のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,535,385人
911,641,268頁
昨日:4,530人
5,106頁
今日:4,054人
4,617頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ恒一「怜子さん夕飯は何がい…ごごごっ、ごめんなさい!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アナザー + - 榊原恒一 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 12:18:17.87 ID:+Hs8tR+50 (+125,+30,-297)
    ピシャッ

    恒一「………………ッ!!」

    恒一「………………ッ!?」

    恒一「…あ……あの、その…怜子さん、ぼ、僕、何も見てませんから…!」

    恒一「ほ、ほんとに何も見てませんから…!!」

    恒一「目にゴミが入って…それで…何も……」

    恒一「………」

    恒一「えっと、その、なんて言ったらいいか、あまり気にしないで、いや何言ってるんだ僕は…」

    恒一「………えっと…」

    恒一「あ、そそそうだ、怜子さん夕飯はナニが、いや何がいいですかねっ!?」

    恒一「………」

    恒一「……れ…れーこさん?」



    ヨルヲー オオウー マブター ヒラケー マガキー カゲヲオソレルナカレー♪
    2 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 12:24:55.48 ID:+Hs8tR+50 (+95,+30,-210)
    恒一「…………っ?」

    恒一「あ…あの、何笑ってるんですか?やめてください、なんか怖いですよ…」

    恒一「え、もういいって何がですか?フッ切れた?そろそろ実行に移す?何の話ですか!?」

    恒一「え、入ってこいって…」

    恒一「いやいいですよ、ここでも声聞こえますし…」

    恒一「自棄になっちゃいけませんよ怜子さん、その…」

    恒一「あの、僕ほんと気にしてませんから…」
    3 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 12:28:00.95 ID:TMheMfDl0 (-2,+12,+0)
    ほう
    4 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 12:31:12.02 ID:+Hs8tR+50 (+95,+30,-298)
    恒一「あ、気にしてないっていうか、何も見てないんだから気にする必要ないですよね、ははは…」

    恒一「…って…なに言ってるんだ僕は…ごめんなさい…」

    恒一「…………」

    恒一「えっと、何が食べたいか聞きに来ただけですから、言ってくれれば僕作りま…」

    恒一「え?なんですか?呼びました?」

    恒一「いや僕が聞きたいのは晩のオカズで、いや、オカズの話ですよ!」

    恒一「落ち着いてください怜子さん!僕は食べられませんよ!?」

    恒一「え?ヤッてみないとわからない?いやなに言ってるんですか怜子さん!?もう勘弁してくださいよ!酔ってるんですか!?」

    恒一「まったくもう…なにがそんなに可笑しいんですか…うう…」

    恒一「え、いいから入って来いって…だから嫌ですよ…」
    5 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 12:32:09.23 ID:tHyGzNM60 (+18,+28,-14)
    恒一多すぎワロタ
    6 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 12:37:34.38 ID:+Hs8tR+50 (+95,+30,-295)
    恒一「いや、そう言うわけじゃ…怜子さんが嫌いだからとかそういう事じゃなしに…」

    恒一「だって怜子さん、その…あの…」

    恒一「晩御飯はちゃんと相談して決めたいからって、そりゃまあそうですけど……」

    恒一「えと、あの…怜子さん? その…」

    恒一「……えっと…」

    恒一「………」

    恒一「下…もう…履いてますよね…?」

    恒一「…ほんとですか?」

    恒一「………」

    恒一「じゃあ…えと、失礼します…」

    ガラッ

    恒一「ごめんなさい怜子さん僕これからはちゃんとノックしてうっわああああああああっ!?」
    7 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 12:45:15.23 ID:+Hs8tR+50 (+95,+30,-237)
    ピシャッ

