のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,555,100人
911,663,438頁
昨日:4,968人
5,508頁
今日:3,607人
4,230頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ芳佳「バルクホルンさんのズボン、くっさ!」バルクホルン「ほう?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - お姉ちゃん可愛い + - ストライクウィッチーズ + - トゥルーデ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 18:58:04.67 ID:qVVcZYJ50 (+125,+30,-151)
    リーネ「芳佳ちゃーん。これで洗濯物は全部だよー」

    芳佳「ありがとう、リーネちゃん!」

    リーネ「本当に手伝わなくても平気?」

    芳佳「うん。大丈夫だよ。リーネちゃんだって掃除があるんだし」

    リーネ「そっか。それじゃあ、がんばってね。芳佳ちゃん。掃除が終わったら手伝いにくるから」

    芳佳「私も洗濯が終わったら手伝いにいくよ!」

    リーネ「ありがとう!」

    芳佳「こっちこそ!」

    芳佳「よーし!! 早く終わらせてリーネちゃんと一緒に掃除しよーっと!!」

    芳佳「まずは……。あ、これはバルクホルンさんのズボンだ……」クンクン

    芳佳「うわ、くっさ!! 牛乳を拭いて生乾きさせた雑巾みたいな臭いがする……」
    2 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:00:05.64 ID:3XYfnkzu0 (+19,+29,-8)
    この芳佳は殺そう!ウザすぎる
    3 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:01:57.18 ID:qVVcZYJ50 (+95,+30,-220)
    リーネ「ふんふふーん」ゴシゴシ

    バルクホルン「リーネ」

    リーネ「あ、バルクホルン大尉。おはようございます」

    バルクホルン「宮藤を見なかったか?」

    リーネ「裏で洗濯していますよ」

    バルクホルン「そうか」

    リーネ「芳佳ちゃんがなにか?」

    バルクホルン「ああ。いや……。その、今日は非番でな……。やることもないから……その……」

    リーネ「あぁ。きっと芳佳ちゃん、喜ぶと思いますよ。大尉が手伝ってくれるなら」

    バルクホルン「そ、そうか? そんな気はなかったが……まぁ……行くだけ行ってみるか……」

    リーネ「はい」

    リーネ(もしかしてバルクホルン大尉、朝から芳佳ちゃんのことずっと探してたのかなぁ……?)
    4 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:03:15.22 ID:KFQWE78k0 (-10,+0,+0)
    wktk
    5 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:04:59.25 ID:qVVcZYJ50 (+95,+30,-212)
    バルクホルン(こっちか……。宮藤、喜んでくれたらいいが……)

    芳佳「おぇー!!」

    バルクホルン「ん?」

    芳佳「なんで、こんなに臭いんだろう……」クンクン

    芳佳「うわぁ!! 酷い!!」

    バルクホルン「……」

    バルクホルン(あれは……私のズボンか……?)

    芳佳「……」クンクン

    芳佳「くっさ!!」

    バルクホルン「……おい」

    芳佳「きゃぁ!!」

    バルクホルン「何をしている?」

    芳佳「あ……あぁ……」

    バルクホルン「私のズボンが臭いだと? ふざけるな。そんなわけあるか!!」
    6 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:07:00.84 ID:GcDhOwrS0 (-27,-15,+0)
    7 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:07:26.23 ID:K78qKN1gO (+24,+29,-25)
    ハルトマン>ミーナ>リーネがトップ3だと思う
    8 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:09:57.23 ID:qVVcZYJ50 (+95,+30,-243)
    芳佳「あの……でも、ほんとうに……これ……生ゴミを夏場に1週間ぐらい放置したような悪臭が……」

    バルクホルン「貸してみろ!!」バッ!!

