のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,562,076人
911,671,352頁
昨日:4,685人
5,362頁
今日:1,362人
1,544頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ亜美「暇を持て余したー」 真美「亜美真美のー」 亜美真美「遊び」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 17:38:28.42 ID:lfl28zTO0 (+125,+30,-162)
    真美「ひまー、めっちゃひまー」

    亜美「ひまひまー、とけるー」

    「じゃあ何で来たんだよ。今日お前らオフだろ?」

    真美「最近さー、真美と亜美が一緒のお仕事って少なかったっしょー?」

    「まあ、確かにここ2、3週間くらいは別々の仕事が多かったかな……」

    亜美「でさー、明日やっと二人一緒のロケ入ったっしょー?」

    「話自体は結構前に来てたことは来てたんだけど、先方の都合でな。それが?」

    亜美真美「「テンション上がりすぎて一日早く来ちゃったんだYO!! ひゃっほう↑↑!!」」

    「騒ぐくらいなら家に帰って英気を養えよ……」
    2 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 17:43:30.54 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-177)
    亜美「帰ったって兄ちゃんにイタ電かけるくらいしかやることないし」

    「仕事用のケータイじゃなくて家の固定電話にかけるあたり徹底してるよなあ。お前らは」

    真美「困るけど困らない、でもちょっと困るギリギリのラインを攻めてるからね」

    「留守電の内容も毎回凝ってて意外と楽しめるのが悔しい」

    亜美「聞かずにはいられないと思わせたらもう亜美たちの勝利なのさ!」

    真美「全編アドリブだからカブらないようにするのが大変なんだYO!」

    「そのやる気で発電でもできたら事務所のオール電化も夢じゃないだろう」
    3 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 17:48:34.11 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-161)
    亜美「だから兄ちゃん、イタ電のお返しに遊んでー」

    「俺はやることがあるんだよ。二人でゲームでもしてろって」

    真美「真美たちがいつでもゲームを持参してると……思うなよ!?」

    「そうだな。じゃあ俺はちょっと出てくるから、帰るんなら気を付けて帰れよ?」

    真美「せめてツッコミ入れてってYO!」

    「なんでやねん、もうええわ。どうもありがとうございましたー」

    亜美「ちぃ! 兄ちゃん最近チョーシこいてんぜ! シメてやらねーとこの」

    「じゃあ、すぐ戻るから大人しくしてろー」

    亜美「あー! まだ言い終わってないのにー!」
    5 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 17:52:39.97 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-94)
    真美「……兄ちゃんは風になってしまった」

    亜美「真美ー、暇だからホッペ揉ませてー」

    真美「やんやん! 真美のホッペは高いのよ!」

    亜美「なぁに、そう思うのも最初だけだぜ!」

    真美「あーれー! 助けておくんなましー!」

    亜美「……これ昨日も同じ事やったYO! 悪のお代官様ごっこ!」

    真美「ヒマもこじらせるとこうなるんですよ」
    6 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 17:54:44.77 ID:oqPqin7B0 (-21,-14,+0)
    sage素晴らしいな
    7 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 17:55:49.27 ID:6+wttCRY0 (+16,+21,+1)
    VIPでsageとは珍しい
    8 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 17:55:57.60 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-106)
    真美「……ねー、亜美ー」

    亜美「なんじゃらほーい」

    真美「明日のロケってさー、きゅーきょくの二択って言ったっけー?」

    亜美「そーですねー」

    真美「でさー、真美たち今ヒマじゃん?」

    亜美「んっふっふー。みなまで言うな、真美さんよ」

    真美「やよいっち一年分なんか丁度いいと思うんだよねー」

    亜美「じゃーそんなカンジで行きまっしょー!」

    真美「二手に分かれて行きっまっしょー!」
    9 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 17:58:57.73 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-131)
    亜美「あ! まこちん発見!」

    「ん? 何か用?」

    亜美「ここで突然問題です! デデン!」

    「うわー、本当に突然だね」

    亜美「アナタには今二つの選択肢があります! まず一つ目! 『やよいっち一年分』!」

    「ちょっと待って、一年分のやよいってどういうこと?」

    亜美「そして二つ目!」

    「まさかの無視!?」
    10 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:01:00.99 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-154)
    亜美「『ヒラヒラフワフワの格好で好きなだけまっこまっこりーんしていい権利』! さあ、アナタはどっち!」

