のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,560,318人
911,669,534頁
昨日:4,453人
5,236頁
今日:4,451人
5,089頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ咲「それぞれの未来」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 京太郎 + - + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 19:40:26.90 ID:jlN4eOO20 (+125,+30,-79)
    カランカラーン


    まこ「いらっしゃーい」

    まこ「お、藤田さん」

    藤田「やあ、久しぶり」

    まこ「先週も来たじゃないですか……。暇なんですか?」

    藤田「う、うるさいよ。上客は大事にするものだよ」

    まこ「はいはい。今日もカツ丼とりますか?」

    藤田「モチ。そのためにこの店に通っていると言っても過言ではないな」

    まこ「ただの出前やっちゅうのに……」
    2 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 19:41:27.79 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-206)
    藤田「最近ようやく暖かくなってきたな。どうよ。商売のほうは」

    まこ「おかげさまで」

    まこ「どこかの誰かが地元チームで活躍しているせいか、ここのところ麻雀人気は上り調子じゃ」

    藤田「はっはっは、そう褒めるなよ」

    まこ「言ってんさい。あんたじゃのうて」

    藤田「わかってるよ。あいつがうちに来てくれてほんとよかった。おかげで昨年はいいシーズンになったよ」

    まこ「うんむ。しかしうちには全然顔見せんで、そこだけは文句言いたいがの」

    藤田「なんだ、あいつこの店来ていないのか。薄情なやつだなあ」

    まこ「シーズン中は全国飛び回って、本拠地の佐久もここから近くはないし、仕方ないじゃろ」

    まこ「むしろ同じチームのあんたがこれだけ来れてるのがおかしいんじゃ」

    藤田「いいじゃないか、別に……。休みがあっても麻雀以外にすることがないんだよ」

    まこ「アラフォーの口からなんか悲しい告白を聞かされた」

    藤田「まだアラサーだし! ……今34だから、ギリギリ、6月の誕生日まで」

    まこ「おお、もう……」
    3 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 19:42:36.17 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-161)
    まこ「しかしお客さんは来てくれるけど、昔なじみがどんどん減っていくていうのは寂しいのう」

    藤田「なんだい、お前だって老けこんだようなこと言ってるじゃないか」

    まこ「わしももうアラサーじゃからの」

    藤田「たかが26ごときがアラサー気取んなや!」

    まこ「お、おう……」

    藤田「ふん。あ、テレビのチャンネル変えていいか?」

    まこ「いいですよ……って自分でリモコン持っとるし」

    藤田「勝手知ったる人の店ってな」


    ピッ


    藤田「お、あんたの後輩が映ってますぜ、店長」

    まこ「あーあーまたあんな格好して……。恥ずかしくないんかの」

    藤田「以前会ったときはノリノリだったな」

    まこ「マジか……。そういえば、うちでバイト頼んだときもそうじゃったのう」
    4 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 19:44:02.95 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-103)
    マホ『本日は解説に、ご存知、"牌のお姉さん"こと原村和プロをお招きしております!』

    『こんにちは。よろしくお願いします』

    マホ『よろしくお願いします!』

    マホ『実はマホは和せんぱ……プロと同じ中学を出た後輩でして、今日は大変に興奮しております!』

    『懐かしいですね。あれから麻雀は上達しましたか?』

    マホ『それがからっきしで! なので今日は和先輩に頼りまくっちゃいます!』

    『は、はい……(もう"和先輩"に戻ってる……)』
    5 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 19:44:13.41 ID:3ml3tYOgO (-25,-15,+0)
    6 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 19:45:04.41 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-148)
    マホ『さて、春季大会団体準決勝第1回戦!』

    マホ『3年ぶりに準決勝まで駒を進めた長野県代表、風越女子と!』

    マホ『第1シードの北大阪代表、千里山女子がぶつかる好カードです!』

    マホ『和先輩はこの試合、どう見ますか?』

    『はい。風越と千里山の監督さんとは、高校生のときに手合わせしたことがあります』

    『とても手ごわい相手でした。その2人が監督をしているチームがどんな戦いをするのか、とても楽しみです』

    マホ『人に歴史あり。去年アラサーの仲間入りをした和先輩にも数々のドラマチックな過去があります!』

    『予想はしていましたけど、やっぱり言われるんですね。"アラサー"……』

    マホ『これが女子麻雀解説者界の伝統であると聞いております!』

    『誰が言ってるんですか!』

    マホ『まあまあ、25なんてまだまだお若い! そんな和先輩の10年前! VTRとともにどうぞ!』
    7 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 19:46:30.50 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-206)
    マホ『1年生の夏、当時の長野県代表の清澄高校の選手として全国の舞台で戦った和先輩!』

