のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,558,080人
911,666,967頁
昨日:4,453人
5,236頁
今日:2,200人
2,522頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ美希「ミュウツー……?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 03:01:15.29 ID:xjF0ID1n0 (+125,+30,-81)
     
    ガチャッ

    美希「おはようございますなのー」

    ミュウツー「……」

    美希「えっ、誰?」

    小鳥「ああ、おはよう美希ちゃん」

    美希「小鳥、この紫っぽい人、誰? 角生えてるけど」

    小鳥「プロデューサーさんよ」

    美希「プロデューサー?」

    ミュウツー「みゅー」

    小鳥「そう! うふふ、765プロに、ついに待望のプロデューサーさんがやってきたのよ!」

    美希「へー……」
    2 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 03:03:53.08 ID:rNhg4pPm0 (+20,+27,+0)
    市川さんはミューなんて言わない!
    3 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 03:04:43.07 ID:RAU3Q4cN0 (+16,+26,-3)
    ミュウツーならテレパシー使えるだろ
    4 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 03:08:46.32 ID:I2ojzFTK0 (+19,+29,-1)
    いや、しゃべれよ
    5 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 03:10:24.06 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-248)
    高木「街で偶然彼に出会ってね、一目見た瞬間にティンときたのだよ。
       『この若者は只者じゃない!』とね」

    美希「ふーん」

    高木「美希君も、自己紹介するといい。これから彼と私達は、
       長い時間を共に過ごすことになるのだからね」

    美希「うん! ミキの名前は星井美希だよ、よろしくね、プロデューサー!」

    ミュウツー「……」

    美希「あれ? ねぇプロデューサー、あの……うっ」

    『よろしくおねがいします』

    美希「な、なに!? 頭に直接、声が……」

    ミュウツー「ミュー」

    高木「彼はどうやら物静かなタイプらしく、口をあけても『ミュー』としか言わないのだ。
       でも大丈夫、こんな風にテレパシーが使えるようだから、コミュニケーションに支障はないだろう」

    美希「そ、そうなんだ……」

    ミュウツー「……」ティーン

    『これから一生懸命頑張ります!』

    美希(みょんみょんって頭の中で声が響いてる……ちょっと気持ちワルイの……)
    6 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 03:10:38.27 ID:oycq1OOe0 (+19,+29,-16)
    幼少時ミュウツー「しょうなのぉ?」
    7 : 忍法帖【Lv= - 2013/05/31(金) 03:12:38.29 ID:LWIZrU780 (+14,+29,-2)
    森久保かよ
    8 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 03:12:39.27 ID:DmkvX8770 (+19,+29,-3)
    ウニュヒュヒヒみたいな鳴き声だろ
    9 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 03:18:32.82 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-202)
    美希(目つきも悪いし、肌の色もちょっとヘンだし、スーツに穴あけて尻尾生やしてるし……)

    美希(あんまり、ミキのタイプじゃないかも……あーあ、もっとカッコいい人なら良かったのにな)

    ミュウツー「……みゅー」シュン

    美希「? どうしたの、なんかガッカリしてるみたいだけど……」


    ガチャッ


    春香「おっ、おはようございますっ! すみません、遅刻しちゃ……」

    くらっ

    春香「う、うわっ、うわわあ! 転んじゃ──」

    ミュウツー「……」スッ

    ミュウツーの サイコキネシス!▼

    春香「……? あ、あれ? 転んでない?」フワフワ

    美希「え!? は、春香、なんで浮いてるの!?」

    春香「浮いて……わぁっ!? ほ、ほんとだっ!」
    10 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 03:21:05.29 ID:K+poyHUj0 (+24,+29,-3)
    スーツ着てたのかよ
    11 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 03:27:21.28 ID:F651INK4O (+29,+29,-3)
    スーツ着てるミュウツーとか想像出来ない
    12 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 03:28:02.51 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-201)
    春香「わ、私、いつの間にこんな力を……! やったぁ、これでもう転ばなくて済むかも!」

