のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,552,371人
911,660,226頁
昨日:4,968人
5,508頁
今日:916人
1,018頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ上条「上条ハーレムぅ?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - とある魔術の禁書目録 + - ハーレム + - 上条 + - 上条当麻 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:38:09.70 ID:VB+swxfy0 (+125,+30,-122)
    チュンチュン

    当麻「ふぁ~あ…ん?何かいい匂いがすんな…」



    禁書「そろそろ、当麻が起きちゃっうんだよ!」

    美琴「ちょっ、まだ出来てないのに…アンタ達が邪魔するから!」

    「いいえ!私一人で十分でした。邪魔なのは貴方達です!」

    姫神「私はプリンを用意しておく。」

    神裂「わ、私は皿を並べておきます!」

    吹寄「貴方達!落ち着きなさい!!」

    小萌「…」ズズーッ

    「醜い争いから離れ、アイロンをかけておきます。と、ミサカは女子力を見せつけます」

    黒子「では、私は上条さんを起こしながら、おはようの熱いヴェーゼを…」
    2 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:38:41.85 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-265)
    当麻「なんだ…これ」

    子全員「…あ」

    黒子「まぁまぁまぁ!上条さん!おはようございますですの。寝癖がついてますのよ?可愛いお・ひ・と♪」ササッ

    美琴「ごぉうらぁ!黒子!そいつから離れなさい!!…と、とうま?おはよう!ほら、朝ご飯よ。私が作ったお味噌汁なんて、ウチの後輩達なら卒倒もんよ?感謝して食べなさいよね?」

    禁書「短髪!邪魔なんだよ!!とーまとーま!私は玉子焼き作ったんだよ!ちょっと焦げちゃったけど…食べてくれるよね?」

    「それは暗黒物質と呼ぶべではないでしょうか。上条さん…私の焼き魚食べていただけますか?」

    姫神「上条君、プッチン。プリン。」

    神裂「こ、このお皿は私が並べました!完璧です」

    吹寄「か、上条当麻、目覚めにはコーヒーよ!ほら、飲みなさい!」

    「ごちゃごちゃと外野がうるさいですが、朝食の前にお着替えです。と、ミサカはアイロンをかけたワイシャツを持ちながら、Tシャツを脱がそうと試みます」
    3 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:38:47.15 ID:M3V5h8Pe0 (+0,+11,+0)
    終了
    4 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:39:28.03 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-87)
    当麻「…は?」

    神裂「ずっズルいです!私も」ズルッ

    当麻「おっおい!パンツまで脱がすな!」

    美琴「きゃー!!」

    「わ、私は平気です!上条さんさえ良ければここで…」

    小萌「はいはーい!皆さーん静かにしてくださーい。いい加減にしないと上条ちゃんに嫌われちゃいますよー?」

    ピタッ
    5 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:40:42.43 ID:P2LMMRS90 (+14,+19,-1)
    そのSS続けてくれ
    6 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:40:46.47 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-106)
    当麻「せんせい!これはいったい…」

    小萌「上条ちゃんには学校に送りながら、車の中でお話ししますね?」

    小萌「姫神ちゃんと吹寄ちゃんも一緒に送りますので、急いで支度して下さい」

    姫神「うん。」

    吹寄「はい」

    小萌「御坂ちゃんと白井ちゃんは学校が違うので自分で向かってくださいねー」

    美琴黒子「「は、はい」ですの」
    7 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:41:37.88 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-107)
    小萌「五和ちゃん、神裂ちゃん、妹ちゃんはお仕事がありますよね?」

    「「「は、はい」」とミサカは急に仕切り出したババアにぶべらっ!!」

    禁書「ねーねーこもえー私は~?」

    小萌「インデックスちゃんは、後片付けと掃除、洗濯などをお願いしますね?」

    禁書「えー…」

    小萌(家庭的なところを見せれば、上条ちゃんの好感度も急上昇なのですよ?代わって欲しいくらいです)