    「その前にやよい一年分って何さ! 意味が分からない!」

    亜美「やよいっちがアナタを一年間充実サポート! 至福のヒトトキを約束します!」

    「あー……いやいやいや! やっぱり意味が分からないよ!」

    亜美「一言で言うとやよいっちが妹になる感じ」

    「ええ!? やよいが妹!? それって……!」

    亜美「…………」

    「……それって、すごくいいかも」

    亜美「っしょー? そこで二択なワケですよ!」
    12 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:02:29.35 ID:9wOa4Qwd0 (+32,+29,-4)
    真もヤヨイスキーだっけ
    というか事務所全員そうか
    13 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:04:25.52 ID:EnqQVzFc0 (+29,+29,-5)
    >>12
    千早春香伊織が頭一つ抜いてるけどなハハハ
    14 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:05:14.88 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-185)
    「でもヒラヒラのフワフワかー……悩むなあ」

    亜美「それが亜美マジックなのです」

    「ちなみにだけど、デメリットとかあるの? ヒラヒラを選ぶとやよいには一年間会えないとか」

    亜美「ヒラヒラを選んでも別に何もありませんがやよいっちを選ぶとヒラヒラは一生無理です。諦めて」

    「天秤が釣り合ってなくない!?」

    亜美「高いか安いかはお客様次第でございます」

    「あのさ、ボクがそもそもアイドルになったのはヒラヒラした衣装が着れると思ったからなんだよ?」

    亜美「じゃーやよいっちよりヒラヒラが大事ってことで決まりね? ありがとうございましたー」

    「亜美。亜美。ちょっと待って」
    15 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:07:09.10 ID:GTS5sM1B0 (-25,+29,-1)
    ヒラヒラのやよい
    16 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:09:42.47 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-80)
    亜美「なんだYO! 話はついたはずだぜ、旦那」

    「言い方ってあるだろ! っていうかまだ答えてないし!」

    亜美「じゃあ、やっぱりやよいっちにする?」

    「それは……! それは……その」

    亜美「おうおう、旦那。ゆーじょーふざいはよくねえぜ」

    「それを言うなら優柔不断……いや、友情不在でもあってる……? えっ!? ダブルミーニング!?」
    17 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:12:38.77 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-165)
    亜美「もーいー加減にしてYO! 亜美だって暇つぶすのに忙しいんだからさー!」

    「……くぅっ」

    (……やよい、ごめん! ボクはヒラヒラの誘惑には逆らえないんだ……)

    「ぼ、ボクはやっぱり、ヒラヒラの」

    やよい「うっうー! おはようございまーす!」

    「やよいを選ぶに決まってるじゃないかぁー! ああっ! ちっくしょーボクって奴はー!」

    亜美「ほう、やよいっちにオプション付けるとはやりますな」

    やよい「あの、私がどうかしましたかー?」

    亜美「あ、ついでにやよいっちにも問題です。デデン!」
    18 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:16:06.93 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-162)
    やよい「クイズ? えと、あんまり難しいと分かんないよ……?」

    亜美「まこちんも悩んだ難問だからねー! 心して答えたまえ! デデン!」

    やよい「が、頑張る!」

    亜美「アナタには二つの選択肢があります! 一つは『まこちん一年分』! もう一つは『250万円貰える』!」

    「生々しいよ! 現金!? 現金とボクで選ばせるの!?」

    亜美「さあ! アナタはどっちを選びますか!」

    やよい「真さんだけど?」

    亜美「即答だよ!!」
    19 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:19:59.92 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-113)
    (ボクなんか色々質問してスゴイ悩んでたのに……恥ずかしい……)

    亜美(しかもやよいっちってば『え? 当たり前だよね?』とでも言わんばかりの顔を)

    やよい「……え? 当たり前だよね?」

    亜美(言った――!! 本当に言った――!!)

