のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,538,632人
911,644,933頁
昨日:4,713人
5,410頁
今日:2,636人
2,871頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレほむら「鹿目まどかの消失」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:08:51.85 ID:EYQQrqb2i (+120,+29,-13)
    ほむ「ーーー結局、この時間軸でもまどかを救えなかった。………次こそは、必ず……!」




    カチッ
    2 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:11:55.27 ID:/lj4hzrW0 (+4,+19,+0)
    ほむ
    3 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:12:43.88 ID:EYQQrqb2i (+90,+30,-34)
    早乙「はーい、それじゃあ自己紹介いってみよう!」

    ほむ「暁美ほむらです。よろしくお願いします」

    ほむ(まどか、今度こそ貴女を…)

    ほむ「………?」

    ほむ(まどかが、いない……?)
    4 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:13:32.05 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-75)
    マエハドコノガッコウダッタノー?スッゴクキレイナ髪ダヨネー!ワイワイキャッキャッ


    ほむ「…」

    ほむ(何かがおかしい…)

    ほむ(まどかは休みかしら?でも、こんな事は今までで初めてだわ…まさか、既にまどかの身に何か……!?)


    「ほら皆ー、転校生困ってるじゃん。一気に質問し過ぎだって」

    ほむ「…!」

    ほむ(こいつは…)
    5 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:14:24.88 ID:EYQQrqb2i (+90,+30,-36)
    ほむ「美樹…さやか」ボソ

    さや「え?」

    さや「もしかしてもうあたしの名前覚えてくれてる?いやー、照れるなぁ」ポリ

    ほむ「…」

    ほむ(彼女から私に接触してくるなんて珍しいわね…)
    6 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:15:20.96 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-116)
    さや「ん?何か顔色良くないね。保健室行く?」

    ほむ「…いいえ。その必要はないわ」

    さや「そう?まだ退院したばっかりなんだし、気分悪くなったらいつでも言ってよ?」ニコッ


    ほむ(…この時間軸の美樹さやかは何だか友好的ね。)ホムゥ

    ほむ「ええ。…ありがとう」

    さや「いいっていいって。こう見えてもこのクラスの"保健係"だからさ!」

    ほむ「……っ!?」ガタッ
    7 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:16:26.28 ID:EYQQrqb2i (+90,+30,-49)
    さや「うわっ!びっくりしたー。そんなに驚く事ないでしょっ」ハハッ


    ほむ(………一体どういう事?美樹さやかが保健係?そんなはずは…)

    ほむ(…やっぱり、何かがおかしい。この状況は一体……)
    8 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:17:09.36 ID:nNE2dD4q0 (-23,-11,-1)
    期待
    9 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:17:20.64 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-98)
    ほむ「………」

    さや「ねぇ、ちょっと大丈夫?やっぱり保健室に…」

    ほむ「っ!触らないで……っ!」パシッ

    さや「…っ!」


    エー何ー?ドウシタノー?ザワザワ


    さや「いっ…たいなぁ…」

    さや「あんた、いきなり何なわけ?あたし気に障るような事したかなぁ?」

    ほむ「……だって…おかしいじゃない。美樹さやか…貴女が、保健係だなんてそんな…」
    10 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:18:08.65 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-103)
    さや「はぁ?あたしが保健係の何がおかしいっての?こっちからしたら、あんたの言ってる事の方がおかしいんだけど?」


    大丈夫ー?暁美サンドウシチャッタノ…ヒソヒソ


    さや「…転校生?」

    ほむ「…私の知る限りでは、このクラスの保健係は貴女ではなくまどかだったはずよ」

    さや「はぁ?まどか…?」





    さや「……まどかって、誰?」
    11 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:19:22.87 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-89)
    ほむ「……!」

    ほむ(一体どうなってるっていうの…?美樹さやかが、まどかを…知らない?)

    さや「…仁美、分かる?」

    仁美「まどか…さん?さぁ、聞いた事ありませんわねぇ」

    ほむ「っ!」

    ほむ「……まどかは…まどかよ。貴女達……鹿目まどかを忘れたって言うの………」

    仁美「あの…暁美さん?このクラスにはそんな方いらっしゃいませんわ」


    仁美「どこか他のクラスと勘違いしているんじゃ…?」
    12 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:20:24.21 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-109)
    ほむ(そんな…そんなはずは……ないわ…)ガタッ


    ほむ「貴方は、鹿目まどかを知ってるでしょう!?」
    エ…シ、知ラナイヨ…ビクッ

    ほむ「このクラスの保健係は鹿目まどかよね!?」
    保健係ハズット美樹サンダヨ…


    ザワ…ヒソヒソ…暁美サンドウシチャッタノ?怖イ…。大丈夫ナノ?


