (+55,+30,-88)
    ~それから一年後~





    オーク「あ、ただいま女騎士さん」

    オーク「お仕事お疲れ様です。今回は長かったですね」

    騎士「あぁ、南の隊商の護衛をしていた。報酬も大きかったぞ」

    オーク「すごいですねぇ、あとでお話聞かせて下さい」

    オーク「今井戸から水汲んできます」

    騎士「あぁ、頼んだ」





    ??「やっと見つけた」

    騎士「誰だっ!」
    35 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:28:39.05 ID:1pQk/wlG0.net (+28,+29,-5)
    ジャンプの打ち切り漫画レベルの時間経過だな
    36 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:29:24.08 ID:bBr3ti6f0.net (+55,+30,-100)
    ??「全く手間をかけさせたわね」

    騎士「その声は、魔術師か!」

    ??「そうよ女騎士、覚えていてくれたのね」

    騎士「私は死んだことになっているはずだが?」

    魔術師「私だってつい先日までそう信じていたわ」

    魔術師「でも街に出てみると、強い雇われ女用心棒がいるっていう噂を聞いてね」

    魔術師「調べてみたらあなただったの。全く驚いたわ」
    37 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:30:28.54 ID:mroGdagu0.net (+0,+2,+0)
    >>35
    IDも見れない夏厨すか?
    38 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:30:42.95 ID:+W31usUv0.net (+18,+23,+0)
    久々にまともなSS
    39 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:31:25.50 ID:epI6uFQs0.net (+10,+25,-1)
    流れ変わったな
    40 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:34:01.98 ID:w5tPa17P0.net (+7,+17,+2)
    キャッチャー
    41 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:37:37.36 ID:bBr3ti6f0.net (+55,+30,-156)
    魔術師「しかし生きてるならなんで王宮に顔を出さなかったのよ」

    魔術師「みんな悲しんでたわよ、私だって流石に落ち込んだわ」

    魔術師「お葬式も宮殿で挙げたのよ?」

    騎士「.....話はきいてる、心配かけたな」

    魔術師「そして何でこんなところで隠れるように暮らしてるのよ」

    魔術師「今戻ったら貴女は歓迎されるわよ?」

    魔術師「さぁ戻りましょう? みんなが待ってるわ」

    騎士(まずいな....オークを見られたら....)

    オーク「女騎士さーん、水持ってきましたよー」

    魔術師「あら、誰かいるの?」

    騎士「!!」
    42 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:39:07.06 ID:+W31usUv0.net (+24,+29,-1)
    明日が休みでよかった
    43 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:42:41.52 ID:bBr3ti6f0.net (+55,+30,-118)
    騎士「お前は戻ってろ!」

    オーク「どうしたんですか.......あっ!!」

    魔術師「お、オークっ!」

    魔術師「成敗!」

    騎士「ま、待て魔術師!」

    魔術師「何よ女騎士!何故オーク何かと!」

    魔術師「貴女....まさかオークと内通しているの!」

    騎士「違う!断じて違う!」

    騎士「これには訳がある、話を聞け!」

    魔術師「でもオークが....」

    騎士「あいつに危害はない.....お前は家に戻ってろ」

    オーク「は、はい....」

    騎士「さて、どこから話そうか...」
    44 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:51:42.39 ID:bBr3ti6f0.net (+55,+30,-186)
    ~10分後~


    騎士「......という訳なんだ」

    魔術師「........本当なの」

    騎士「あぁ、あいつが居なければ私は辱めを受けながら死んでいたはずだ」

    騎士「あいつは命の恩人なんだ」

    魔術師「嘘を言っているわけじゃなさそうね....それにしても、オークがね....」

    魔術師「オークにもまともな奴がいるのね...」

    騎士「そうなんだ」

    魔術師「でも貴女、このままずってこうするつもり?」

    騎士「こうって....」

    魔術師「今、王宮の騎士団は弱体化してるわ」

    魔術師「貴女を失ってから、騎士団の士気は低くままよ」

    魔術師「私は貴女にもう一度騎士団を率いて欲しい」
    45 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:52:22.53 ID:bBr3ti6f0.net (+44,+29,+0)
    眠くて誤字がやばい
    46 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:53:01.04 ID:+W31usUv0.net (+13,+23,+1)
    がんばって
    47 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 00:57:50.64 ID:bBr3ti6f0.net (+55,+30,-108)
    魔術師「それとも貴女、剣が握れなくなったの?」

    騎士「そんなことはない、そしたら用心棒なんかやらないさ」

    魔術師「そうよね」

    魔術師「なら、私と街へ戻って」

    騎士「しかしオークが....」

    魔術師「あんなのの為にここでずっと暮らすって言うの?」

    騎士「あんなの、だと?あいつは私の命の恩人だ」

    魔術師「そうだったわね、ごめんなさい」

    魔術師(さて、どうしたものか)

    魔術師(.........あ)
    48 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 01:02:19.67 ID:bBr3ti6f0.net (+55,+30,-109)
    魔術師「いい方法があるかも」

    騎士「何だその方法とは」

    魔術師「いや、ちょっとこの場では確信が持てない」

    魔術師「一回街へ戻るわ」

    騎士「街へ....オークのことは.....」

    魔術師「心配しないで、言わないわよ」

    騎士「信じるぞ」

    魔術師「えぇ、安心していいわ」

    魔術師「それじゃあ、数日後にまた来るわ」

    騎士「あぁ」

    騎士(方法とは一体....)
    49 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 01:08:40.30 ID:bBr3ti6f0.net (+55,+30,-123)
    ~数日後~


    魔術師「こんにちは、女騎士」

    騎士「あぁ」

    オーク「あのぉ、私は....」

    魔術師「オークさんも一緒に聞いてちょうだい、大事な話なの」

    騎士「んで、見つかったのか方法とやらを」

    魔術師「えぇ宮殿図書館の魔導書に記してあったわ」

    騎士「どんな方法なんだ」

    魔術師「そう急かさないでよ、そうね、その方法とは」

    魔術師「『オークを人間に変える魔法』」

    オーク&女騎士「「!!」」
    50 : 以下、\(^o^ - 2014/08/02(土) 01:11:03.43 ID:tj4v4w700.net (-29,-17,+0)
    !!
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について