    芳佳「あ……」

    バルクホルン「……」クンクン

    芳佳「……ど、どうですか?」

    バルクホルン「……すまない、宮藤」

    芳佳「そ、そんな!! バルクホルンさん、謝らないでください!!」

    バルクホルン「しかし、こんなのを持ってしまった手も臭くなっているんじゃないか?」

    芳佳「え……?」クンクン

    芳佳「くっさ!!!」

    バルクホルン「……くっ」

    芳佳「あぁ、ごめんなさい!! つい……!!」

    バルクホルン「宮藤、私のズボンは責任をもって私が洗いたい。どうか、洗わせてくれ」

    芳佳「で、でも……」
    9 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:12:49.07 ID:GyVpmz3Yi (+30,+30,-20)
    バルクホルンさんは責任を持って宮藤の手も洗うべき
    10 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:14:15.60 ID:qVVcZYJ50 (+95,+30,-293)
    芳佳「ごめんなさい。バルクホルンさんにお手伝いさせるなんて……」

    バルクホルン「いや、いいんだ。当然のことだ」ゴシゴシ

    芳佳「はぁ……」

    バルクホルン「気に病むことはない。こんな臭いを嗅げば誰でも宮藤のような反応をしてしまう」

    芳佳「そ、そうですか?」

    バルクホルン「……しかし、臭いな」

    芳佳「……はい」

    バルクホルン「宮藤のズボンはどうなんだ?」

    芳佳「え?」

    バルクホルン「参考までに嗅がせてくれ」

    芳佳「あ、はい。どうぞ」

    バルクホルン「ありがとう。――どれ」スーハー

    芳佳「ど、どうですか……?」ドキドキ

    バルクホルン「ああ……天にも昇るような馥郁たる香りだ……」スーハー

    芳佳「はぁ……よかったぁ……」
    11 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:18:53.18 ID:qVVcZYJ50 (+95,+30,-276)
    芳佳「って、汗臭くないですか!?」

    バルクホルン「それがいいんだろ?」

    芳佳「あ、そうなんですか。よくわかりませんけど」

    バルクホルン「しかし、謎だな」

    芳佳「何がですか?」

    バルクホルン「私ってそんなに臭いか?」

    芳佳「え? バルクホルンさん自身がですか? それはないですよ」

    バルクホルン「正直に言ってくれ、宮藤」

    芳佳「ないです!! 訓練や戦闘のあとの汗臭さを除けば、バルクホルンさんは良い匂いです!!」

    バルクホルン「よし。宮藤、こっちにこい」

    芳佳「なんですか?」テテテッ

    バルクホルン「つかまえたっ」ギュッ

    芳佳「バ、バルクホルンさん!? む、胸が……!! やわらか……いぃ……」

    バルクホルン「……臭いか?」

    芳佳「と、と、とんでもないです!!」
    12 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:20:43.70 ID:KFQWE78k0 (+12,+22,-1)
    おしが強い!
    13 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:23:52.53 ID:qVVcZYJ50 (+95,+30,+0)
    バルクホルン「では、このズボンの強烈な臭いはなんだと思う?」

    芳佳「汗を吸った衣服を洗濯せずにずっと放っておくと、とんでもない臭いになりますけど……」

    バルクホルン「それはあり得ない。ハルトマンならありえるが、私はあり得ない。こんな便所のような臭いを発するまで放置などしない」

    芳佳「ですよね。バルクホルンさん、綺麗好きですし」

    バルクホルン「……わからんな」

    芳佳「他の人のズボンも嗅いでみますか?」

    バルクホルン「そうだな。手分けして嗅いでみよう。何か分かる可能性もある」

    芳佳「はいっ!!」

    バルクホルン「えーと……これはミーナのか……」スーハー

    芳佳「これはルッキーニちゃんのだ……」クンクン

    美緒「――ん?」

    バルクホルン「……」スーハー

    芳佳「うーん……」クンクン

    美緒「お前ら、何をしている?」
    14 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:29:15.09 ID:GyVpmz3Yi (+24,+29,-12)
    もっさんっておっさんのにおいしそう
    15 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:29:50.90 ID:px0GBBI60 (+19,+29,-11)
    もっさんさん
    16 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:30:06.41 ID:qVVcZYJ50 (+95,+30,+0)
    芳佳「あ!! さ、坂本さん!!」

