のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,553,413人
911,661,391頁
昨日:4,968人
5,508頁
今日:1,949人
2,183頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ奴隷「たった三人の」市民「戦争の」皇帝「始まりだ!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:05:24.05 ID:UyF0Aq1Z0 (+125,+30,-127)
    <酒場>

    酒場に入る一人の男。

    奴隷「へへへ……っと」

    ワイワイ…… ガヤガヤ……

    奴隷「お、いたいた!」

    奴隷「よう、市民さん! ご一緒していいっすか?」

    市民「ご一緒って……ようするにおごれってことだろ?」

    奴隷「ハハハ、当たり」

    市民「しかし、また逃げ出してきたのか?」

    奴隷「逃げ出したなんて人聞きの悪い! ちゃ~んと今日の仕事は終わらせましたよ!」

    奴隷「ま、市民さん、ウチの主人と仲いいしまた口添え頼んますよ」

    市民「はぁ……お前ほど自由な奴隷もいないだろうよ」
    2 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:05:55.08 ID:nDOt7yNjP (-28,-16,-2)
    完ッ!
    3 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:07:30.87 ID:qmpr+qTG0 (-21,-9,-1)
    4 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:07:59.28 ID:sBPbXN0Y0 (-12,+2,+0)
    くぅ~
    5 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:08:37.97 ID:mJtFPAnX0 (+18,+28,+0)
    面白そうじゃねーか
    6 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:09:07.88 ID:Z3zU5koD0 (+12,+27,+0)
    カイジ
    7 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:10:03.81 ID:UyF0Aq1Z0 (+95,+30,-279)
    看板娘「はいはぁ~い、生ビール二つ、お、待、た、せっ」ゴトッ

    市民「ありがとう」

    奴隷「おっ、頼む前に俺の分まで持ってきてくれるなんて気がきくねえ!」

    奴隷「さすが看板娘ちゃん!」

    奴隷「だいぶ地位が向上したとはいえ、俺たち奴隷はまだまだ最下層」

    奴隷「こんなによくしてくれる店は、ここぐらいだ!」

    看板娘「べっつにぃ~、よくしてるつもりなんてないわよ」

    看板娘「ただあたしにとっては、ここに来てくれる客はみんな同じってだけよ」

    看板娘「奴隷だろうが市民だろうが、たとえ皇帝だろうが、ね」

    奴隷「へへへ、さっすが!」

    市民「払うのはボクだけどな」

    奴隷「ところで、あそこで一人チビチビ飲んでる奴は誰だい?」

    奴隷「なんか妙に身なりがいいが……」

    看板娘「ああ、あの人?」
    8 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:11:16.10 ID:nNEprSWc0 (+0,+12,-1)
    ほう
    9 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:11:37.47 ID:c5EBKyC/O (+19,+29,-17)
    奴隷で皇帝を殺す
    10 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:14:46.84 ID:UyF0Aq1Z0 (+95,+30,-267)
    看板娘「少し前からたまぁ~に、店に来るようになったんだけど……」

    看板娘「なんでもこの国の皇帝らしいわよ?」

    奴隷「皇帝!?」

    奴隷「ぶっ……ハッハッハッハッハ!」

    奴隷「ありえねー! 皇帝がこんなとこ来るワケねーじゃん!」

    看板娘「こんなとこってなによ! でも、あたしだって信じてるワケじゃないわ」

    看板娘「ジョークのつもりなのか、あるいはちょっと変わった人なんでしょうね」

    奴隷「あ~笑った笑った……よぉ~し、ちょっとからかってくるか」ガタッ

    看板娘「よしなさいよ、趣味悪いわよ」

    市民(皇帝陛下、か)

    市民(奴隷や市民階級では顔を知らないまま一生を終える者がほとんどで)

    市民(貴族階級でも会って話したことがある、という者はごくわずかだという)

    市民(もっともボクは職人として、一度だけ会って話したことがあるが……)

    市民(いやぁ、あの日のことは一生忘れられないだろうな)ニタ~
    11 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:16:50.95 ID:ouBN1WBTI (+29,+29,-16)
    市民(それよりこの看板娘かわいいな)
    12 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:18:30.03 ID:UyF0Aq1Z0 (+95,+30,-185)
    奴隷「よう」ザッ

    皇帝「む」

    奴隷「アンタ、ずいぶん若いけど、この国の皇帝なんだって?」

    皇帝「うむ、余は皇帝である」キリッ

    奴隷「ぷふっ……俺はさ、奴隷身分なんだけどさ」

    皇帝「そうなのか」

    奴隷「このところ奴隷身分の地位もがだいぶよくなって、感謝しちゃあいるんだけどさ」

    奴隷「早いところ、奴隷制を廃止しちゃもらえませんかねぇ? 皇帝さん?」

    皇帝「うむ、余も奴隷制の廃止は急務だと思っておる」

    皇帝「しかし、城内にはまだまだ反対する重臣が多くてな」

    奴隷(やべーよ、コイツ)