    「で、でも、ボクとはいつでも会えるんだよ? いいの?」

    やよい「だって一年分ってことは私が真さんに好きなことしていいんですよね?」

    亜美「許可します」

    「人権って何かな?」
    21 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:24:06.47 ID:lfl28zTO0 (+93,+30,-108)
    やよい「そしたら真さんに可愛いお洋服いっぱい着てもらいます!」

    「……ぇ、な、なん、で?」

    やよい「いつも着てみたいって言ってたから、喜んでくれるかなーって」

    「…………う」

    やよい「う?」

    「うぇええぇぇええぇん!!!」

    やよい「!!? はわっ!? ど、どうしたんですか!?」

    「やよいぃ! ごめんねぇ!? ボクはっ、ボクはっ、大馬鹿だよぉ!! うあぁあああぁぁあん!!!」


    亜美「ふっ……雨降ってシカ困る、ってね……」
    23 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:27:29.54 ID:gqAGYW+w0 (+4,+19,-11)
    すばらしい
    24 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:28:01.57 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-119)
    真美「……むむっ!」

    千早「おはよう、真美」

    真美「何だ、千早お姉ちゃんか。おはー」

    千早「何だとはご挨拶ね。……ぷふっ、朝のご挨拶、なんて」

    真美「千早お姉ちゃんだとやよいっちに決まってるからなー」

    千早「え? 高槻さんがどうしたの?」

    真美「まあいいや。突然ですが問題です! デデン!」

    千早「問題?」
    25 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:32:34.52 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-127)
    真美「アナタには二つの選択肢があります! 一つは『やよいっち一年分』!」

    千早「一年分!? 高槻さんが一年分!? 365日分!? ああっ! 凄い! 想像しただけで幸せ!」

    真美「もう一つは『純粋な歌手としてデビューできる権利』! アナタが選ぶのは、さあどっち!」

    千早「たっ、かつきさん。高槻さん」

    真美「おっとっとー。ややつっかえながらのお答えですな」

    千早「くっ、一瞬迷ってしまったわ。不覚」
    26 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:36:04.57 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-108)
    真美「まあ予想通りやよいっちだった訳ですが」

    千早「一年分の高槻さんだもの。わあっ、凄い。一年分の高槻さんっていう響きが既に可愛い」

    真美「でもさ、歌手デビューはいいの?」

    千早「今すぐチャンスを貰わなくてもいずれ自力で歌手デビューする自信はあるつもりよ」

    真美「あー、そーゆーアレかー」

    千早「え? ダメだった?」

    真美「全然おっけー」

    千早「あ、いいのね。良かった」
    27 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:36:36.17 ID:dYBcObX/0 (+0,+0,+0)
                           _,...、
                ,. . . :―‐-. .、  /:_: : : : ヽ
             , . :´: : : : : : : : : : : `ヽ、__): : : : :{
             /: : : :,: : : : : : : : : : : : :_: ヽ_): : : : :.
           /: : : :/: : : : : : : : : : : : : : :ヽ: :、: : : : :!
            ,: : : :./: : : , :': : : : : : :,: : : : : : :}_: ',: : : : l
          l: : :/:{: : : /: : : : : : : :/: : : : : : /ィ: : ,: : : :!
           {: :/: :!: : /: /: :,ィ: :./: :,: : : : :/ Ⅵ:!: : : {
          ∨-、|:,イ: :/://イ /:イ: : :/:/   }/: : : :.!
            {-、.|: l:./  __-― '/: //ー--/: : : : :.|
           ㌧_|: |'  イ斥㍉/イ   ィ心イ : : : : :.:|
              |: |    弋ソ     {,ソ/|: : : : : : |
              |: |、            ,   { ,リ: : : : : :|
             ヾ!        _   人!:l: : : ハ: j
              |   :.、   ´  /  |:ハ: : | ;/
            /|    ` r- ‐ ´   / }: :/
         _//イ       { ヽ、_       l:/
        /:、  \ \     ヾ /  `ヽ、  /
       /:::::::::\  `ヽ \   /イ   /:::::l
    28 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:39:51.74 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-144)
    真美「でもじゃあ一応聞くけどさ、やよいっちを選んだ場合歌手デビューできなくなるとしたらDoすんの?」

