のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,558,137人
911,666,967頁
昨日:4,453人
5,236頁
今日:2,200人
2,522頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレP「いおりん可愛すぎ警報発令ーーーーーーーー!!!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - 伊織 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 22:28:03.53 ID:NeiLBFIZ0 (+125,+30,-115)
    P「いおりん可愛すぎ警報が発令されました!付近の方は今すぐ避難してください!」

    伊織「な、何よ、何なのよ!?」

    P「みんな危険だ下がれぇええ!!」

    春香「は、はいっ!」

    P「勢力の範囲はいおりんを中心とした、いおりんを視認できる範囲!!!」

    P「超巨大な勢力を保って事務所内を蹂躙しています!!」

    伊織「もー…何なのよぉ…」プクー

    P「立っているのもやっとという状態ですっ…!」クラクラ
    2 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 22:32:31.82 ID:92Hvlsan0 (+33,+29,+0)
    また建てたのかい
    3 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 22:33:24.28 ID:NeiLBFIZ0 (+99,+30,-151)
    >>2書ききったからリベンジさせてください



    伊織「バッカみたい…オレンジジュース飲もう…」スタスタ


    P「いおりん765号ですが、給湯室に向かったようです!」

    小鳥「こちらスタジオ(社長室)です。現地の様子はどうでしょうか?」

    P「あそこには分断され孤立した雪歩が取り残されています!」

    P「早速様子をレポートして参りたいと思います!待ってろ雪歩!」




    伊織「うるさいったらありゃしないわ…あ、オレンジジュースがないじゃない」

    雪歩「あはは、お茶淹れようか?」

    伊織「お願いするわ」
    4 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 22:33:39.39 ID:KwOizPMn0 (+11,+26,+0)
    待ってました
    5 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 22:38:23.08 ID:NeiLBFIZ0 (+95,+30,-127)
    P「雪歩ーーーーーーーーー!!うわぁ給湯室は豪雨、強風に見舞われています!!にひひっの嵐!!」ガチャッ

    伊織「!?」

    雪歩「ひゃああああああああ!!」カシャーン!!

    P「熱ううううううううううううう!!!??」




    雪歩「ご、ごめんなさいぃ…火傷させてしまって」フーフー

    P「あはは…俺が急に飛び出したせいだから、気にしないで雪歩」

    P「くっ…それにしても最大勢力を思い知ったぜ!いおりんに近づくことさえ困難だとは!」

    雪歩「?」フーフー

    P「あ、雪歩もっとフーフーして、もっと」ハァハァ
    6 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 22:43:11.99 ID:NeiLBFIZ0 (+95,+30,-134)
    社長室



    小鳥「今年に入って765回目の事務所上陸となりました」

    P「発生するたびに最大勢力を増しています…プロデューサーに対する被害は甚大です」

    P「いおりんにメロメロな状態から復興出来る気がしません」

    小鳥「(メロメロ感情の)氾濫の恐れもありますよね?」

    P「濁流が全てを押し流そうとしています。決壊、そして氾濫も時間の問題でしょうね」

    小鳥「プロデューサーさんは何とか持ちこたえているようですが…」

    小鳥「各地では既に氾濫したとの情報もあるようです」

    P「すぐに取材に行っていまいります!」
    7 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 22:43:22.83 ID:ykHIB4BE0 (+19,+29,-1)
    あらあらリベンジ?
    8 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 22:46:53.21 ID:Dq+nnS/x0 (+11,+21,+0)
    またきたか
    9 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 22:49:41.61 ID:NeiLBFIZ0 (+95,+30,-160)
    美希「むにゃ…むにゃ」zzz

