のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,535,808人
911,641,813頁
昨日:4,530人
5,106頁
今日:4,495人
5,162頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ夏奈「ケイコ、私たち親友だよね」ケイコ「……」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - みなみけ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 21:34:05.45 ID:BV4iAaXJ0 (+125,+30,-206)
    夏奈「ケイコー、勉強おしえてー」

    ケイコ「少しは自分でやったほうがいいんじゃない?」

    夏奈「そんなこというなよー。親友じゃないか」

    ケイコ「え? 誰と誰が?」

    夏奈「え? 私と、ケイコが」

    ケイコ「どうだろう……」

    夏奈「ちょっと、親友でしょ?」

    ケイコ「……どうだろう」

    夏奈「な……」
    2 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 21:34:48.25 ID:xkbrYkPm0 (+7,+22,+0)
    やめろ
    3 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 21:35:45.79 ID:PbERlfjH0 (+27,+29,-5)
    みなみけとかよつばとでこういうことするのマジでやめろ
    4 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 21:37:32.76 ID:4qTonNB40 (+14,+29,+0)
    つづけなさい
    6 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 21:38:36.67 ID:BV4iAaXJ0 (+95,+30,+0)
    ケイコ「あ、次の授業は教室移動だよ、夏奈。いそご」

    夏奈「待てよ」ギュッ

    ケイコ「な、なに?」

    夏奈「今の話を水に流せるほど、私は出来た女じゃないぞ。親友のケイコなら知っているだろ?」

    ケイコ「ごめん。親友じゃないけど、知ってる」

    夏奈「なんでだ? 私たちの友情は海よりも深く広いだろう」

    ケイコ「丁度、干潮だったから」

    夏奈「干上がってるのか!! 満潮にはいつなるんだ!?」

    ケイコ「さぁ……。時間が解決してくれるよ」

    夏奈「解決する気ないだろ!!」ギュゥゥ

    ケイコ「スカートを掴むのはやめてって言ってるでしょ……!!」

    夏奈「ここではっきりさせよう。私とケイコが親友かどうかを!!」

    ケイコ「親友じゃないよ」

    夏奈「ばっさりだ!!」
    7 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 21:43:55.89 ID:BV4iAaXJ0 (+95,+30,+0)
    ケイコ「ほら、遅刻しちゃうよ。カナ、急がないと」

    夏奈「おうおう!! ケイコさんよ!! ここで逃げられると思ってんじゃないよ!! 私は生まれて初めて親友に対してご立腹だぞ!!」

    ケイコ「……」

    夏奈「私はケイコの親友だから、今何を考えているのか当てられるぞ」

    ケイコ「そうなの?」

    夏奈「面倒くさいって思ってる」

    ケイコ「すごい。正解」

    夏奈「おい!!」

    ケイコ「カナ、じゃあ聞くけど、私に親友になってくださいって告白してくれた?」

    夏奈「え?」

    ケイコ「やっぱりね、そういうことは口にしていないとわからないと思うの」

    夏奈「親友ってそうやって作るものなのか?」

    ケイコ「そうだよ? 知らなかったの?」

    夏奈「……振られる可能性もあるよね?」

    ケイコ「あるんじゃないかな?」
    8 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 21:45:29.48 ID:PbERlfjH0 (+22,+29,-3)
    カナのポジティブさが辛い
    9 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 21:47:45.74 ID:FwVGgLPX0 (+24,+29,-17)
    こんなこと言われたら俺なら鬱になって引きこもる
    10 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 21:48:15.30 ID:iUyjge7K0 (+24,+29,-9)
    なんだよ!2人がゆりゆりする話と思ったのにさ!
    11 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 21:48:40.64 ID:BV4iAaXJ0 (+95,+30,+0)
    夏奈「……」

    ケイコ「……どうする?」

    夏奈「えっと……。ちょっと待って」

    ケイコ「うん」

    夏奈(ここで告白してケイコが親友になってくれるかどうか、かなり微妙なラインじゃないか?)