    奴隷(完全になりきっちゃってるよ……)
    13 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:22:03.06 ID:mCxJYn450 (+19,+29,-3)
    皇帝信用ないなwwwww
    14 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:24:05.83 ID:UyF0Aq1Z0 (+95,+30,+0)
    奴隷「そこはさ、アンタ皇帝なんだからバーッと廃止できるでしょ?」

    奴隷「なんたって一番偉いんだから」

    皇帝「たしかに、強権を振るえばバーッと廃止することも可能かもしれぬ」

    皇帝「しかし、奴隷身分に対する差別や偏見は根強い」

    皇帝「もし、奴隷身分を形だけ解放させたとしても」

    皇帝「奴隷より上だった層に残る差別意識がそのままであったなら、なんの意味もない」

    皇帝「むしろ、解放されたことで彼らと五分の競争をしなければならなくなり」

    皇帝「奴隷身分は今よりも苦境に立たされることとなる」

    皇帝「ゆえにバーッと奴隷制を撤廃することもできず」

    皇帝「今は奴隷身分の地位向上を図ることが精一杯なのだ……どうか分かって欲しい」

    奴隷「分かってますって、皇帝さん! アンタは頑張ってる! えらい!」

    奴隷(なんか本格的に語り出したぞ、コイツ)

    奴隷(妄想のしすぎなのか、変な毒草でも食ったのか、重症だな……)

    奴隷(こりゃおもしれえ。せっかくだから市民さんも呼ぶか)
    15 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:25:12.77 ID:/WuUbdjlO (+17,+27,+0)
    期待しとく
    16 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:29:38.89 ID:UyF0Aq1Z0 (+95,+30,-204)
    奴隷が市民を手招きする。

    奴隷「お~い、市民さんもこっち来て下さいよ!」クイクイ

    奴隷「三人で飲みましょう!」

    皇帝「うむ、酒の席がにぎやかなのは結構なことだ」

    市民「……まったく、しょうがないヤツだな」ガタッ

    市民「あ~どうも、はじめまして。ボクは食器職人をやってる市民と申します」

    皇帝「余は皇帝だ。よろしく」キリッ

    市民(ホントになりきってるな。でも皇帝陛下の名を騙るなんてバレたら重罪だぞ……)

    市民(適当に付き合った後、それとなく忠告してやるか──)

    市民「──ん?」

    市民(この人、どこかで見たことがあるような……)

    市民(どこだったかなぁ……?)

    市民(あれはたしか……この帝国の……お城の……謁見の間……)

    市民「!?」
    17 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:31:28.17 ID:3MlShsze0 (+19,+29,-13)
    利根川とカイジ呼んで来い
    19 : 忍法帖【Lv= - 2013/06/26(水) 19:32:01.19 ID:+sT2zFO30 (-11,-4,-11)
    Eカードだろwww
    20 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:33:38.83 ID:s+EE4+ze0 (-12,+2,-1)
    これは良スレ
    21 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:33:50.49 ID:UyF0Aq1Z0 (+95,+30,-200)
    市民(ま、まさか……いや、まさかな。絶対ありえない)

    市民「あの……皇帝陛下」

    皇帝「なんだ?」

    奴隷「陛下なんてつけなくていいっすよ。かたっくるしい」

    市民「お前は少し黙ってろ」

    市民「陛下……およそ一年前、ある若手職人から献上された銀食器を覚えてますか?」

    皇帝「もちろんだ」

    市民「そ、その時……その職人とどんな会話をしたかは……?」ゴクッ…

    奴隷(ん? 市民さんコイツ知ってるのか?)

    市民(いや……ボクはなにを聞いてるんだ、なにを)

    市民(この男が皇帝陛下のワケがない)

    市民(仮にそうだったとしても……覚えているわけがないだろう)

    ………

    ……

    24 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:38:02.24 ID:UyF0Aq1Z0 (+95,+30,-123)
    ~ 回想 ~

    一年前──

    <帝国城>

    市民『わたくしは食器職人の市民と申します』

    市民『まだ未熟者ではありますが、急逝した師の代わりに心を込めて作りました』

    市民『どうぞお納め下さいませ』

    皇帝『うむ』カチャ…

    皇帝『ほう……これはみごと。美しさと頑丈さと軽さを備えている』

    皇帝『食器としては最上級の部類であろう。未熟などと謙遜するものではない』

    市民『恐れ入ります』

    皇帝『使うのがもったいなくなってしまうほどだ。これらは大切に飾らせてもらおう』

    市民『!』ピクッ
    25 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:41:24.61 ID:UyF0Aq1Z0 (+95,+30,-110)
    市民『陛下……恐れながら申し上げます』