    恒一「ななな何考えてるんですか!履いてないじゃないですか!むしろ最後の一枚脱いじゃってるじゃないですか!」

    恒一「ええ!?間違えちゃった!?どこをどうすれば脱ぐと履くを間違えるんですか!?いや、てへぺろ♪じゃなくて!!」

    恒一「も、もういいですよ!今日のおかずはおしんこ盛り合わせだけですからね!」

    恒一「いーえ、ダメです!もう決めました!今日の夕飯は質素にいきます!」

    恒一「…………」

    恒一「……そっ」

    恒一「そんなこと言ったって、怜子さんが悪いんですよ?冗談でもしていいことと悪い事がありますよ…」

    恒一「いくら家族だからって…ぱ…パンツまで…あうぅ…」
    8 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 12:51:03.25 ID:yFqeAyAi0 (+13,+23,+1)
    なるほどなるほど
    9 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 12:52:46.36 ID:8QF+hDbs0 (+2,+12,-10)
    いいと思います
    10 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 12:54:15.63 ID:+Hs8tR+50 (+95,+30,+0)
    恒一「……」

    恒一「……謝るくらいなら最初からしないでくださいよ…」

    恒一「あぁ…びっくりした…」

    恒一「…もう、ほんとにやめてくださいよ…こういう度が過ぎた冗談は…」

    恒一「……ほんとに反省したんですか?」

    恒一「………ホントのホントにですか?」

    恒一「はぁ…わかりました。信じますよ…怜子さん、ちゃんと服着たんですね?」

    恒一「もうたちの悪い冗談は終わりですよね?」

    恒一「……じゃあ、今の事は水に流しましょう。僕も忘れますから」

    恒一「まったくもう…子供だと思って…」

    恒一「確か一昨日が鱒のムニエル、昨日が茶碗蒸しと混ぜご飯だったから今日は中華にしましょうか」

    恒一「回鍋肉とかどうですか?あ、そういえば怜子さんダイエット中でしたっけ」

    ガラッ

    恒一「じゃあローカロリーのばんばんじぃぅうわああああああああっ!?」
    11 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 13:01:25.46 ID:+Hs8tR+50 (+93,+30,+0)
    ビターン!

    恒一「うそつき!れーこさんのうそつき!うわあああん!!」

    恒一「着てないじゃないか!履いてないじゃないか!いやそれはもういい!なんて恰好してるんですか!?」

    恒一「見えた?じゃないですよ!見せつけてきたくせにぃ!!」

    恒一「え!?実物で見たのは初めてかって!?そりゃ中学生ですからね!でもそういう問題じゃないでしょう!!」

    恒一「不潔ですよ怜子さん!酷いよ!なんでそんなことするんですか!僕に何の恨みがあっての狼藉なんですか!?」

    恒一「嫌ですもう聞きたくありません!信じてたのに…!見損ないましたよ!」

    恒一「うっうぅ…怜子さんのバカ…怜子さんなんて嫌いです…」

    恒一「今更謝っても遅いですよ…嘘つき…怜子さんなんて嫌いだ…うっうっ」

    恒一「…………」

    恒一「……え?何ですって?」

    恒一「嘘ついたのは認める?ああそうですか。え?でも一つだけ?いいです聞きたくないです」

    恒一「………不潔じゃない?何言って…え?純け……つ…?」

    恒一「それってどういう…え…?」
    12 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 13:05:26.84 ID:6TgHEQAk0 (-18,-3,-1)
    しえ
    13 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 13:05:40.07 ID:t0KB9PnF0 (+19,+29,-18)
    恒一の独り舞台wwwww
    14 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 13:08:49.06 ID:+Hs8tR+50 (+95,+30,+0)
    恒一「…そんな、だって怜子さんくらいの年なら普通は一回や二回…」

    恒一「あっ、ごめんなさいそういう意味で言ったんじゃなくて…」

    恒一「そんなこと無いですよ、いいえ、怜子さんは美人です、十分若いです」

    恒一「いやいやお世辞じゃないですから泣かないでくださいよ。泣くことないでしょうよ」

    恒一「じゃあなんで彼氏ができないって、あー、うー、それはそのー、えーと」

    恒一「あ、いやでもホラ、それは怜子さんの貞操観念がしっかりしてたからってことで…」

    恒一「貞操観念?ん?あれぇ?ええっと、まあいいか」

    恒一「いや分かりますよ、そりゃあ女性にだってそういう欲求があるってことくらい僕だって…」

    恒一「溜まったリビドーをどうすればいいって、そりゃあ…」

    恒一「…ごめんなさい、分かりません…」

    恒一「でもだからって甥っ子に対してそんな…」
    15 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 13:10:57.51 ID:ffDpJhQqT (-27,-15,+0)
    16 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 13:12:58.46 ID:pwfhhjtc0 (+24,+29,-15)
    久しぶりの怜子さんSS支援
    18 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 13:19:18.01 ID:+Hs8tR+50 (+95,+30,-291)
    恒一「ち、ちがいますよ、そんな事思ってません!気持ち悪いだなんて…」