    高木「ウォッホン! あー、天海君。残念だがそれは、君の力ではないのだよ」

    春香「え?」

    ミュウツー「……」ミョンミョン

    美希「? 目が光ってる……もしかしてこれって、プロデューサーがやったの?」

    ミュウツー「ミュー」コクン

    高木「彼はテレパシーだけでなく、このように手を触れなくても物体を動かす力……
       いわゆる超能力も嗜んでいるようだ。今天海君が浮いてるのは、その力だよ」

    春香「そうなんですか……あーあ、ちょっとガッカリ」

    ストン

    春香「っていうか、あの……その、あなたは?」

    小鳥「春香ちゃん、この人はね──……」


    美希「……」

    美希(プロデューサー、春香を助けてくれたんだ)

    美希(見た目はちょっと気持ちワルイけど、案外優しいところあるのかも……)
    13 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 03:28:55.61 ID:rNhg4pPm0 (+27,+29,-4)
    見た目が気持ち悪いとかちょっと表に出ようか
    14 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 03:32:34.90 ID:u1eHQUQbO (+24,+29,-12)
    ミュウツー(ファミチキください)

    美希「こいつ脳内に直接なの」
    15 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 03:35:35.64 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-117)
    美希「……ねぇねぇ、プロデューサー!」

    ミュウツー「?」

    美希「プロデューサーのお名前は、なんていうの?」

    ミュウツー「……」

    『私の名前……研究所では、ミュウツーと呼ばれていました』

    美希「ミュウツー……?」

    『はい』

    美希「っていうか、ケンキュージョ? プロデューサーは学者さんだったの?」

    ミュウツー「みゅー……」

    美希「……」

    美希(なんだろ、声も聞こえなくなって、ちょっとしょんぼりしてるみたい。
       あんまり昔のこと、思い出したくないのかな? イジめられっ子だったのかも……)

    『……私のことを呼ぶなら、プロデューサーで結構です』

    美希「う、うん」

    美希(きっとこんな見た目だから、いろいろ苦労してたんだね……ちょっとかわいそう)
    16 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 03:47:50.85 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-142)
     
    ……

    美希「すぅ、すぅ……むにゃむにゃ」

    ミュウツー「……!」

    『星井さん、星井さん!』

    美希「う、頭が……プロデューサー……?」

    『レッスンの時間ですよ、起きてください!』

    美希「わ、わかったの! わかったから、あんまりおっきな声、直接頭に聞かせないで!」

    ……

    美希「あふぅ……あれ、春香は?」

    『仕事にいきました。他のアイドルの皆さんも、星井さんが眠っている間に』

    美希「そっか~。みんな忙しいんだね」

    ミュウツー「……」

    『他の皆さんは、仕事が少なくても自分達で取りにいっているようですが、
    星井さんはそうしないんですか?』

    美希「んー、ミキはそういうの、ちょっと……」
    17 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 03:59:02.19 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-188)
    美希「ミキ的には、のーんびり、自分のペースでアイドルが出来れば、それでいいかなーって」

    ミュウツー「……」

    美希「一生懸命お仕事を探してるみんなはとっても偉いって思うけど、
       ミキにはそういうの合ってないって思うな。疲れちゃうし……」

    『……いいんですか?』

    美希「え?」

    『せっかくの人生の若い時間を、そんな風に無為に過ごして、
    星井さんはそれでいいんですか?』

    美希「な、何? プロデューサー、怒っちゃった……? 目がもっと怖くなってるよ」

    ミュウツー「……ミュー」

    『見たところ、星井さんの個体値はかなり高いようです』

    美希「コタイチ?」

    『才能があるということです。それなのに、努力値がまったく振られていない。
    それではもったいないですよ』

    『……個体値が低いという理由だけで捨てられる者を、私はたくさん見てきました。
    それなのに星井さんは、天から才能を授かったにも関わらず……!』

    美希「や、やめてやめて! 頭、いたいよ!
       そんなにいっぺんに頭に話しかけないで~!」
    18 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 04:01:41.42 ID:aJvi/9cW0 (+29,+29,-12)
    あれミュウツーってもっとタメじゃなかったか?映画版黒歴史扱いされたのか
    19 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 04:01:43.96 ID:HkvDdj0f0 (-27,-15,-1)
    20 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 04:05:51.62 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-87)
    美希(なんかよくわかんないけど、怒られちゃった)

