のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,561,859人
911,671,290頁
昨日:4,685人
5,362頁
今日:1,301人
1,482頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ店長「いらっしゃいませ~、何でも売るよ~、どんなものでもな!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 星新一 + - 短編 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 21:51:32.82 ID:oyu0WbDo0 (+125,+30,-120)
    第一話「切れるナイフ」



    ~ 店 ~

    店長「……今日も客来ねえな。ウチほど何でも売ってる店もないってのに」

    助手「何でもってのが逆によくないんじゃないスかね? 漠然としすぎてて」

    店長「そういうもんなのか?」

    ギィィ……

    店長「お」

    店長「いらっしゃいませ~、何でも売るよ~、どんなものでもな!」

    助手「何でも売ってますッスよ!」

    黒髪「……本当ね?」ジロ…
    6 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 21:53:35.97 ID:CvTC+A5B0 (-6,+8,+0)
    ちょっと期待
    7 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 21:56:27.17 ID:oyu0WbDo0 (+95,+30,-73)
    黒髪「……本当に、何でも売ってるのね?」

    黒髪「ウソついたら承知しないわよ?」ジロ…

    店長「ああ、できるかぎり何でも売るよ」

    助手(なんだか、目つきがよどんだ女性ッスねえ……)

    黒髪「なら、ナイフ……売ってちょうだい」

    黒髪「よぉく……切れるヤツをね」

    店長「あいよ~!」
    8 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 21:58:02.30 ID:zVKoJCH00 (+19,+29,-4)
    田中要次「あるよ」
    9 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 21:58:11.70 ID:216xS+ht0 (+24,+29,-8)
    ナイフなんて普通に売ってるのに

    石原さとみの処女はいくらですか?
    10 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 21:59:28.80 ID:oyu0WbDo0 (+95,+30,-119)
    店長「ほれ、ナイフ」

    黒髪「あら、よく磨かれてて、よく切れそうなナイフね……」ニタァ…

    黒髪「ありがと……これであの人を……」スタスタ…

    店長「…………」

    助手「店長、あんなもん売って、大丈夫なんスか?」

    助手「もし、あの人が事件とか起こしたら──」

    店長「知るかよ」

    店長「俺は何でも売るのが仕事だ。売ったものが何を引き起こそうと知ったことか」

    助手「そりゃそうッスけど……」
    11 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:00:22.31 ID:yGdDhJoj0 (+24,+29,-2)
    なんかどっかで見たことあるような話だ
    12 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:00:56.72 ID:FrmPQXF20 (+29,+29,-6)
    髪の毛……髪の毛売ってくれ。毛根をくれ。金はある
    13 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:01:54.64 ID:/cLE4SkIO (+5,+15,+0)
    きたい
    14 : うわあああああ - 2013/10/23(水) 22:04:52.77 ID:jtsLlc+Bi (+16,+26,+0)
    おもしろそう
    15 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:04:53.17 ID:oyu0WbDo0 (+95,+30,-157)
    ~ 黒髪女の自宅 ~

    黒髪「刺してやる……」

    黒髪「私を捨てたあの人を、刺して、刺して、刺しまくって──」ギラッ

    黒髪「あら? ナイフに私の顔が映って──」

    黒髪「!」

    黒髪(なんて──)

    黒髪(なんて醜い顔をしているの、私は! 私はこんな顔をしていたというの!?)

