のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,537,307人
911,643,470頁
昨日:4,713人
5,410頁
今日:1,303人
1,408頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ佐天「玩具の真のチカラを引き出す能力かぁ……」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - ~する能力 + - ビーダマン + - ベイブレード + - ミニ四駆 + - 佐天 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:05:37.27 ID:CsQ9Rpi10 (+125,+30,-149)
    キャッ○カフェ(学園都市支店)――。

    美琴「それでは、佐天さんの能力者デビューを祝って……」

    「「「「かんぱーい!」」」」カチャン

    佐天「いやぁ、どうもどうも」エヘヘ

    美琴「今日はあたしのおごりだから好きなもの頼んで良いわよ」

    佐天「いいんですか、御坂さん?」

    美琴「いいのいいの、今日はお祝いだもの」

    佐天「ありがとうございます!」

    初春「じゃあ私はこの一番大きいパフェが食べたいです!」フンス

    黒子「初春、そんな大きいの食べ切れますの?」

    初春「4人いれば大丈夫ですよ。店員さーん、アンビリーバブル一つ」

    店員「はい、喜んで!」
    2 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:07:39.73 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-95)
    黒子「私、別のものがいいですの。私はコレをお願いします」

    佐天「じゃあ私はこっちのが食べたいかなー」

    店員「はい、喜んで!」

    初春「えっ!?」

    美琴「あたしはコレをお願いします」

    店員「はい、喜んで!」

    美琴「言っとくけど残すのはなしね、人の驕りだからって食べられないもの頼んじゃいけません」

    初春「」
    3 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:10:18.41 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-131)
    美琴「そういえば、システムスキャンで能力の発現が認められたってのは聞いたけど」

    佐天「はい?」

    美琴「どんな能力で強度はいくつか聞いてなかったわよね」ワクワク

    黒子「佐天さんはどんな超能力を手に入れたんですの?」

    佐天「えっと、それがそのー。人に言うのはちょっと恥ずかしいって言うか……」

    美琴「は、恥ずかしい能力なの!?///」ドキドキ

    佐天「いや、そういう意味じゃなくて」

    黒子「お姉さまを裸にする能力ですの!?」

    佐天「言ってませんよ、そんなこと!」

    初春「食べても食べても減りません……」パクパク、シクシク
    4 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:13:41.45 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-101)
    黒子「」プスプス

    佐天「言ってもいいですけど…、笑いませんか?」

    美琴「笑わないわよ。ゲコ太に誓って約束するわ」

    佐天「珍しい能力らしくて強度はまだわからないんですが」

    美琴「うんうん!」

    佐天「おもちゃの……」

    黒子「ですのですの!」

    佐天「真の力を引き出す、能力だそうです」

    美琴黒子「はい?」

    初春「あぁ…コーンフレークがとってもおいしいです…」バリバリ、メソメソ
    5 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:16:09.29 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-136)
    美琴「イメージできないんだけど、具体的にはどういうことができるの? その能力」

    佐天「……さぁ?」

    黒子「『さぁ?』って、ご自分でもよくわかってないんですの?」

    佐天「はい、係の人にそういう能力だって伝えられただけで……」

    佐天「能力自体は珍しいから登録上の強度は2になってます」

    初春「わ、私より上じゃないですか?!」

    黒子「初春は冷たいアイスを能力で保温しながら食べる作業に戻るですの」

    初春「はい……」モグパクシクメソバリ
    7 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:17:32.28 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-108)
    佐天「それでですね、能力を詳しく調べるとかで今度能力者と勝負させられるらしいんです」

    美琴「勝負って?」

    佐天「今私の強度が2なので、強度が3の人と戦わされるんだそうです」

    佐天「ルールは聞いてませんけど、とりあえず5人に勝てば私の強度が3という扱いになります」

    黒子「ふむふむ」

    佐天「で、もし強度が3になったら次は強度が4の人と戦わされるんだそうです」

    美琴「それで5人に勝てば強度が4になる、ってことね」

    美琴「なんか面白そうね、それ」

    初春「やったぁ、あと半分だぁ……」ウツロナメ
    8 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:18:44.16 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-103)
    黒子「もし、負けたらどうなるんですの?」