    バルクホルン「少佐!!」

    美緒「……皆が着衣するものだ。独特の臭いもするだろう。しかし、それをわざわざ嗅ぐとはどういう了見だ、バルクホルン、宮藤」

    芳佳「こ、これには深い事情が!!」

    美緒「言ってみろ」

    バルクホルン「少佐。何も言わずにこのズボンを嗅いでくれ」

    美緒「……」クンクン

    美緒「ぐぁ!!? な、なんだ……!! このイカ臭さは……!!」

    バルクホルン「それが知りたいんだ」

    美緒「どういうことだ?」

    芳佳「バルクホルンさんのズボンから異様な臭いがするです。それで、他のズボンはどうだろうって思って……」

    美緒「なるほどな。臭いの原因を探っていたのか」

    バルクホルン「その通りだ」

    美緒「バルクホルン。悪いことは言わんから、健康診断を受けて来い」

    バルクホルン「わ、私の体臭は正常だ!!! 宮藤が証明してくれた!!!」
    17 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:35:58.20 ID:px0GBBI60 (+19,+29,+0)
    イカ臭い・・・?
    18 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:36:40.06 ID:qVVcZYJ50 (+95,+30,+0)
    芳佳「はい!! バルクホルンさんのおっぱいはおっきくて柔らかいです!!」

    美緒「本当に確認したのか、宮藤」

    バルクホルン「しかし、他のズボンからは特に悪臭がするということもなかったな。ハルトマンのズボンですら、程よい塩加減だったし」

    美緒「味も確認したか、バルクホルン」

    芳佳「何かをズボンの上にこぼしちゃったとか?」

    バルクホルン「いや……そんな覚えもないが……」

    美緒「とにかく洗えば済む話だろ」

    バルクホルン「だが、少佐。原因がわからないと、その……ズボンを洗ってくれる宮藤に申し訳ないというか……」

    芳佳「バルクホルンさん……」

    美緒「1度、綺麗に洗え。そして再度、同じことが起これば徹底的に調査すればいい」

    バルクホルン「……そうだな。今はそうしよう。金輪際、このような事態が起こらなければいいのだから」

    芳佳「そうですね!! 洗いましょう!!」

    バルクホルン「ああ!! ルッキーニのズボンも縞々が無くなるほど真っ白にしてやる!!」

    芳佳「そこまでしちゃだめですよぉ!!」

    美緒(にしても、臭かった……。死ぬかと思ったな)
    19 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:37:47.81 ID:rbX5s2Mf0 (+24,+29,-1)
    お姉ちゃんが一番いい匂いしそう
    20 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:43:58.69 ID:qVVcZYJ50 (+95,+30,-245)
    格納庫

    シャーリー「へぇー。そんなことがあったのかぁ」

    芳佳「はい。もうびっくりしちゃって。バルクホルンさんにすっごく失礼なことしちゃいました」

    シャーリー「大丈夫。そんなことをいつまでも引き摺るようなやつじゃないって」

    芳佳「そうですか?」

    シャーリー「で、どれぐらい臭かったんだ?」

    芳佳「えーと……。誇張なしで、腐った卵みたいな臭いがしました」

    シャーリー「そりゃきっついなぁ」

    芳佳「はい……。手にも臭いが移っちゃって」

    シャーリー「そういえば……。おい! ルッキーニ!!」

    ルッキーニ「にゃにぃ? シャーリー」

    シャーリー「いつだったか、ルッキーニのズボンも異様に臭いときあったよな?」

    ルッキーニ「うん。あったあった。シャーリーが吐いちゃったときだぁ」

    芳佳「えぇぇ!?! そ、そんなことがぁ!?」

    シャーリー「吐いた言い過ぎだ。吐きかけただけだろ」
    21 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:49:58.47 ID:qVVcZYJ50 (+95,+30,-209)
    ルッキーニ「私はその日の夜、ご飯食べられなくなっちゃったなぁ」

