のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,559,253人
911,668,302頁
昨日:4,453人
5,236頁
今日:3,404人
3,857頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレP「アイドルの胸を後ろから鷲掴みしたい」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - ハルヒ + - 安価 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 05:17:38.28 ID:pk7KiAjv0 (+110,+29,+0)
    こう、ギュとさ
    2 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 05:18:00.62 ID:7gRA+r3w0 (+17,+29,-12)
    3 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 05:18:27.17 ID:M9KPlbNqi (+14,+29,-11)
    ちはや
    4 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 05:20:15.57 ID:9/+HYb+20 (+68,+30,+0)
    5 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 05:23:35.12 ID:LZvHhWBd0 (+29,+29,-2)
    >>4
    二枚目、顔がやべーだろ
    6 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 05:56:10.52 ID:wifkaUkJ0 (+8,+23,+0)
    律子!!
    7 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 05:58:51.60 ID:h7nTgbq70 (-10,+4,-1)
    はやくしろ
    9 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 06:50:26.88 ID:iRADC6TIi (+19,+29,+0)
    素晴らしいコンセプトだと思う
    10 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 06:59:07.09 ID:oUeK6u8hi (-16,-4,+0)
    72
    11 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 07:01:03.68 ID:Ow9KPo5J0 (+68,+30,+0)
    12 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 07:22:00.76 ID:fT7TbK1Ei (+24,+29,-23)
    「でもアイドルはやっぱ無理だから
    事務員さんで我慢しよう・・・」
    13 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 07:28:15.37 ID:MV/I4GFbO (+3,+18,+0)
    うっうー
    14 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 07:39:36.54 ID:4FIt2DSH0 (+35,+30,-235)
    「……ふー、今日の仕事終わりっと。
      最近みんな軌道に乗って来れたから一気に忙しくなりましたねぇ、音無さ……
      ……って、そうだ、音無さんは今日は定時に帰ったんだったか」

    ガラッ

    「お、月が明るいな。
      今日か昨日が十五夜だったかって、貴音が言ってた気がする。
      夜風も涼しくなってきたし、もうすっかり秋だなぁ……」

    サァァァァ……サラサラ……

    「……」

    ……カラカラカラ、パタン。

    「だめだ、ひとりで居るのが急に寂しくなってきたぞ。
      考えてみれば、もう、随分長い間、誰かに抱きついたり抱き締められたりしてない。
      普段はそれでも、音無さんと喋ったり仕事が忙しかったりでそんなこと思わないが、
      ……寂しい。ソファで横になって、アイドルに後ろから抱き締めたい。
      それでゆっくり胸を触って落ち着きたい。柔らかい、あったかいものに触りたい……」

    その時、事務所の扉が開いた。忘れ物を取りに来たのは……>>15
    15 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 07:40:53.37 ID:fIeLEoE+P (+18,+25,+0)
    ゆきほ
    17 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 07:49:12.58 ID:oqiBBan70 (+3,+13,+0)
    きたか
    18 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 07:52:02.70 ID:aNftIuOB0 (+30,+30,-216)
    「って、そんなことできるわけないか……はぁぁ……」

    ガチャッ、

    「……ん? あれ、雪歩じゃないか。どうしたんだ?」

    雪歩「明日使う台本をテーブルに忘れちゃって……」

    「おお、そうか。
      良かったなら、俺ももうすぐ帰るところだったぞ」

    雪歩「す、すみません、こんな大事なものを忘れるなんて、
       プロデューサーがせっかく取ってきてくれたお仕事なのに、……」シュン

    (雪歩……雪歩は、貴音やあずささん、美希ほど胸が目立つわけではないが、
      それでも、何というか「抱き締めたい」と言う一点においては事務所随一だ。
      手頃な大きさ、軽さ、そして申し分のなさそうな柔らかさ……)

    雪歩「……あ、あの、ぷ、プロデューサー……おこって、ますよね……?」

    「……え? あ、あぁいやいや! そんなことはないよ。
      ただ、雪歩も成長したなぁって、そう思ってたんだ、うん」

    雪歩「成長、ですか……?」
    19 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 07:59:07.44 ID:K04BHcmR0 (+33,+30,-174)
    「あぁ、そうだ。
      最初はあんなに怖がってた俺とも、
      こうやって二人でちゃんと話せるようになったじゃないか。
      それに、他の男の人とも、しっかり仕事出来るようになってきた。
      ある意味、事務所の中では一番成長したのが雪歩だよ」