    黒髪(赤いものも映って──)

    黒髪(この前、買ったリンゴ……)

    黒髪(リンゴ! このリンゴのなんて美しいこと! 美味しそうなこと!)ジュル…

    黒髪(もう人なんか刺してる場合じゃないわ! リンゴの皮をむかなくちゃ!)
    17 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:06:31.79 ID:FrmPQXF20 (-9,+0,+0)
    なんだこれ?
    18 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:09:33.02 ID:oyu0WbDo0 (+95,+30,-121)
    一ヶ月後──

    ~ 店 ~

    黒髪「こんにちは!」

    店長「おお、アンタかい。ナイフの調子はどうだ?」

    黒髪「最高よ!」

    黒髪「あれ以来、料理にハマっちゃって、今日は調理器具を買いに来たの!」



    助手「いやぁ~、人間変われば変わるもんッスねえ。すっかり明るくなって……」

    助手「あの人がくれたこの料理、ウマイッスよ」モグモグ…

    店長「あのナイフはよく切れる」モグモグ…

    店長「特に人の醜い心、なんてのはな」

    助手「店長はあまりウマイこといえてないッスね」モグモグ…

    店長「ほっとけ!」



                                       <おわり>
    19 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:12:25.89 ID:/cLE4SkIO (-18,-8,+0)
    20 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:13:01.88 ID:nzne0ItUP (+24,+29,-11)
    こういう見よう見まねで話作るけど粗だらけで粗末なのは恥ずかしくなるからやめて欲しい
    22 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:15:25.48 ID:oyu0WbDo0 (+90,+30,-61)
    第二話「スカウター」



    ~ 店 ~

    店長「いらっしゃいませ~、何でも売るよ~、どんなものでもな!」

    助手「といっても客は来な──」

    ギィィ……

    店長「来た」

    助手「来たッスね」

    青年「こんにちは」
    23 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:16:20.43 ID:FrmPQXF20 (+19,+24,+2)
    私の戦闘力は54万です
    24 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:18:37.23 ID:oyu0WbDo0 (+95,+30,-89)
    青年「表に書いてあったけど、ここには何でも売ってるんだって?」

    店長「ああ、できるかぎり何でも売るよ」

    青年「ふうん……」

    青年「ならさ……」

    青年「他人の能力が、自分よりも優れてるか劣ってるかが分かる道具ってある?」

    店長「あいよ~!」

    青年(……あるのかよ!)
    25 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:22:34.10 ID:oyu0WbDo0 (+95,+30,-99)
    店長「ほれ、人間優劣判定装置」

    青年(見た目は、ドラゴンボールのスカウターみたいだな)

    店長「これを目につけて操作すると、自分より優れてる奴は赤く」

    店長「劣ってる奴は青く表示される」

    青年「どれどれ……」カチッ

    青年「おお、店長さんは青く、そちらの女性は赤く表示されてる」ピピピ…

    店長「…………」

    助手「……ぷっ」

    青年「これ、ありがたく買わせてもらうよ!」
    26 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:24:52.14 ID:azctE2dI0 (+19,+29,+0)
    助手女だったのか
    27 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:25:55.65 ID:oyu0WbDo0 (+95,+30,-133)
    青年(これさえあれば──)

    青年(自分より優れてる奴とは勝負せず)

    青年(自分より劣ってる奴とだけ勝負するようにすれば──)

    青年(俺は絶対に負けない最高の人生を送ることができる!)

    青年「さて、試してみるか」カチッ

    青年(お、アイツは赤い。要注意だな、絶対に敵に回さないようにしよう)ピピピ…

    青年(アイツは青く表示されてるな。強気に出て問題ないだろ)ピピピ…
    28 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:30:00.66 ID:oyu0WbDo0 (+95,+30,-159)
    しばらくして──

    ~ 店 ~

    青年「うわぁぁぁぁぁんっ!」バタンッ

    店長「なんだぁ!?」

    助手「どうしたッスか!?」

    青年「もう死ぬしかない……安楽死できる道具を売ってくれえっ!」

    店長「落ちつけ。とりあえず、なんで死にたいのかを説明してくれ」

    青年「お、俺……」

    青年「自分より劣ってる奴とばかり勝負するようにしてたら──」

    青年「いつからか、周囲のみんなが赤く見えるようになって……」

    青年「もう俺……恥ずかしいやら情けないやらで、表を出歩くのも怖くて……!」

    青年「これなら死んだ方がマシだぁ~っ!」

    店長「…………」
    29 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:30:07.90 ID:/cLE4SkIO (+18,+28,+0)
    死亡フラグ
    30 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:33:05.90 ID:HwWlxpE60 (+12,+27,+0)
    逆フラグ
    31 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:33:35.61 ID:fylylvr70 (+17,+29,-4)
    助手とセックスできる権利はいくらで売っているのだろう
    32 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:34:29.49 ID:oyu0WbDo0 (+95,+30,-138)
    店長「よかったじゃねえか」

