のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,537,533人
911,643,753頁
昨日:4,713人
5,410頁
今日:1,563人
1,691頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ芳佳「ラーメン?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - ストライクウィッチーズ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:08:16.37 ID:PW8L1rXY0 (+170,+21,+0)
    たったら
    2 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:08:42.57 ID:LtwtHvI/0 (+0,+15,+0)
    掻く
    3 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:10:31.85 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-258)
    第501JFWロマーニャ基地某所

    午前


    美緒「――はっ!やぁ!!」ブンブン

    美緒「ふぅ……」チャキ

    美緒「……少し鈍ったか?これしきのことでこんなに汗をかくとは」ゴソゴソ

    美緒「……」パカッ

    美緒「ん………」ポリポリ

    美緒「うむ!やはり扶桑の柴漬は美味いな」

    美緒「…午後の模擬戦闘訓練の準備もあるが、もう少しやるか」チャキ

    美緒「はぁ!せいっ!!――」
    4 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:12:30.07 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-139)
    1時間後


    美緒「いかん…………腹が減った…」グー

    美緒「……まいったな。朝食はしっかり食べたはずなんだが」

    美緒「…………」ゴソゴソ パカッ

    美緒「ぁむ」ポリポリ

    美緒「うむ!うまい!…が、これでは無理か」

    美緒「仕方ない、そろそろ戻ろう」
    5 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:14:50.35 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-237)
    食堂


    エーリカ「――んぐ…もぐもぐ…」

    エーリカ「んんっ……」ゴクゴク

    エーリカ「っぷはぁ!ごっちそうさまぁ!」

    美緒「――相変わらず遅いな、ハルトマン」

    エーリカ「あ、少佐!少佐も朝ごはん?」

    美緒「お前以外はとっくに済んでいる。私は少し小腹が減ったのでな、おにぎりでも作ろうかと…」

    エーリカ「おにぎりってライスボール?でもご飯もう残って無いよ」

    美緒「なに!?今朝はまだかなりあったはずだぞ?」ガパッ

    エーリカ「私はしらないよ。…まぁ宮藤のご飯はおいしいから、皆いっぱい食べちゃったんじゃない?」
    6 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:14:57.44 ID:Y115s3hm0 (+7,+22,+0)
    まーた二郎か
    7 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:17:24.80 ID:PW8L1rXY0 (+93,+30,-267)
    美緒「……馬鹿な。本当に全部なくなっている……」

    エーリカ「だから言ったじゃーん」

    美緒「せっかくこの柴漬を具に仕込もうと思ったのだが……」ゴソゴソ

    エーリカ「わ!なにそれ!?」ガタッ

    美緒「扶桑の柴漬だ。何度か食事にも出てたぞ?」パカッ

    エーリカ「そーだっけ?あんまり覚えてないけど…コレおいしいのかな?」

    美緒「絶品だぞ!ひとつ食べてみるか?」

    エーリカ「どれどれ」ヒョイパク

    エーリカ「……」ポリポリ

    エーリカ「んー!結構おいしー!」

    美緒「そうだろー?わっはっはっは!」
    8 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:20:16.26 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,+0)
    エーリカ「……なんだかまたご飯が食べたくなっちゃったなー」

    美緒「お前は今食べたばかりだろ?……だが確かに、柴漬は米によく合うからな。つい白い飯が恋しくなる」

    エーリカ「でももう無いんだよねー(私が食べちゃったんだけど)」

    美緒「仕方ない、何か探すか」

    エーリカ「少佐料理できるの?」

    美緒「自慢じゃないがおにぎりが精一杯だ!それに食料庫は漁れんさ。…確か間食用の食料が纏めてあったと思ったが……?」カチャ

    エーリカ「そっちには美味しいの無いよ?トゥルーデがこっちに隠してるもん!」ゴソゴソ カチャ

    美緒「……バルクホルンも苦労しているようだな」

    美緒「…しかし茶菓子ばかりだな?あまり今はこういう物を食べる気にはならんが」

    エーリカ「えーそう?……じゃあ後はこれくらいだねー」

    美緒「パンか……この際仕方ないか」
    9 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:23:27.99 ID:USEA2opy0 (+24,+29,-12)
    腹ペコもっさん可愛い
    10 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:23:37.93 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-169)
    廊下


