のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,559,230人
911,668,198頁
昨日:4,453人
5,236頁
今日:3,308人
3,753頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ剣士「依頼があれば……この剣でなんでも斬る!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 短編集 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 21:48:23.68 ID:8iZC3E7O0 (+135,+30,-118)
    第一話『若奥様を斬る』



    < 剣士の家 >

    剣士(──とかっこつけたところで)

    剣士(こんな平和な田舎町で、物騒な依頼なんかあるわけもなく)

    剣士(世間は、ついに王国軍と大盗賊団の抗争が本格化したとかで大騒ぎだが)

    剣士(この町にはなんも関係ないしな……)

    「すみませぇ~ん、剣士さん」

    剣士「なんですか、奥さん」

    「あの~、スイカを切って欲しいんですけど」

    剣士「はいはい」

    剣士(こんな仕事ばっか……)
    2 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 21:50:14.14 ID:JKblFqqs0 (+11,+26,+0)
    ふむ
    3 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 21:53:28.93 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-186)
    スパンッ! スパンッ!

    剣士「はい、斬れましたよ」

    「ありがとう! 助かったわぁ~」

    剣士「スイカぐらい自分でも切れるでしょうに」

    剣士「こないだはキャベツの千切り、その前はリンゴをウサギさんにする、でしたっけ」

    「でも、あたしって料理が下手なのよ~」

    剣士(ウソつけ……少しでも手を抜きたいだけだろう)

    剣士「だったら……さっきのお代はいりませんから、俺に料理を作ってくれませんか?」

    剣士「味を見てあげますよ」

    「そんなことならお安い御用よ。台所と材料を借りるわね」

    剣士「どうぞどうぞ」

    剣士(ラッキー、昼飯まだだったんだよな)
    4 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 21:58:18.02 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-166)
    しばらくして、料理が出来上がった。

    「さ、召し上がれ」

    剣士(お、うまそうじゃん)

    剣士「じゃ、いただきま──」パクッ

    剣士「す!?」

    剣士「お、おお……! なんだこれ……!? うげえええっ!」

    「やっぱりダメ?」

    剣士(ダメってレベルじゃない! どうなってんだ、これ!?)

    剣士「これ……ちゃんと味見してるんですか?」

    「もちろん。で、おかしいとこを直そうとすると、ますますおかしくなって……」

    「でも、主人は美味しいって食べてくれるから……」

    剣士(結果として、この劇薬が生まれたってわけか……)

    剣士「……奥さん」

    剣士「今日は帰しませんよ! 俺が徹底的に特訓します! この剣に賭けて!」

    「ええっ、そんなぁ!」
    5 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 21:59:02.04 ID:sewghPbDi (+19,+29,+0)
    危険な香りがする
    6 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:00:23.77 ID:8PoWxTjW0 (-2,+12,+0)
    ほう
    7 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:01:38.00 ID:8iZC3E7O0 (+93,+30,-90)
    気づいた時には、もう夜になっていた。

    剣士「ハァ、ハァ、ハァ……」

    「ハァ、ハァ、ハァ……」

    剣士「まあ、少しはマシになりましたね」

    剣士「とりあえず、調味料をドバッと入れるクセと」

    剣士「ミスった時に砂糖の甘さを塩で相殺させる、みたいなバカなマネをやめれば」

    剣士「だいぶ、よくなると思いますよ」

    「ええ、ありがとう!」

    剣士(ふう……もう剣士の仕事じゃねえよな、これ)
    8 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:05:27.55 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-123)
    数日後、町でおかしなウワサが広がっていた。

    ザワザワ……

    「あそこの若奥さんが剣士さんの家にずっといたとか……」

    「今日は帰さない、とか声が聞こえたって……」

    「二人して、息が荒くなってたとか……」

    ザワザワ……

    剣士(な、なんか……俺とあの奥さんが不倫したみたいになってやがる!)

    剣士(しかも、小さな町だから、広がるのが早い!)

    剣士(ま、まずいぞ……旦那の耳に入る前になんとかしねえと!)