    佐天「何もないですよ。好きなだけ挑戦していいらしいです」

    美琴「へー。ならやる気さえあればどこまででもいけそうね、それ」

    美琴「もし強度が4になったら次は強度5、あたしと勝負するかもしれないのね」

    佐天「いやいやいや、いくらなんでもそれはないですよ」

    佐天「おもちゃの真の力を引き出す能力とわけわかんない力じゃ強度3にもなれるかどうか」

    黒子「そうですの。だいたいお姉さまの前に私が控えているのを忘れてもらっては困りますの!」

    初春「……」シャリシャリ

    初春「……」パクパク
    9 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:19:45.28 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-136)
    ――――

    黒子「お姉さま、そろそろ寮の門限ですの」

    美琴「もうそんな時間? 楽しい時間って過ぎるのが早いわよねー」

    美琴「ごめんね二人とも、お会計は済ませておくから二人はゆっくりしていってね」

    佐天「はい、ごちそうさまでした」

    初春「ご、ごちそうさ」

    佐天「初春はまだ食べ終わってないでしょ。ハイもう一口いってみよー」

    美琴「それじゃ」フリフリ

    黒子「またですの」フリフリ

    佐天「はーい」フリフリ

    初春「」フラフラ
    10 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:20:41.25 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-105)
    佐天「えへへ、ついに私も能力者かぁ」

    佐天「なんだかんだ言っても、自分に能力があるってわかると嬉しいな」シンミリ

    佐天「まぁ、自分でもよくわかってない能力だけどさ」テヘ

    初春「佐天さん、少し手伝っ」

    佐天「今日の私はすごく気分がいいから、初春のことずっと見ててあげるね」ニコ

    佐天「閉店時間までだって付き合っちゃうよ!」ニコニコ

    初春「……」パクパク

    佐天「あと三分の一、頑張ろー」オー!

    初春「……」モグモグ
    11 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:20:56.36 ID:8rLbkU/6i (-27,-15,+0)
    12 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:21:07.90 ID:CbErGzJu0 (+19,+29,-4)
    こんな能力誰でも一度は考えるよな
    14 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:23:23.03 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-82)
    数日後――。

    佐天「というわけで、実験当日です」

    佐天「最初の対戦相手を求めて私は操車場にいるのだった」

    美琴「そして」

    黒子「私たちは」

    初春「その応援です」

    御坂「状況説明乙、とミサカは率直な意見を述べます」

    佐天「えっ?」

    美琴「はぁっ!?」

    黒子「お姉さまが二人も!?」

    初春「」ポカーン
    15 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:24:10.79 ID:V9MqUD490 (+22,+29,-2)
    模型を実物に変える能力ぁぁ!
    16 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:25:41.70 ID:dwmQKsDb0 (+19,+29,-5)
    ビークスパイダーで相手真っ二つか
    17 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:26:39.54 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-142)
    御坂「佐天涙子さんですね?」

    御坂「ミサカが最初の対戦相手です、とミサカは自身を指差します」

    美琴「ちょっ、タンマタンマ! なんであんたがここにいるのよ!」

    美琴「あたしの友だち、みんな目を白黒させてるじゃない!?」

    御坂「言ってみればバイトです」

    御坂「というか、お姉さまに友だちがいたことに驚きを隠せません、
     とMNWに『お姉さまに友だちがいた!!』というタイトルのスレを立てながら驚愕して見せます」

    美琴「あんたぶん殴られたいの?」ビリビリ
    18 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:29:03.54 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-211)
    佐天「あの、御坂さん……、その人は一体?」