    リーネ「今日は洗濯物が多くて大変だったね?」

    芳佳「うん、終わったと思ったらもうお昼の準備だよ」

    リーネ「お昼ご飯どうしよっか?」

    芳佳「大丈夫!朝余分に炊いたお米がまだ沢山あるはずだから、具だけ作ればおにぎりにできるよ!」

    リーネ「わぁ!さすが芳佳ちゃん!」

    芳佳「そ、そんなことないって//」

    芳佳「…さっきミーナ中佐に頼まれた伝言もあるし、早く用意しちゃおう!」

    リーネ「でも芳佳ちゃん、先に坂本少佐を探しに行った方が……おにぎりの具だったら私だけでも大丈夫だよ?」

    芳佳「そんなぁ!悪いよリーネちゃん!大丈夫、急ぎじゃないって言われたし……2人ですぐに終わらせよう!?」

    リーネ「…うん!
    11 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:26:28.60 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-209)
    芳佳「よぉーし!……あ、食堂に誰か居る。……あれは…坂本さんだ!」

    美緒「……」パクパク

    エーリカ「……」モグモグ

    芳佳「坂本さぁーん!」テテ

    美緒「むぐ?……ごく!…宮藤にリーネか」

    エーリカ「みひゃふじ、ふぃにぇ、おふぁむょ~」モゴモゴ

    芳佳「あ、ハルトマンさん!おはようございます!」

    リーネ「お、おはようございます…」

    美緒「ハルトマン。飲み込んでから喋ろ」
    12 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:29:16.04 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-274)
    芳佳「…あれ?坂本さん食パンたべてるんですか?」

    美緒「あぁ、少し腹が減ってしまってな。朝食の米が余っているかと思ったが……やむなくな」

    芳佳「え?ご飯ならまだ有りますよ?」

    美緒「なに!?しかし確認したが、釜は空だったぞ?」

    芳佳「えぇぇ!?そ、そんなはずないですよぉ!」

    美緒「確認してみろ」

    リーネ「……芳佳ちゃん、本当にからっぽみたいだよ?」ガパッ

    芳佳「うそー!?だって後片付けした時はあんなにいっぱい残ってたのに…!?」

    リーネ「う、うん……私も信じられない」

    美緒「私もそう記憶してたんだが事実空なのだから仕方ない。…これも案外悪くはないしな……はむ」パクパク

    エーリカ「そうそう!ガリアントーストってそのまま食べても美味しいよね!」
    13 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:32:10.05 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-216)
    リーネ「……ねぇ芳佳ちゃん?そういえばハルトマン中尉の朝ごはんも無くなってるよ?」

    芳佳「あ!本当だ!?」

    リーネ「…ハルトマン中尉の分の朝食、ちゃんと取っておいてたはずなのに」

    芳佳「ハルトマンさん、すみません!あの…」

    エーリカ「ん?朝食?美味しかったよ、ご馳走様~!」

    宮藤「え?あれ?…でも今パンを……」

    美緒「その取置き分ならさっきハルトマンが綺麗に平らげていたぞ?実に気持ちのいい食べっぷりだった」

    芳佳「あ、そうなんですか。よかった~」

    エーリカ「さっすが宮藤とリーネの料理は少し冷めても全然平気だね!ついついおかわりしすぎちゃったよ!」
    14 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:34:58.92 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-241)
    リーネ「……あの~ハルトマン中尉、それってもしかして」