    「剣士君!」

    剣士「ゲッ!?」

    「君にいいたいことがある」

    剣士「いや、その、あの……」オドオド…
    10 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:06:34.69 ID:2QnBTxou0 (+11,+26,+0)
    ふむ
    11 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:07:54.20 ID:e3gRf1h60 (+0,+15,-3)
    まだかね?
    12 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:09:31.86 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-124)
    「あ、ありがとう……!」グスッ…

    剣士「へ!?」

    「やっと……やっとあの地獄の日々から解放された……!」

    「君のおかげで、妻がようやく“料理”と呼べるものを作るようになってくれた!」

    「惚れた弱みでマズくてもいえなかったんだ……なかなか」

    「しかも、ボクは出されたものは全部食べないと落ちつかないタイプだから」

    「本当に大変だった……!」

    「これも、君が妻の料理下手をばっさり切ってくれたおかげだ! ありがとう!」

    剣士「いやぁ~、いいんですよ」

    剣士(斬るのは……なにも剣だけでなく、口でもできるってことか)

    ちなみにウワサは七十五日どころか、七日で消えたという。



    ~おわり~
    13 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:11:49.02 ID:zwXTpEffO (+2,+12,+0)
    ほう
    14 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:11:53.46 ID:jKf9qea+0 (+24,+29,-7)
    第一話だからまだ続くんだよな?
    15 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:15:32.45 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-215)
    第二話『カップルを斬る』



    < 剣士の家 >

    剣士「オイオイ、俺はあくまで剣を使うのが仕事なんだぞ?」

    町娘「えぇ~!? でも、外の看板に『なんでも斬ります』って書いてあるじゃない!」

    剣士「そりゃ書いたけどさ……」

    剣士「なんで君と、今付き合ってる彼氏の縁を切らなきゃならないんだよ」

    町娘「だって……イマイチ頼りないんだもん」

    剣士「別れたいんなら、自分で振ればいいだろうが」

    町娘「でも、彼のどこが悪いか、具体的によく分からないし……」

    町娘「なんかいいだしにくくって……ね、お願い! なんとかして!」

    剣士「しょうがないなぁ……」
    16 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:18:33.43 ID:jKf9qea+0 (+24,+29,+0)
    ファッキンビッチ
    17 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:20:16.30 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-140)
    しばらく考えた後──

    剣士「じゃあ、こうしよう」

    剣士「明日の夜、この町をちょっと出たとこにある森で」

    剣士「君と彼氏とでデートするんだ」

    町娘「うんうん」

    剣士「で、俺が変質者のフリして襲いかかるから……」

    剣士「そんなに頼りない彼氏なら、多分ビビりあがって、逃げちまうだろう」

    剣士「そしたら、それを理由にして別れ話を切り出せばいい」

    剣士「どうだ?」

    町娘「悪くないわね! いいわ、それ採用!」

    剣士(まったくひどい話だ……ま、別れた方が相手の男にとってもいいかもな)
    18 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:24:38.10 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-174)
    翌日の夜──

    < 森 >

    青年「ホ、ホントにこんなところでデートするの……? やめようよ……」

    町娘「だらしないわねぇ~、こういうとこでデートするのがスリルあるんじゃない」

    剣士(来たな……覆面をかぶって、と)ガバッ…

    覆面「ヒヒヒ……」ヌゥッ…

    青年「うわっ!?」

    町娘(来たわ!)

    覆面「俺は人を斬るのが大好きなんだぁ~……斬らせてくれよぉ~……」チャキッ

    町娘(なかなかの名演じゃないのよ!)

    青年「う、う……う……」
    19 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:24:44.73 ID:2DyzfpXf0 (-17,-7,+0)
    いつも面白い ④
    20 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:27:49.19 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-194)
    青年「うおおおおおっ!!!」ガシッ…

    覆面「!?」

    青年「町娘ちゃん! 逃げてぇっ! 早く逃げてぇっ!」

    町娘「えっ……」

    青年「うわぁぁぁっ!!!」

    覆面(コ、コイツ……力はないが、なんて気迫だ! こっちがビビっちまってる!)

    青年「ボクは死んでもいい……彼女だけは絶対守るっ!」

    覆面(だけど、なんとかしてビビらせないと……!)