    マホ『そこでは、幼き日に別れた旧友たちとの運命の再会、そして戦いがありました!』

    マホ『しかし優勝は叶わず、その後、家庭の事情で東京の進学校へ転校』

    マホ『麻雀からもしばらく離れていましたが3年生の夏、再び個人戦代表として全国の舞台に登場!』

    マホ『先ほどのお話にも出てきました二条選手、文堂選手らとの激戦を制し、見事優勝!』

    マホ『高校卒業後にハートビーツ大宮へ入団。瑞原プロの後を継ぎ、二代目"牌のお姉さん"襲名!』

    マホ『プロ入り後もその打ち筋は"日本で最も正しい麻雀"と称され、日本の最前線で大活躍中!』

    マホ『和先輩がインターハイで優勝した前年の覇者で松山フロティーラへ入団した龍門渕プロとは、良きライバル関係であると報じられています!』



    マホ『と、書かれてありますが!』

    『そういうの言わなくていいですから』
    8 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 19:48:13.80 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-192)
    マホ『実際のところ、龍門渕プロとはどうなんですか? マスコミが煽ってるだけのような気もしますが!』

    『マスコミのあなたがそれを言いますか!』

    『そうですね。試合で卓を囲むときはもちろん真剣に戦っていますが』

    『プライベートでは特に……。と言いますか、なんだか彼女は私に怒っているみたいで』

    マホ『怒っている! それはなぜ! 胸が大きいからですか?』

    『胸は関係ありません! 多分、何も言わずに転校したことと、一時期麻雀をしていなかったことかと……』

    マホ『インターハイ優勝インタビューでの龍門渕プロは伝説になっていますからね!』

    透華『"原村和のいないインターハイでの優勝なんてこれっぽっちも嬉しくありませんわ!"』

    透華『"原村和! 先にプロの舞台で待ってますわ! 必ずこの高みまで上がってきなさい!"』

    透華『"そこで決着をつける戦いを致しましょう。そう、真のアイドルを決める戦いを!!"』

    マホ『いやあ、熱い! もしかして和先輩も、このインタビューを聞いて再び牌を握る決意をしたのでは?』

    『あ、いえ。そういうのは全くないです』
    9 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 19:49:32.07 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-74)
    東京。


    「くすくす」

    店長「宮永さん、テレビ見てないで手を動かして。早くしまわないとお花咲いちゃう!」

    「あ、はい! すいません!」

    店長「今年の春は遅かったね。ようやく暖かくなってきた」

    「そうですね……」


    カラララッ

    「あっ、いらっしゃいませ」

    「こんにちは。お久しぶりです」

    「の、和ちゃん!?」
    10 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 19:51:12.68 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-87)
    「あれ、な、あれっ? なんで? 和ちゃん今テレビに」

    「それは録画放送です。今日行われているのは準決勝第2回戦」

    「えっ? あれっ、そうなの?」

    「そ、それより、和ちゃんがなんでここに!?」

    「もちろんお花を買いにきたのですが」

    「じゃなくて、どうしてこのお店わかったの?」

    「年賀状に書いてありましたが」

    「あ、そうだった……」

    「そうです」

    「……」

    「……」
    11 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 19:52:25.70 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-67)
    「きょ、今日は何を買いに?」

    「百合の花を、そうですね……5本くらいお願いします」

    「はい。お部屋に飾る用ですか?」

    「はい」

    「かしこまりました」

    「……」

    「……」

    「咲さん」

    「は、はい!」

    「私、須賀君に結婚を申し込まれました」
    12 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 19:54:01.23 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-143)
    「えっ」

