のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,559,155人
911,668,198頁
昨日:4,453人
5,236頁
今日:3,308人
3,753頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレキョン「すまない、長門。これは返すよ」  長門「そう……」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 涼宮ハルヒの憂鬱 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:10:57.55 ID:iyYTjYdD0 (+120,+30,-83)
    声まで震わせて、長門は睫毛で目の表情を隠す。

    「だがな」俺は大急ぎで言った。

    「実を言うと俺は最初からこの部屋の住人だったんだ。わざわざ文芸部に入部するまでもないんだ。なぜなら----、」
    2 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:11:45.10 ID:ufhGd9kG0 (+7,+22,+0)
    俺は
    3 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:12:05.31 ID:tRPSJtTH0 (+9,+24,+0)
    ホモなんだ
    4 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:12:14.53 ID:IdYuaFnI0 (+6,+21,+0)
    チリーン
    5 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:12:26.63 ID:2TDbEeNt0 (+0,+10,-2)
    朝倉を出せー!
    6 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:12:47.44 ID:iyYTjYdD0 (+99,+30,-141)
    ハルヒと古泉と朝比奈さんは「何言ってんだこいつ」みたいな顔で俺を見ている。
    長門の顔は髪に隠れてよく見えない。かまわない。安心しろ長門。
    これから何が起ころうと俺は必ず部室に戻ってくる。

    「なぜなら俺は、SOS団の団員その一だからだ」

     Ready?

     O.K.さ、もちろん。

     俺は指を伸ばし、エンターキーを押し込ん

    ハルヒ「ポチッと」

    キョン「え」

    ハルヒ「押しちゃったわよ。デリートキー」

    キョン「は?」
    7 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:13:54.62 ID:iyYTjYdD0 (+90,+30,-72)
    さて、プロローグにしては長すぎるな。しかし、以上のことは本当に単なるプロローグに過ぎなかった。
    本題はここから始まる。



     あらかじめ言っておく。











     これは、俺にはちっとも笑えないことだった。
    8 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:14:10.73 ID:RM5YoeGG0 (+24,+29,-12)
    よし、続けてくれたまえ
    9 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:14:30.73 ID:R6x2E3570 (+38,+29,+0)
    >>6
    深夜なのに声出して笑った
    10 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:15:43.77 ID:phkgTc2gO (+5,+15,-1)
    これはひどい
    期待
    11 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:16:37.70 ID:7JH3eTHI0 (+24,+29,-3)
    ハルヒSS全盛期を思い出す
    12 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:16:57.06 ID:iyYTjYdD0 (+95,+30,-50)
    ハルヒ「ジョン! わたしたちこれからどうする?」

    キョン「……」

    俺はエンターキーを連打した。だがしかし画面にはもう何も映し出されていない。

    古泉「どうかしましたか?」

    みくる「わわわわわ、わたしどうすれば……」

    キョン「……おいハルヒ」

    ハルヒ「な、なによ」
    14 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:19:30.77 ID:R6x2E3570 (+29,+29,-18)
    このキョンなら蛸壺屋的な対応しても許せるわ
    15 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:20:04.96 ID:eAYkSNB30 (+11,+26,+0)
    臭そう
    16 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:21:05.56 ID:iyYTjYdD0 (+95,+30,-109)
    キョン「なんでデリートキーを押した?」