    ケイコ(こういえばカナは悩んで告白してこないから、有耶無耶にできるはず)

    夏奈「ケイコ、告白は後日でいいか?」

    ケイコ「うん。いいよ。それよりも今は教室に急ごうね」

    夏奈「そうだね。遅刻しちゃうもんね」

    ケイコ「そうだよ。遅刻しちゃうもの」

    夏奈「今は友達でいいのか?」

    ケイコ「いいとおもうよ」

    夏奈「よーし!! なら、友達のケイコ!! 一緒にいこう!!」

    ケイコ「うん」

    夏奈(まさか、そんな暗黙の了解があったなんて……。恋人を作るときだけじゃないのか……)
    12 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 21:50:36.57 ID:F8We+fvHO (+19,+29,-14)
    夏奈ちゃん……
    13 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 21:54:37.04 ID:/PtOjIzNI (+19,+29,-13)
    夏奈ならきっと大丈夫
    14 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 21:54:58.31 ID:BV4iAaXJ0 (+95,+30,-306)
    夏奈「藤岡」

    藤岡「どうしたの、南?」

    夏奈「お前に告白したことなかったよな」

    藤岡「え……!!」

    夏奈「私から告白したことはなかったよな?」

    藤岡「そ、それって……あの……えっと……」

    夏奈(しかし、待て。藤岡は親友か? そこは重要だ)

    藤岡「み、みなみ……」オロオロ

    夏奈(藤岡に告白して、果たしていい答えが聞けるのかどうか。元々私と藤岡は敵対関係にあったわけだしな……)

    夏奈(藤岡に振られたら、何となくだけど落ち込んでしまう気もする)

    藤岡「あ、あの……オレ……」

    夏奈「悪い、藤岡。今は勇気がない。もう少し友達でいよう」

    藤岡「え……。あ、う、うん!! いいよ!! 待ってるから!! いつまでも!!」

    夏奈「そうか」

    夏奈(考えてみたら、私は誰に対しても告白したことないぞ……。まずい……私には親友がいないことになる……)
    15 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 21:56:47.93 ID:rZi8bMhn0 (+20,+30,-28)
    ケイコって絶対夏奈のこと嫌いだよな
    16 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 21:57:04.85 ID:OTkeVwdb0 (+22,+29,-3)
    きらいじゃないよ めんどくさいだけ
    17 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 21:59:16.60 ID:BV4iAaXJ0 (+95,+30,-164)
    南家

    冬馬「おらぁー!! オレのドーナツどこだー!!」グイッ

    千秋「うわぁー!! やめろぉー!! 今日はないっていってんだろぉー!!!」

    夏奈「……」

    内田「カナちゃん、カナちゃん。とめなくて良いの?」

    吉野「でも、いつものことだしね」

    内田「そうだけど」

    夏奈「冬馬、千秋」

    内田「お、珍しくカナちゃんがやる気だ」

    吉野「本当だね」

    冬馬「なんだ? やるか?」

    千秋「たすけろぉー」

    夏奈「お前たちは、親友なのか?」

    冬馬「あ?」

    千秋「え?」
    18 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 22:01:05.43 ID:lrpSizKrO (+17,+29,-2)
    藤岡君……
    19 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 22:03:52.08 ID:BV4iAaXJ0 (+95,+30,-226)
    夏奈「親友なのかと訊いた」

    吉野「なんだか意外な方向から止めたね」

    内田「そーだね」

    冬馬「親友……」

    千秋「おい。何迷ってんだ」

    冬馬「でも、いつも昼飯と晩飯食わしてもらってるから、親友でいいと思う」

    千秋「おい、こら。お前と私の友情は飯で繋がってるのかよ。私の純情を返せ」

    冬馬「そうだ」

    千秋「これ以上、私の純情を踏み躙るなぁ!!」

    冬馬「なんだ、やるか!?」グイッ

    千秋「あー!! 誰かたすけろぉー!!」

    夏奈「つまりお前たちは親友なのか、そうじゃないのか。はっきりしてくれよ」

    冬馬「いや、まぁ、親友なのかもな」

    千秋「言葉を濁すなよ。はっきり言えよ」

    夏奈「なら、お前たちも告白は済ませたのか?」
    20 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 22:05:09.72 ID:oqeLNg7R0 (+10,+22,+0)
    いいと思う
    21 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 22:09:50.01 ID:BV4iAaXJ0 (+95,+30,-295)
    冬馬「告白ってなんだよ?」