    芳佳「リーネちゃん?」

    エーリカ「うん!あそこに残ってたご飯も食べちゃったよ?」

    芳佳「えぇぇぇ!!?」

    美緒「なに!?お前の仕業だったのかハルトマン!?」

    エーリカ「しわざって……朝食の残り食べただけじゃん」

    リーネ「でもそんなことって……」

    芳佳「普通むりですよ!?何人分も残ってたのに!」

    美緒「さらに今こうして私とパンを食べている訳だが……」

    エーリカ「だってぇー!何かお芋が入った甘辛い煮物がすっっごく美味しかったんだもん!ねぇ、またあれ作って!?」

    芳佳「あ、はい!筑前煮は得意なのでまた今度やりますね?」

    美緒「宮藤。まんまと流されているぞ?」
    15 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:38:23.09 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-293)
    リーネ「お昼ご飯の用意どうしよう…芳佳ちゃん?」

    芳佳「どうしよう…お米も研いでないから今からじゃ間に合わないかも」

    美緒「なんだ?アレを使うつもりだったのか?」

    宮藤「はい。今日は洗濯物や他の仕事も多かったので朝にお昼の分も一緒に炊いだつもりだったんですけど…」

    美緒「しかしハルトマンを罪には問えんぞ?確かに予想外の食欲だがお前達がそのことの周知徹底を怠った故に起きたことだ。残っていれば私も食べていただろう」

    芳佳リーネ「すみません…」

    エーリカ「ごめん宮藤、リーネ。…私のせいで」

    芳佳「いえ!!ハルトマンさんは悪くありません!私が皆に伝えてなかっただけです!!」

    リーネ「わ、私も!!」

    美緒「やれやれ……となると昼食は遅れる可能性があるな。…今のうちに食べておくのが吉か………あむ」パク
    16 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:41:26.88 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-260)
    ミーナ「なんだか賑やかね…あら、美緒までいるわ」

    芳佳「ミーナ中佐!」

    ミーナ「宮藤さん、坂本少佐へ連絡は伝えてくれたかしら?」

    芳佳「あっ!すみません、まだです!」

    ミーナ「そう。緊急の内容じゃないから問題ないけど、そうじゃない時もあるから……気をつけてくださいね?」

    芳佳「は、はい。すみません…」

    リーネ「元気出して?芳佳ちゃん」

    芳佳「うぅ…。今日は怒られてばっかり」

    美緒「むぐ?」モグモグ

    ミーナ「っ!!……はしたないわよ坂本少佐。ちゃんと飲み込んでから喋って」

    美緒「…んぐっ!……別に喋ってはいない!『ん?』と思い振り返っただけだ!」
    17 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:43:29.50 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-208)
    ミーナ「後輩の前で苦しい言い訳はしないで」

    美緒「嘘ではないぞ!はっはっは!」

    ミーナ「もう!……それで?随分と賑わってたみたいだけど、皆でパンをかじってどうしたのかしら?」

    エーリカ「ミーナも食べる?ガリアントーストだよ?」

    ミーナ「遠慮しておくわ。フラウの朝食をとっちゃうのも気が引けるし」

    美緒「いや、ハルトマンのこれはもう夕食と言っていい」

    芳佳「ぁはは……。」
    18 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:44:52.30 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-137)
    ミーナ「どういうこと?」

    リーネ「実は――」



    ミーナ「――それは困ったわね」

    芳佳「はい」

    ミーナ「でもね宮藤さん?そういうときはリーネさんだけじゃなくて、他の人たちにも言っておかないとダメよ?」

    芳佳「ごめんなさぃ…」

    美緒「よせミーナ、それはもう私から言ってある」

    リーネ「芳佳ちゃん……」
    19 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:47:45.85 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-272)
    エーリカ「まだ時間あるし、いつも通り今から作れないの?材料はまだあるんでしょ?」

    ミーナ「…フラウ?あなたが言える立場なのかしら?」

    芳佳「おにぎりにしようと思ってたから他の献立にするとなると一から作らなきゃいけなくて……今からだとけっこう遅くなると思います」

    エーリカ「そっかー。料理ってめんどくさいんだなぁー?」

    ミーナ「…ハルトマン中尉ぃ?」グイ

    リーネ「私も頑張るから!一緒にがんばろ!?芳佳ちゃん!?」

    芳佳「リーネちゃん……うん!やろう!!」

    美緒「しかし1時間以上も遅れるとなると午後の模擬訓練に支障が出るな」

    ミーナ「そうねぇ。ルッキーニさんを筆頭に騒ぐ人も出るでしょうし…」グィィ

    エーリカ「イタタっ!耳はやめてぇ~!」ジタジタ
    20 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:50:26.73 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-201)
    美緒「何か手は無いものか……」