    ほむ「…っ」


    ほむ(何なの…一体何が……どうなっているの)
    13 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:22:33.74 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-57)
    街中


    ほむ(結局、あれから何の進展もないまま放課後になってしまったわ…)

    ほむ(鹿目まどかが存在しない時間軸。魔女の仕業か……もしくは…こんな芸当が出来るのは…)



    「……ふふっ。帰ったら大きなケーキを焼きましょう。それで、…をびっくりさせるの!」クスクス




    ほむ「!」

    ほむ「あ、あれは…!」
    14 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:23:20.74 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-78)
    ほむ「巴マミ!」ダッ



    マミ「え?」

    ほむ「…っこの街は何かがおかしい!魔女の仕業かも…貴女は何か感じない?そうだ、キュゥべえ…キュゥべえの居場所は知ってるかしら!?」

    マミ「え?あの…?」

    マミ「…あなたは?……魔女って…何の事…?」

    ほむ「…!」

    ほむ「と…巴マミ、貴女は……魔法少女の巴マミよね?」



    マミ「まほー…しょうじょ?」
    15 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:24:16.53 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-48)
    ほむ(っ!そんな…巴マミまで)

    「マミ、お友達?」


    ほむ「!」

    マミ「 お 母 さ ん 」

    ほむ「…!?」

    マミ「ううん?同じ学校ではあるみたいだけど…」

    マミ「えーと…どこかで会った事あるかしら?それと、魔法少女って?」
    16 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:25:19.54 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-94)
    ほむ「どうして…それに巴マミの両親は、事故で…」ボソ


    マミ「!」

    マミ「あら、どうして事故の事?マミ、やっぱり知り合いじゃないの?」

    マミ「知らない人のはずなんだけど…」

    マミ「確かに昔事故にはあったけど、軽い怪我で済んだくらいだし。それより、どうして貴女がその事を知ってるの?」
    17 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:26:26.25 ID:EYQQrqb2i (+90,+30,-36)
    ほむ(……一体…どうなって……)フラ…

    マミ「あの?」

    ほむ「っ巴マミ!」

    マミ「は、はいっ?」

    ほむ「ティロフィナーレという言葉に覚えはない?」

    マミ「 」
    18 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:26:42.00 ID:zeajPQ940 (+12,+27,+0)
    紫煙
    19 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:27:05.01 ID:EYQQrqb2i (+90,+30,-50)
    マミ「ティロ…え?」


    ほむ「 」

    ほむ「…何でもないわ。忘れて頂戴」



    ほむ「親子水入らずの所を邪魔して悪かったわね」ファサッ





    マミ「ティロフィナーレ…か」ボソッ
    20 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:28:02.06 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-49)
    次の日

    さや「おはよう転校生。今日は調子どう?また昨日みたいに急に暴れないでよー?」

    ほむ「…心配には及ばないわ」ファサッ

    ほむ「ところで、一つ確認しておきたいのだけれど…貴女、喋る猫のような生き物を見た事があるかしら?」


    さや「 」

    さや「やっぱり保健室、行く?」
    21 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:28:57.35 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-55)
    ほむ「良いから聞いて」

    ほむ「それで、その生き物が言うのよ。何でも願いを叶えてあげるよ。…って」

    ほむ「美樹さん…貴女なら何を願う?」

    さや「…これはまた唐突な」

    さや「あたしなら……うーん、迷うなぁ」
    22 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:29:44.60 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-121)
    ほむ「何でも良いのよ。…そう。例えば、怪我をした知り合いの天才バイオリニストの腕を治してあげたい。とか」