    雪歩「で、でも、こんな風に忘れ物したりして、どんくさいし、ダメダメで……」

    「次から気を付けたら良いさ。
      俺だって忘れ物をするときぐらいあるし、……それが大事なものなら、
      今の雪歩みたいに、それを取りに戻ったりするよ」

    雪歩「プロデューサーもですか……?」

    「ああ、さすがにそんなにしょっちゅう忘れ物ばっかりしてられないけど、
      音無さんに助けられることも沢山あるよ。
      俺も成長しないとなぁ」

    雪歩「プロデューサー……」
    20 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 08:00:41.08 ID:E7uV9gvQ0 (+24,+29,-7)
    こんないい話風の雰囲気からおっぱい鷲掴みとか
    Pぱねえ
    21 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 08:05:26.75 ID:KGtl1Qh60 (+33,+30,-131)
    「さぁ、もう遅くなってきたし、帰ろう。
      家まで送るよ」

    雪歩「あ、あの! プロデューサー……」

    「ん?」

    雪歩「さっき、えっと……勘違いだったら、ごめんなさい。
       プロデューサー、おっきなため息、ついてたから、疲れてるのかな、って……」

    (あぁ……さっきの聞かれてたのか。
      ……え、ちょっと待てよ、ペラペラ独り言言ってたけど、どこから聞かれてたんだ!?)

    雪歩「プロデューサーは、お仕事、大変ですか……?」

    「えっ、あ、仕事? まぁ、そりゃあ、な。
      うん、忙しいこともあるよ、それが仕事だからな、うん」

    雪歩「そう、ですよね……」

    (おお……聞かれたのはため息だけか……よかったぁぁぁ……)
    22 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 08:14:35.46 ID:YO2Q7yl30 (+33,+30,-191)
    雪歩「……私、プロデューサーが頑張ってくれてるのを知ってます。
       私達のために、必死にお仕事してくれてるのを……
       だから、せめてなにかお返しできないかと思って、お茶をいれさせてもらったり、
       してるんですけど……やっぱり、だからって、仕事が楽になるわけじゃないですよね……」

    「い、いやいやいや、雪歩、それは違うぞ。
      俺や音無さんが、どれだけ雪歩に助けられてると思う?
      雪歩のお茶や、春香のお菓子、やよいが事務所の掃除をしてくれるのも、
      みんな『仕事頑張ろう』って思わせてくれるんだ。
      すごくありがたいし、おかげで俺もいっちょ前にプロデューサーが出来るってもんだよ」

    雪歩「……でも、疲れてる、んですよね?
       プロデューサー、目の下に、クマが出来てます」

    「え、あれ、そうかな


    雪歩「あんまり、眠れてないんですか?」

    「ま、まぁ、……最近はちょっと遅くなったり、朝早かったりしたけど」
    23 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 08:19:03.84 ID:24spNCyo0 (+33,+30,-83)
    雪歩「……プロデューサーが、頑張ってくれてるのは、すごく嬉しいです。
       私も、プロデューサーがいるから、頑張れてるんです。
       でも、プロデューサー、いつもみんなに言ってますよね?
       『無理はしたらダメだ』って」

    「う……そりゃ、そうだけど」

    雪歩「わかってます、プロデューサーは大人だし、
       無理をしなきゃいけないことがあるのは。
       ……でも、嫌なんです。もし、それでプロデューサーが体を壊して、
       事務所で会えなくなったらって思うと……寂しいです」

    「雪歩……」

    雪歩「……」
    24 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 08:19:47.88 ID:NUhjvU+e0 (-12,-2,-1)
    しえ
    26 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 08:27:20.06 ID:gPKhWFaU0 (+33,+30,-123)
    雪歩「……正直に、言いますね。
       私、プロデューサーに……こっそり、甘えたり、してるんです」

    「え?」

    雪歩「撮影やレッスンの帰りに、迎えに来てくれたプロデューサーの車で眠ると、
       プロデューサーは事務所とか家に着いたときに、
       私を優しく起こしてくれますよね。
       ……でも、……ほんとは、もう起きてるのに、プロデューサーに迷惑掛けちゃダメなのに、
       まだ寝ぼけてるふりをして、プロデューサーに、……ぎゅって、起こされるのを、待ってるんですよ……?」