    ハルヒ「あんたがグズグズしているからじゃない」

    キョン「いいか、あれは緊急脱出プログラムだったんだぞ。俺は元の世界に戻りたかったからエンターキ

    ハルヒ「いいこと? 私はね、あんたを元の世界に戻す気なんか、これっっっぽっっちもないんだからねっ!!!」

    ハルヒの極上のスマイルが飛んできた。




    やれやれ
    17 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:21:21.95 ID:AAJfSZLH0 (+0,+0,+0)
             ノイ      :|  : : : : : : : : : ::: : : : : : ::::l: : : : : : :l: : : : : : : : : ::::l: :: : `、
            ノ /  : : :::i: : : l: : : : : : /i: : :A.: :l: : : : : : :::l : :: : : : ::i: : :::l: : : : : : ::l: : ::l: :`、
              l: : : : : : :{: : : :!: : : : :/ .l: : / l: ::l: : : : : : :::l: :::l: : : : :{: : ::l: : : : : l:.l: : : ::i\:、
              .i: : : : : : |:: : ::.l: :: : .十‐l: :l-.i: ::l`、:: : : :::A: :A: : : :弋ー: : : : :.i.j: : : :::.i  `
              l: : :i: : : :i: : : :{: : : :l  .l::l   l: :l <: : :::.l .<l \: : :∧:::l: : : : ::リ: : : : ::l
              .l: : :}: : : :.l: : : :k: :i  l.'  ‐、/   <: ::.{ r^  \' l.::i: : : : :リ: : : : : :}
               .l: : ]:: : : : :i: : :{:::イ三ニニーヽ    .`、,  ,イーニニ三フ l: : : :/: : : : : ::}
               i: :∧: : : : :k `: :` b: : : : }      \  b: : : : :! ' ': ::}::/: : :::/: ::/
                l::l \: ::::{: :\、 _ ヒニン         ヽ`ニヒ _ .{: : :lノ: : : /l: /
                l.l   \:[: : : |\        .,          .{: : : : : : y .}/
                .i    |..へ .、`、                 /: : : : : ::/ /
                     .l: : : : : :\      ._ __       /: : : :イ: /
                     .i: : A: : : :l` 、     | |     /Ⅵ: : ::/ `/
                      l::l `、: : l..__>   .| |   イ_   ノ: :/  /
                       i  `、,.;: :И ` へ| |<   { l`ヽ/ /
                         ./:\{'.  .  | |    .!y: :/' \
                      _ .‐: : : : : ::|    | |    /: : : : : : : `- 、
                _  ‐‐´: : : : : : : : :: :l____| |__ _.{: : : : : : : : : : : :::‐‐  _
               「: : :\;\: : : : : : : : :r'      ̄     `l: : : : : : : : : : :::/ /:: : `l
              r \ : :::\;\:: : : : : ::l            l: : : : : : : : ::/ /: : : :/ n
    18 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:23:51.66 ID:jE2tmQrl0 (+19,+29,+0)
    どうせ国木田
    おやすみ
    19 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:25:00.65 ID:iyYTjYdD0 (+95,+30,-104)
    キョン「長門、紙返してくれるか」

    長門「え……」

    キョン「どうやら俺はもう元の世界に帰れないらしい」

    長門「そ、そう……」

    俺は長門から紙を返してもらった。入部届。

    みくる「わわわわわわわたしはどうすれば……もう戻っていいいですか?」

    ハルヒ「黙りなさい。これより、第一回SOS団全体ミーティングを開始します!!!」
    20 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:26:31.83 ID:uvB2Qd7U0 (+16,+26,-13)
    期待せざるを得ない

    試演
    21 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:27:06.14 ID:QKNr7CLJ0 (+19,+29,-1)
    こっちの方がよかったのかもな
    22 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:30:17.03 ID:sqcOn7Oi0 (+20,+30,-150)
    キョン「オラアッ!!!」ガシッボカッ

    ハルヒ「オゴッガヒイイイイイイイイ!!やべで……たずげ……で……」

    キョン「おら俺の怒りはこんなもんじゃねえぞおおおおおおおあああああああ!
    顔面ぶっ壊して手足もいで100人で輪姦(まわ)したあと孕んだガキごと子宮引き摺り出して肥溜めにぶちこんでやらあああああああああ!」

    みくる「ふええ……あの人こわいですう……」ブルブル

    古泉「やれやれ……涼宮さん、残念です、好きだったのに」

    長門「ユニーク」

    キョン「オラッオラッおらああああああああ!!!!」ボコガスグチャ

    ハルヒ「」

    ハルヒはいつの間にか動かなくなっていた

    俺は奇妙な充足感とともに、部室を後にするのだった





    23 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:32:38.26 ID:iyYTjYdD0 (+95,+30,-181)
    この先、いったい俺はどうすればいいんだ。
    緊急脱出プログラム。長門の残したやり直し装置。

     Ready?

    俺はエンターキーを押そうとした。
    しかし俺が押そうとした瞬間、あいつは別のボタンを押しやがった。
    しかもよりによって「デリートキー」だ。

    もう画面は何も映っていないどころか。
    テーブルの上にあると邪魔だからといって、
    ハルヒはそのパソコンを隣のコンピ研に献上しにいっちまった。

    どうやらもう俺が元の世界に戻る方法はないらしい。最終期限は今日で締め切りらしいしな。
    あっちの長門は今頃どんな顔をしているんだろうな。
    24 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:34:08.82 ID:ZCfiOx9Q0 (-27,-12,-1)
    期待
    25 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:35:54.57 ID:iyYTjYdD0 (+95,+30,-140)
    ハルヒ「みくるちゃんは書道部をやめてこの部に入りなさい」