    覆面(仕方ない……やるしかない!)ビュアッ

    ビシュッ!

    次の瞬間、青年の服にべっとりと血がついていた。

    覆面(どうだ……!?)

    町娘「!?」
    21 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:31:06.59 ID:zwXTpEffO (+24,+29,-8)
    この青年………
    か、漢だ………
    22 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:32:28.17 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-305)
    町娘「な、なにやってんのよ……」プルプル…

    町娘「やりすぎなのよ、アンタはァッ!」バッ

    覆面「へ?」

    ゴシャッ!!!

    町娘のドロップキックが、覆面に炸裂した。

    覆面「あがっ……!」ヨロッ…

    覆面「ち、ちくしょう、覚えてやがれ!」ダダダッ

    町娘(もう……ビビらせるだけっていったのに、まさか斬るなんて……!)ハァハァ…

    町娘「大丈夫!? 血がついて……! どこを斬られたの……?」

    青年「いや……ボクはどこも斬られてないよ」

    町娘「そうなの!? でも、よかった……あなたが無事で……!」

    町娘「ごめんなさい、ごめんなさい……全部あたしが悪いの……」グスッ…

    青年「(なにがなんだかサッパリだけど──)いいんだよ」
    23 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:35:16.55 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-89)
    剣士「いってぇ~……」ズキズキ…

    剣士(相手を斬るフリして自分の腕を斬るわ、ドロップキックされるわ……散々だな)

    剣士(だけど──)



    町娘「行こっ!」

    青年「う、うん……!」



    剣士(俺の血が二人の赤い糸になったみたいだし、よしとするか)

    剣士(あれはもう、俺の剣でも斬れないだろう)



    ~おわり~
    24 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:35:33.90 ID:2DyzfpXf0 (+14,+29,+1)
    剣士イケメン
    25 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:36:05.34 ID:tbwecK880 (+19,+29,-3)
    最後のセリフで惚れた
    26 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:40:00.13 ID:zwXTpEffO (-5,+4,-4)
    器用だな
    27 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:41:26.92 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-143)
    第三話『斬られる剣士』



    ギィンッ!

    ワァァァ……! ワァァァ……!

    友人「ハァ、ハァ……やったぞぉっ! 俺の勝ちだぁっ!」

    剣士「ぐっ……!」

    剣士(正面からまっすぐ攻めたけど、まっすぐ押し切られたか……!)

    剣士(これで俺が王国軍の精鋭として、剣を振るう道は絶たれた……!)



    ……………

    ………



    剣士「…………!」ガバッ

    剣士(また……あの時の夢か……)ハァハァ…

    剣士(もし、あの試合で勝てていたなら、今頃俺はどうなってたんだろうか……)
    28 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:41:47.87 ID:95HFSzgr0 (+24,+29,-1)
    上手いこと言いやがって
    30 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:44:38.04 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-93)
    < 剣士の家 >

    週一回、剣士の家では剣術の稽古が行われている。

    剣士「みんな、木剣はちゃんと持ってきてるな?」

    「はいっ!」 「はーいっ!」 「はいっ!」

    剣士「じゃあ、今日は素振りからだ!」

    ただし、生徒はみんな子供である。

    剣士(くっ……今朝、あんな夢見ちまったから)

    剣士(なんで俺が子供たちの相手しなきゃならない、とか思っちまってる)

    剣士(くそっ……そんな自分にもイラついてきやがる……)

    剣士(平常心、平常心……)

    剣士「──ん?」
    31 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:48:26.01 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-196)
    生徒の中で一人だけ、メチャクチャな素振りをしている少年がいた。

    少年「えいっ、やぁっ、とおっ!」ブオンブオンッ

    剣士(この子は……子供たちの中で一番才能を感じる生徒だ)

    剣士(将来的には、多分だけど、俺より強くなるだろう)

    剣士(だけど、こういう時は叱らないとな)