    恒一「さ…さっきはその、いきなりだったから僕も混乱しちゃって…」

    恒一「そんな理由があったなんて…思ってなくて…」

    恒一「やっぱり僕、まだまだ子供なんだなぁ…」

    恒一「…………」

    恒一「あの、僕も言いすぎでした。ちょっと魔が差しただけなんですよね?なら仕方ないですよ…」

    恒一「だから怜子さん、もう泣かないで…僕、怒ってないですから…」

    恒一「………」

    恒一「嫌いなんかじゃないです。僕、怜子さん好きですよ」

    恒一「本当です。ちょっとだらしない時もあるけど、優しくて頑張り屋で、僕の事も親身になっ

    ガラッ

    恒一「ッ!?」
    19 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 13:20:53.63 ID:wDmIHmpEO (+24,+29,-37)
    恒一の一人芝居を目撃する誰か(鳴・怜子・あかざー)のオチじゃないよな
    20 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 13:23:41.44 ID:/ZQp+qA20 (+14,+29,-2)
    鳴ちゃんはよ
    21 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 13:25:16.06 ID:iljd4B7FT (-27,-15,+0)
    22 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 13:26:17.69 ID:+Hs8tR+50 (+95,+30,+0)
    恒一「…………」

    恒一「あの、怜子さん?大丈夫でしたか?」

    恒一「いやいや、だって怜子さんがイキナリ扉開けるもんだから、思わず反射的に…ごめんなさい…」

    恒一「思いっきり顔挟んじゃって、怪我ありませんでしたか?」

    恒一「怪我は無い…よかった…。メガネが割れた?ごめんなさい、今度一緒に買いに行きましょう」

    恒一「お金は僕が出しますから…」

    恒一「………」

    恒一「……………」

    恒一「ねえ、怜子さん…」

    恒一「今扉開けた時一瞬見えたんですけど、怜子さんまだパンツ履いてませんでしたよね?なんでですか?」

    恒一「いえ、別に疑ってるわけじゃ……」
    23 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 13:29:11.62 ID:iljd4B7FT (-27,-15,+0)
    24 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 13:35:39.38 ID:+Hs8tR+50 (+95,+30,+0)
    恒一「いや、正直に言います。実はちょっと疑惑が再燃してます」

    恒一「服を着てなかったのはまあ、状況が状況ですからあるかもしれません」

    恒一「話は最後まで聞いてください、僕が疑念を持ったのは…」

    恒一「一瞬だったけど、怜子さんの目を見たとき……」

    恒一「『まんまと騙くらかしてやったぜ』的な、邪な目だった気がしてならないんです」

    恒一「………」

    恒一「それに、よく考えたらおかしいんです」

    恒一「溜りに溜まった性欲故の行動だとすると、怜子さんの発言と統合性がとれないんです」

    恒一「怜子さん、最初に言いましたよね?」

    恒一「『もういい』『フッきれた』…そして…」

    恒一「『そろそろ実行に移す』…って。これ、どう言う意味だったんですか?満足のいく説明でき…」

    恒一「え?今怜子さん舌打ちしましたよね?思いっきり「ちっ」って言いましたよね今確かに」
    25 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 13:40:53.04 ID:9LrdGOuVT (-27,-15,+0)
    26 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 13:42:50.64 ID:nnAbHTOO0 (-15,-3,-1)
    しえ
    27 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 13:43:30.64 ID:+Hs8tR+50 (+95,+30,+0)
    恒一「………」