    美希(ミキの考えって、そんなにダメなことかな?
       アイドルって楽しいお仕事でしょ? それなのに……)


    テクテク……


    ミュウツー「……」

    美希「……」

    美希(……もう話しかけてもこないし)

    美希(さっきは優しい人かな? って思ったけど……
       やっぱりプロデューサーって、あんまりミキとは合わない人かも)


    『……レッスンスタジオが見えてきましたよ』

    美希「……うん」


    美希(あーあ。これから、どうなっちゃうのかな……)
    21 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 04:12:16.03 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-84)
     
    一方その頃……


    黒井「……ええい! まだ奴は見つからないのか!」ドンッ

    研究員「す、すみません!」

    黒井「クソっ! だからあれほど、目を離すなと……」

    黒井「ミュウツー……。我が961プロが長年研究し生み出した、
       最強のアイドル……」

    黒井「誰かの手に渡る前に、一刻も早く連れ戻すのだ!」

    研究員「はいぃっ!」タタッ


    ……バタン
    22 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 04:18:42.26 ID:F651INK4O (+24,+29,-3)
    あの見た目でアイドルは無理だろ
    23 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 04:20:54.19 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-121)
    ガタガタ……!

    黒井「ん? ……ククク、どうした、怒っているのか?」

    黒井「それはそうだろうな。しかし、ボールの中にいる限り、貴様には何も出来まい」

    ミュウ『……!』

    黒井「──奴の強大な力さえあれば、この芸能界は私達961プロのもの……」

    黒井「見た目はちょっぴり怖くなってしまったが、問題ない。
       これから更に改造を重ね、イケメンフェイスにさえすればそれでいいのだ」

    ミュウ『……』

    黒井「貴様はこのボールの中で、自分の子供が華麗なるアイドルデビューを果たす瞬間を見ているがいい」

    黒井「ククク……ハーッハッハ!」

    ──────
    ────
    ──
    24 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 04:21:15.57 ID:aJvi/9cW0 (+24,+29,-2)
    あいつ性別メスだったのか
    25 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 04:30:30.40 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-143)
     
    数日後……

    ガチャッ

    美希「ふわぁ~……おはようございまーす……」


    春香「えへへ、本当ですか?」

    ミュウツー「ミュー」モグモグ

    『本当においしいですよ、この天海さん特製のポロック。
    思わずうつくしさが上がってしまいそうだ』

    春香「よかったぁ、頑張って本読んで練習したかいがありました!」


    美希「……」

    美希(春香とプロデューサーが、楽しそうに話してるの)

    美希(初めてプロデューサーが事務所に来て春香を助けてあげたときから、
       あのふたりはずっと仲良しなんだよね……)

    美希(……もしかして春香って、あーいう怖い系の男の人がタイプなのかな?
       春香ならもっと普通の人を好きになりそうだけど……人は見かけによらないってカンジ)
    26 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 04:35:18.84 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-115)
    春香「……あっ! 美希、おはよ!」