    剣士「コラ、ちゃんと素振りしなきゃダメじゃないか! ふざけちゃダメだ!」

    少年「ちゃんと……?」ピクッ

    少年「だったら先生も、ちゃんと教えてよ。さっきからずっとイライラしてるじゃん」

    剣士「なっ……!(見透かされてた……!?)」

    少年「そういえば先生ってさ、むかし王国軍のエリート剣士を目指してて」

    少年「いいところまで行ったけど、結局ダメだったんでしょ?」

    少年「その時のことを思い出して、イラついてんじゃないのぉ~?」

    剣士「…………」プルプル…
    32 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:51:09.74 ID:zwXTpEffO (+19,+29,+0)
    バイブ剣士
    33 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:52:49.67 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-146)
    剣士「うるさいッ!!!」

    剣士「お前みたいな子供になにが分かる!」

    剣士「いくら才能があったって、まだまだお前は親のスネかじりなんだ!」

    剣士「親の金で剣術習ってるんだから、大人しく俺のいうとおりに練習しろ!」

    剣士「────!」ハッ

    シ~ン……

    少年「…………」

    剣士(しまった……俺はなんてことをっ! なにやってんだ!)

    剣士(自分の心をコントロールできないようじゃ、剣士失格だ、俺は……!)

    少年「…………」ウルッ…

    剣士「(涙!?)ご、ごめっ──」

    少年「ありがとう、先生!」

    剣士「へ!?」

    少年「おかげで新技のヒントが掴めたよ! ちょっとやってみていい!?」

    剣士「いいけど……」
    34 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:56:39.56 ID:+kFWdmFK0 (+0,+14,+0)
    イイネ
    35 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:57:20.18 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-91)
    木剣を構える剣士と少年。

    少年「今からボクが殴りかかるから、反撃してみて!」ザッ…

    剣士「わ、分かった……」

    少年「えいっ!」ヒュッ

    剣士「とうっ」ブンッ

    少年は体の小ささを利用して剣をかわすと──

    少年「ここっ!」シュッ

    ボゴォッ!

    剣士のスネに木剣をブチ当てた。

    剣士「うっ……うごぉぉぉっ!」ゴロゴロ…

    少年「やったぁ!」
    36 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 22:59:52.03 ID:zwXTpEffO (-9,+0,-2)
    かじった!
    37 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 23:02:37.67 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-197)
    少年「このところ、なにか新しい必殺技が思いつきそうで思いつかなかったんだけど」

    少年「先生のおかげで思いつけたよ! ありがとう!」

    剣士「いだだ……いやぁ~」ズキズキ…

    剣士(みごとな一撃だった……本物の剣だったらスネを斬られてたところだ)

    剣士(さっきの変な素振りは、それを模索してたってところか)

    剣士(それに全く気づけなかったことといい、怒鳴っちまったことといい……)

    剣士(俺もまだまだだな)

    剣士(まだまだってことはつまり、この町でも俺は進歩できるってことだ!)

    剣士「みんな、稽古を再開するぞっ! 君も今度はちゃんと素振りしろよ!」

    少年「はいっ!」

    「えいっ!」 「はあっ!」 「でやっ!」

    剣士(エリートになれなくても……剣の道を歩むことはできる……)



    ~おわり~
    38 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 23:08:58.46 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-174)
    第四話『エリートを斬る』



    < 町 >

    ザワザワ…… ガヤガヤ……

    剣士「あの、なにかあったんですか?」

    「今日から国から派遣された騎士が、町に駐在することになったんだ」

    「で、みんなでどんな騎士なのか見にきてるのよ~」

    剣士「へぇ~」

    剣士(騎士といえば、生まれからしてちがう、エリート中のエリート……)

    剣士(それが町に駐在するってことは、この町は国の保護下に入ったも同然ってことだ)

    剣士(そりゃあ、盛り上がるよな……。さて、どんな奴なんだろ?)