    伊織「全く、ずっとソファで寝ちゃって…秋口で寒くなってるんだから風邪ひくわよ!」

    美希「ふぁーい…なの」

    伊織「しゃきっとしなさいよ!しゃきっと!」

    美希「確かに、ちょっと寒いの…ミキ暖かいものが欲しいなー」ブルッ

    伊織「あーもう!震えちゃってるじゃない!待ってなさい、今雪歩に暖かいお茶もらってくるから!」タッタッタ



    P「ここが現場か!」ダダダダ

    美希「あ、ハニー!どうしたの?」

    P「すまん、しばらく俺はこのソファの後ろに隠れている!美希、お前のことを見守っておくからな!」

    美希「よく分からないけど、嬉しいの!美希の背中は任せたの!」
    10 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 22:54:33.49 ID:NeiLBFIZ0 (+95,+30,-101)
    伊織「ほら、美希!これ飲んで暖かくしなさい!」

    美希「デコちゃん優しいの!ついでにミキの隣に座ってぴとってして欲しいなー」

    伊織「な、何言ってんのよ…!」

    美希「?デコちゃん暖かそうだから、くっつきたいなーって思ったの」

    伊織「し、仕方ないわね。あまりくっつきすぎないでよね!お茶をこぼしたら大変なんだから!」ストン

    美希「えへへ」ピトー

    美希「おにぎりがあれば完璧だったけど、気にしないの!それでは頂くの!」ゴクッ!

    美希「あついの」
    11 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 22:59:45.71 ID:NeiLBFIZ0 (+95,+30,-88)
    伊織「あーもう仕方ないわね!こっちに寄越しなさい」

    伊織「冷ましてあげるから、もうちょっとだけ我慢しなさい」フーフー

    美希「あはっ!ドジっちゃったね…ありがとうなの!」

    伊織「淹れたてなんだから熱いに決まってるじゃない…火傷してない?」

    美希「大丈夫なのー!」ズズズ

    美希「んっ、おいしっ!」ニカッ
    12 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:01:01.10 ID:XkH9D+pv0 (+24,+29,-1)
    前落ちたやつか
    期待
    13 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:01:30.91 ID:K7typQl2i (+24,+29,+0)
    やばい、決壊した
    14 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:05:12.79 ID:NeiLBFIZ0 (+93,+30,-69)
    美希「それにしてもデコちゃんは落ち着く暖かさなの!気持ちいいの!」

    伊織「ば、バカぁ…///」

    美希「ほっぺたもモチモチなの!」

    伊織「ちょ、ちょっとやめなさいよ」

    美希「もっと柔らかいところはー」

    伊織「あ、ちょっと、コラやめなさ」

    美希「あふぅ」




    P「あふぅ」
    15 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:06:38.86 ID:XkH9D+pv0 (+24,+29,-1)
    そろそろ決壊思想
    16 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:07:16.93 ID:tWlUpGJB0 (+73,+30,+0)
    17 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:10:14.05 ID:NeiLBFIZ0 (+99,+30,-126)
    P「以上、現場でした」

    小鳥「お疲れ様です、引き続き警戒を怠らないようにしてください」



    P「小鳥さんへの報告終わり!…ふぅ、一仕事ついたぜ」

    春香「あ、あのー、プロデューサーさん」

    P「お、なんだ春香。ここは危険なんだぞ?いおりん可愛すぎ警報が発令されてるんだ」

    春香「いや、あのですね…その」

    P「どうした?困ったことがあるなら聞くぞ」

    春香「うぅ…」

    春香「はるるん可愛すぎ警報は…発令されたり…とか、しないですか?///」



    P「局地的豪雨発生中」
    18 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:11:10.10 ID:K7typQl2i (+34,+29,+0)
    >>16
    なぜいおりんじゃないのか
    19 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:11:33.78 ID:7Zwr1eOW0 (+38,+29,+0)
    >>17
    あざるん可愛るん
    20 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:15:12.62 ID:NeiLBFIZ0 (+95,+30,-81)
    P「いいか」

    春香「はっ、はい」

    P「はるるんは超可愛い」

    春香「…///」

    P「ので、また今度じっくりレポートしてやるからな」ナデナデ

    春香「えへへ…クッキー食べます?」

    P「おう、いただこう」サクサク

    P「甘いな、優しくて、春香らしい味だよ」

    春香「…私のほうがもっと甘いかもしれませんよ?」

    P「え」
    21 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:19:11.99 ID:yCbOdl/S0 (+29,+29,+0)
    >>16
    くっそかわいい
    22 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:20:37.63 ID:NeiLBFIZ0 (+95,+30,-111)
    春香「冗談です!…じっくりレポートしてくれること、約束ですからね!」