    助手「え!?」

    青年「なんでだよ! なんでそんなこというんだよっ!」

    店長「みんな赤く見えるってことは、アンタはどん底、ドベ中のドベってことだ」

    店長「──ってことはもう、はい上がるしかねえってことだ」

    青年「!」

    店長「みんなに期待されてないから気楽な上に、やりがいもある」

    店長「こんな美味しいポジション、なかなかねえぞ?」

    店長「今まで下ばっか向いてた分、今度は上向いて頑張ってみろよ」

    店長「もし、どうしてもダメだったら、そん時は楽に死ねる道具を売ってやるから」

    青年「…………」

    助手(店長……たまぁ~には、いいこというんスねえ……)
    33 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:34:42.99 ID:0ARPOAcs0 (+29,+29,-26)
    マッコイじいさんって書こうと思ったらSSだった
    34 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:37:28.10 ID:oyu0WbDo0 (+95,+30,-53)
    青年「分かったよ」

    青年「俺……もう少し生きてみるよ」

    店長「おう、その意気だ!」

    青年「それじゃせっかくなんで……」カチッ

    青年「あれっ、店長さんは表示がまだ青いぞ」ピピピ…

    店長「…………」

    助手「……ぶふっ!」
    35 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:41:08.01 ID:/cLE4SkIO (+8,+18,+0)
    店長wwwww
    36 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:41:46.39 ID:oyu0WbDo0 (+95,+30,-110)
    さらにしばらくして──

    ~ 店 ~

    青年「うわぁぁぁぁぁんっ!!!」バタンッ

    店長「なんだぁ!?」

    助手「どうしたッスか!?」

    青年「もう死ぬしかない……安楽死できる道具を売ってくれえっ!」

    店長(我ながらなかなかいいアドバイスをしたつもりだったが、ダメだったか……?)

    青年「あれから俺、自分より優れてる奴にとことん勝負を挑んでたら」

    青年「みんな青く見えるようになって……生きがいがなくなってしまったぁぁぁ!」

    店長「知るか!」



                                       <おわり>
    37 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:44:03.17 ID:2i6eUuuS0 (+14,+29,-4)
    青年強すぎだろ
    38 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:47:40.27 ID:oyu0WbDo0 (+95,+30,-114)
    第三話「需要と供給」



    ~ 店 ~

    ギィィ……

    店長「いらっしゃいませ~、何でも売るよ~、どんなものでもな!」

    サド「本当に何でも売ってくれるの?」

    店長「ああ、できるかぎり何でも売るよ」

    助手(うわぁ、性格キツそうな女性ッスねえ……)

    サド「なら……最高にマゾな男を売ってくれない?」

    サド「最近はアタシの責めに耐えられない、軟弱なオスばかりで困ってるのよ」

    店長「あいよ~!」
    39 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:50:32.83 ID:0ARPOAcs0 (+24,+29,-1)
    どんなものって人もかよ
    40 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:51:13.91 ID:oyu0WbDo0 (+95,+30,-90)
    店長「ほれ、マゾな男だ」

    マゾ「ど、どうも」ハァハァ…

    サド「あら、まさしくアタシの好みのタイプだわ!」

    サド「じゃ、ありがたく痛めつけさせてもらうわね! オ~ッホッホ!」

    マゾ「お、お願いしまっしゅ!」ハァハァ…

    店長「…………」

    助手「…………」

    店長「世の中ってのは、需要と供給がうまくできてるもんだな」

    助手「そうッスね……」
    41 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:54:36.43 ID:oyu0WbDo0 (+88,+30,-102)
    15分前──