    市民『食器は……あくまでも食べるために使う道具』

    市民『飾って眺めるためのものではありませんっ!』

    皇帝『!』ハッ

    市民『!』ハッ

    皇弟『キサマ……。たかが職人風情が、兄上に無礼ではないか!』

    皇弟『おい誰か! この者を皇帝不敬罪にて捕えよ!』

    市民≪し、しまった……! つい……!≫
    26 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:43:08.02 ID:ouBN1WBTI (+22,+29,-4)
    皇弟とか新しい単語を
    27 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:43:24.92 ID:f93EKLWQ0 (+7,+19,-2)
    ていてい
    28 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:44:36.79 ID:UyF0Aq1Z0 (+95,+30,-70)
    皇帝『待て、弟よ』

    皇弟『!』

    皇帝『たしかにこの者の申す通り、余が浅はかであった』

    皇帝『食器とは飾るものではなく使うもの』

    皇帝『これらの食器は大切に使わせてもらおう』

    市民『は……』

    市民『ははーっ! ありがとうございますっ!』

    皇弟『……くっ』

    ………

    ……

    29 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:45:06.92 ID:/WuUbdjlO (+14,+24,+0)
    いいね
    30 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:46:04.90 ID:WnQOl8ku0 (-26,-22,+1)
    >>26
    ggks
    31 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:48:46.89 ID:UyF0Aq1Z0 (+95,+30,-177)
    皇帝「もちろん、覚えておる」

    皇帝「余が食器を飾ろうといったら、食器は使うものだと叱られてな」

    皇帝「以来、あの食器は大切に使わせてもらっておるぞ」

    皇帝「ん、そういえばおぬしはあの時の──」

    奴隷「ギャハハハハッ!」

    奴隷「そりゃそうだ! 食器ってのは使わなきゃ意味がねえ!」

    奴隷「スプーンや皿を飾ったって滑稽なだけだっ!」

    奴隷「一つ賢くなったな、皇帝さんよ! ギャハハッ!」バンバンッ

    皇帝「うむ」

    市民「…………」

    市民(本物じゃん!)
    32 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:50:44.05 ID:cjLJI40J0 (+11,+26,+0)
    うむ
    33 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:52:13.75 ID:gTte+ARB0 (+18,+28,-2)
    (本物じゃん!)
    34 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:52:55.39 ID:UyF0Aq1Z0 (+95,+30,-115)
    奴隷「ま、グッといけって!」トクトク…

    皇帝「うむ」チビチビ…

    奴隷「もっとグッと!」

    皇帝「いやあまり一気に飲むとゲップが……」グエップ

    奴隷「ったく、だらしねえなぁ」

    市民「お、おい奴隷!」ガシッ

    奴隷「ん?」

    市民「ちょっとこっち来い!」グイッ

    奴隷「なんすか?」

    市民「いいか、よく聞け……」ボソッ

    市民「あの人は……本物の皇帝陛下だ」

    奴隷「えっ」
    35 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:56:06.85 ID:Owl6Q6FM0 (+20,+30,-14)
    看板娘なら俺の横で寝てるよ
    36 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:56:23.62 ID:UyF0Aq1Z0 (+95,+30,-141)
    奴隷「まさか……! へへへ、冗談でしょ!?」

    市民「本当だ」

    市民「ボクは一年前、銀食器を献上する時に陛下に会っている」

    市民「しかも、あの時居合わせた者でしか知らないはずの会話まで知っていた」

    市民「まちがいなく……あの方は本物の皇帝陛下だ!」

    奴隷「……まあ、アンタはそういう冗談をいうタイプじゃない」

    奴隷「マジみたいっすね」

    市民「──というわけだ」

    市民「これ以上無礼な態度を取ると、お前もボクもどうなるか分からないぞ」

    奴隷「…………」スタスタ

    市民「お、おい!?」
    37 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 19:59:30.57 ID:UyF0Aq1Z0 (+93,+30,-212)
    奴隷「よう、皇帝」

    皇帝「ん?」

    市民(バ、バカ……っ!)

    奴隷「皇帝っていやあ、この国のトップだ」

    奴隷「それがなんだって、護衛もつけずにこんな場末の酒場にいる?」

    奴隷「まさか、城を追い出されたってワケでもあるめえ?」

    皇帝「……余は時折、こうしてお忍びで城下町に出ることにしておる」

    奴隷「全然忍べてねえって。で、なんのために?」

    皇帝「庶民の目線に立ち、庶民の生活を自分の目や耳で感じるためだ」

    奴隷「ふうん、ご立派なもんだ」

    奴隷「俺たちにとってみりゃ、神様がわざわざ下界に降りてきてくれたようなもんだ」

    皇帝「皇帝は神などではない。人間だよ。おぬしと同じ、な」

    奴隷「…………」
    38 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 20:02:33.43 ID:TmNE7Ap70 (+19,+29,-2)
    いつ戦争が始まるんだよ
    39 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 20:04:29.89 ID:UyF0Aq1Z0 (+95,+30,-188)
    奴隷「同じなもんかよッ!!!」バンッ

    ザワッ……!