    P「あ、あぁ!分かった!約束する」

    春香「(きゃーーーー!!どれだけ大胆なこと言っちゃったの私!)」

    春香「(これじゃ、私を食べて…って言ってるのとほぼ同じじゃない!///)」

    春香「(あざといって言われても言い訳できないかも…)」

    P「あ、あのさ春香」

    春香「は、はいっ!」

    P「ふ、深い意味はなかったのかもしれないけどさ!」

    P「俺、春香のそういうストレートな冗談が好きだよ!」

    P「いや、深い意味じゃなくてね!深い意味じゃ!」

    春香「もうっ!」
    23 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:22:51.20 ID:Dq+nnS/x0 (+22,+27,+1)
    かわいい





    かわいい
    24 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:24:51.71 ID:NeiLBFIZ0 (+95,+30,-103)
    P「ははは!なんか春香って甘くてとろけそうだよな、口の中で!」

    春香「ちょ、ちょっとそれどういう意味ですか!///」

    P「その、イメージというかなんというか」

    春香「プロデューサーさん、セクハラですよ!セクハラ!」

    P「か、返す言葉もない…」

    春香「…いいです、許してあげます」

    春香「はるるんは…あ、甘甘なので、優しいんです!ぷ、プロデューサーさんだけですよ…///」



    P「(ゲリラ砂糖で溺れ死にそうになった…さすが正統派)」
    25 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:28:36.08 ID:7Zwr1eOW0 (+24,+29,+0)
    春香の株が急上昇
    26 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:29:10.36 ID:NeiLBFIZ0 (+95,+30,-123)
    P「いやーウチのアイドル達はどうしてこう可愛いんだろうな」サクサク

    伊織「まーたセクハラめいた発言しちゃって」

    P「わっ!伊織いたのか!」

    伊織「いたのか、じゃないでしょ。さっきから事務所で私に付きまとってるのはアンタでしょうが」

    P「だって伊織の可愛さは危険すぎるからだ!動向を注視する必要があるんだ!」

    伊織「もー…またそんな事言う!」バシバシ

    P「おげふぅ」
    27 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:30:33.70 ID:ZAhOlBqH0 (-2,+7,+0)
    28 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:33:31.94 ID:NeiLBFIZ0 (+95,+30,-78)
    伊織「そんなこと言われたって、ワケわかんないお調子者みたいに言われたら」

    伊織「アンタが本心で言ってるのか、からかって言ってるのか分からないじゃない!」

    P「本心で言われたい?」

    伊織「からかって言われるよりは…」

    P「本心で言ってあげようか?」ニヤニヤ

    P・伊織「…」

    伊織「鬱陶しい」プイッ スタスタスタ

    P「あ、可愛い…」
    29 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:33:49.70 ID:ZAhOlBqH0 (-2,+7,+0)
    30 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:35:58.99 ID:ZAhOlBqH0 (-2,+7,+0)
    31 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:38:14.36 ID:ZAhOlBqH0 (-2,+7,+0)
    32 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:40:10.21 ID:NeiLBFIZ0 (+95,+30,-98)
    P「伊織は行ってしまった」

    「プ、プロデューサー!!プロデューサーぁあーー!!」ドタドタ

    P「ん、真か。慌ててどうした?」

    「…☆」キャピー

    P「…?」

    「…♪」キャピー

    P「(なんかポージングしてる)」

    「…」



    「なんでまこまこりん可愛すぎる警報が発令しないんですかぁーーーーーああ!!///」
    33 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:41:19.01 ID:ZAhOlBqH0 (+24,+29,-13)
    読みたいひとは私をNGしてくれ
    34 : 【スペシャルロイ - 2013/09/26(木) 23:42:53.57 ID:W1VebFM60 (+14,+29,-11)
    まこちん....
    35 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:42:54.38 ID:ZAhOlBqH0 (-2,+7,+0)
    36 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:44:00.20 ID:oCAJP/w00 (+24,+29,-13)
    少なくとも俺の中では特別警報が出てる
    37 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:44:02.80 ID:NeiLBFIZ0 (+95,+30,-105)
    「今、いおりん可愛すぎる警報発令してるんでしょ!!」