    禁書「…うん!私頑張るんだよ!!」
    8 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:42:36.45 ID:zMuYnMAI0 (+14,+29,-11)
    良いSS期待
    9 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:42:39.00 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-83)
    当麻「お、おい!インデックスさん?大丈夫ですか?」

    小萌「上条ちゃん、失敗は成功の母なのですよ。インデックスちゃんは上条ちゃんと違って、とてもお利口さんなのです。すぐに上達しますよ」

    当麻「それって、失敗する前提ってことでは!?」

    小萌「さっ、細かい事ごちゃごちゃ言ってないで行くのですよー」
    10 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:43:49.36 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-116)
    ブロロロ…

    当麻「それで…これはどういう事なんですか?」

    姫神「あれは

    小萌「上条ハーレムなのですよ」

    当麻「上条ハーレムぅ!?」

    姫神「」

    吹寄「そう…長い間、膠着状態にあった貴方の立てたフラグ達が、1人の暴走によって衝突を始めた…」

    当麻「おいおい…そりゃあ、どこの戦争映画ですかー?」

    小萌「上条ちゃん、1週間前の事覚えてませんかー?」
    11 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:45:04.51 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-116)
    姫神「そう…それ

    吹寄「それが、『1人の暴走』未だ安全だと思われたフラグからの予想外の奇襲によって、他のフラグは焦った」

    姫神「」

    当麻「ちょっと待て!何でお前らがあの事知ってるんだよ!?」

    子萌「上条ちゃん?上条ちゃんはどれだけのフラグを今まで立ててきたと思ってるんですかー?」
    12 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:45:56.03 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-107)
    子萌「上条ちゃんがどこで何をしていようとチェックしている女の子達もいるんですよー」

    当麻「それ、普通に犯罪ですが先生ぇ!?」

    姫神「そして、フラグ達は集まって。協議した。7日間に及ぶ話し合いはフラグを折り折られる。血塗られた戦いだった」

    当麻「スルーされた!?」

    姫神(よしっ!)

    子萌「その結果、最終的に残ったのが、今日部屋にいた9名のフラグです。そして、私達は結論を出しました」

    当麻「…結論?」
    13 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:47:11.60 ID:VB+swxfy0 (+93,+30,-157)
    吹寄「『上条当麻を共有し、傷つけず、愛する』それが…」

    姫神「上条ハーレム。」

    当麻「って、俺の意思は!?」

    子萌「まぁまぁ…上条ちゃんは、特定の誰か…つまり、好きな人いますか?」

    当麻「特には…いねぇけど…」

    子萌「では、今朝の9名の中で嫌いな方はいましたか?」

    当麻「そんな奴いねぇよ!むしろ、俺の事が嫌いだと思う方が何人かいたのですが…」

    子萌「ここまで、話を聞いておいて、今更その疑問をもつなんて上条ちゃんは、ホントにおバカさんですねー?」
    14 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:47:15.10 ID:yPf6lUf10 (-27,-15,+0)
    15 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:47:48.05 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-89)
    当麻「で、でも!!」

    吹寄「私達は、この世界に存在する1万257フラグの頂点に立つ最愛の9人なのよ?」

    姫神「私達は。上条君を愛している。」

    子萌「その一点のみが、私達に共通する唯一の感情なのです。その気持ちを疑うなんて失礼にも程があるのですよ?」

    当麻「す、すいません…」
    16 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:50:08.73 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-86)
    子萌「さて、着いたのです。先生は一旦、職員室に行ってから教室に向かうので、少しの間お別れなのです。」

    当麻「そ、そうですね」

    吹寄「いくわよ、上条当麻」グイッ

    姫神「遅刻する。」グイッ

    当麻「お、おい!腕を組むな!!」

    子萌「あっ、ズルいのです!上条ちゃーん!!続きの話はまた放課後別の方がするのですよー!!」

    上条「…」ズルズル
    17 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:50:42.16 ID:VGql1zN80 (-4,+10,-11)
    シエンタ
    18 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:50:51.04 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-61)
    上条「ふ、不幸だ…」