    千早「第三のビールみたいな新たなジャンルを開拓してでも歌一本でデビューするけど?」

    真美「そこまでやるなら素直に歌手選びなYO!?」

    千早「高槻さんを選べない私に歌を歌う資格なんかないから」

    真美「やよいっちの知らない所で重い十字架背負うのやめようよ!」

    千早「軽すぎるくらいよ。本気の私はこんなものじゃないわ。この前だって」

    真美「はい! もう分かった! やめやめ! この話おちまい!」
    29 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:40:29.61 ID:vgt4pDOH0 (+6,+26,+0)
    なるほど
    30 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:44:06.27 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-99)
    真美「第二問! 第二問いくから!」

    千早「はいはい」

    真美「じゃあねー、はい! 今度は『はるるん一年分』と『歌手デビュー』の二択です! さあ、どっち!」

    千早「デビューにするわ」

    真美「だよねー! はるるん……えっ? はるるんじゃないの?」

    千早「春香なら私の夢を理解してくれるから」

    真美「そう思っても少しは迷ってあげられないもんかね?」
    31 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:46:51.77 ID:GTS5sM1B0 (+0,+0,+0)
           ,{_/_ノ: : : : / : : :/ : : : :/: : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : |/ヽ_ノ]=- 、
         /´ /Y: : : : :/ : : / : : : :ノ| : : : : : : : :Λ: |: : : : :ハ : : : : : :ヽ`丁::/ |`ヽ >
        <  l //' : : : :/: : :.,|: : : : /  |: : ' : : : : ::| |: :|: : : : |:.:| : : : : : : |: : : ' |\_/
         \_/l: : : : : :|\:/ |: : : :i   |: : : : : : : :| .|: :l: : : : |: :|: : : : : : :|:,'  /  〉: |
           l: : : : ::/|: :/\|: : : |__,、ハ : : : : : ::| |: ::|: : : :|: :.|: : : : : : :レ-'\/: : : |
           |: : : : i |/ィ≦i示坏、ヽ  \: : : :|\ヽハ: :∧: :|: : : : : : :|: : : : : : : : :|
           |: : : : |  {{. {{//..:::ー'}     \,| ,x≧==∨ニ| /| : : : : : :| : : : : : : :. |
           |: : : : i   '⌒)しイリ        ´ /爪...:::(心、 │: : : : : |: : : : : : : :.|
           |: : : : | iとこゞ辷ン         {{///..::jノ}ハ | : : : : : :| : : : : : : :|
           |: : : : !   ー─''           '⌒)_イトリ }} |: : : : : : | : : : : : /
    .        | : : : |////    ,           `'''ー‐てつ  |: : : : : : | : : : :ノ
              | : : ::|{       ′        ` ー‐      |: : : : : ::| : : : :\
            |: : ::八                     //////  |: : : : : :|/\: : : : \
            |: ::/ノ: :\     ^ヽ__,. --、           イ|: : : : :/   ヽ : : :<
            レ   ̄ノ: : >,、     、            イ /|: : ::ノ      \ ̄
    32 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:48:11.33 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-164)
    千早「私が歌手になるという夢をどれだけ熱望しているのか、春香なら分かってくれるわ。仲間だもんげ」

    真美「やよいっちだって結構物分かりいいっしょー」

    千早「高槻さんはいいの。分からなくていいの。分からない方がいいの。それで丸く収まって私が養う」

    真美「千早お姉ちゃんはさー、はるるんとやよいっちって同じくらい好きなんでしょ?」

    千早「そうね、絶対値で言ったらどちらもマックスよ。マックスハートよ」

    真美「はるるんは養いたくないの?」

    千早「本当に何の差なのかしらね?」
    33 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:50:46.48 ID:GTS5sM1B0 (+20,+30,+0)
    /nox/remoteimages/59/ee/b1c2a918a21d18b316a6738fe68e.jpeg
    34 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:52:15.82 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-152)
    真美「あっ、じゃあラスト問題ね。『やよいっち』と『はるるん』の二択だったら?」