    美希「おはよーなの。……ねぇ、春香、耳貸して」

    春香「え? なになに?」


    ヒソヒソ……

    美希「……あんまり、良い趣味じゃないって思うな」

    春香「趣味? なんのこと……?」

    美希「プロデューサーのこと、お気に入りなんでしょ?」

    春香「お気に入り、って……」

    春香「……」

    春香「……ちっ、ちち、ちがうわよ! 何言ってるの、美希!」カァァ

    美希「アハッ☆ 隠さなくてもいーの。なんとなくわかっちゃうんだから」

    春香「ちょ、ちょちょ、やめてよ、もうっ!」


    ミュウツー「……」
    27 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 04:49:55.94 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-181)
    春香「もう……っていうか、私がどう思ってるかっていうのはともかく、
       見た目でそんな風に判断するなんてダメだよ。
       プロデューサーさんが優しい人っていうのは、美希だってわかるでしょ?」

    美希「うーん、そうだけど~……」

    美希(あれからプロデューサーは、あんまりミキに怒ってこなくなったの。
       毎日遅くまでみんなのためにお仕事してるみたいだし、
       悪い人じゃないっていうのはわかるんだけど……)

    美希「でも、ミキ的には、もっと肌色っぽい人のほうが良いなぁ。
       それにプロデューサー、髪の毛も散っちゃってるみたいだし」

    春香「髪の毛って……」


    ガチャリ……

    「おっはようございまーす!」

    ミュウツー「っ!」ガタッ

    『お、おはようございます、菊地さん!』

    「あ、プロデューサー! へへっ、今日も元気そうですねっ!」

    『は、はい……』


    春香美希「……あれ?」
    28 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 04:55:28.72 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-129)
    「あっ、ていうかプロデューサー。なんかよそよそしく感じるし、
      ボクのことは菊地さんじゃなくて、真って呼んでくださいって言ってるじゃないですか。
      それに敬語だっていりません!」

    ミュウツー「……」モジモジ

    『そ、そうか? それじゃあ……真』

    「はいっ! なんですか?」

    『いや、特に用はないんだけど……へへ』


    春香美希「……」

    美希「……ね、春香」

    春香「な、なによ」

    美希「真くんとプロデューサー、なんか仲良いね」

    春香「……うん」

    美希「……プロデューサーってもしかして、真くんみたい子が好きだったり」

    春香「か、関係ないでしょ!」
    29 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 04:57:46.88 ID:F651INK4O (+29,+29,-6)
    ミュウツーってかしこさ向きじゃなかったか?
    30 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 05:04:34.12 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-157)
    「いやーでもやっぱり、初めて会ったときとは見違えるなぁ!」

    美希(初めて会ったとき?)

    「あのときはなんていうか、荒れてたみたいだったけど……
      それが今では、スーツ着て、ボク達のプロデューサーをやってるんですもんね!」

    『も、もういいじゃないか、そんなこと』

    「へへ、そうですね! それじゃあプロデューサー、今日もバリバリ頑張っていきましょう!」

    ……

    美希「……ねぇ、真くん」

    「え? どうしたの、美希」

    美希「さっき、初めて会ったときって言ってたけど、
       真くんが会ったときはプロデューサー、今とは違ってたの?」

    「ああ、そのこと? 実はね……」

    「ボクとプロデューサーは、プロデューサーが765プロに来る前に、
      一回会ってるんだ」

    美希春香「え!?」

    「あれはいつだったかなぁ、確か、二週間くらい前……」
    31 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 05:11:56.33 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-113)
    ~回想~

    チャリンチャリン

    「……好きだよ♪ 心込めて♪ 好きだよ♪ 力込めて♪」

    「うーん、やっぱり良いなぁ、このニュー自転車!
      さっすが百万円もするだけあるよね、最高の乗り心地だ!」

    「まさかそれが商店街の福引で当たっちゃうなんて、本当にラッキーだったよ」


    シャー……


    「好きだよ♪ 声をあげ──」


    ──ドガァァァァァン!!!!


    「っ!? な、なんだ!? 爆発!? あっちから……」チラッ


    パラパラ……


    ミュウツー「……! ……!」

    「……なに、あの人……?」
    32 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 05:18:07.21 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-75)
    ミュウツー「……」ギロッ

    『人間……?』

    (や、やばい、目が合った! なんだかよくわかんないけど、あの人は絶対ヘンだ!
      早くここから逃げないと……!)