    美琴「へ? え、えっと、そのー……ふ、双子の妹よ!」

    黒子「お姉さまに妹さまがいらっしゃったとは初耳ですの」

    初春「そうなんですか? 常盤台の制服を着てるから白井さんは知ってるものかと」

    美琴「もう! あんたはまた人の制服勝手に着て!」

    御坂「必死すぎわろすwwwwとミサカは」

    美琴「(話合わせないとあんたのペンダントでレールガン撃つわよ?)ゴニョゴニョ」

    御坂「ごめんなさいお姉さま、ミサカはお姉さまと違って落ちこぼれだから常盤台に憧れててー(棒)」
    19 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:31:41.61 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-86)
    佐天「そういえば私の対戦相手ってことは、妹さんの強度は3なんですか?」

    御坂「お姉さまはミサカと違って努力家ですからその差でしょう。とミサカは適当に返答しておきます」

    佐天「は、はぁ……」

    御坂「とにもかくにも実験を開始しましょう」

    御坂「佐天さん、まずルールの説明をさせていただきます」

    佐天「よろしくお願いします」
    20 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:33:53.13 ID:H9k2AFiz0 (+24,+29,-18)
    本物みたいなディルドとか究極のローターとかじゃないのかよぉ
    21 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:36:04.21 ID:DCZUp8uR0 (+14,+29,-13)
    ミカサか
    22 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:36:04.46 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-120)
    御坂「まずこの半球状の物体をご覧下さい」

    御坂「これは登録者の周囲約30cmの距離を追尾する自分の心臓だと思って下さい」

    佐天「心臓?」

    御坂「はい。要するにこれを攻撃されたら負けということです」

    御坂「そして、次に攻撃に使うのはこの鉄球です」

    佐天「ビー玉と同じくらいかな? これを投げるんですか?」

    御坂「違います。なんのための実験ですか、能力を使うに決まっているでしょう」

    佐天「それもそうか」
    23 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:39:49.68 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-102)
    御坂「ミサカの場合、これを磁力で操って発射します」パシュン

    佐天「うわ、速っ」

    御坂「お姉さまの超電磁砲には遠く及びませんが、
     当たればかなり痛いですよ。とミサカは予め忠告しておきます」

    佐天「なんとなくわかりました」

    佐天「互いにさっきの半球状のターゲットを狙って鉄球を飛ばして、
     自分はうまく相手の攻撃をかわすか防ぐかする、そういうゲームですね」

    御坂「実験です」

    佐天「あ、はい」
    24 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:41:51.84 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-91)
    御坂「佐天さんは鉄球を打ち出すのにこれらのおもちゃを使って下さい」

    佐天「わー懐かしい。確かビーダマンとか言ったっけ、いっぱいあるよ~」

    佐天「弟がいくつか持ってたんですよ、これと似たようなの」wktk

    御坂「では、準備ができたら声をかけて下さい」

    佐天「はーい」

    佐天「どれにしようかなー」フンフーン♪

    ガチャガチャ
    25 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:44:02.27 ID:V2rxQoub0 (+29,+29,-14)
    これは、ボンボンとかコロコロのステマ
    26 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:44:13.48 ID:2dVsCb4U0 (-12,+0,+0)
    wktk
    27 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:45:06.60 ID:jHsGS5nX0 (+28,+29,-20)
    佐天「私にとっては全て玩具に過ぎないんですよ…この「学園都市」すらもねぇ!!」
    28 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:46:00.26 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-64)
    佐天「これにしようかなー? こっちのもかっこいいなぁ」

    「…い…かえ」

    佐天「ほえ? どこからともなく声が……」

    「…わいをつかえ」

    佐天「この声……もしかして、あなた?」


    美琴「佐天さん、あのおもちゃと話してるわよ…?」

    黒子「危ない人みたいですの……」
    29 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:47:57.06 ID:XZbWNuMz0 (+34,+29,-2)
    ワイルドワイバーン使ってんじゃねぇよ
    30 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:48:43.76 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-50)
    佐天「決めた、これにする!」

    御坂「決まりましたか? では早速始めましょう」

    佐天「はい、よろしくお願いします」

    御坂「では、10mくらい離れてと……」


    初春『ビー、ファイト!』カーン!