    奴隷「生まれてから死ぬまでずぅ~っと、誰かにいいように使われっぱなしの俺らと」

    奴隷「豪勢な城に住んで、命令一つで千の役人や万の兵士を動かせるアンタ」

    奴隷「どこがどう同じなんだよ!」

    奴隷「ムシケラみたく扱われても文句もいえねぇ俺らと」

    奴隷「やろうと思えば、気に食わないヤツを即死刑にだってできるアンタ」

    奴隷「いったいどこが同じだってんだっ! えぇっ!?」

    市民「お、おい奴隷……よせって……」

    市民「ちょっと落ち着こ? ね? ヤバイって、マジで」
    40 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 20:05:18.47 ID:3MUVLH+G0 (+19,+29,-2)
    なんだろう、早く続きが読みたい
    41 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 20:07:35.18 ID:vnfiQgp70 (+27,+29,-2)
    うんうんいいね
    このスレまとめるから完結よろしく
    42 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 20:09:24.39 ID:3DEnYbM90 (+33,+29,-21)
    これ不良とオタクと秀才が組む話のパクリかよ
    43 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 20:09:24.82 ID:UyF0Aq1Z0 (+95,+30,-189)
    奴隷「たしかに昔に比べて、奴隷の待遇はだいぶよくなったかもしれねえ」

    奴隷「さっきアンタがいった奴隷制をなんとかするって言葉もウソじゃねえだろう」

    奴隷「俺の仲間にもアンタに感謝してるヤツはいる」

    奴隷「だがよ、俺はゴミみてえに死んでいく仲間だって何人も見てきた!」

    奴隷「皇帝がゴミみたいに死ぬなんてありえねえだろ!?」

    奴隷「俺たちとアンタは全然ちがう……同じじゃねんだよ!」

    ザワザワ…… ドヨドヨ……

    「どしたどした?」 「ケンカだ!」 「やれ、やれーっ!」

    看板娘「ちょっと奴隷、どうしたのよ、いったい! らしくないじゃない!」

    市民「ど、どうすれば……!」ガタガタ…
    44 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 20:11:30.90 ID:dWKtly7j0 (+23,+29,-1)
    >>42
    また随分懐かしいものを
    45 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 20:14:28.05 ID:UyF0Aq1Z0 (+95,+30,-205)
    皇帝「……そうだな」ガタッ

    皇帝「余とおぬしはちがう」

    皇帝「おぬしがどんなに渇望しても皇帝にはなれぬように」

    皇帝「たとえ余自身が望んだとしても、余が奴隷になることはできぬだろう」

    奴隷「そういうこった!」

    奴隷「俺らとアンタらじゃ、全然ちがうんだよ!」

    奴隷「それなのに、庶民の目線でとかいわれてもイヤミなだけだ!」

    皇帝「分かった」

    皇帝「では本日はこれで退席するとしよう」

    皇帝「だがもし、余がそのあたりの認識を改めて、またここへやって来たら」

    皇帝「その時はまた共に酒を飲んでくれるか?」

    奴隷「……いいぜ」

    皇帝は酒場を出て行った。
    46 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 20:19:30.06 ID:fEStN6i30 (+10,+25,-1)
    試演
    47 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 20:19:36.15 ID:UyF0Aq1Z0 (+95,+30,-188)
    看板娘「ねえ奴隷、あの自称皇帝さんとなんかあったの?」

    奴隷「ん……ああ、ちょっとな。騒がせて悪かったよ」

    市民「おいおい、なにをしてくれたんだお前は」

    市民「あの方は“本物”だといっただろう?」ボソッ

    奴隷「へへっ、面と向かう機会があったら一度ガツンといってみたかったんすよ」

    奴隷「この国のトップって奴にね」

    奴隷「死刑になったって悔いはないっす」

    市民「ないっす、って。お前はいいけど、ボクまで罪に問われたりしないだろうな……」

    市民「ボクはもうすぐ結婚するんだぞ……知ってるだろ!?」

    市民「ああ神様、お助けを……」

    奴隷「へへへ、さあ飲みましょう!」

    市民「うう……最悪だ」ガクッ
    48 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 20:21:03.03 ID:/WuUbdjlO (+19,+29,-1)
    市民が好きかな
    49 : 以下、名無しにか - 2013/06/26(水) 20:22:12.28 ID:wEPEKsiVO (+22,+29,-2)
    死亡フラグ立ちましたね
    1 2 3 4 5 6 7 8 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について