    「須賀君とは4年前、須賀君が大学生だったころから交際しているのですが」

    「えっ、ちょっ、まっ、待って!」

    「須賀君、って京ちゃんのことだよね? 京ちゃんと、和ちゃんが?」

    「はい」

    「そ、そっか。……そっかぁ」

    「受けたの……?」

    「……はい」

    「そっか……」

    「咲さん。今晩、お時間ありますか?」

    「えっ? あっ、うん。たぶん」

    「会ってお話しませんか? 詳しくは後ほど連絡します」

    店長「……」

    「今はお仕事の、お邪魔でしょうし」

    「う、うん……」
    13 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 19:56:02.97 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-44)
    夜。東京。


    「麻雀バー……。ここだよね」


    カラ カラーン


    「咲さん」

    「和ちゃん……」

    京太郎「おう、咲!」

    優希「待ちくたびれたぜ咲ちゃん!」

    「京ちゃん。優希ちゃんも」

    「どうぞ、座ってください」

    「う、うん」
    14 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 19:57:32.05 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-138)
    「なんだか大人、って感じのお店だね……」

    優希「咲ちゃんは麻雀バーは初めてかー?」

    「うん。雀荘も、なんだか怖くて一人では行きづらいし」

    京太郎「なんだ、じゃあ麻雀自体もうあんま打ってないのか?」

    「そうだね。最近は、あまり」

    京太郎「なんだよー、強いのにもったいない」

    優希「なら京太郎のいる店に行けばいいよ!」

    「えっ?」

    京太郎「おう、俺、今、雀荘のメンバーやってんだ。歓迎するぜ!」

    「そうだったんだ。京ちゃんあんなに麻雀下手だったのになんか感慨深いなあ」

    京太郎「死に物狂いで勉強したからな」

    京太郎「和が、転校したあと」

    「……」

    「……」
    15 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 19:57:35.57 ID:3ml3tYOgO (+11,+21,-2)
    呼び出す方便か
    16 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 19:58:43.86 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-122)
    京太郎「俺が麻雀を始めたきっかけって、和だったからさ」

    京太郎「和のことを真剣に好きでいるには、麻雀とも真剣に向き合わないと、って思ったんだ」

    京太郎「だから、一杯勉強したし、一杯打った」

    「そうだったのですか……」

    「うん……」

    優希「た、確かにあのころの京太郎は鬼気迫るって感じだった! 毎日同じ四人でずっと卓囲わされててこっちまでくたくただったなー!」

    優希「(な、なんか気まずい……)」
    17 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:00:24.65 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-44)
    京太郎「大学行ってたころから今の雀荘でバイトしててさ、和ともそこで再会したんだ」

    「そうだったんだ……」

    「はい……」

    「……」

    京太郎「……」

    「……」

    優希「……」

    優希「(空気が重い……)」



    「よかったね、京ちゃん」
    18 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:02:23.21 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-55)
    京太郎「咲……?」

    「あのね、和ちゃん。私ね、京ちゃんに告白したことあるんだ」

    「……」

    京太郎「! おい咲、それは……」

    「和ちゃんが転校してからしばらくの間、部室の空気も少し落ち込んでてね」

    「京ちゃんも、見るからに元気なかった」

    京太郎「……」



    「それをね、私、チャンスだと思っちゃったんだ」
    19 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:03:57.22 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-104)
    「京ちゃんが、和ちゃんみたいな女の子のこと好きなのわかってた」

    「その和ちゃんがいなくなった今なら、傷心の京ちゃんを慰めて、そのままゲットできちゃうかも、って」

    「……」

    「だけどね、振られちゃった」

    「やっぱり俺は和のことが好きだから、って言われて」

    「そのあとからだよね? 京ちゃんが麻雀頑張り始めたの」

    京太郎「あ、ああ。そうだけど……」

    「最初はどうせ、ミーハーというか、男子高校生のスケベ心で軽い気持ちで麻雀部に入ったんでしょ?」

    京太郎「おい。まあ否定は出来ないけど……」

    「だけど、本気で好きになっていたことに、いなくなってから気付いたんだよね」

    京太郎「……」
    20 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:04:10.34 ID:YntF3tOC0 (+38,+29,-2)
    優希は口調が普通になってるのか
    21 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:05:04.09 ID:57BvrFrt0 (+29,+29,-3)
    大人になっても語尾がだじぇは無いだろうし
    22 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:05:12.31 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-134)
    「京ちゃんね、麻雀だけじゃなくて、受験勉強もすごく頑張ってたよ」