    ググッ……

    「……!? な、なんだ……ペダルが、重い?」

    ミュウツー「……」ミョンミョン

    「くそうっ、全然動かない……!」


    『──人間、人間人間人間……!』


    (それに、さっきからなんだよ、この頭に響く声……!)


    ミュウツー「……!」ブンッ

    ミュウツーの シャドーボール!▼

    ゴォォォォ!!


    「……うわぁぁぁぁぁぁ!!!!」
    33 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 05:25:12.09 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-102)
    パラパラ……

    「……ハァ、ハァ……! いつつ……」

    『……避けられた? いや、かすかに当たった。
    格闘タイプか……効果はいまひとつのようだ』

    (なんだよ、今の……!? とにかく本当にやばい!)

    「早く自転車乗って──って」

    自転車だったもの「」ボロ……

    「……」

    ミュウツー「……」

    『しかし、格闘タイプなら話が早い。サイコブレイクで──』

    「ちょっとぉぉぉぉぉ!!!!」

    『えっ』

    「じ、自転車! 壊れちゃったじゃないか!! どうしてくれるんだよ!!」

    『いや、その……』

    「ボクの大事な自転車だったんだぞ! 百万円もするんだから!!」

    『百万円……だと……?』
    34 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 05:33:47.96 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-123)
    ミュウツー「……」オロオロ

    『……いや、そんなことは関係ない!
    確かに百万円は大金だけど、ここで口を封じてしまえば……』

    「フンっ!!」

    まことの インファイト!▼

    ミュウツー「ゴフッ」

    『速い……! それに、効果はいまひとつなのに……この威力……!』

    「……勘違いするなよ。ボクは、そう簡単に人に暴力なんて振るわない」

    ミュウツー「……?」

    「でも、あの爆発もお前の仕業だろ? さっきの不思議な力でやったんだな」

    『それがなんだと言う……』

    「人に迷惑をかけるお前は、悪い奴だ! それならボクは容赦しない!」

    「正義の鉄拳を食らえっ!」

    がっし! ぼか!

    ミュウツー「……!? ……!!?」

    『つ、強い……! 本当に人間か!?』
    36 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 05:39:44.68 ID:F651INK4O (+21,+26,-2)
    しかも素早さミュウツー以上か…
    37 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 05:40:11.60 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-96)
     
    ……

    「ハァ、ハァ……」

    ミュウツー(瀕死)「……」

    「反省したか?」

    『お前は一体……人間じゃないのか? ポケモン?』

    「ポケモン? なに言ってるんだ?」

    『人間の力を大きく超えている……』

    「……ボクは、人間だよ。人間の、アイドルだ。
     まだ全然仕事はないけどね」

    ミュウツー「……」

    「……って、やばっ! レッスンにいかないと!
      もう悪いことするんじゃないぞ! じゃあねっ!」


    タッタッタ……


    ミュウツー「……」

    『アイドル……』
    38 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 05:48:05.73 ID:J18QFay/O (+19,+29,-4)
    まこりんは可愛いなあ!
    39 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 05:50:43.14 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-168)
    ~回想おわり~

    「ってことがあって」

    春香美希「……」

    高木「おそらく、そのあとだろうね。私は街中で、
       スーツを着て職を探していた彼に出会ったのだよ」

    春香「しゃ、社長!? いつの間に……」

    高木「ハハ、いいじゃないかそんなことは」

    ……

    高木「……どうやら彼は、すぐにでも大金が必要だったらしい。
       もしかしたらそれは、菊地君の自転車を弁償するつもりだったのかもしれないな」

    高木「しかし、世界は実にせまいようだねぇ。菊地君と彼との間にそんなことがあり、
       今ではこうしてアイドルとプロデューサーという関係になっているとは……」