    さや「え、あんた恭介の事知ってんの?」




    さや「いやまぁ…そりゃあ確かに早く退院して欲しいとは思うけど…」

    さや「…でもそんな物に頼るよりさ、自分の力で頑張って乗り越えて欲しい…そしてあたしはそれを全力で応援したい…って、思うかな?」

    さや「まぁ、手も順調に回復に向かってるっていうしね!そんなチャンスがあったら、本当にそれを求めてる人に譲るよ」

    さや「…って、夢がなさすぎでしたかねー?」アハハハ
    23 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:30:33.67 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-45)
    ほむ(まどかがいないのなら、こんな時間軸は無かった事にする事も出来る)

    ほむ(…戻った所で、その時間軸にまどかが存在しているとは限らないけれど。試してみる価値はあるかもしれない)

    ほむ(…でも)




    マミ『お母さん』

    さや『手も順調に回復してるっていうしね』




    ほむ(…………)
    24 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:31:54.29 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-107)
    結界内

    ドンッドンッ

    ほむ「こんなにも狂った時間軸でも、魔女との戦いは避けられないのね……っ」

    ドオオオンッ………カラン

    ほむ(…それにしても)

    ほむ「巴マミが魔法少女にならなかったのだとしたら、誰がこの見滝原を守っていたのかしら」

    ほむ「他の魔法少女が縄張りにしているようでもなければ、別段魔女が放置されているとも思えない……」


    ほむ「インキュベーターも今まで姿を現さないなんて…何かの企みか何かなの…?」
    25 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:32:31.80 ID:EYQQrqb2i (+89,+29,-4)
    ほむ「…まどか……」




    ほむ(……まどか…会いたい………)
    26 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:33:16.96 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-86)
    次の日

    さや「転校生ー!ねー、数学教えてくれない?今日当てられそうなんだわー」アハハ

    ほむ「美樹さ、ん…別に構わないけれど。どこかしら?」

    さや「 」

    ほむ「?…何かしら?」

    さや「え?あ、いやー…意外だったからつい。てっきり嫌われてると思ってたしさ」

    ほむ「…」

    ほむ「私も…貴女とこういう風に、普通のクラスメイトとして話す日が来るとは思ってなかったわ…」ボソッ


    さや「え?」
    27 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:34:20.47 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-114)
    早乙「あ、暁美さんに、美樹さん…丁度良かった」

    さや「和子先生?」

    早乙「2人に聞きたい事があって…どう?暁美さん、クラスには馴染めてる?」

    早乙「言いづらいんだけど、転校初日に美樹さんとケンカしちゃった…って聞いたんだけど…その様子だと仲直り出来たのかな?」

    さや「やだなぁ!ケンカなんて大げさですよ。仲直りも何も、別に仲悪いって訳じゃないしね」ハハハ

    早乙「そう?なら別に良いんだけど…」
    28 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:34:36.43 ID:Fz0/UXtW0 (+24,+29,+2)
    ほむほむ ほむほむ ほむほむ
    29 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:34:54.96 ID:EYQQrqb2i (+90,+30,-36)
    さや「あ、でさー、転校生?その例の探してる人って見つかったの?」

    さや「えーっと、何だったかな…何とかまどか…だっけ?」





    早乙「え?まどか?」
    30 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:35:57.91 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-95)
    早乙「あっ、ごめんなさいね?知ってる名前が出てきたからつい」フフ

    早乙「私の知り合いの娘さんでね、そうそう!丁度あなた達と同じくらいの歳で…名前は、"鹿目まどか"ちゃんっていうんだけど」



    ほむ「っ!!」

    ほむ「…っ……鹿目まどかを知ってるんですか!?」ガシッ


    早乙「えっ?えっ?暁美さん?」


    ほむ「教えて下さいっ!鹿目まどかの事……っ」


    ほむ「鹿目まどかは、今どこに……っ?」
    31 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:36:50.94 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-64)
    早乙「……確か、最近海外から帰ってきて、今は隣町の風見野の学校に通ってるはずだけど。暁美さん、まどかちゃんと知り合いなの?」



    ほむ「…っ」

    ほむ「まどか……」

    ほむ(やっと…やっと手掛かりを見つけたわ……まどかっ)
    32 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:37:55.90 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-42)
    ほむ「っ先生!」

    ほむ「気分が優れませんので、今日は早退しますっ!」クルッ


    早乙「えっ?ちょっと、暁美さん?えっ?えっ?」


    ほむ「……それから、美樹さやか!」

    ほむ「ありがとう」


    さや「へっ?……お、おー!」
    33 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:38:40.80 ID:EYQQrqb2i (+90,+30,-41)
    風見野中