    千早「……半分ずつ」

    真美「流石にそれは反則っしょー」

    千早「私の体を左右半分に切断して片方ずつを」

    真美「うあうあー! 千早お姉ちゃんストップ! そういうアレはノーサンキューだYO!!」

    千早「心臓は一つしかないから右心房と左心房を同じグラム数になるよう正確に」

    真美「っとぉ! 問題はここまでです! って事でバイビー!!」

    千早「……流石に冗談だったんだけど、どうして本気にとるのかしら」
    35 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:55:56.39 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-93)
    亜美「ねーいーおりん! こっち向ーいて!」

    伊織「誰がムーミン谷在住よ!」

    亜美「ごめん、何言ってんのか分かんない」

    伊織「……ボケじゃなかったのね。無駄にツッコミ入れちゃったわ」

    亜美「まあ落ち着きなYO。そんなミィミィ声出してないでさー」

    伊織「それを言うならキーキー……って! アンタやっぱりムーミン知ってるでしょ!?」

    亜美「そんなことは置いといてさー」

    伊織「キィー!! ムカつく!!」
    36 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 18:56:34.98 ID:pw/ljWnM0 (-2,+12,-3)
    のわの
    37 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 19:00:06.13 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-146)
    亜美「突然ですがここで問題です! デコン!」

    伊織「ちょっと! アンタ今デコって言ったでしょ!」

    亜美「アナタには二つの選択肢があります! 一つ! 『やよいっち一年分』!」

    伊織「……はあ?」

    亜美「もう一つ! 『オレンジジュース一年分』! さあ選ぶのはどっち!!」

    伊織「やよい」

    亜美「はいはい。出来レース出来レース」

    伊織「勝手にガッカリしてんじゃないわよ! 何なのよさっきから!」
    38 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 19:03:51.87 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-155)
    亜美「もうね。いおりんだもんね。ちかたないね」

    伊織「大体比べる対象がおかしいでしょうが。ここでジュース選ぶようなヤツは765プロには居ないわよ」

    亜美「一生オレンジジュース飲めなくなるとしても?」

    伊織「そうなったら代わりにレモンジュースを飲むわ。仕方ないから」

    亜美「ちょいちょいちょーい! それはずるいっしょー! じゃあジュース全種類禁止だったら!?」

    伊織「ミルクティーを飲む」

    亜美「ちーがーうーのー! もぉー! いおりんのカバ!」

    伊織「だから誰がムーミン谷在住よ!」

    亜美「ムーミンはカバじゃないし! 似てるだけだし!」
    39 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 19:05:19.27 ID:dVPzLYd60 (+24,+29,-5)
    いい画だもっと頼むぞ亜美真美
    40 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 19:08:06.24 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-91)
    真美「亜美ー、まだ聞いてない人って誰ー?」



    亜美「じゃあミルクティーもダメって言ったら!?」

    伊織「レモンティーを飲む」

    亜美「レモンはさっきダメって言ったじゃん!」

    伊織「レモンティーはジュースじゃないわよ。ティーよ」

    亜美「いおりんさっきから屁理屈ばっか! いお理屈ばっか!」

    伊織「いお理屈って何よ! 正論でしょ!?」



    真美「お邪魔しましたー」
    41 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 19:09:19.42 ID:6+wttCRY0 (+3,+13,-1)
    いいぞいいぞ
    42 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 19:11:56.19 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-178)
    真美「今日事務所に来るのって他に誰が居るんだろ?」