    「東京の大学に行けば、和ちゃんに会える機会もあるかもー、って」

    「それで本当に合格して上京して、本当に再会までしちゃうんだから」

    「すごいよね」

    「はい……」

    京太郎「……」

    「和ちゃん。雀荘で再会したってことは、京ちゃんと麻雀打ったんだよね?」

    「ええ」

    「京ちゃん、強くなってたでしょ」

    「はい。須賀君がそこにいたことにも驚きましたし、麻雀の上達ぶりに二度驚かされました」

    「でしょう? 私も特訓に付き合ってあげていたからね」

    京太郎「……」
    23 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:07:02.29 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-78)
    「だからさ、京ちゃんが和ちゃんのことを愛する気持ち、本気だと思う」

    「……」

    「すごくすごく、強いと思う」

    京太郎「咲……」

    「まあ、今更出てきた私なんかが言わなくても、これまで一緒にいたお二人自身のほうがよくわかってると思うけど」

    「京ちゃん。和ちゃんのこと、離さないであげてね」

    京太郎「ああ」

    「和ちゃん。京ちゃんに、ついていってあげてね」

    「……はい」
    24 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:07:29.90 ID:hlX7zMEq0 (+10,+20,-3)
    王道の京咲か
    25 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:08:22.06 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-138)
    「……私からはこれだけ! ごめんね、なんか変な話になっちゃって……」

    「いえ、お話聞けて、すごく嬉しいです」

    「咲さんのお気持ちが、一番気がかりでした……。それが晴れて、とてもすっきりしました」

    「私自身、少し迷っていた部分もありますし……」

    京太郎「えっ、そうなの!?」

    「あっ! いえ、違うんです! そうではなくて……」

    「もう、だめだよ和ちゃん。京ちゃんを不安にさせちゃあ」

    優希「麻雀は上達しても、京太郎は気が弱いところあるからなー」

    京太郎「ほんとだぜー。い、いいんだよな? 俺と結婚してくれるんだよな?」

    「……はいっ! よろしくお願いします」

    「おおー」

    優希「見せ付けてくれますなあ」

    優希「(しかし私、終始空気だったな)」
    26 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:10:19.76 ID:jlN4eOO20 (+100,+30,-151)
    >>20-21
    口調が、というか舌足らずがなおったイメージで書いた。



    「ところで優希ちゃんは今なにしてるの?」

    優希「お、おっ!? 私か!?」

    「ゆーきは今、実業団でプレイしているんですよ」

    優希「そう! 東風の得点王は未だ健在だぜ~?」

    京太郎「昨シーズンは池田さんに平均獲得素点で負けてたけどな」

    優希「う、うるさいよ! イケダめ、いつか倒す……!」

    「そっか、池田さんも……」

    優希「ところで、今日は私からも重大発表があります!」

    京太郎「おっ、なんだなんだ」

    「まさか……」

    優希「ふふふ、そのまさかだぜ」



    優希「今度うちの会社から、新製品のタコスが発売されるのです!」
    27 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:11:21.83 ID:E0DXrwjA0 (+3,+3,+1)
    池田ァ!!
    28 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:11:41.78 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-147)
    京太郎「ああ、そういうあれね。はいはい」

    優希「むっ、なんだ貴様その態度は! 重大発表なんだぞ!」

    「タコス……。外食店のメニューとしてですか?」

    優希「いや。あのー、コンビニとかスーパーとかに置いてあるやつ」

    「んー?」

    優希「ほら、あのナンでソーセージ挟んだナンドッグってありますでしょう? パック2個が点線で繋がってて」

    京太郎「あー、あれな」

    「食べたことありません……」

    優希「あーいう袋とも箱ともつかないプラの容器入りのやつです、はい。レンジで温められます」

    京太郎「あー、そりゃいいな。手軽で」

    優希「でしょ」

    「なんか口調が変になってませんか?」

    優希「重大発表なので」
    29 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:12:37.37 ID:E0DXrwjA0 (+43,+29,+0)
    タコス食いてえ
    30 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:13:08.68 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-72)
    優希「だからな、京太郎」