    ほむ「勢い余って来てしまったのは良いけれど、よく考えたらまどかも授業があるのよね」

    ほむ「…」ソワソワ

    ほむ「時間停止して乗り込もうかしら」



    ほむ「……」ソワソワ
    34 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:40:08.92 ID:++xopC1n0 (+24,+29,-1)
    プライベートで仲良くなっていちゃいちゃ
    35 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:40:17.08 ID:EYQQrqb2i (+90,+30,-31)
    ほむ「…風見野か。そういえば、佐倉杏子はどうしているかしら…」

    ほむ「巴マミや美樹さやかと同様に、佐倉杏子も魔法少女になっていないという可能性もあるわね……」
    36 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:41:10.87 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-143)
    放課後

    キーンコーンカーンコーン…ガヤガヤ


    ほむ「…やっと放課後ね。生徒達が一斉に下校して行くわ」

    ほむ「……ちゃんとまどかを見つけられるかしら」ドキドキ


    ほむ(…思えば、魔法少女の巴マミと出会っていないのなら、鹿目まどかが魔法少女になる可能性は一気に下がる訳よね……。だったらいっそ、魔法少女である私と会わない方が良いのかも…)

    ほむ(………)


    「腹減ったなー。なぁーどっか寄ってこーぜ!」「…ちゃん、さっきもお菓子食べたばかりじゃない」ティヒヒ


    ほむ「……あっ」
    37 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:42:30.63 ID:EYQQrqb2i (+90,+29,-15)
    ほむ「……まどか…」

    ほむ(やっと見つけた…っそれに…)



    ほむ「…まさか、佐倉杏子まで一緒なんてね」
    38 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:42:47.96 ID:Tseso34X0 (+19,+29,+0)
    こういう展開は珍しい
    39 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:43:36.56 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-90)
    ほむ「まどかっ!」


    まど「!……え?」

    ほむ「…」

    ほむ「……まどか…」

    まど「…あ、えっと……」

    杏子「おいまどか、知り合いか?こいつ」

    ほむ「佐倉杏子」

    ほむ「ご家族は元気かしら?お父様はまだ教会で神父を?」

    杏子「!何だ?あたしの事も知ってんのかよ…どっかで会ったか?」
    40 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:44:28.00 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-102)
    ほむ「佐倉杏子。インキュベーター…いえ、貴女にはキュゥべえと言った方が良いかしらね…この言葉に聞き覚えはない?」

    杏子「はぁ?インキュ…?からかってんの?」

    ほむ「そう…。やっぱり貴女も、魔法少女にはなっていないようね」

    まど「魔法…少女…?」

    杏子「なぁ…変な奴なんじゃねぇの?まどか、もう行こうぜ」

    まど「…で、でも杏子ちゃん…」

    杏子「良いからほっときなよ。気味悪りぃ」スタスタ

    まど「…う…うん…」チラ
    41 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:45:49.61 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-93)
    ほむ「!待って!まどか…っ」ポムッ

    まど「!……ほむらちゃ…っ」ハッ

    杏子「!?…その格好は…コスプレか何かか?」


    ほむ「お願い。私の話しを聞いて…っ」ギュッ

    まど「!」

    杏子「お、おい!離…」

    ほむ「まどか、杏子、私から離れないで」カチッ




    まど「!」

    杏子「!?」

    杏子「どういう事だ…おい。周りが…停まった…?」
    42 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:46:37.54 ID:EYQQrqb2i (+95,+30,-114)
    杏子「おい!あんた一体何なんだ?あたしらに何を…」


    ………カチッ

    ザワザワ
    ネェ、今アノ子一瞬変ナ格好シテナカッタ?サァ?気ノセイジャナイ?