    小鳥「あら真美ちゃん、おはよう」

    真美「あっ、ピヨちゃんおはぴよ~。ねえねえ、今日事務所に来る人でまだ来てないのって誰か分かる?」

    小鳥「美希ちゃんはさっき来たし、後は貴音ちゃんとあずささんと春香ちゃんかな?」

    真美「そっかそっかー。ピヨちゃんありがぴよ~」

    小鳥「どういたしまぴよ~」

    真美「ところでピヨちゃんってさー、今一番大事なものって何?」

    小鳥「え? 大事なもの?」
    43 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 19:14:00.53 ID:dYBcObX/0 (+0,+0,+0)
               r'" r',.。.-:‐:‐:-.、_,.ノ _,ノ
               └-x'。ニニ二二ニ.-‐'":、
                ,r': : :.; : ; : : : : : : : . . . . ヽ
              /. .: : :.j: :.l: : : i!:.、: ヽ; : : : : :':,
              /:.: :.: ::.ハ: |':,: : |^:,l-\:i; : : : : l     ,.、
              !:.:j : :.:/-,l:j..,\l  ,r:'ニヽ:.: :i: :.|   / j
              l: iヘ:.:.:l.r'^r'.:'i   i'.:.:j .|: :.:l.: :i r'   ,/
            r-、':j 'l: : i'  ':,:ノ .  `ー'. .l: :.;l: ij_/  _.レ┐
             ':、 `ヽ!: :.:i; ; ;  _,. -‐、' ' ' |: j:l/     _ノ
             \_ ':j!: l:、  ヽ  ノ_,ィ^|/ '"^'ヽ.  '"フ
              (_`  ヽ:j `’'‐:-::::'":::// rぅ-n. 'i. r'"
               rァr=、.r'  \\;/,.:' ,r' `  ノ  l-'
                ( ~ ^/ク  ':、 `'‐-‐'  7   /   l、
               `ヽ._`ヽ、:.:i   : ../  !,. (    l
                  ヽ  ヽl,         i.  \  r'
                  ':,  ヽ.,__ _,. 、_ _,l.   i ┴- 、
                    l   j l 、_ _,. `'ーー'    .\
                   `'ー'",ノ      _,         ヽ.
                  _,....-‐'"  ヽ  '"             !
                ,.r' "                       |
             .r'"         :  .            ノ
            ,r'             ;'              ノ.
            l           '; /            /
    44 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 19:14:38.15 ID:Di1SaT2l0 (+8,+23,+0)
    婚期
    45 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 19:15:30.04 ID:dVPzLYd60 (+18,+28,+0)
    薄いアレ
    46 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 19:15:55.10 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-108)
    真美「何かのグッズとかさー、コレクションとかさー、何かない?」

    小鳥「えーっと……ぐ、具体的には言えないっていうか聞かせられないけど、あると言えばあるわね」

    真美「いっぱい?」

    小鳥「ま、まあ最近は自炊とかし始めたから物理的にはスッキリしてるけど」

    真美「自炊って事は料理関係なの?」

    小鳥「料理というか……おかずというか……」

    真美「ふーん、まあいいや。突然ですがここで問題です! ピヨヨン!」

    小鳥「ぴよよん?」
    47 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 19:20:06.50 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-162)
    真美「今アナタの大切なものに危険が迫っています! 放っておくと爆発します!」

    小鳥「え゙っ!? 爆発するの!? それ困る! 色んな意味で尋常じゃないくらい困る!!」

    真美「そんな時やよいっちがこう言いました!」


     『うっうー! 今日から一年間小鳥さんにご奉仕しますー!』


    小鳥「ご奉仕……だと……?」

    真美「『やよいっち一年分』か! 『大事なもの』か! 選べるのは二つに一つ! さあ、どっち!!」

    小鳥「やよいちゃんが、ご奉仕……? 一年間、だと……?」
    48 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 19:24:06.22 ID:lfl28zTO0 (+95,+30,-164)
    真美「あっ、ご奉仕期間中に新しくコレクションを集めたりとかは無しだかんね」

    小鳥「うっわどうしよう、これガチで悩む……」

    真美「やよいっちはピヨちゃんの注文には可能な限り応えます」

    小鳥「ぐぎぎぎぎぎっ! ……や、よい、ちゃん、で」

    真美「声が小さーい! もう一度大きな声で! もっと熱くなれYO!!」

    小鳥「……私はっ! 私はやよいちゃんを選びますっ!!」

    真美「はい爆発した! 今ピヨちゃんの大事なもの木っ端微塵に爆発したよ!」

    小鳥「うわあああああああっ!!!! 私の努力の結晶がぁーーっ!!!!」
    50 : 以下、名無しにか - 2014/02/27(木) 19:27:56.42 ID:Di1SaT2l0 (-29,-14,+0)
    ワロタ
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について