    ~ 店 ~

    マゾ「ここは何でも売ってるんですよね!?」ハァハァ…

    店長「ああ、できるかぎり何でも売るよ」

    助手(うわぁ、いじめられるのが大好きって感じの男性ッスねえ……)

    マゾ「じゃ、じゃあ、最高のサディスト女王様を売ってくだしゃい!」ハァハァ…

    店長「すまねえ……! あいにく今、サドな女は在庫がないんだ」

    マゾ「そ、そんなっ……!」ガーン

    店長「すぐ入荷できるかもしれないし、よかったら店の奥で待っててくれ」

    マゾ「分かりましたっ!」



                                       <おわり>
    42 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 22:58:41.10 ID:/cLE4SkIO (+24,+29,-14)
    アダム・スミスもびっくり!
    43 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 23:00:32.41 ID:oyu0WbDo0 (+95,+30,-74)
    第四話「若さ」



    ~ 老人の自宅 ~

    老人「ハァ~……」

    老人「昔は筋骨隆々で、精神的にもたくましく、ギャルにモテモテじゃったのに」

    老人「今や、髪は白くなり、体には骨が浮き、顔はシワだらけ……」

    老人「老いとは、なんともイヤなものじゃのう……」

    老人「老いを克服する方法はないんじゃろうか……」
    44 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 23:02:56.76 ID:dO9mltnC0 (+14,+29,+0)
    女助手ください
    45 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 23:02:57.09 ID:6qDRGDjc0 (+29,+29,-29)
    星新一がいかに偉大かを感じさせてくれるスレ
    47 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 23:05:27.55 ID:oyu0WbDo0 (+95,+30,-91)
    ~ 店 ~

    ギィィ……

    店長「いらっしゃいませ~、何でも売るよ~、どんなものでもな!」

    老人「その言葉、本当じゃな?」

    店長「ああ、できるかぎり何でも売るよ」

    助手「おじいさんは、なにが欲しいんスか?」

    老人「若さじゃ!」

    老人「ワシに若さを売ってくれ!」

    店長「あいよ~!」
    48 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 23:06:58.26 ID:tlNvVLxri (+19,+29,-3)
    俺の始末書を代わりに書いてくれよ
    49 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 23:10:47.27 ID:oyu0WbDo0 (+95,+30,-273)
    店長「ほれ、若さ」

    若者「おお……!」ムキムキ…

    若者(エネルギーに満ち満ちておる! これが……若さか!)

    若者(肉体に、あの頃のような力強さとしなやかさがみなぎっておる!)

    若者(精神も、あの頃のようにたくましくまっすぐに──)

    若者「…………」

    店長「どうした?」

    若者「やめだ、やめだ、やめだ!」バンッ

    店長&助手「ひっ!?」ビクッ

    若者「若さとは、二度と手に入らないからこそ価値があるもの!」

    若者「みんな年を取るのに、俺だけこんな手段に頼ってなんになる!?」

    若者「俺は老いを受け入れる!」

    若者「店長! 悪いが、今すぐ元に戻してくれ!」

    店長「え、もう戻すの!?」
    50 : 以下、名無しにか - 2013/10/23(水) 23:13:27.21 ID:oyu0WbDo0 (+95,+30,-92)
    老人「いやぁ~世話をかけたのう! ではさらばじゃ!」

    老人「よぉ~し、老いたまま頑張るぞい!」スタスタ…

    店長「いったい何がしたかったんだ、あの爺さんは……」

    店長「ただの冷やかしか?」

    助手「きっとそうッスよ」

    助手「ずいぶん若々しいおじいさんだったッスし、イタズラ好きなんスよ、きっと」



                                       <おわり>
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 星新一 + - 短編 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について