    「へへっ、本当ですね!」

    美希「……真くん、もう怒ってないの? 自転車壊されちゃったのに……」

    「うん! 今はもう反省してくれたみたいだし……
      プロデューサーがボク達のために頑張ってくれてるのは、ちゃんとわかってるからね」
    40 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 05:57:33.21 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-84)
    ミュウツー「……ミュー」

    『……皆さん、そろそろ仕事の時間ですよ。
    久しぶりのテレビの仕事、頑張っていきましょう』

    春香「はーい!」

    美希「……」


    美希(真くんの話だったら、今よりもっともっと怖い人だったみたいだけど……、
       プロデューサーは今ではミキ達のために、頑張ってくれてる)

    美希(……それって、なんでかな? なんでそんなに、変われたんだろ)


    『星井さん』

    美希「……うん。今行くの」


    美希(……あとで、聞いてみよっと)
    41 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 06:07:24.42 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-164)
    ──────
    ────
    ──


    司会『……はい、ナムコエンジェルの皆さんでした!
       三人ともとっても可愛らしく歌ってくれましたね』

    司会『続いては……』


    ……


    テクテク……

    「いやぁ、やっぱりテレビの仕事って楽しいね!」

    春香「うん! でも私、ちゃんと喋れたかなぁ……
       うぅ、緊張しちゃって頭真っ白だったよ」

    「大丈夫だよ! 春香はちゃんとおしり──って、美希? どこいくの?」

    美希「あ、えーっと……ちょっと、おトイレ」

    「そ、そっか。ごめん、ヘンなこと聞いちゃった」

    美希「……すぐ戻るから、ふたりは先に行ってて!」タタッ
    42 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 06:13:03.85 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-110)
    ~収録スタジオ~

    アイドル「~♪」


    美希「あ、いた……プロデューサー!」

    ミュウツー「……?」

    『星井さん? どうしたんですか、衣装のままで』

    美希「……プロデューサーこそ、何やってるの?
       もうミキ達の出番おわったのに、まだスタジオにいるなんて」

    『研究です。他のアイドルの皆さんから、少しでも技術を盗まないと』

    美希「研究? でも、見てるだけでしょ?」

    『……記憶力には、自信があるんですよ』

    ……

    美希「……ねぇ、プロデューサー」

    『はい』

    美希「プロデューサーは、どうして、ミキ達のために頑張ってくれてるの?」

    ミュウツー「……」
    43 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 06:21:52.77 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-176)
    美希「真くんの自転車壊しちゃったみたいだけど……それをベンショーするため?」

    『……それもあります』

    美希「……でもそんなの、知らんぷりしちゃえばよかったんじゃないかな。
       百万円なんてお金、簡単に用意できないよ、たぶん……」

    『星井さんが私の立場だった場合、そうするんですか?』

    美希「ち、ちがうよ! ミキだって、壊しちゃったらちゃんとベンショーする!」

    美希「……でも前のプロデューサーは、今よりもっと、
       なんていうか……怖い人だったんだって聞いたの。
       そういう人って、そうするんじゃないの? 知らんぷり……」

    ミュウツー「……」

    『……確かに、真の自転車のことを無視することも出来ました。
    それに正直に言ってしまえば、私はそれほど、あのことを悪いとは思っていません』

    美希「じゃあ、なんで?」

    『……私は、人類──特にその中でも、
    アイドルという種族の人間について興味を持ったんですよ』
    44 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 06:28:55.48 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-159)
    『……アイドルという存在は、圧倒的な力をもって人々を支配するものだと聞いていました』