    芳佳「な、なんとか間に合うように頑張りまーー」


    モブ兵「――あのぉ中佐ー!もう運んでもよろしいでしょうかー?」

    ミーナ「あらいけない!!そうだったわ!……ご、ごめんなさいもう大丈夫です。そのまま食料庫までよろしくお願いします」アセアセ

    モブ兵「了解しましたー!!……失礼します!!!」

    搬入モブ達「「失礼します!!!」」

    ワッセ!ワッセ! ガタガタ

    搬入モブ達「「失礼しました!!!」」


    エーリカ「うわ!なんだこれ!?」

    リーネ「ダンボールがたくさん…」
    21 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:53:59.97 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,+0)
    美緒「臨時の補給物資か?」

    芳佳「……あ!確か夕方に扶桑から荷物が来るから坂本さんに搬入指示を手伝って欲しいってミーナ中佐が」

    美緒「午後の荷物ということはこれではないな。…だが扶桑から今日搬入の物資など私は知らんぞ?」

    ミーナ「正確には連合からの物資よ。そしてこれがそれなの。予定よりも早く到着したみたいで……」

    美緒「なぜ言ってくれなかったんだ?」

    ミーナ「さっき言おうとしたわよ!美緒がその…無防備にパンを頬張ってるから……つ、つい見入っちゃって」

    美緒「部下の前で苦しい言い訳をするな。これが緊急の連絡だったらどうする?なぁ宮藤!?」バシッ

    芳佳「あ、はい!!!………え?」

    リーネ「よ、芳佳ちゃん!!」

    エーリカ「宮藤も言うねぇ~」ニシシ
    22 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:55:55.82 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-249)
    ミーナ「……そうね。ごめんなさい宮藤さん」

    芳佳「い、いえ!!ミーナ中佐は何も悪くありませんよ!!?……さ、坂本さぁん!!」

    美緒「わっはっはっは!……で、これは何なんだ?あの見栄っ張り共の荷物なら次の作戦用なのだろう?急ぎじゃないにしても重要ではないのか?」

    ミーナ「いいえ。連合からといっても指令本部からではないわ。ネウロイと直接関係はありません」

    リーネ「き…危険なものじゃないんですか?」

    ミーナ「ええ」

    美緒「補給か?」

    ミーナ「半分当たりね」

    美緒「どういうことだ?」

    エーリカ「そんなの開ければわかるじゃん!」ビリビリー
    23 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 19:58:34.55 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-232)
    芳佳「ハルトマンさん!?」

    ミーナ「エーリカやめなさい」

    エーリカ「おっかし~おっかし~♪」パカー

    美緒「全員ふせろぉ!!!」

    リーネ「きゃぁぁぁ!!」ダキッ

    芳佳「だ、大丈夫だよリーネちゃん!?危険なものじゃないってミーナ中佐が言ってたでしょ!?」パフパフ



    エーリカ「…………なんだこれ?」

    美緒「……なんだ、爆弾ではないのか?」

    ミーナ「誰がそんなこと言ったのよ…もぅ」

    リーネ「芳佳ちゃん……っ!」フルフル

    芳佳「り、リーネちゃん!もう大丈夫だよ!」ムニュムニュ
    24 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:01:08.03 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-265)
    美緒「で?中身はなんだ?」