    佐天「!!」バッ

    御坂「!!」バッ


    美琴「!?」

    黒子「!?」
    31 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:50:37.80 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-102)
    御坂「正直、そんなおもちゃ相手に負ける気はしません」

    御坂「速攻で勝負をつけますよ、とミサカは大胆宣言をします」パシュン

    初春『おーっと、開幕早々、先制攻撃をしかけたのは御坂さんの妹さんです!』

    初春『開始位置からは動かず鉄球を物凄いスピードで発射したー!』

    佐天「私を、いえ……」

    佐天「私たちを甘く見ないほうが良いですよ?」バシュッ

    キィン!

    御坂「!?」
    32 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:51:42.15 ID:V2rxQoub0 (+29,+29,-11)
    これメダロットだったら、
    「合意とみて宜しいですねぇ!?」
    って来るのか
    33 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:52:39.11 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-102)
    初春『驚いたことに、妹さんの発射した鉄球が佐天さんの発射した鉄球に弾かれたー!?』

    御坂「そんなばかなことが……、あのスピードの鉄球にぶつけるなんてありえません」

    御坂「さっきのはただの偶然、もう一度食らいなさい!」パシュン

    佐天「無駄です!」バシュッ

    キィン!

    御坂「なっ!?」

    初春『また! またしても弾いたー!』
    34 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:53:32.65 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-140)
    御坂「ならば数で押すまでです!」パシュンパシュンパシュン

    初春『すごい! 妹さんの猛攻撃、すごい連射です!』

    佐天「その程度で連射やなんて片腹痛いわ!」バシュッバシュッバシュッバシュッバシュッ

    キンキンキィン! ドガッ、ドガッ!

    御坂「くっ…!」

    初春『5発! 妹さんの3連射に対し、佐天さんはなんと一瞬で5連射で返したー!』

    初春『妹さんの鉄球を3発とも弾いた上に、2発は妹さんのターゲットの左右1cmに着弾!』

    初春『おしい! おしすぎるっ!!』
    35 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:54:30.40 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-142)
    佐天「そろそろ本気出さへんと次は当てるで?」

    御坂「まさか今のはわざとはずしたとでも言うのですか…?」

    御坂「いいでしょう、ならばミサカも本気でお相手します」ブワッ

    初春『な、なんだー!? 周囲に散らばっていた大量の鉄球が宙に浮いてー!?』

    御坂「その数およそ100発…、これを全て捌けますか?」ドガガガガガガ

    初春『それを! 一斉に! 発射したあああ!!』


    美琴「初春さんのテンションもさることながら、佐天さんの口調がおかしなことになってるんだけど……」

    黒子「まるで何かに取り憑かれてるみたいですの……」
    36 : >> - 2013/06/04(火) 01:55:38.15 ID:CsQ9Rpi10 (+93,+30,-136)
    佐天「その程度……、西の連射王舐めんなやー!」ドガガガガガガガガガ

    初春『速い! 速すぎる! これがOSパーツとスピードローダーマガジンの力なのかー!?』

    御坂「馬鹿な!? ミサカが押されている!?」

    佐天「これが! ワイのワイルドワイバーンの力やー!」

    ドガーン!

    御坂「ぬわーーー!!」

    初春『勝負あり! 佐天さんの発射した鉄球が妹さんのターゲットに命中ううう!!」
    37 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:57:29.55 ID:Y4eWHATt0 (+27,+29,-14)
    ボールを相手のゴールにシュゥーーーーーーート!!
    38 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 01:57:40.92 ID:CsQ9Rpi10 (+90,+30,-37)
    佐天「やればできるじゃん、私!」

    初春「やった! やりましたよ佐天さん、まずは1勝です!」

    御坂「こうもあっさり負けてしまうとは……正直驚いています」


    美琴「」ポカーン

    黒子「」ポカーン
    39 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 02:01:07.00 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-96)
    初春「そうだ、勝ち名乗りとかやりましょうよ!」

    佐天「というと?」

    御坂「国へ帰るんだな、お前にも家族がいるだろう、って感じの奴ですね。
     とミサカはMNWで仕入れたネタを披露してみせます」

    佐天「うーん、そうだなぁ……」

    佐天「……」

    佐天「…………」

    佐天「……そうだ! こんなのどうかな?」


     佐天「我はホビー王なりぃ~!」ドーン

    .
    40 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 02:02:50.05 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-189)
    佐天「ど、どうかな?」テレテレ