    「……!」

    雪歩「ごめんなさい、こんなことして……でも、そうすると、疲れててもふわってなって、
       元気になれて、次の日も頑張れるんです。
       プロデューサーのおかげで、疲れても、ちゃんと元気になれるんです」

    「……」
    27 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 08:30:17.20 ID:GwJnI1ma0 (-4,+7,+0)
    いいぞ
    28 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 08:32:36.93 ID:m4qqKbbT0 (+11,+26,+0)
    素晴らしい
    29 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 08:34:29.99 ID:AJyIsmx3i (+12,+22,+0)
    ぐう可愛
    30 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 08:36:29.52 ID:pIrS5wxF0 (+30,+30,-157)
    雪歩「でも、もう、そんなことはしません。
       どんなに疲れてても、ちゃんと自分で起きます」

    「え……ど、どうしてだ?」

    雪歩「プロデューサーが、プロデューサーだけ、無理してるからです」

    「……」

    雪歩「私、……そんなの、嫌です。
       わがまま言ってごめんなさい、プロデューサー。
       でも、やっぱり、そんなの……寂しいですよ、私……」

    「ゆ、きほ……」

    雪歩「……プロデューサー」

    「な、なんだ?」

    雪歩「プロデューサーも……疲れてたら、甘えてください」

    「甘えるって……雪歩に、か?」

    雪歩「私でも、……私でダメなら、他の子でもいいです。
       プロデューサーも、無理をしないように、甘えて見せてください。
       ときどき、……今日だって、私が帰って、事務所にプロデューサーだけになるとき、
       プロデューサー、ちょっとだけ寂しそうに、でも、それを隠して『お疲れさま』って言ってました。
       私でも、そのくらい、わかります」

    (ま、マジか……)
    31 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 08:40:12.60 ID:dEkhorUE0 (+14,+29,+0)
    雪歩すげえ
    33 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 08:45:39.83 ID:+MxTSRFN0 (+22,+29,-2)
    72は乳首わしづかみで
    34 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 08:50:01.82 ID:5xjB0u570 (+33,+30,-119)
    雪歩「誰かと一緒にいたら、安心できる、っていうのは、すごくよくわかります。
       だって、私にそれを教えてくれたのはプロデューサーだから。
       プロデューサーが隣にいてくれたら、……私、どこでも頑張れるし、どこでも休めますよ。
       ……だから、プロデューサー、もしプロデューサーが疲れたら、
       もしプロデューサーが良かったら、……私が、そばにいます。
       一緒に、頑張るんだから、一緒に休みたいです……ダメ、ですか……?」

    「……ほんとに、いいのか?
      たぶん、その、何というか……みっともないぞ?
      雪歩だって、嫌かも知れないし、面倒だし……」

    雪歩「私は、プロデューサーを信じてます。
       プロデューサーも、私を信じてください。
       そしたら、きっと……もっと、頑張れると思うんです」 



    (も、……もうどうなっても知らないからな……)
    35 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 08:52:16.70 ID:AJyIsmx3i (+18,+28,-2)
    さあきましたよ
    36 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 08:53:58.25 ID:fX2UA5u5i (-27,-15,+0)
    38 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 08:59:31.59 ID:X27kNaWr0 (+33,+30,-162)
    「じゃあ、……俺も正直に言うよ。
      こんなこと言ったら変かも知れないけどさ。

      ……雪歩の言うとおり、寂しいんだ。
      事務所は普段あんなに賑やかで、ずっとバタバタしてる。
      でも、急に一人になると、明日になればまたここに来るのに、
      なんか……寂しくなるんだ。自分は今、一人なんだなぁって。
      誰かに、いて欲しいなぁってさ。
      こんな大の大人が言うことじゃないけどな……ははは」

    雪歩「……」

    「いよいよ、情けない話になるんだが……
      ……雪歩も含めて、最近、みんなすごく調子がいい。
      自分がプロデュースしたアイドルが次々、評価されてきてる。
      しかも、みんな仲がよくて、おまけに俺のことまで気遣ってくれて……
      でも、一人になると、ふと思うんだよ。思わないようにしても、どうしても。
      『これは実は夢の世界で、ゲームみたいなもんで、本当は自分はここにいないんじゃないか』
      ……いや、『本当は自分しかここにいないんじゃないか』って」
    40 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 09:05:13.23 ID:OcSh+tDm0 (-16,-9,-17)
    なんでIDちがうね?リレーなの?
    41 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 09:09:04.74 ID:dmDE55zj0 (+33,+30,-157)
    「そしたらさ、……なんか、急に怖くなっちゃってさ。
      こんなことって、こんな上手く行くことがほんとにあるのか?って。
      ……急に、消えてなくなるんじゃないか、って。