    京太郎「ん?」

    優希「もう、私のためにお前がタコスを作る必要はない」

    優希「お前は、私の犬を卒業するのだ」

    京太郎「なった覚えないけどな」

    優希「これからは、そのタコスをのどちゃんのために作るのだ! いいな!」

    京太郎「うん……。でも和、タコスなんて食べるか?」

    「大好きですよ、タコス」

    優希「のどちゃん!」

    「ふふ」
    31 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:13:38.64 ID:nreV2ZhU0 (+17,+27,+0)
    プリキュアかと思った
    32 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:14:31.45 ID:jlN4eOO20 (+100,+30,-184)
    >>29
    マジで、こういうタコス売ってねえかな。



    「そんなことより、和ちゃんはプロ、だよね。プロ麻雀ってどんな感じ?」

    優希「(あ、咲ちゃんちょっと冷たい)」

    「どう、と言っても、私はどこであろうと同じように打つだけですから……」

    優希「のどちゃんはすごいよ! 昨シーズンはFDPDとFD/FRでリーグ1位!」

    「えふ? えっ、何?」

    京太郎「FDPDとFD/FR」

    京太郎「FDPDは攻撃阻止率とドラ和率をただ足したもの」

    京太郎「攻撃阻止率はツモ和了数と流局数を足して総局数で割ったもので、ドラ和率はようするに表ドラを上手く活用してる度合いだ」

    京太郎「FD/FRはツモ和了数と流局数を足して放銃数で割ったもの。振り込み1回あたり、何回相手を降ろしたか、ってところだな」

    「最近はそんな細かい記録までとるんだ……。京ちゃん、詳しいね」

    京太郎「俺も一応、職業が麻雀と言えないこともないからな」

    優希「ようするに、のどちゃんつえー! ってこと!」

    「恐縮です」
    33 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:15:48.03 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-126)
    カラ カラーン


    「あら?」

    優希「お?」

    「あなたたち! 久しぶりねえ!」

    「ぶ、部長!」

    美穂子「こんばんは」

    京太郎「福路プロも!」

    「ちょっとー、もう部長はよしてよ、咲」

    「なになに、何の集まりなの? 同窓会? 私、はぶられちゃった?」

    「あ、いえ。そういうわけではないのですが……」

    「冗談よ。和は試合で会えるけど、咲は特にご無沙汰だったわね」

    「す、すいません」

    優希「咲ちゃんは人付き合いが悪い、って衣も言ってたぜー?」

    「ご、ごめんね」
    34 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:16:57.05 ID:E0DXrwjA0 (+39,+29,-5)
    たまにタコスっぽいものなら置いてるんだけどな……
    35 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:17:22.98 ID:jlN4eOO20 (+89,+29,-16)
    ちなみに衣は一般男性と結婚して一児の母。
    36 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:18:05.40 ID:57BvrFrt0 (+24,+29,-1)
    ころたんはプロじゃないのか
    37 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:18:14.66 ID:3ml3tYOgO (+24,+29,-1)
    ピンクじゃないピンクは良いピンク
    38 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:18:19.13 ID:hlX7zMEq0 (+29,+29,-3)
    タコスはまあ大人になれば胸の無いアコちゃんだろうし
    39 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:18:38.09 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-74)
    「あれ? 試合で会える、っていうのはどういう……」

    京太郎「なんだ咲、知らないのか」

    「ぶちょ、竹井先輩は昨年からプロとして麻雀を打っているんですよ。長野のチームで」

    「そうだったんですか!?」

    「ありゃー、私の知名度もまだまだか。もっと頑張らないとなー」

    「すいません、私そういうのに疎くて……」
    40 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:19:26.14 ID:E0DXrwjA0 (+53,+29,-6)
    ころたんあの体格で大人になったのかしら
    それとも育ったのかしら
    41 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:20:17.21 ID:jlN4eOO20 (+102,+30,-129)
    >>40
    140くらいにはなったんじゃないかなたぶん。