    騎士「今日からこの町に駐在することになった。みんな、よろしく頼む」



    剣士(お、女ァ!?)
    39 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 23:12:29.22 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-169)
    騎士「さて……私が女ということで、不安に思っている人間も多いことだろう」

    騎士「そういえば、この町には半ば便利屋のような腕利きの剣士がいるときく」

    剣士「!」ピクッ

    剣士「あ……多分それは俺のことかと……(他に剣士なんていないしな)」

    騎士「フフフ……君か」

    騎士「なぁ、勝負をしないか? どちらが町一番の戦士か、この場で決めるんだ」

    剣士「いや……俺は勝負なんて……」

    騎士「逃げるのか……まあいい」

    騎士「剣で戦う私と、剣で遊んでいる君では、勝負になるはずがないものな」

    剣士「!」カチン

    剣士「聞き捨てならないな……今の言葉」

    剣士「いいだろう、受けて立ってやる!」
    40 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 23:12:31.32 ID:dOsFsmrd0 (+6,+21,-2)
    ヒロインかな?
    43 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 23:16:35.73 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-183)
    数十人の町民が見守る中、試合をすることになった剣士と女騎士。

    剣士(こんな風に試合をするなんて、何年ぶりかな……)

    騎士「いくぞっ!」ダッ

    キィンッ! ギンッ! キンッ!

    剣士(速いっ! 口だけじゃないな、この女! さすがだ!)

    騎士「どうした、どうした!?」

    ガッ! ギィンッ! キンッ!

    剣士(あ、ヤバイ。これ以上下がったら、野次馬が危ない──)

    騎士「そこだっ!」シュッ

    ピタッ……

    一瞬のスキを突かれ、剣士の首筋に刃が突きつけられた。

    剣士「ぐ……! ま、参った……!」

    騎士「フッ、私の勝ちだな」
    44 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 23:19:39.82 ID:zwXTpEffO (+24,+29,-3)
    もう一本の剣で…!
    45 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 23:20:05.21 ID:w4Li/tE+0 (+19,+29,-4)
    我がエクスカリバーを受けてみよ!
    46 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 23:22:23.45 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-151)
    < 剣士の家 >

    剣士(完敗だな……)

    剣士(試合は久しぶり、とか野次馬に気を取られた、なんて言い訳にもならない)

    剣士(ま、元々強さをウリにしてたわけじゃないから、商売に差し支えないけど……)

    剣士(やっぱへこむよなぁ……)フゥ…

    剣士(それにしてもあの女騎士……)

    剣士(あんなに強いのに、なんでこんな田舎町に来ることになったんだ?)

    剣士(今、王国軍は大盗賊団と戦ってるハズだってのに……)

    ワァァ…… キャァァ……

    剣士「?」

    「コソドロだァ!」 「またあいつ盗みやがった!」 「捕まえろおっ!」

    剣士(またコソドロか……アイツも懲りないな)

    剣士(どれどれ、俺が退治してやるか)
    47 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 23:24:42.46 ID:dp/hzI1Fi (-29,-17,-1)
    パン屋の人?
    48 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 23:25:22.77 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-67)
    < 町 >

    剣士(お、いたいた)スッ…

    剣士(また叩きのめしてやる)



    コソドロ「へっへっへ~、オイラが捕まるもんかよォ!」スタタッ

    コソドロ「──ん?」

    騎士「…………」チャキッ



    剣士(なんだ女騎士がいたのか。なら任せるか……)



    コソドロ「どけ、どけ、女ァ~!」タタタッ

    騎士「う、ううっ……」ガチガチ…



    剣士(ど、どうしたんだ!?)
    49 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 23:28:20.32 ID:zwXTpEffO (+2,+12,-2)
    生理か…
    50 : 以下、名無しにか - 2013/12/25(水) 23:29:24.10 ID:8iZC3E7O0 (+95,+30,-167)
    騎士(やはり……体が動かない! 試合であれば平気なのに──)ガタガタ…

    騎士(“本番”だと……緊張してしまって……)ガタガタ…

    コソドロ「どけどけぇ~っ!」タタタッ

    騎士「ひっ……!」

    ガンッ!

    コソドロ「あぐっ……」ドサッ…

    剣士が投げた剣の柄が当たり、コソドロは失神した。

    騎士「あ……」

    ザワザワ……

    「ありがとう、剣士さん!」 「コソドロめ!」 「とっつかまえろ!」

    「今女騎士さん、ビビってなかった?」 「マジ?」 「エリートなのに……」

    町民から、剣士への称賛と、女騎士への懐疑の声が入り混じる。

    騎士(うっ……)

    剣士「…………」
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 短編集 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について