    夏奈「告白は告白だ。親友になるには言葉にしないといけないっていう社会のルールがあるんだぞ! 知らないのか!?」

    千秋「なんだと?」

    冬馬「そんなことあるわけないだろ?」

    夏奈「甘いな、トウマ。お前が一方的に親友だと思っているかもしれないだろ?」

    冬馬「え?」

    夏奈「どうだ? 相手が100%、確実に、絶対的に、自分のことを親友だと思っているかどうか自信があるのか?」

    冬馬「そ、そういわれると……」

    夏奈「こういうのは言葉で交わしておかないと確認することはできないんだ」

    千秋「別に親友だと思われてなくても、自分が親友だと思っていればいいんじゃないか?」

    夏奈「甘いな、チアキ!! もし自分が親友だと思い込んで秘密を暴露し、その相手が秘密を広めたらどうする?」

    千秋「縁を切る」

    夏奈「そーいうことじゃないんだよぉ!! 親友だとわかってないだろって私は言いたいんだよぉ!!」

    千秋「あー、なるほどな」

    冬馬「でも、確かに普段そんな確認しないから、わかんねえなぁ」
    22 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 22:14:53.19 ID:BV4iAaXJ0 (+93,+30,-213)
    内田「その確認って重要なのかな?」

    夏奈「重要に決まっている!! 困っているときに頼る優先順位を決めやすいだろ!!」

    千秋「お前、親友いないだろ?」

    夏奈「内田はどうなんだ? 吉野とは親友なのか?」

    内田「そんなの勿論だよ!! ね、吉野っ!」

    吉野「……」

    内田「よしのってばぁ!!」

    吉野「え? なに?」

    内田「きこえてたよねぇ!?」

    冬馬「でもさ、告白するって親友になってくださいって言うのか? 恥ずかしいだろ」

    千秋「そうだな。付き合いが長くなればなるほど、そんなこといえない気がする」

    冬馬「だよなー。もう自然体でいいじゃん」

    夏奈「そうやって人を信用できずに歪んだ性格になればいい」

    冬馬「うっ……」

    千秋「テキトーなこというな、バカ野郎」
    23 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 22:17:50.53 ID:zHEBNcMn0 (+19,+29,-3)
    吉野黒いよ
    24 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 22:20:09.74 ID:BV4iAaXJ0 (+95,+30,-239)
    夏奈「そこで私はお前たちに問いたい!! 絶対に安全、安心だから!!」

    千秋「何をするつもりだ。地獄を見るだけだからやめとけ」

    夏奈「私と親友になりたいやつ、この指とーまれっ」

    千秋「あーあ」

    冬馬「……」

    吉野「……」

    内田「あ、えっと……」

    夏奈「……先着1名様に1000円のキャッシュバック」

    内田「かなちゃーん」ギュッ

    夏奈「お前は親友じゃない!!」ペシッ

    内田「なんでぇー!?」

    夏奈「なんだお前らぁ!! 私とは親友じゃないのかよぉ!!」

    千秋「私にとってはただの出来損ないの姉だ」

    夏奈「お前、絞め殺していいか?」

    冬馬「カナは親友って感じじゃないからなぁ。年上だし」
    26 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 22:25:25.23 ID:BV4iAaXJ0 (+95,+30,-202)
    夏奈「なんだと……!!」

    千秋「まぁ、そうだな。ジェネレーションギャップが激しい」

    夏奈「いつも遊んでるのにか!?」

    吉野「そうだね。年上だから友達感覚じゃいけないよね」

    内田「おー、なるほど。敬わないと」

    夏奈「おまえらぁ!! こんなときだけ年上扱いか!!」

    冬馬「実際、年上だし」

    千秋「同年代だったら、まず友達にすらなってないな」

    夏奈「……」

    吉野「千秋!!」

    千秋「え?」

    夏奈「う……ぐすっ……」

    千秋「あ、いや、だから歳が違ってよかったなって話で……」

    夏奈「みんなきらいだぁぁぁ!!!!」ダダダッ

    吉野「千秋、なんでトドメを……」
    27 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 22:28:03.11 ID:zHEBNcMn0 (+24,+29,+0)
    可哀想だけど可愛い
    28 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 22:32:11.01 ID:BV4iAaXJ0 (+93,+30,-245)
    内田「カナちゃん、泣いちゃったね」