    初春「いいですね! 勝負に勝つ度にそれ言いましょう!」

    御坂「はかり知れないセンスを感じます、とミサカは絶賛します」

    佐天「いやぁ、そんなこと……あるのかなぁ」アハハハ

    美琴「さ、佐天さん!? ちょっといいかしら。そのおもちゃ少し貸してくれない?」

    佐天「? いいですよ。はいどうぞ」

    美琴「ありがと」

    美琴(えーっと、佐天さんは確かここに指をかけてこうやって……)

    美琴「いたたた、指が痛いわね。(パシュン)ああ、変な方向に飛んで、しかも威力が弱い……」

    美琴「なら軽く振る感じで遠心力を加えれば……」

    黒子「ぜんぜん違う方向に飛んでいってしまいましたの」

    御坂「お姉さまが使っても佐天さんのようにはいきませんよ」

    美琴「……あれは佐天さんの超能力だから?」

    御坂「その通りです」
    41 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 02:03:27.97 ID:V2rxQoub0 (+29,+29,-17)
    玩具のチカラってことは、人に向けては使えそうにないな
    42 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 02:05:37.62 ID:fJrTkKmX0 (+29,+29,-30)
    モデルガンがでてきて・・・
    サテンさんはデザートイーグルとグロックの2丁拳銃で
    43 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 02:07:05.12 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-96)
    美琴「うーん……」

    御坂「佐天さん、とりあえず一勝おめでとうございます」

    御坂「あと4回勝てばレベル3に認定されますよ」

    佐天「ありがとうございます、御坂さんの妹さん」

    御坂「次の実験場所はとある高校です。次も勝てることを祈っていますよ」

    佐天「はい、期待に添えるように頑張ります」

    美琴「うーーーん……」

    黒子「お姉さま、考え込む気持ちはわかりますが、次に行きましょう……」
    44 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 02:07:15.11 ID:FNR1DGBo0 (+24,+29,-14)
    ベイブレード使いこなすと天変地異が起きるぞ
    45 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 02:07:49.59 ID:sNJZkRvC0 (+24,+29,+0)
    細かいようだが超能力って言い方はおかしいな
    46 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 02:11:08.74 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-101)
    ぱっと移動する?

    ニア はい
      いいえ

    佐天「やってきました、とある高校」

    初春「あっという間、というよりぱっという間でしたね」

    上条「あれ? 御坂に白井じゃねぇか?」

    美琴「ふぇ!?」ビクーン

    黒子「あら、ここは上条さんの学校でしたのね」

    佐天「また知り合いですか?」

    黒子「以前、ちょっとお世話になったことがございまして」
    47 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 02:13:01.75 ID:fJrTkKmX0 (+30,+30,-33)
    ミニ四駆ブロッケンGで相手の四肢を粉砕するさてんさん
    48 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 02:14:40.84 ID:CsQ9Rpi10 (+95,+30,-137)
    美琴「なんであんたがここにいんのよ!?」

    上条「だから、ここは俺が通ってる学校だって今言ったばっか…」

    美琴「違うわよ、今日は日曜日なのになんでいるのか聞いてるの」

    美琴「まさかあんたが佐天さんの相手のレベル3の超能力者?」

    黒子「あら、そうだったんですの?」

    上条「残念ながら、上条さんは成績がレッドゾーンなので
     ただ補習を受けにきていただけのことですのよ」

    初春「うわあ、ほんとに残念ですね!」

    上条「oh…」
    49 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 02:16:53.25 ID:fJrTkKmX0 (+4,+14,-3)
    ヨーヨーか?
    50 : 以下、名無しにか - 2013/06/04(火) 02:17:15.17 ID:Yw5ejBxc0 (+20,+27,+1)
    ハイパーヨーヨー
    1 2 3 4 5 6 7 8 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - ~する能力 + - ビーダマン + - ベイブレード + - ミニ四駆 + - 佐天 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について