    P「その通りだ」

    「だったら!」

    P「あれはな、自然現象なんだ」

    P「真がやったみたいに意図的に発生させるものじゃないんだ」

    「えーそんなぁ…恥ずかしい思いしただけかぁ…」

    P「いや、真は可愛いぞ?」

    「本当ですかー?可愛すぎる警報が発令していないボクなんかより」

    「発令してる伊織の方が可愛いんじゃないですかー?」ジト
    38 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:45:04.60 ID:ZAhOlBqH0 (-2,+7,+0)
    39 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:46:50.80 ID:ZAhOlBqH0 (-2,+7,+0)
    40 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:48:25.43 ID:NeiLBFIZ0 (+95,+30,-111)
    P「…いや、真は可愛い、でも可愛い真から綺麗な真になっていくと思ってる」

    「!?」

    P「大人の女性になっていくにつれ、子供の可愛いからは脱却していくもんだ」

    P「もちろん大人になっても可愛さを残している人もいて、それはそれでいいと思う」

    P「…でも俺は、真は特に綺麗な女性になっていくと信じているよ」

    「あ…あぅ…///」

    P「それは、自然発生的なことだ」

    P「だから、警報はその時に発令されるだろう」
    41 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:49:46.24 ID:ZAhOlBqH0 (-2,+7,+0)
    42 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:51:29.09 ID:NeiLBFIZ0 (+95,+30,-67)
    「…へへっ!見ておいてくださいよ!」

    「必ず、プロデューサーの期待に応えてみせますから!」

    P「ああ、約束だ」

    「…」

    「でも今はやっぱり頭撫でてもらってもいいですか…///」

    「子供扱いにも…得なところはありますので…」ボソボソ

    P「おふぅ」
    43 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:52:31.94 ID:ZAhOlBqH0 (-2,+7,+0)
    44 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:53:54.48 ID:ZAhOlBqH0 (-2,+7,+0)
    45 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:55:11.16 ID:NeiLBFIZ0 (+95,+30,-165)
    P「くそぅ…可愛すぎるだろ…緊急マコト速報間近だったわ」

    小鳥「もう、伊織ちゃん以外に浮気しすぎですよ」

    P「あはは、本心からみんな可愛いと思っているので」

    小鳥「もう、竜宮小町まで可愛がって…あまり無理しないでくださいね」

    P「それを言うなら小鳥さんもですよ?事務仕事の合間に年長組の話し相手とか、亜美と真美の世話とか大変でしょ?」

    小鳥「私もみんなが可愛くて疲れなんて感じませんよ!」

    P「お互い、頭の中で警報音が鳴り続けますなぁ!」

    P・小鳥「HAHAHAHAHA!!!」



    伊織「…バーカ」
    47 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:58:04.60 ID:ZAhOlBqH0 (-2,+7,+0)
    48 : 以下、名無しにか - 2013/09/26(木) 23:58:38.26 ID:NeiLBFIZ0 (+95,+30,-77)
    伊織「バッカみたい」

    亜美「いーおーりーん!そんな不機嫌そうな顔しちゃってどうしたのカナー?」

    伊織「亜美には関係ないわよ、構って欲しいなら小鳥のところにでも行きなさい」

    亜美「んっふっふー、当てて見せようか?いおりん可愛すぎる警報のことでしょー?」

    亜美「はぁー、いおりんを悩ませるなんて兄ちゃんも罪な男だねぃ!」

    伊織「違うわよ!」
    49 : 以下、名無しにか - 2013/09/27(金) 00:00:19.63 ID:YrpQ8NgN0 (-2,+7,+0)
    50 : 以下、名無しにか - 2013/09/27(金) 00:01:37.84 ID:YrpQ8NgN0 (-2,+7,+0)
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - 伊織 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について