    恒一「…な……ッ!?」

    恒一「なんで…笑ってるんですか?なんなんですかその高笑いは!」

    恒一「やるな明智君じゃないですよ!酷い!やっぱり騙してたんだ!」

    恒一「え!?純潔なのは本当!?そこは嘘であってほしかったですけど!」

    恒一「て言うかもういい!裏切ったんだ!僕の心を裏切ったんだ!怜子さんなんて嫌いだ!」

    恒一「ちくしょー!もう怜子さんなんて知りませ…」

    ガラッ 

    恒一「うわあっ!?」

    恒一「えっ、うわっ、ちょっ、離して!離してください怜子さん!わっわっ、服着てくださ、ああっ脱がさないで!!」

    恒一「わああっ!?あっという間に!?なんでそんなに手馴れて…えっ!?授業中もずっとイメトレしてた!?最低だ!!」

    恒一「うわああ嫌だ!絶対嫌だ、あっ、だめ、れーこさん、そんな、とこ、吸っ、あっ、うあ…っ」

    恒一「うわっ、待っ、あっ、何コレ、熱っ、あうぁ、そんな、舌が、ああ…うっ…あっ…」

    恒一「う゛ぁッ!!」ビクンッ
    28 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 13:44:48.90 ID:N2Aog0pq0 (-18,-8,+0)
    イメトレwwww
    29 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 13:48:27.20 ID:fWAt6pMZT (-27,-15,+0)
    30 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 13:52:38.87 ID:+Hs8tR+50 (+95,+30,+0)
    ・・・・・・・・・・
    ・・・・・・

    恒一「はぁーっ、はぁーっ、あっあぁ、あう、ああぁ…」クテッ

    恒一「こんなのって…ぼ、僕…ああ、僕…最低だ…」

    恒一「ごめんなさい怜子さん…僕、怜子さんの口に…出しちゃっ…た……」

    恒一「ごめんなさい…ごめんなさい怜子さん…」

    恒一「……え…?」

    恒一「やめてください、吐き出してください、何考えてるんですか怜子さん、なに喜んでるんですか」

    恒一「いっぱい出たねって、よしてください…グスッ…もうやめてよ…ううぅ…」

    恒一「怜子さん、お願いですからもう…いつまでも口の中でそんな…」

    恒一「…?」

    恒一「…え……えぇ…?」

    恒一「の、飲んじゃったんですか?そんな…こ…濃くておいしいって、おかしいよ怜子さん!」

    恒一「もう、もう嫌だ…お願い…もうやめてよ…夢…夢なら覚めて…」

    恒一「うっうっ…」
    31 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 13:55:21.28 ID:fWAt6pMZT (-27,-15,+0)
    32 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 13:59:36.89 ID:+Hs8tR+50 (+95,+30,+0)
    恒一「うっうっ…ヒック……えぐっ…」

    恒一「……ぐすっ」

    恒一「なんですか、もう話しかけないでください…今頃謝ったって遅いですよ…」

    恒一「やめてください、土下座したって許しませ…」

    恒一「なんで僕のパンツ握りしめてるんですか。絶対反省してないでしょ怜子さん」

    恒一「いや隠しても無駄です、今身体の下に隠したでしょ?おもいっきり見えてましたよ」

    恒一「返してください、僕もう部屋に帰りますから、ほら頭あげて、パンツ返して…」

    恒一「………?」

    恒一「……あ、あれ?今確かに隠したところを見たのに……」

    恒一「…………」

    恒一「最低だ…」

    恒一「最低だよ怜子さん…何頬張ってるんですか…」

    恒一「なんでそんなことできるんですか…人の下着を…頭おかしいですよ…」

    恒一「いや、なに言ってるのか解りません。もがもがとしか聞こえません。ていうかもういいです聞きたくありません…」
    33 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 14:00:17.21 ID:0NHxI8Ix0 (-15,-3,-1)
    しえ
    34 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 14:03:56.47 ID:AN+GKL7g0 (+16,+28,+0)
    いいですねぇ
    36 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 14:08:51.21 ID:+Hs8tR+50 (+95,+30,+0)
    恒一「いやもう、ほんとマジでやめてください…触らないでください…」