      いや、だって、当たり前だけど、俺はなるべく、
      アイドル達には行き過ぎたスキンシップはしないように心掛けてる。
      まぁ、それこそ……雪歩を起こすときに、ちょっと腕を回すぐらいが限度だ。
      でも、ずっとそうしてると、不思議なもんで、だんだん皆がそこにいるのが、
      幻みたいに思えてきて、例えば、抱き締めようとしたら、煙みたいに消えるんじゃないかって
      ……ああ、もう、何言ってるんだろうな、俺」

    雪歩「抱きしめてください。
       私を、思いっきり、たくさん、抱きしめてください、プロデューサー」

    「……」

    雪歩「私は、ここにいます。
       ちゃんと、プロデューサーと一緒にいますよ。
       抱きしめて、確かめてください」

    「……こっちに、来てくれるか?」

    雪歩「……はい、プロデューサー」
    42 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 09:11:35.51 ID:AJyIsmx3i (+29,+29,-19)
    最初は
    P「ぐへへww安価でアイドルの胸もんでやるww」
    って感じのゲスいノリだと思ってたのに

    保守
    43 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 09:16:53.99 ID:2bQA9fujO (+30,+29,-4)
    この流れからどうやって後ろから鷲掴みにするんだw
    44 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 09:19:30.16 ID:+MxTSRFN0 (+32,+29,-12)
    >>43
    ギュッからのわしわしでしょ
    45 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 09:23:22.09 ID:GwJnI1ma0 (-4,+7,+0)
    46 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 09:24:51.87 ID:gPKhWFaU0 (+33,+30,-129)
    「……ここに、俺の方に背中を向けて、横になってくれ」

    雪歩「わかりました……」

    ……ギシッ……

    「雪歩……抱きしめても、いいか?」

    雪歩「もちろんです」

    「い、嫌だったりしたら、すぐに……」

    雪歩「早くしてください、プロデューサー。
       耳元で声が聞こえて、……心臓が、爆発しちゃいそうです」

    「……雪歩!」



    ギュウッ!



    雪歩「ふぁっ……ぷ、プロデューサ、ぁ……!」

    「雪歩……雪歩……」ギュッ、ギュッ、…

    雪歩「あっ、あうぅ、うれし……嬉しいです、私、ここに、ちゃんといます……っ」
    47 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 09:29:45.30 ID:AJyIsmx3i (+29,+29,-6)
    こんな朝っぱらからニヤニヤさせやがって
    48 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 09:30:51.85 ID:5xjB0u570 (+33,+30,-253)
    「あったかい、柔らかいよ、雪歩……」ギュゥゥゥ……

    雪歩「あ、ふ、ぅああぁ……とけ、とけちゃいそうですぅ……」

    「ダメだ、とけないで、ここにいてくれ……抱きしめさせてくれ……」ギュゥ、ギュゥゥゥ…

    雪歩「ぁ、っ……はぁ、い、ちゃんと、ここに、ぅんっ……います、
       ぜったい、どこにも、いきません……!」

    「もっと、もっと抱きしめてもいいか……?」

    雪歩「はなさないで……ください……っ」

    「雪歩ぉ……!」ギュゥゥゥッ!

    雪歩「ぁあああ……ん……ぁ……あぁ……も、もっと、もっとぉ……」

    「雪歩、痛くないか……? しんどくないか……?」

    雪歩「へいき、ですぅ……から、気にしないで、もっと、
       プロデューサーの好きなように……ひあぁっ!」ビクンッ!

    「あっ……ご、ごめんな、変なところ触っちゃって……」

    雪歩「い、……いやじゃ、ないです……さわってください、プロデューサー……」

    「え、し、しかし」

    雪歩「ちゃんと、さわって、確かめてください……!」キュッ
    49 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 09:32:56.02 ID:FEJeHxfIi (+19,+29,-2)
    パンツ洗濯カゴに突っ込んだ
    50 : 以下、名無しにか - 2013/09/21(土) 09:35:18.50 ID:GE5YY6jX0 (+19,+29,-4)
    パンツが独り立ちした
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - ハルヒ + - 安価 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について