    吹寄「上条当麻!私は不幸という言葉が嫌いなの!この状況のどこが不幸なのよ?」

    姫神「むしろ、幸福。」

    上条「なんで、登校してみたら一番前のそれも、真ん中の席で両隣がお前らで、クラス中から白い目で見られなきゃいけないんだ!?」
    19 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:51:20.03 ID:VB+swxfy0 (+90,+30,-55)
    吹寄「私達の意見を話し合った結果よ!!」

    姫神「席の両隣は私達。」

    上条「この最前列の理由は…?」

    吹寄・姫神「「小萌先生」」

    上条「俺の意見は…」
    20 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:51:55.41 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-65)
    土御門「よーカミヤン、朝からアツアツだにゃー」

    青ピ「ホンマホンマ、ツンデレ魔乳っ子に無表情不思議っ子を同時に手に入れるとは恐れ入るでー」

    上条「うるせぇよ!!」

    青ピ「だが…」

    上条「…え?」

    青ピ「子萌先生の事だけはゆるさへん!!ゆるさへんでー!!カミヤン!!」
    21 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:52:00.23 ID:P2LMMRS90 (+29,+29,-7)
    土御門「上ヤンついにハーレムつくっちゃたのにゃ~」
    22 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:52:50.24 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-116)
    土御門「いやいや、こいつの場合、それだけじゃ収まらないんだにゃー」

    上条「土御門!?」

    青ピ「なんやて!?」

    土御門「まぁまぁ、また後で話すにゃー。」

    上条「おい、土御門!お前、何か知ってるのか!?」

    土御門「カミヤン…お前さんは本当に厄介ごとに巻き込まれやすい。

    土御門「だが、この学園都市に起こる全ての厄介ごとをカミヤンが知る必要はないんだぜ?」

    上条「だが、この事態は俺が原因なんだろ!?」
    23 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:54:12.89 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-128)
    土御門「思い上がるなよカミヤン。それぞれの人間がそれぞれに考えて行動し、その結果が『今』だ」ガシッ

    上条「でも!」

    土御門(『上条戦争』…上の連中はこの一週間のカミヤンを巡る争いをそう呼んでるにゃー。)ヒソヒソ

    土御門(魔術サイド科学サイド、学園都市の内外問わずに争われた大規模なこの戦いは『終わった』んだぜ?カミヤン)

    土御門(お前さんがここで今更、この問題を蒸し返せば、次こそ世界は終わるかもしれないにゃー)

    上条「…」
    24 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:55:00.08 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-99)
    土御門(別に、あの子たちも無理やりお前さんを縛り付けたいわけじゃないにゃー)

    土御門(カミヤンがハッキリと『NO』と言えばそれ以上はしてこない、そういう決まりだからな)

    土御門(まぁ、あの戦いを生き残ってきた奴らだから?その程度で諦めるとは思えないし、別の形でアプローチしてくるはずだが…悪い気はしないだろ?)

    上条「ま、まぁ…そうだ…な」
    25 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:55:05.13 ID:gn5mJirN0 (+27,+29,-29)
    バードウェイとキャーリサとアニェーゼとオルソラと雲川はどうした
    26 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:55:40.12 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-58)
    土御門(なら、話は簡単だ。9人の女を侍らせて、気に入った子とだけ、寝てやればいいんだにゃー)

    上条「なっ!?そんなこと出来るわけ…ムガムガ」

    土御門(それが、彼女たちの望みであり、命を掛けた理由だぜカミヤン。あとはお前がどうするかだ)

    上条「…」
    27 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:56:37.49 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-64)
    吹寄「ちょっと!さっきから、男2人でコソコソとなに喋ってるのよ?気持ち悪い」