    美希「え!? なにそれっ!?」

    『研究所で、そう教えられていたのです。そして私は──……』

    ミュウツー「……」

    美希「? プロデューサーは……どうしたの?」

    『……いえ』


    ……

    ミュウツー「みゅー……」

    『……しかしあのとき──真の拳を受ける中で、
    不思議なことが起こったのです』

    『私の中の暴力的な部分が静かになっていく……
    それはまるで、母に抱きしめられているときのようでした』

    美希「お母さん?」

    『……もう随分と会っていませんが、私は確かに覚えている。
    母の胸のあたたかさを……』

    美希(こういうの確か、マザコンっていうんだよね。小鳥が言ってたの)
    45 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 06:42:04.08 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-216)
    『……本気を出してしまえば、反撃し真を傷つけることも出来たでしょう。
    しかしそのとき私には、そんなことをする気にもならなかった』

    『そして、去り際に真は言いました。「自分はアイドルだ」、と……』

    美希「……」

    『……アイドルは、私が思っているような暴力的な存在ではない。
    なぜなら私の中の「はかいのいでんし」は、真によって全て消え去ってしまったのですから』

    『だから私はその後、スーツに身を包み、アイドルに関わる仕事を探し始めたのです。
    人間の世界ではこうすることが通例だと聞いていましたから』

    『「アイドル」とは何か──その本当の存在理由を、知るために』

    美希「……そーだったんだ」

    ……

    ミュウツー「……ミュー」

    『あなた達をプロデュースし、真のアイドルといえるまで育て上げる。
    そうすることで私は、「アイドル」について深く知ることができる……』

    『それが、先ほどのあなたの質問の答えです。
    なぜ私が星井さんたちのために頑張るのか、という質問の……』

    美希「……ふーん」

    『だから結局は、自分のためですよ。ご期待に沿う答えでなく、申し訳ありませんが』
    46 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 06:46:32.16 ID:ICBPEYtVP (+19,+29,-3)
    違うわよでお茶吹いた
    47 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 06:52:36.72 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-154)
    美希「……なーんか、ムズかしいこと考えてるんだね。
       アイドルがどんな人かだなんて、そんなの、考えなくても簡単にわかるのに」

    ミュウツー「?」

    『簡単?』

    美希「そーなの! アイドルはね……」

    美希「ステージの上でキラキラ輝いて、みんなを笑顔にする人のことだよ」

    『……笑顔……ですか』

    美希「うん!」ニコッ

    ミュウツー「……、」

    美希「……あっ! プロデューサー、今ちょっと笑った?」

    『え?』

    美希「アハッ☆ もしかして、プロデューサーが笑うとこ、初めて見たかもしれないな~。
       いつもは怖い顔してるけど、笑うとちょっとだけ、可愛いんだねっ!」

    『か、可愛いって……』

    美希「そうやって、ずっと笑ってればいいの! そうしたらきっと、今よりモテると思うよ?
       どーせ彼女、いないんでしょ?」

    『そ、そう言われても……どうせ私は、タマゴみはっけんグループですから』
    48 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 06:53:25.71 ID:n3XedV1oP (+24,+29,-8)
    今更だが美希はおはようなの~じゃね?
    49 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 06:59:29.78 ID:Von4JtFnO (+29,+29,-5)
    イーブイシスターズをアイドルプロデュース!
    50 : 以下、名無しにか - 2013/05/31(金) 06:59:38.73 ID:xjF0ID1n0 (+95,+30,-109)
     
    ミュウツー「……」

    ミュウツー(無邪気に笑う彼女の姿を見ていたら、
          この顔の筋肉が、私の意志とは関係なく、自然に弛緩してしまった)

    ミュウツー(……これが、笑顔……。これが、アイドルの力)


    美希「それじゃあ、もういこ? 研究なんてつまんないことしてないで、
       みんなで事務所に帰ろーよ」


    ミュウツー(……今、少しだけ、知ることが出来たのかもしれない)

    ミュウツー(この私が生まれた理由──『アイドル』について……)


    『……はい! そうですね──』



    カツ、カツ……

    黒井「……ようやく見つけたぞ、ミュウツー……!」



    ミュウツー「っ!?」
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について