    恒一「何言ってるのか解りません。謝ってるんですか?パンツ頬張ったまま謝られても説得力無いですよ」

    恒一「だからもういいですって…触らないでって言ったでしょう、しつこいですよ怜子さ…」

    恒一「……何興奮してるんですか怜子さん…」

    恒一「あの、ほんとそういうのやめてもらえませんか?て言うかもう話しかけないでください」

    恒一「これからは怜子さんの事いない者として扱いますから、だからもう…」

    恒一「………ッ」

    恒一「…だからっ!離せって言ってるでしょ!しつこいな…って、うわっ、ちょっ」

    恒一「れ、れーこさ、離して、離せっ、うぐっ、い、いいかげんに……わっ!?」

    ドテッ

    恒一「いたた…あっ怜子さん?は、離して…ちょ…えっ!?」

    恒一「……待って…待って待って、怜子さん?怜子さん!?」
    37 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 14:09:49.02 ID:N2Aog0pq0 (-6,+3,+0)
    本番はよ
    38 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 14:13:09.39 ID:cflinRasT (+13,+28,+0)
    よしよし
    40 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 14:19:32.54 ID:+Hs8tR+50 (+95,+30,+0)
    恒一「待って!待って!ダメですよ怜子さん!それだけは、それだけはいけません!待って、ダメだ、ああっ」

    恒一「ご、ごめんなさい怜子さん!解りました!僕が言いすぎました!お願いですから、ほんとにダメですって!」

    恒一「それだけは許して怜子さん!!ぐっ、うぐ…んぎぎぎ…は…離して…て、手を…離してよぉ…!」

    恒一「お願いです怜子さん、怜子さん疲れてるんですよね?自分が何をしようとしてるのか解らなくなってるんですよね?」

    恒一「そうなんでしょう?それなのに僕、気が付かないで酷いコトいっぱい言っちゃって、ごめんなさい怜子さん!ごめんなさい!!」

    恒一「まだ間に合いますから、今ならまだ…ぼ、僕たち家族なんですよ!?落ち着いて、ねっ!?」

    恒一「ああっ待って!待ってよ怜子さん!目を覚ましてっ!お願いだよ怜子さぁん!!」

    恒一「あああダメダメダメ!!そんなっ!離して!!あああっダメ、あっ!だめ、あ、だめ……」

    恒一「あうっ」ズッ

    恒一「………ああぁ…」ズプ…

    恒一「あ……だめ…だめです…あ…入っ…あっ」

    恒一「………うああ……嘘だ…ぼく…今…れーこさんと……あ…あああ…ああぁ~……」
    41 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 14:21:51.74 ID:MPDEcheWT (-27,-15,+0)
    42 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 14:28:48.92 ID:+Hs8tR+50 (+95,+30,+0)
    恒一「こ…こんな事って……こんな事って……」

    恒一「もう…なにがなんだかわからない…あたまがどうにかなりそう…」

    恒一「ねえ、ねえもういいでしょう?もう満足したでしょう?もう十分で……」

    恒一「ッ!?」

    恒一「怜子さん!!怜子さん!?待って!お願い怜子さん!!ダメだよ!!もうやめて!うわあああっ!!」

    恒一「ダメだ!!ダメだ!!それだけは絶対に、うごっ、かっ、ないでっ!はあっはぁっ、あうっ!うっぎぎぎ…」

    恒一「ひぃ!?は、激し…ッ、やめてとめて怜子さんダメ、動いちゃダメ、出ちゃう!出ちゃうから!!あああっ!」

    恒一「うっぐぅ…!た…耐えろ…耐えなきゃ…もうそれしか…僕が…たたっ耐えれば……ひいっ、ひいい…し、締まるぅ………!!」

    恒一「うぐうっ!かはっ!あっぐ!んあっぐ!耐えっ、たっ…たぇ……ぁ…ぁわあっ!わああああッ!!」

    恒一「ひいいっ、ひっ、あああダメだもうダメ、もう、もう、あっ、ご…ごめ……」

    恒一「ああああごめんなさい怜子さん!!出ちゃう!ごめんなさい!許してっ、僕っ、出っ!あああ!れーこさん!れーこさぁぁあああん!!」

    恒一「うっぐあっ!!」

    恒一「うあ゛ッあ゛――――――ッ!!」
    43 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 14:35:11.27 ID:a2ZeyoUf0 (-18,-3,-1)
    しえ
    44 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 14:35:16.05 ID:+Hs8tR+50 (+93,+30,+0)
    恒一「うっうっ…ひっく…ぐしゅ…うえっえっ…」