    芳佳「それ、原因は?」

    シャーリー「いや。わかんなかった。まぁ、ルッキーニのことだから、長期間洗濯をしなかったからって結論になったけど」

    ルッキーニ「あたしはそんなことしてないからね!!」

    シャーリー「分かってるって」

    芳佳「ところで、ルッキーニちゃんのズボンはどんな臭いが?」

    シャーリー「うーん……。なんていえばいいかな……。すごく、生臭かった」

    ルッキーニ「魚が腐ったみたいな臭いだった」

    芳佳「待ってください。いくらなんでもそんな臭いが服に染み付きますか!?」

    シャーリー「まぁ、普通はそうなんだけど。なにせルッキーニだからな。どこでどんな臭いをつけてきたかは、よくわかんないし」

    ルッキーニ「あたしは良い匂いだってー!! ほら、ほら、よしかぁー!! 嗅いでみてよー!!!」

    芳佳「う、うん……」クンクン

    ルッキーニ「どう?」

    芳佳「……うん。良い匂いがする」

    ルッキーニ「でっしょー?」
    22 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:50:09.18 ID:rmx5XVHD0 (+25,+29,-16)
    しずか「マンコクッサアアアアアアア!!」を思い出した
    23 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:51:56.06 ID:qIeY1r/Oi (+19,+29,-14)
    俺のザーメンはフローラルだから違うな
    24 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:56:03.77 ID:qVVcZYJ50 (+90,+30,-199)
    ルッキーニ「ちなみによしかはぁー」ギュゥゥ

    芳佳「あぁん。ちょ、ちょっと!! ルッキーニちゃん!! どこ触ってるの!!」

    ルッキーニ「うーん。良い匂いだけどぉ、こっちは残念……」モミモミ

    芳佳「もー!! ルッキーニちゃん!!」

    シャーリー「まぁ、あれからルッキーニのズボンはあたしが半分管理してるからか、異様な臭いを発したことはないよ」

    芳佳「そうですか……」

    ルッキーニ「あたしは妖精みたいな香りを脇とかぁ、股から出してるしぃ」

    シャーリー「はいはい。たまに小便臭いのは内緒にしておいてやる」

    ルッキーニ「シャーリー、それいっちゃやだぁー!!」

    芳佳「あはは」

    シャーリー「ま、気にすることはないって。その日の体調で体臭なんて変わるもんだし」

    芳佳「なら、いいんですけど」

    シャーリー「あ、そろそろ昼飯の時間じゃないか?」

    ルッキーニ「おー!! ごっはんごっはん♪」

    芳佳「そうですね。行きましょうか」
    25 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 19:59:30.35 ID:GyVpmz3Yi (+33,+29,-3)
    >>22
    なんてもの思い出させてくれるんだ
    あれはすごかった
    26 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:02:00.54 ID:qVVcZYJ50 (+95,+30,-214)
    食堂

    ルッキーニ「おかわりっ!!」

    リーネ「はーい」

    バルクホルン「うん……うん……」

    ミーナ「トゥルーデ? 頷くばかりじゃなくて、きちんと感想を言ったら? 作ってくれた宮藤さんとリーネさんに失礼よ」

    芳佳「あぁ、そんなのいいですからぁ」

    ペリーヌ「宮藤さん」

    芳佳「なんですか?」

    ペリーヌ「いつもいつも言っていますけど。この腐った豆は出さないでください!! 朝も昼も夜も!! 貴方は絶対に出しますけど!!」

    芳佳「だって、体にいいんで……」

    ペリーヌ「いくら体にいいからって――!!」ポロッ

    芳佳「あ……」

    ペリーヌ「へ……?」

    リーネ「な、納豆が……ペリーヌさんのズボンに……」

    ペリーヌ「……ふぇ……」ウルウル
    27 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:02:44.75 ID:t/yQjJOx0 (+19,+29,+0)
    いいよいいよー
    28 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:07:55.19 ID:iC8/MeDR0 (+3,+13,-2)
    ガリア納豆
    29 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:07:56.22 ID:qVVcZYJ50 (+95,+30,-205)
    エイラ「うわー……」