    エーリカ「……チキンラーメンって書いてあるね」ガサ

    美緒「なに?ラーメンだと!?」

    ミーナ「知ってるの美緒?」

    美緒「ああ、扶桑屋台などでの名物料理だ。知らなかったのかミーナ?」

    ミーナ「えぇ…即席で調理できる軍用食の試作品がくるって話だったけど、具体的な料理名は知らなくて」

    芳佳「らぁめん……?」

    リーネ「芳佳ちゃん、知ってる?」

    芳佳「ううん、知らないや」

    美緒「なんだ?まさか宮藤はラーメンを食べたことがないのか!?」

    芳佳「はい。初めて聞きました!
    25 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:05:02.31 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-259)
    美緒「そんなはずは…お前の実家の辺りにもぁ………なるほど!そういえばこの名は少数呼びなんだったな」フフ

    芳佳「な、なんですか!?」

    美緒「はっはっは!!…宮藤。ラーメンというのは支那そばだ」

    芳佳「えぇ!?そうなんですか!?」

    エーリカ「シナソバ?」

    ミーナ「ソバって確か扶桑の麺料理だったかしら…?」

    美緒「そうだ。だが支那そばは普通の蕎麦とはまた違ったものだ」

    ミーナ「そうなの?」

    芳佳ちゃん「はい。普通はスープにカツオとか味醂を使うんですけど、支那そばはお醤油の他に鳥の出汁を使っているらしいです」

    美緒「なかなか詳しいな宮藤?ちなみに麺に蕎麦は一切使っていないぞ!」
    26 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:09:43.95 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-307)
    エーリカ「それってソバなの…?」

    美緒「まぁ支那そばという名の別の麺料理だな。名前の由来は諸説あるが、『枝分かれしたあれぞ』……つまり蕎麦から派生した蕎麦という意味から支那そばと呼ばれたそうだ」

    芳佳「へぇ~!そうだったんですかぁ!……でもラーメンなんて呼び方私初めて聞きました」

    美緒「これも諸説あるが……ある港屋台の店主が、当時駐屯していた外国軍人達が元々の蕎麦と混同して困っていたのを見てラーメンと名付けたのが始まりだという話がある。」

    芳佳「へぇー!」

    美緒「外国…特にリベリオンではラーメンの名で有名だ。扶桑でも一部のマニア達にそう呼ぶ物が多いらしいが」

    エーリカ「ふーん、欧州じゃあまり聞かないよね?…というか全然」

    リーネ「はい…」

    ミーナ「…それにしても随分と詳しいのね?」

    美緒「扶桑海軍の兵士に無類のラーメン好きがいてな?我々はむしろラーメンの方が通じるほどだ。確か名前は何ていったか………こ、小峰?」



    ※ラーメンうんちく的なものは全て適当な妄想です。
    27 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:13:09.51 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-267)
    芳佳「でも支那そばなんて作ると大変そうですけど……これってすぐ作れちゃうんですか!?」ガサ

    ミーナ「ええ、そのはずよ…。ネウロイとの争いも押しては戻されの均衡が続いてるから、消耗戦に備えてより利便性の高い装備と兵糧の開発を連合が組織して進めているみたいなの」

    エーリカ「何だか後ろ向きな考えだなぁー」

    ミーナ「それでもネウロイの自作研究なんかよりずっと建設的だわ。…兵糧の開発プロジェクトは世界でも食文化の評価が高い扶桑皇国軍を中心に進めているそうよ」

    リーネ「なんだかすごいね、芳佳ちゃん?」

    芳佳「うん…扶桑料理ってそんなに人気だったんだ!」

    美緒「…なるほど、それで扶桑からラーメンという訳か。しかし何故その試作品がここに?」
    28 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:15:48.51 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-169)
    エーリカ「そりゃー食べるためでしょ?」

    ミーナ「ええ、そうよ。開発部で完成した試作品の実証データを取らせて欲しいと連合軍各隊への通達があったの」

    エーリカ「もしかして私ら実験台!?」

    芳佳「えぇぇ!!?」

    リーネ「そ、そんな…」

    ミーナ「大丈夫よ!ちゃんと実食テストを重ねて完成した物だから害はありません」

    芳佳「そうなんですか?よかったぁ~」ッホ

    エーリカ「なーんだ、つまんないの」

    リーネ「ハルトマン中尉……」
    29 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:17:51.82 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,+0)
    美緒「…つまり、味や現場での実際の利便性などをテストしようと言うのだな?」