    恒一「こんなっ、ひっく、こんなことって…えぐっ、うえぐっ…」

    恒一「ひどいよ…怜子さん…僕、やめてって、ひっく、いったのに…それなのに…」

    恒一「僕、怜子さんに…怜子さんの中に…何回も…怜子さんのせいだよ…ごめんなさい…ごめんなさい怜子さぁん…」

    恒一「ぼく…我慢できなかった…グシュ、怜子さんのバカ…怜子さん、ごめんなさい…」

    恒一「えっぐ…ひっく……」

    恒一「でも…僕…責任とりますから…ちゃんと、えっぐ、僕…男として…責任…」

    恒一「…あ…」

    恒一「離してください…僕、もう子供じゃないんだから…」

    恒一「………」

    恒一「怜子さん…あったかい…柔らか…い…」

    恒一「…すぅ…すぅ…」zzz
    45 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 14:39:21.72 ID:9JtkoJ5QT (+16,+28,+0)
    よしよし
    46 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 14:41:37.80 ID:+Hs8tR+50 (+95,+30,+0)
    ヒュゥゥ……

    恒一「……………」トボトボ

    恒一「はぁ……あれから一ヶ月か…」

    恒一「幸い…っていう言い方は良くないけど、怜子さんが安全日でよかったなぁ…」

    恒一「一応男としての責任を取る覚悟はしてたけど…やっぱりホッとしたよ」

    恒一「でも…」

    恒一「結局、あれからは怜子さんに迫られて、流されるまま何回も…」

    恒一「流石に2回目以降は避妊してるけど…」

    恒一「うう…日々回数を重ねるごとに拒めなくなってる…最低だ、僕は…」

    恒一「それどころか、最近じゃ気が付くと自分から腰を振って…怜子さんを悦ばせる事に快感すら感じてる…」

    恒一「やめなきゃいけないのは解ってるのに…続ければ続けるだけ…お互いに止めづらくなるって解ってるのに…」

    恒一「ああっ…最低だ…最悪だ…自己嫌悪に押し潰されそうだよ…」トボトボ…

    ヒュウウゥゥゥ…
    47 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 14:42:04.22 ID:9JtkoJ5QT (-27,-15,+0)
    48 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 14:48:09.81 ID:+Hs8tR+50 (+93,+30,-249)
    ヒュウウゥゥ…

    恒一「うう……死にたい…」トボトボ…

    恒一「………」トボトボ

    恒一「………そうだ、見崎に会いに行こう」

    恒一「見崎のそっけなくて人を小馬鹿にしたような態度が、今は無性に恋しい…」

    恒一「あの色気もへったくれもない棒っ切れみたいな、ちんちくりんの見崎を眺めて少しでも癒されたい…」

    恒一「……………」

    恒一「だんだん自分の性格がよく解らなくなってきたな…」

    恒一「まあいいや、とにかく見崎んちに行ってみよう」

    ヒュウウゥゥゥウ…
    49 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 14:52:19.53 ID:9JtkoJ5QT (+16,+28,+0)
    よしよし
    50 : 以下、名無しにか - 2013/04/07(日) 14:55:00.47 ID:+Hs8tR+50 (+95,+30,-240)
    ・・・・・・・・・・
    ・・・・・・

    恒一「見崎、いるかなぁ」チンポーン

    恒一「………」

    ガチャ

    恒一「あ、霧果さん、こんにちは」

    恒一「見崎…じゃなくて、鳴さんはいますか?」

    恒一「あ、いないならいいんです。別に大した用事でもないんで…」

    恒一「え、いや、いいですよそんな…え?もう少ししたら帰ってくる…」

    恒一「ああ、おつかいですか。近所に、へえ」

    恒一「それじゃあ、お言葉に甘えて中で待たせてもらいますね」

    恒一「おじゃまします」

    パタン…





    カチリ…
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アナザー + - 榊原恒一 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について