    サーニャ「たいへん、ふかなきゃ」

    シャーリー「ルッキーニ!! パス!!」シュッ

    ルッキーニ「あい!!」パシッ

    ペリーヌ「ねばねばぁしますぅ……いやぁ……」

    ルッキーニ「任せて!! ペリーヌ!! 今、ふいてあげるからぁ!!!」

    ペリーヌ「えぇ!?」

    ルッキーニ「おりゃぁぁ!!!」ゴシゴシゴシ!!!

    ペリーヌ「いやぁぁぁ!!!!」

    芳佳「ルッキーニちゃん!! それ納豆の豆が潰れるだけだから!!!」

    ルッキーニ「え?」

    リーネ「納豆をペリーヌさんのズボンで濾しちゃった……」

    ルッキーニ「あーネバネバしゅるー」ネチョ

    ペリーヌ「うっ……うぇぇん……どうしてわたくしがこんあめにぃ……」

    ミーナ「あらあら。とりあえず、ペリーヌさん。ズボンを脱いで。洗わなきゃだめよ」
    30 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:11:42.82 ID:t/yQjJOx0 (+70,+30,+0)
    31 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:15:27.95 ID:qVVcZYJ50 (+95,+30,-169)
    芳佳「ふっ! ふっ!!」ゴシゴシ

    ペリーヌ「もういいですわ。宮藤さん」

    芳佳「え?」

    ペリーヌ「そのズボンは捨ててください」

    芳佳「そんな。今はとんでもなく臭いけど、洗えば……」

    ペリーヌ「もういいですっ!!」

    芳佳「だけど!! ペリーヌさん、お金ないし、ズボンだって5枚ぐらいを穿き回してるじゃない!!」

    ペリーヌ「な、なぜそれを……!!」

    芳佳「私、知ってるよ。ペリーヌさん、自分のズボンを売って復興資金に換えてるのは」

    ペリーヌ「そんな……こっそりやっていたのに……」

    芳佳「だから、洗わなきゃ」

    ペリーヌ「……きちんと、洗ってくださいね」

    芳佳「はい!!」クンクン

    芳佳「あ、まだ臭いや」ゴシゴシ

    ペリーヌ「はぁ……」
    32 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:16:47.05 ID:2YehY17z0 (+19,+29,-8)
    ペリーヌのズボンか…
    5億出そう
    33 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:21:50.70 ID:qVVcZYJ50 (+95,+30,-217)
    リーネ「芳佳ちゃん。どう? 臭いは落ちた?」

    芳佳「リーネちゃん。嗅いでみて」

    リーネ「うーん……」クンクン

    リーネ「うんっ。もう少しだね!」

    芳佳「がんばるよ!!」

    ペリーヌ「……ちゃんと落ちるんでしょうね? タンスにしまって次に開けた腐った豆の香りがするとか、絶対に嫌ですわよ?」

    芳佳「そうならないように頑張ってます!!」

    リーネ「そういえば、バルクホルン大尉のズボンってこれ以上に酷かったの?」

    芳佳「うん。あれはもうこの世のものとは思えないほどの臭いだったよ……」

    ペリーヌ「そ、そこまで言われると、興味が出てきますわね」

    リーネ「う、うん」

    芳佳「なら、これを洗わずに放置すれば……」

    ペリーヌ「そこまでして嗅ぎたくありません!!!」

    芳佳「あ、そうなの?」

    ペリーヌ「まったく……」
    34 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:25:53.64 ID:qVVcZYJ50 (+95,+30,-211)
    露天風呂

    ペリーヌ「今日は酷い1日でしたわ……」

    芳佳「でも、よかったね。臭いもおちて」

    ペリーヌ「そうですわね。一応、お礼は言っておきますわ。ありがとう」

    芳佳「どういたしまして」

    エイラ「ネバネバズボンも味があっていいんじゃないか?」

    ペリーヌ「エイラさん!!」

    リーネ「納豆の味はあるね」

    芳佳「え……」

    リーネ「あれ? お、面白くなった……?」

    芳佳「ううん!! 面白かった!!!」

    バルクホルン「――随分と賑やかだな」

    エーリカ「やっほー!!」バシャン!!!