    ミーナ「その通りよ。期限内に規定量を使用してから報告書を提出するように……らしいわ」

    美緒「また書類仕事が増えるな?よく引き受けたものだ」

    ミーナ「二択だったのよ……。前みたいに不安定な試作機や装備が来ても困るからこっちにしたの…」

    エーリカ「またトゥルーデが落っこちたら大変だもんね?」ニシシ

    芳佳「は、ハルトマンさん!?」

    ミーナ「あらあら。今のバルクホルン大尉にそんな心配ないけど……そうねぇ…試作運用のトラブルは自身の注意だけで防げないから、私達も落っこちちゃうかもしれないわね?」ウフフ

    芳佳「えぇー!?」

    美緒「実際この間のアレはバルクホルンの無茶もあるが、ジェットストライカーの不備が原因だったからな」
    30 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:20:02.87 ID:e1OIH6Ss0 (-27,-15,+0)
    31 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:20:03.67 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-302)
    リーネ「……も、もしネウロイの前で壊れちゃったら…」

    ミーナ「そう。私達はここ欧州奪還の最前線で人類の存亡をかけて戦っている……命を預けるユニットや武器に正直実験機は使いたくないわ」

    美緒「そうだな。兵糧も士気に大きく関わる生命線ではあるが、直接の被害は精々食中りだからな」

    ミーナ「そういうことよ。…まぁ私達は作戦行動中の食事は滅多にないから、こんなにあっても使い所に困るけど…」ハァ

    エーリカ「ゲリラ戦も長期行軍もないしね~…あむ」パク

    芳佳「え?普通に食べたらダメなんですか?」

    ミーナ「ダメってことはないわ。ただ報告書もあるから…」

    美緒「それは大丈夫だろうミーナ。消耗戦下の活躍を目的とするなら、こういった拠点での備蓄と使用も充分想定するべきだ。普通に食べた方がむしろいいと思うぞ?」

    ミーナ「……それもそうかしらね」
    33 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:25:23.52 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-166)
    エーリカ「でもこれ美味しいのかな?」

    美緒「どうだかな?本当にラーメンができるのなら美味いだろうが……まぁ食べてみればわかることだ。」

    エーリカ「よしきたー」

    ミーナ「あなたはもうダメよフラウ」グイ

    リーネ「…そうだ!」

    芳佳「どうしたのリーネちゃん?」

    リーネ「ねぇ芳佳ちゃん!?これ今日のお昼に出来ないかな?」

    芳佳「あ!そっか、これならご飯に間に合うね!?」

    美緒「なるほど…妙案だなリーネ」
    34 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:27:18.75 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-208)
    ミーナ「確かに試食にもなるし……現状を解決することも出来るわね」

    エーリカ「でも不味かったらどうする?午後の訓練悲惨だよ~?」

    美緒「仕方ないさ。ネウロイも今日は現れないはずだ、最悪問題はないだろう。…それに」

    ミーナ「それに?」

    美緒「ラーメンなら間違いなく美味い!!わっはっはっは!なぁ宮藤ぃ!?」

    芳佳「はい!支那そばはとっても美味しいですよ!?」

    リーネ「……ミーナ中佐よろしいでしょうか…?」

    ミーナ「そうねぇ、そこまで言うのなら正直気になるし……わかりました!では本日の昼食は即席ラーメンの試食を行います!」

    芳佳リーネ「「了解!」」
    35 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:27:35.21 ID:USEA2opy0 (+24,+29,-3)
    3分待てないルッキーニ
    36 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:33:52.73 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-261)
    ミーナ「――というわけで本日の昼食は試食も兼ねて、皆さんで即席ラーメンを食べます」