    土御門「おっと…俺からの話は以上だにゃー。じゃあな、カミヤン」

    上条「お、おい!」

    姫神「何の話?」

    上条「い、いや、なんでもない」
    28 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:57:22.52 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-64)
    吹寄「そろそろ先生が来るわよ?席につきなさい」ギュッ

    上条「へいへい…って、吹寄さん?何で手を掴んでるのでせうか?」

    吹寄「な、何となくだ…嫌なのか?」

    姫神「」ギュッ

    上条「姫神まで!?」

    姫神「席につくまで。」
    29 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:57:33.99 ID:Uee5CTYu0 (-13,-6,+0)
    姫神ちゃんprpr
    支援④
    30 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 20:58:03.38 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-108)
    小萌「はいはーい、皆さん席に着いて下さ~い朝のHR始めますよー」

    姫神「せんせー。今日は教科書を全部忘れたので。上条くんに見せてもらいます」

    吹寄「な…!?わ、私も!!」ガタッ

    小萌「口を閉じて、姫神ちゃんは隣の蝋燭沢ちゃんから、吹寄ちゃんは瑞鳥ちゃんから、見せてもらいやがってくださいねー」

    姫神・吹寄「「やっぱりありました。」」
    31 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 21:00:12.71 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-115)
    上条「あ、あのー、朝ドタバタしてたので、俺が忘れちゃったんですが…」

    姫神・吹寄「「わ、私の!!」」

    小萌「もう上条ちゃんは、しょうがないですねー?上条ちゃんには、私の教科書を貸してあげます」

    青ピ「小萌せんせー!俺も教科書わすれてしまいましたー」

    小萌「隣の土御門ちゃんに見せてもらってください」ニッコリ
    32 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 21:01:03.29 ID:VB+swxfy0 (+84,+29,-3)
    青ピ「なんでやー!!」
    33 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 21:01:39.75 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-75)
    放課後

    上条「はぁ…疲れた…」

    美琴「なぁに溜息ついてんのよ?」

    上条「うわっ!ビリビリ!?」

    黒子「私もいますわよ?」

    上条「し、白井さん!?」

    美琴「ちょっと!何で私はビリビリで、黒子は白井なのよ!!」
    34 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 21:02:26.50 ID:oTB1a9Cm0 (+19,+29,-3)
    上条印の出番はありますか?
    36 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 21:02:29.52 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-92)
    黒子「お姉様…そうやって上条さんを怖がらせてしまうからではありませんの?ねぇ?上条さん」ギュッ

    上条「い、いや、何となく…すまん御坂。って白井!こんな校門前で腕を組むな!!」

    美琴「むぅ…み、美琴」ギュッ

    上条「はい?」

    美琴「美琴…って呼んで」
    37 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 21:03:09.08 ID:M3V5h8Pe0 (+19,+26,+0)
    まだあったのかこのスレ
    38 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 21:03:13.14 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-82)
    上条「み、美琴…でいいのか?」

    美琴「…うん」コクン

    上条「それで、お前ら何でこんな所にいるんだよ」

    黒子「当然!上条さんと下校を共にする為、お待ちしておりましたの」

    上条「そ、そうなのか…悪かったな」
    39 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 21:03:58.92 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-67)
    黒子「いえいえ、そんな事より大切なお話がございますの…ねぇ?お姉様」

    美琴「う、うん!」

    上条「な、なんだよ?大切な話って…」

    美琴「その…夕飯までに決めておいて欲しい事があるのよ」

    上条「ん?何だよそれ」
    40 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 21:05:11.92 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-61)
    美琴「はぁ…何で私がこんな事説明しなきゃいけないのよ…」

    黒子「黒子が代わりますか?お姉様」

    美琴「いいわよ、私が引き受けたことなんだから…それで決めておいて欲しい事ってのは」

    上条「お、おう」

    美琴「序列よ」
    41 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 21:06:20.43 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-124)
    上条「序列?」