    バルクホルン「ハルトマン!! いきなり飛び込むやつがあるか!!!」

    芳佳「あ、バルクホルンさん。お疲れ様です」
    35 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:28:53.91 ID:rbX5s2Mf0 (+74,+29,-24)
    ゲルトルートちゃんの股ぐらに顔突っ込んで匂い嗅ぎたい
    36 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:31:09.30 ID:qVVcZYJ50 (+95,+30,-307)
    バルクホルン「ペリーヌも災難だったな。ズボンが悪臭に包まれるとは」

    ペリーヌ「全くですわ。これから腐った豆は出さないでください!!」

    芳佳「えぇー? それとこれとは関係ないよぉー」

    ペリーヌ「大有りです。あんなものを食卓に並べるから、こんなことになるんですのよ」

    エイラ「でも、あれはペリーヌのミスだろ? 宮藤が悪いわけじゃない」

    ペリーヌ「で、ですから、根本的な原因は宮藤さんにあると言っているのです!!」

    芳佳「ひどーい!! ちゃんと洗ってあげたのにぃ!! あれ、なかなかの臭さだったんだよ!?」

    ペリーヌ「で、ですからぁ!! それについてはお礼をいいましたでしょ!!!」

    リーネ「ペリーヌさん、落ち着いて」

    エーリカ「宮藤ぃ。トゥルーデのクサズボンと比べたらどうだったの?」

    バルクホルン「クサズボンはやめろ!!」

    芳佳「圧倒的にバルクホルンさんです」

    バルクホルン「宮藤」

    芳佳「あ、すいません」

    エーリカ「納豆を濾したズボンに勝つって、どんなだよぉ。トゥルーデ、やっぱり健康診断受けたほうがいいんじゃない?」
    37 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:33:40.81 ID:qCQwnM210 (-7,+7,+0)
    38 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:34:40.80 ID:aAkRaycJ0 (+29,+29,-16)
    俺がペロペロしたせいだ……
    ごめんトゥルーデ
    39 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:36:50.07 ID:qVVcZYJ50 (+93,+30,+0)
    バルクホルン「私の体臭は正常だ!! 宮藤、そうだな!?」

    芳佳「はい!! とっても大きくて柔らかいです!!」

    リーネ「……なにが?」

    エーリカ「世の中には自覚症状のない病気だってあるんだけど?」

    バルクホルン「エーリカ……」

    エーリカ「……」

    バルクホルン「分かった。明日にでも健康診断を受けてくる。それでいいな?」

    エーリカ「うん、いいよ」

    バルクホルン「面倒なのは嫌なんだが……」

    芳佳「あの。私、明日非番なんで、バルクホルンさんの健康診断にお付き合いさせてください」

    バルクホルン「……いいのか?」

    芳佳「はいっ!! あの臭いの原因、気になりますから!!」

    バルクホルン「まぁ、宮藤がついてきたいというなら、構わない。そこは自主性を優先しよう」

    芳佳「ありがとうございます!!」

    エーリカ「……素直に、ありがとうって言えばいいじゃん」
    40 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:39:56.13 ID:fFxHMDHg0 (+24,+29,-8)
    前日の夜に俺が中出ししちゃったからな…仕方ないな
    41 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:40:07.96 ID:3PahxS0x0 (+24,+29,-13)
    カールスラント人は風呂入らないもんな
    42 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:43:22.62 ID:5ktpqyp70 (-13,+1,-2)
    夢精?
    43 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:44:38.94 ID:qVVcZYJ50 (+95,+30,-301)
    翌日