    サーニャ「……ねむい」

    シャーリー「へぇーラーメンかぁ!名前は聞いたことあったけど食べるのは初めてだなぁ」

    ルッキーニ「えー!?よしかのごはんじゃないの!!?」ガーン

    芳佳「ごめんね…ルッキーニちゃん」

    バルクホルン「…すまなかったな宮藤。ハルトマンは私が後できっちり躾けておこう」

    エーリカ「げ!?」

    エイラ「まったく宮藤もそういう事は先に言っとけよなー?サーニャの昼飯が無くなったらどうすんだ」

    ミーナ「やめなさいエイラさん。その話はもう済んでます」

    エイラ「え?そうなのか?」
    37 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:38:54.76 ID:h7vbjAu70 (+19,+29,-2)
    あの世界は台湾だけあるんだっけ
    38 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:40:52.50 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-140)
    芳佳「………すみません、…私が…勝手に…大丈夫ってぉ…思い込ん…っ……でて…」ウルッ

    リーネ「よ、芳佳ちゃん!!?………大丈夫だよ…」サスリ

    ルッキーニ「あーエイラがよしか泣かしたー!」

    サーニャ「エイラ……」

    エイラ「えぇ!!?な、なんでだよ!?私はただーー」

    バルクホルン「エイラきさまぁ!!!!」バン

    ミーナ「バルクホルン大尉も落ち着きなさい!」
    39 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:41:54.60 ID:USEA2opy0 (-13,-3,+0)
    お姉ちゃんw
    40 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:43:07.01 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-156)
    シャーリー「…そう気にすんなよ、宮藤?」ポンポン

    芳佳「…っ……」グシグシ

    シャーリー「みんな宮藤の作る飯が大好きなんだよ、うれしい悲鳴さ!あたしなんて大したもの作れないから宮藤には本当に感謝してるぞ?」ナデナデ

    芳佳「……シャーリー…さん」

    シャーリー「よしよし……銃持ってるわけじゃないんだし、偶に失敗するくらいのが可愛くってあたしは好きだぞ?ルッキーニを見てみろって」ギュ

    ルッキーニ「えぇー!!シャーリーそれどーいう意味ー!?」

    シャーリー「あっはは!ルッキーニも大好きって事さ!」マトメテ ギュ

    ルッキーニ「…うじゅ~」スリスリ

    芳佳「ルッキーニちゃん…」フニフニ
    41 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:45:23.27 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-198)
    ルッキーニ「にひひぃ…よしか!元気だせ!あたしもよしかのこと大好きだよ!!」

    芳佳「……うん!ありがとう!私もシャーリーさんとルッキーニちゃんの事大好きだよっ!」

    リーネ「芳佳ちゃん、私もだよっ!」ダキ


    バルクホルン「……おい、なんだこれは……ぉおのれリベリアン~~!!」

    エイラ「どうしてこうなった」

    サーニャ「エイラ……ちゃんと謝って」

    ペリーヌ「……あのぉ少佐?その…ら、ラーメン?…というものはそんなに簡単に出来てしまうものなのですか?」

    美緒「うむ、それを今から説明する。……お前達いつまで騒いでいるかっ!!各自、速やかに席に付け!!」
    42 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:47:45.21 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-206)
    ――――

    ――

    ミーナ「――では今から調理方法を説明します。みんな、目の前に置かれた丼の蓋を開けて頂戴」

    エイラ「トゥルーデ!早く開けてみなよ!」

    バルクホルン「?」パカ

    ルッキーニ「ごっはんー♪」パカ

    シャーリー「おいルッキーニ、食うのはまだだぞ?」パカ

    エイラ「ホントに大丈夫なのかこれぇ?」パカ

    サーニャ「……」パカ

    ペリーヌ「もぅ、みなさん!だまってお聞きなさいな!………あら?」パカ
    43 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:49:26.21 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-241)
    バルクホルン「こ…これは……?」