    美琴「今、と、ととうまは私達9人全員から一斉にアプローチを受けている」

    上条「そ、そうだな…」

    美琴「でも、それじゃあ、とと当麻が大変でしょう?」

    上条「あー、いや、まぁそんなことは」

    美琴「誤魔化さなくていいわよ…その為に序列があるの」

    美琴「日曜以外の日に順番があって、順番が回ってきたらその日一日、アンタにアプローチ出来るわけ…わかった?」

    上条「日曜は何かあるのか?」
    42 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 21:06:55.25 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-67)
    黒子「一週間に一日くらいお一人になれる時間が必要かと思いまして…ずっと誰かと一緒では気疲れしてしまうのではありませんか?」

    上条「あ、あぁ…なるほど、ありがとうな」

    黒子「ちなみに、この意見を出したのはお姉様ですのよ?」

    上条「美琴が?」
    43 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 21:07:40.00 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-112)
    美琴「くろこ!!余計なこというな!」

    黒子「あらあら、大切な事ではありませんの?今更隠されるなんて、本当に初心で可愛らしいお姉様」

    美琴「くぅ~…それに!五和さんだって同じ事思ってたって言ってたじゃない」

    黒子「思ってらしても、実際に発言したか否かで大違いですわ?あの方は押しが弱く、発言力も弱めですし」

    上条「ちょっと!ちょーっとストップ!!話が進まねぇよ!!」
    44 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 21:08:44.30 ID:4RBgPrTn0 (+14,+26,+0)
    さるよけ支援
    45 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 21:09:20.75 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-65)
    美琴「あ、ごめん…」シュン

    上条「いや、落ち込む事はないんだけどよ」

    上条「それで?俺と過ごす事の何がそんなに楽しいのか知らないけど、その順番と序列とやらのなんの関係があるんだ?」

    黒子「優先権がありますの。1位の方には9位の方に1巡する間に3日、2位の方は2日など…」
    46 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 21:09:58.13 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-67)
    上条「そ、それって必ず決めなきゃいけないのか?」

    美琴「別に決めなくてもいいけど…そしたらアンタ毎日今朝みたいな感じになんのよ?」

    上条「いや、当番制だけ残してもらえたら…」

    美琴「ふーん…あっそぉ?」

    黒子「上条さん、せめて1位、つまり『正妻』だけはお決めいただく訳にはまいりませんの?」
    47 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 21:10:38.13 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-55)
    上条「せ、せいさいいぃ!?」

    黒子「えぇ、正妻ですの。私たちは今も冷戦状態、互いが互いを牽制し合い。睨みをきかせあっている…」

    黒子「その決着として、やはりお一人だけでも、お決め願いたいのです。」

    上条「そ、そう言われてもなぁ…うーん」
    48 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 21:11:31.22 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-77)
    美琴「べつに、決めたからずっと1位ってわけじゃないわよ?アンタが変えたいと思ったら変えりゃ良いんだから」

    上条「え?そんな事していいのか!?」

    美琴「そうじゃなきゃ、1位になったコが怠けるじゃない。『上条当麻を共有し、傷つけず、一生愛し続ける』最初の理念に反するわ」

    上条「あれ?何か少し内容が重くなってるような?」
    49 : 以下、名無しにか - 2013/02/26(火) 21:12:18.01 ID:VB+swxfy0 (+95,+30,-76)
    美琴「そ、そういうわけだから…よろしく…ね?」ギュッ

    上条「その切り替えやめろ!」ドキドキ

    黒子「それでは、下校デートついでのボディーガード…始めますわ!」ギュッ

    上条「え?どこ行くんだよお、おい!」ズルズルズルズル…
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - とある魔術の禁書目録 + - ハーレム + - 上条 + - 上条当麻 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について