    みくる「ええええ、そんな……」

    ハルヒ「わかった? それと古泉くんも、もちろん入部するわよね?」

    古泉「もちろんです」

    ハルヒ「ジョン。どうしたの。冴えない顔して」

    キョン「……」

    ハルヒ「なにか不満でもあるの?」

    キョン「……なあ」

    ハルヒ「な、なによ」
    26 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:36:35.10 ID:c9Ee1pJU0 (+29,+29,-11)
    こういうスレマジできもいわ  
    キモオタどもはブヒブヒ楽しめるかもしれんが、一般人からしたら苦痛でしかない
    27 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:37:29.94 ID:RM5YoeGG0 (+23,+25,+0)
    >>26
    じゃあ見るな
    28 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:38:01.92 ID:SigkoQPa0 (-16,-6,-4)
    今日も自動保守機能が働いてるな
    29 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:38:52.63 ID:/APFrNXB0 (+24,+29,-4)
    こんなところに一般人がいたのか(驚愕)
    30 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:40:46.36 ID:UXyUiers0 (+24,+29,-12)
    はー・・・・・

    ハルヒは可愛いなあ
    31 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:41:12.43 ID:iyYTjYdD0 (+95,+30,-126)
    キョン「もう俺は元の世界に戻れないんだよな?」

    ハルヒ「たぶん……」

    キョン「なら仕方ない、か……」



    なあ、元の世界。少しくらいは待てるだろ? 
    元の世界に戻るまでいや戻れるかわからないが、ちょっとくらい待機しててくれてもいいよな。

    せめて----。


    ここにいる長門を味わってからでも遅くはないだろ?

    キョン「ってことでパァアアアアア! っとやろうぜ!」

    古泉「そうですね。結成記念として何かジュースやつまみでも買ってきましょう」

    キョン「ヒューーーー! 俺も行くわ」

    長門「わ、わたしも……//」
    32 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:42:56.76 ID:uKESfD0M0 (+30,+29,-19)
    なんj民がいることにも驚きだけどな







    あ、ただの猿真似野郎か
    33 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:46:43.05 ID:5VRF7Rfvi (+18,+28,+0)
    消失懐かしい
    34 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:47:21.73 ID:iyYTjYdD0 (+95,+30,-111)
    つーことで今俺はファミリーマートに来ている。
    文芸部の活動資金を使ってポテチやピルクル(朝比奈さんが好きらしい)
    カップヌードル、そば、スパイシーチキン、カレーライス、ソーセージパン
    など、たくさん買い占めた。

    もちろん荷物運びは俺と古泉だ。
    長門は隣で頬を紅潮させ、本を大事そうに抱えながら歩いている。
    可愛いな、長門。
    ハルヒと朝比奈さんは部室でなにかしているらしい。なにかってそれは俺にもわからん。
    まさかな、ここのハルヒも着せ替えの趣味を持っていたりとか……まあそれはないか。
    36 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:51:44.55 ID:UXyUiers0 (+34,+29,-13)
    >>32
    いいからお前はライダースレでIDを自慢してこい
    37 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:52:17.54 ID:iyYTjYdD0 (+95,+30,-179)
    キョン「待たせたな」

    ハルヒ「おかえり。どれどれ。私これもらうわ」

    ハルヒが味噌味のカップヌードルを取った。

    みくる「お湯沸かしますね」

    朝比奈さんはコンロでお湯を沸かしながらストローでピルクルをチューチュー飲んでいる。

    キョン「長門、スパイシーチキン。ほれっ」

    長門「……ありがとう//」

    古泉「なかなか可愛らしいお方で」

    キョン「あんまりじろじろ見るな。減ったらどうする」

    古泉「これは失礼を」

    キョン「お前はハルヒが好きなんだろ。あの喜ばしい顔を見てみろ」

    俺がそう小声で言うと、古泉はニッコリと嬉しそうに微笑んだ。
    38 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:53:18.46 ID:Urd3dWYW0 (+24,+29,-1)
    ゆっくりでいいじっくりとやってくれ

    支援
    39 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:54:22.57 ID:cCI4PXr70 (+19,+29,-3)
    朝倉さえ出れば何でもいい
    40 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:54:28.42 ID:7JH3eTHI0 (+29,+29,-17)
    SSスレで脈絡ない単発煽りを見たら、だいたいコピペと思え
    41 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:55:11.88 ID:M8mlhQ8z0 (-25,-18,-14)
    PS3のアレってどうなん?
    42 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:59:23.81 ID:iyYTjYdD0 (+95,+30,-128)
    キョン「それでこれから具体的にどうすんだ?」