    ルッキーニ「…なにこれぇ~??」

    サーニャ(……いい匂い)クンクン

    シャーリー「これがラーメンか~!思ってたのと結構違うなぁ」

    ミーナ「いいえ、それはまだ調理前の状態です。これからラーメンにします」

    バルクホルン「……ミーナはなにを言っている??なぜ調理前の材料が食器に盛り付けてあるのだ?」

    エーリカ「ね?言った通りの反応でしょミーナ?」ニシシ

    美緒「まぁ聞けバルクホルン。調理はこの丼の中でする」

    バルクホルン「なんだと?」
    44 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:52:10.12 ID:PW8L1rXY0 (+93,+30,-230)
    ミーナ「正直…料理するとは言い難いですが、それだけ誰でも簡単に作れるということです。おそらくハルトマン中尉でも作れるでしょう」

    エーリカ「ミーナそれ酷くない?」

    バルクホルン「馬鹿な!?そんな奇跡があるものか!!」

    美緒「事実だバルクホルン。まだ実際にやったわけではないがおそらく私でも作れる」

    エイラ「ほぇー、すげぇなー」

    ペリーヌ「しょ…少佐の手料理……!」ハァハァ

    ルッキーニ「ねーねー!はやくたべようよー!?」

    ミーナ「そうね。……では宮藤さん!リーネさん!」

    リーネ「はい!…皆さん、お湯を注いで行くのでそのままでいてください」

    芳佳「熱いので気をつけてくださいね」ヨイショ
    45 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:54:31.55 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-153)
    シャーリー「なんだなんだ?」

    バルクホルン「…湯通しで食べるのか?きわどいどころか全く調理とは呼べないぞ!?」

    エーリカ「まぁまぁ、取り敢えず見てみようよトゥルーデ?」

    ミーナ「お湯をかけてもらった人は蓋をして下さい。途中で開けたりしないように」

    宮藤「熱いから手出さないでね?ルッキーニちゃん」ジョー

    ルッキーニ「うじゅー!たのしみぃー!」ジー

    シャーリー「ルッキーニ、蓋をしろって」カチャ

    ルッキーニ「あーん!どうなるか見たかったのにぃー!」
    46 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:55:49.96 ID:agaAW/XS0 (+5,+15,+0)
    きたい
    47 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:56:55.64 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-271)
    宮藤「シャーリーさんもどうぞ!…熱いので気をつけて下さい」ジョー

    シャーリー「ん、ありがとな宮藤」カチャ

    宮藤「えへへ…」ニコニコ

    バルクホルン「………」

    リーネ「あ、あのーバルクホルン大尉…?」

    エーリカ「ほらトゥルーデ!手退けないと火傷しちゃうよ!?」

    バルクホルン「……ん?あぁ、すまんなリーネ。やってくれ」

    リーネ「はい」ジョー

    美緒「しかしああは言ったが私らとてこれが初体験だ。少々心配ではあるな…」

    ミーナ「そうね。マニュアルは読んだけど……本当にこれでお料理が出来上がるのかしら?」

    エイラ「なんだよー!出来てくれなきゃ飯抜きなんだぞー?サーニャが倒れたらどうすんだ!?」

    サーニャ「エイラ……私そんなに食いしん坊じゃないわ」
    48 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:58:23.17 ID:PW8L1rXY0 (+95,+30,-202)
    芳佳「ミーナ中佐、お湯かけ終りました!」

    ミーナ「ご苦労様。あなた達も自分の分を用意したら席について」

    リーネ「はい!」

    バルクホルン「で?この後はどうするんだ?」

    美緒「どうもせん。それで終わりだ」

    バルクホルン「…は?」

    ミーナ「後はこのまま3分待てば食べられます」

    エイラ「おいおい…これで終わりなのか?ただお湯かけただけだぞ?」

    ペリーヌ「あ、あの…少佐のお言葉を信じられないと言うわけでは決してないのですが……そのぉ…わ、わたくしも少し不安でして…その」
    49 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:58:50.01 ID:hXF43igp0 (+24,+29,-2)
    >宮藤「えへへ…」ニコニコ
    かわいい
    50 : 以下、名無しにか - 2013/11/03(日) 20:59:52.09 ID:lkEIGvfk0 (+17,+27,-1)
    紫煙
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - ストライクウィッチーズ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について