    杏子「!……白昼夢でも見たってのか?」

    ほむ「いいえ、今のは時間停止。私のチカラよ」

    ほむ「…まどか」ギュッ

    まど「…!」

    ほむ「…私ね、未来から来たんだよ。貴女との出会いをやり直したくて…。信じて貰えなくても良い…私の話しを聞いて聞いて欲しいの…っ」

    まど「 」
    44 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:47:51.17 ID:kec6BCJ5i (+60,+30,-95)
    まど「うん……うん。信じるよ」ソッ

    ほむ「!」

    杏子「まどか!?」

    まど「だから…あなたの話し、ちゃんと聞かせて?」

    ほむ「……まどか…………ありがとう」




    まど「じゃあ、改めて」

    まど「私、鹿目まどか。まどかって呼んで」ニコッ

    杏子「…まぁ、あんなん見せられたら、信じるっきゃねーんじゃねえの?」スッ

    杏子「佐倉杏子だ。………食うかい?」

    ほむ「……ええ。暁美ほむらよ。ほむらで良いわ」ニコ
    45 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:48:55.91 ID:kec6BCJ5i (+60,+30,-142)
    ファーストフード店

    ほむ「……という訳で、私は幾度もの時間を繰り返してきた」

    杏子「…ふぅん。で、今回だけが唯一のイレギュラーって訳ねぇ。…にわかに信じらんねぇけど、それも本当なんだろうな…」チッ

    まど「…杏子ちゃん?」

    杏子「いや…」

    杏子「それでその、インキュ……キュゥべえってやつが黒幕なのは確かなのか?」

    ほむ「さぁ」

    杏子「さぁ…って、おい!」ズコッ

    ほむ「違うとも言い切れないし、そうだとも言い切れないわ」

    ほむ「…限りなく怪しくはあるけれど」
    46 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:49:47.19 ID:kec6BCJ5i (+60,+30,-116)
    ほむ「…巴マミの事故、上条恭介の怪我、佐倉杏子の…家族の心中。そして、私とクラスメイトになるはずだった鹿目まどか。共通する物は全て"魔法少女になるべき理由だった"という事」

    ほむ「これら全てが、何らかの形で書き換えられている」

    ほむら「あいつがこんな事をしても特にはならないはず」

    杏子「じゃあ、誰なんだよ…」

    ほむ「分からないわ。そのインキュベーターだって姿を現さないのだもの」

    ほむ「インキュベーターの企みかもしれないし、もしくは別の誰か…」

    ほむ「もしかしたら、誰かの願いによって作られた世界なのかもしれないわね」
    47 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:50:46.58 ID:kec6BCJ5i (+60,+30,-114)
    まど「…世界を、作る……?」

    ほむ「厳密に言うなら、誰かが契約をした事により少しのズレが生じた。そしてそのズレによって、今の時間軸に繋がっているのかもしれないわ」




    まど「……」

    杏子「なぁ……巴マミと美樹さやかって奴らに会ってみねぇ?」

    杏子「なーんか難しい事はわっかんねぇけどさ、魔法少女全員集合とか、もしかしたら何か起こるかもしんねぇじゃん?」

    ほむ「!」

    ほむ「…そうね。もしかしたら」

    杏子「そうと決まれば…!」スクッ

    まど「え、今から行くの?」

    杏子「早い方が良いだろー?案内してよ、ほむら!」

    ほむ「!」
    48 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:52:04.04 ID:kec6BCJ5i (+60,+30,-98)
    テクテクテク

    まど「ねぇ…ほむらちゃん。ほむらちゃんは、どうしてそんなに私の為に…?」

    ほむ「…」

    ほむ「…今のあなたは知らないだろうけど、昔の私は泣き虫で弱くて何も出来ない…何の役にも立たないような子だった。」

    ほむ「そんな私に、あなたはいつも優しかった…。友達だって言ってくれた。…あなたはいつだって強くて、優しくて、私の…憧れだったの」

    ほむ「今の私があるのは、全部あなたのおかげなの。まどか」

    まど「…ほむら…ちゃん」




    杏子「…っと、着いたぜ。…こっからが見滝原か」
    49 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:52:45.80 ID:kec6BCJ5i (+60,+30,-45)
    杏子「早いとこ見つけてとっ捕まえようぜ!」

    まど「そんなすぐ見つかるかな…?」

    杏子「大丈夫だって!いざとなりゃあ、こっちには"魔法少女様"がついてるんだし?」ニヒヒ

    ほむ「佐倉杏子。置いて行くわよ」

    杏子「ちょっ!冗談だって!」

    まど「杏子ちゃんたら…」ティヒヒ
    50 : 以下、名無しにか - 2013/11/12(火) 00:53:36.78 ID:kec6BCJ5i (+54,+29,-16)
    ほむ「いざとなれば家を知ってるし、大体検討は付いてるわ。そうね…まずは巴マミを探しましょう」
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について