    優希「部長はねー、異色の経歴を持つ新生プロ雀士なのだよ!」

    「そうなの?」

    京太郎「幾多の雀荘を荒らしまわり、数々の死線を潜り抜けてきた闇に生きる裏プロ、竹井久!」

    優希「それが何人かのプロに推薦されて、編入試験を受けて特例でプロになったんだぜ!」

    「す、すごいね」

    「私はプロになる気はなかったんだけどね。家のこともあるし」

    「(家のことがあるのに裏プロはいいの……?)」

    「だけど美穂子と、ここの店長代理にしつこく説得されちゃってねー」

    「店長代理?」



    ゆみ「」ペコリ



    京太郎「加治木さん!?」
    42 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:21:25.58 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-86)
    「あら、あなたたち気付いてなかったの?」

    「は、はい……。そういえばお店の方がどんな方なのか気にしたこともなかったような」

    ゆみ「はは。モモと一緒にいるうちに、私の影も薄くなってしまったかな」

    「桃子ちゃん! じゃあ今も仲良しでいらっしゃるんですね」

    ゆみ「ああ。というか」



    桃子「ここにいるっすよ」



    「うひゃあ!」

    「これは私も知らなかった」
    43 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:22:14.39 ID:E0DXrwjA0 (+39,+29,-14)
    140cmじゃどっちにしろロリコンじゃないですかー
    おまわりさーん!
    44 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:22:56.14 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-111)
    京太郎「久しぶりだなー、東横さん」

    桃子「久しぶりっすね、京ちゃんさん」

    優希「ありゃ? 二人は仲いいのか? というか知り合いだったのか?」

    京太郎「ああ。同じ大学の麻雀部同士だったからな」

    「そうだったのですか……」

    優希「おっ、のどちゃん嫉妬かー?」

    「やっ、あの、違います! そんな」

    京太郎「ははは、安心していいぞ。男子と女子であんま交流なかったしな」

    桃子「顔を見知ってて少し話したこともある、って程度っすよ。あ、でも」



    桃子「今の旦那を紹介してくれたのは、京ちゃんさんだったっすね」



    「えっ」
    45 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:24:02.61 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-147)
    優希「ええっ! モモちゃん男と結婚したのか!?」

    「私てっきり、桃子ちゃんは加治木さんと……」

    ゆみ「ぐごふっ!」パリーン

    「あら、グラス割っちゃって。ゆみどしたー? 」

    桃子「なんすかそれー。先輩は大好きな先輩ですし親友ですけど、そういうんじゃないっすよー」

    ゆみ「あ、ああ。そのとおりなのだよ君たち……。そんな感情はこれっぽっちもなくてだな私たちはこうドライな関係というか強い信頼というか」

    美穂子「(加治木さん、おいたわしや……)」

    桃子「結婚といえば、そういえば京ちゃんさんたちもご結婚されるそうで。おめでとうございますっす」

    京太郎「ああ、ありがとう」

    「えっ、須賀君結婚するの? 誰と誰と?」

    優希「聞いて驚け! なんとのどちゃんとだぜ!」

    「はい……」

    「和と? へぇー、これはなんというか、意外な気もするし順当な気もするし……」

    「な、なんか照れます……」
    46 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:25:03.87 ID:jlN4eOO20 (+95,+30,-72)
    「確かに、京ちゃんが和ちゃんを大好きなのはわかるけど、和ちゃんは京ちゃんなんかのどこに惹かれたんだろう」

    京太郎「おいこら」

    優希「咲ちゃん、なんだか強かになったぜ」

    「えっ、そんな……。言わなきゃだめですか……?」

    「気になる」

    「気になる」

    桃子「気になるっす」

    美穂子「気になります」

    「ふ、福路さんまで……」
    47 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:25:47.37 ID:E0DXrwjA0 (+39,+29,-3)
    京ちゃんさんという呼び方の妙なフィット感
    49 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:26:14.69 ID:+VY2fLAO0 (+12,+27,+0)
    しずよけ~~
    50 : 以下、名無しにか - 2013/12/29(日) 20:26:17.47 ID:57BvrFrt0 (+24,+29,-1)
    私、気になります!
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 京太郎 + - + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について