    俺はパンを口に含みながら訊いてみた。

    ハルヒ「これからは毎日、学校がある日はここに集まるわよ」

    キョン「毎日って……お前は光陽園学院だろ。勉強のほうは大丈夫なのか」

    ハルヒ「ばっちりどんどんよ」

    キョン「……そうかい」

    ハルヒ「私は古泉くんと一緒にくるから」

    古泉「そうですね」

    なんだこのニヤケ顔は。この世の全ての幸福がこいつに降り注いだみたいな笑顔をしてやがるぞ。

    ふいに俺の脳裏に、喫茶店を出たときのこいつの言葉が蘇る。







    ――――――羨ましいですね
    43 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 00:59:44.10 ID:UXyUiers0 (+23,+28,-2)
    PSPのアレが進まん
    44 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 01:05:23.70 ID:AAJfSZLH0 (+0,+0,+0)
              /´ヽ  /´ヽ          /ヽ. /ヽ、
               |   |  |   |_,,.-‐───--..、j  | |.  |
             |   |,ィ|   |  _,,.-‐=====‐-`ヘ、|  |
                |  |::.:;|   |/:: ,: : : : : : : : : : : : : : :`:┴-、
               |  |:/ |  .|:: :.:/: : : ;: : : : : :|:: : : : : : :ヘ ̄`
             j:| .|j |  |: :;/: : : ::|:: : : : : :|: : : : : 、:. :ヘ
             |::| |ー:|  |::i:j: : :i: ::|:: : : : : :|ヘ: : : : :|: : :ハ
            ,ノ: :| .|__,j /::|:|:-‐-:/|: : : ::;i:-j‐-:: : : :|:: : : |
           '´"γ´ `Y::. ::|{::/_|:/_ |: : :/ j:/__ ∨: : :|: : : |
             {┃┃ |:: .:|マ弐〒 j;/ オ弐テ ハ: :/:.: : :j
             { x   |:: :|、ト'ィ:;jl      ト'ィ:;j,' ハ:/:.:/ヘ/
               `ーr::-':: .:| `ー"      `ー" {::: .:/ー'´
               V\:: :|           ,.ィ::;|:/
                  ヽ:|>ーァ‐-^-‐τ::/j;/´
                  /‐-、`\,ィ ̄`}  ヘ、
                  /⌒ヽ、\ \ニニj  /::}
                  {:::::::::::::\\ ヽ,/ /:::.|
                 |::::::::::::::::::\\   /i:::::|
                 |::::::::::::|:::::::::|\ヽ/ |::::|
    45 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 01:05:35.98 ID:iyYTjYdD0 (+95,+30,-168)
    べらべらとしゃべっていたせいでいつのまにか時間が急速に進んでいた。

    ハルヒ「じゃあ今日はこのくらいでお開きにしましょうか」

    キョン「そうだな」

    ハルヒ「また明日くるわ。みんなまた放課後ここに集合しなさい!」

    そんなことを言ってハルヒと古泉は部室を後にし、
    朝比奈さんも明日来ます、的なことを言って部室を後にした。
    そしてこの部室には長門と俺。二人きりになった。

    キョン「あいつらを……ここに連れてきてよかったか」

    長門「……」

    長門は顔をほころばせ耳を赤らめながら小さく頷いた。

    長門「……また……くる?」

    ん?

    キョン「どこに?」

    長門「わたしの家」
    46 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 01:07:30.73 ID:OWirl+3n0 (-8,-3,-3)
    良スレか神スレか
    47 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 01:09:01.73 ID:ynbNEXFI0 (+29,+29,-20)
    長門の家に行ったら朝倉がいて国木田が出てくるんだろ?
    氏ね
    48 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 01:09:30.43 ID:OWirl+3n0 (-8,-3,-3)
    良スレか神スレか
    49 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 01:10:51.79 ID:OWirl+3n0 (+18,+28,-1)
    連呼したすまん
    50 : 以下、名無しにか - 2013/11/04(月) 01:10:58.30 ID:ZCfiOx9Q0 (+28,+29,-8)
    >>47
    そういうこというから出てくるんだよ
    俺たちは国木田が出てこないことを黙って信じてるしかない
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 涼宮ハルヒの憂鬱 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について