    芳佳「――あ、終わったんですね?」

    バルクホルン「ああ。これがカルテだ」

    芳佳「お疲れ様です」

    バルクホルン「こうしてまな板の上の鯉になるのは、どうにも苦手だな」

    芳佳「バルクホルンさん、歯医者とか苦手だったりするんですか?」

    バルクホルン「そうじゃない!! 体を拘束されるのがあまり好ましくないだけで……」

    芳佳(やっぱり、苦手なんじゃ……)

    バルクホルン「それより結果だ!! 私の体に異変はないんだろうな!?」

    芳佳「えーと……。カルテには特に異常はないって書いてますね」

    バルクホルン「そうだろうな。全く。ハルトマンも分かりきっていることをさせて……。困ったものだ。うん」

    芳佳「ハルトマンさんは心配してたんですよ」

    バルクホルン「どうかな。健康診断を受けている間は私にうるさく言われないから……」

    芳佳「でも、これであのズボンの臭いがなんだったのか、わかりませんね」

    バルクホルン「そうだな……」
    44 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:47:12.40 ID:Lh2EmGug0 (+24,+29,-6)
    芳佳ちゃんに直接股間を嗅がせてみよう
    45 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:47:48.10 ID:t/yQjJOx0 (+74,+29,+1)
    お姉ちゃんかわいいよお姉ちゃん
    46 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:48:32.31 ID:Sy/VN6Ap0 (+29,+29,-14)
    この人達のズボン赤くなったりしないのか
    47 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:49:10.19 ID:pWvcdeZQ0 (+24,+29,-5)
    わりと普通に本編でもやりそうな話しだな
    48 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:50:00.74 ID:qVVcZYJ50 (+95,+30,+0)
    バルクホルン「ハルトマン」ガチャ

    エーリカ「んぇ?」

    バルクホルン「起きろ!! もう昼だ!! 訓練の時間だ!!!」

    エーリカ「どうだったのぉ……けんこうしんだぁん……」

    バルクホルン「特に異常は無い!! これが診断結果だ!!」

    エーリカ「んー……どれどれ……」

    バルクホルン「どーだ!! 私は頭から足の先まで健康だ!!」

    エーリカ「……よかった」

    バルクホルン「な……!!」

    エーリカ「なに?」

    バルクホルン「い、いいから、着替えろ!!! ほら!!!」

    エーリカ「うん……。あれ……トゥルーデ、私のズボンはぁ?」

    バルクホルン「しるかぁ!! 10分で準備を済ませろ!!!」

    エーリカ「えぇー?」

    エーリカ「えーと……。うわぁ……どこだぁ……?」
    49 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:53:47.70 ID:iC8/MeDR0 (+24,+29,-18)
    エーリカのズボンは俺がかぶっている
    50 : 以下、名無しにか - 2013/09/18(水) 20:55:58.86 ID:qVVcZYJ50 (+95,+30,-211)
    格納庫

    シャーリー「ふぅーん。そりゃ、よかったな」

    芳佳「だけど、結局あの臭いがなんだったのかまでは……」

    ルッキーニ「どんな臭いだっけ?」

    芳佳「えーと……動物園の臭い!!」

    ルッキーニ「どうやったらそんな臭いになるのかなぁ?」

    シャーリー「さぁ? バルクホルンの体に聞いてみたらどうだぁ? 丁度、訓練してるし」

    芳佳「え?」


    バルクホルン「ほら!! しっかりはしれー!!!」

    エーリカ「やだぁー」

    バルクホルン「それでもカールスラント軍人かぁ!!!」

    エーリカ「そうだけどー?」


    シャーリー「訓練直後の臭いを嗅げばわかるんじゃないか?」

    芳佳「……行って来ます!!」
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - お姉ちゃん可愛い + - ストライクウィッチーズ + - トゥルーデ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について