    吉野「もう少し責めた後にフォローいれるつもりだったのに」

    内田「え?」

    冬馬「でも、カナの言うことも一理あると思うな。片思いってこと多そうだぞ」

    千秋「いちいち確認するほうがバカじゃないか? いいか、そもそも親友なんてものは口にするたびにその価値を下げていくんだ」

    内田「そーなの?」

    千秋「内田よ。考えてみろ。『私たち親友だよね』といちいち確認してくる奴なんて嫌じゃないか?」

    内田「うーん……」

    吉野「そうだね」

    内田「そうなんだ!?」

    千秋「要するに、カナが私たちは親友だと言った時点で、カナが私たちのことを本気で親友だとは思っていないことになる」

    冬馬「そういうことか……」

    千秋「人間関係なんてそんなもんだ」

    吉野「でも、チアキ。例えばだけど、マコちゃんはチアキのこと嫌ってるのに、チアキが親友だと思って馴れ馴れしくしてたらマコちゃんは困るよね?」

    千秋「え……」
    29 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 22:35:53.81 ID:vWiyKHzJ0 (+22,+29,-2)
    軟考ドSの吉野嬢
    30 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 22:37:53.19 ID:OTkeVwdb0 (+21,+28,-13)
    やっぱ吉野ってどSやわ
    31 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 22:40:11.10 ID:BV4iAaXJ0 (+95,+30,-296)
    冬馬「嫌いなやつに好かれるってけっこーあるよな」

    内田「あるある」

    千秋「……あれ? マコちゃんって私のこと嫌いなのか……?」

    吉野「例えばの話だよ?」

    千秋「そ、そうだな。例えばの話が現実にあるわけがない」

    吉野「うんうん」

    冬馬「しかし、片思いだった場合、オレはチアキたちに迷惑をかけていることになるな。いつもご飯を食べさせてもらってるし、風呂も入ってるし」

    内田「トウマはよく来るもんね」

    冬馬「内田だって週の半分以上はここで過ごしてるだろ!! もう一年の1/3はチアキの家にいるだろ!!」

    内田「そんなにいないよ!! 夏休みとかは毎日くるけどさぁ!!」

    冬馬「チアキが内田のこと嫌いだったら、もうお前は犯罪者レベルだぞ!!」

    内田「は、はんざいしゃ……!!」

    冬馬「食物を荒らしているわけだから、当然だろ」

    内田「そ、そんなことないよね……チアキ……? わ、私たち親友だもんね……?」

    千秋「マコちゃんは私のこと……どう思ってるんだ……ああ、気になる……気になるが……訊けば全てが終わってしまうような気がするよ……」
    32 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 22:47:06.66 ID:BV4iAaXJ0 (+95,+30,-236)
    冬馬「あーあ、内田。親友かどうか訊いちまったな」

    内田「あぁー!!! しまったぁー!!!」

    冬馬「この時点で内田はチアキの親友じゃなくなったわけだ」

    内田「うぇぇぇぇん……!! よしのぉぉ……!!」

    吉野「よしよし」ナデナデ

    冬馬「その点、オレはチアキとは親友だから訊ねるなんて無粋なことはしない」

    吉野「でもそれだと、もし嫌っているとしたら、トウマも犯罪者だよね」

    冬馬「うっ……。チ、チアキ? オレとは親友だよな?」

    千秋「マコちゃん……どうしよう……気になる……」

    内田「あー!! トウマも訊いたー!! アウトー!!!」

    冬馬「うわぁー!! やっちまったぁー!!!」

    内田「どーだ!! 想像以上に辛いでしょー!?」

    冬馬「うぅ……よしのぉー!!!」

    吉野「よしよし」ナデナデ

    千秋「……大丈夫。マコちゃんは絶対に嫌ったりしてない。私のことを親友だって思ってくれているはずだ」
    33 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 22:52:04.95 ID:BV4iAaXJ0 (+95,+30,+0)
    廊下

    夏奈「……電話してみるか」

    夏奈「……」ピッピッ

    マコト『はい!! もしもし!!』

    夏奈「マコト。私だ」

    マコト『カナ! どうしたんだ!?』

    夏奈「いつも元気いっぱいだな」

    マコト『まぁな!! オレには両親から譲り受けた男気溢れる元気さがあるから!!』

    夏奈「なぁ、マコト。訊きたい事があるんだ」

    マコト『どうした? なんか元気ないぞ?』

    夏奈「私とマコトは親友か?」

    マコト『え?』

    夏奈「どうなんだ?」

    マコト『どうしたんだよ、カナ。そんな当たり前のこときくなよ』

    夏奈「マコト!!! 今すぐうちにこい!! 今すぐだ!!!」
    35 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 22:53:45.61 ID:zHEBNcMn0 (+16,+26,-12)
    マコちゃん!
    36 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 22:56:23.08 ID:dX/6rmli0 (+14,+29,-12)
    流石マコちゃん
    37 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 22:56:28.17 ID:BV4iAaXJ0 (+95,+30,-260)
    マコ「きたよー!!」

    夏奈「マコトぉー!!!」ギュゥゥ

    マコ「うわぁ!? ど、どうしたんだよぉ!?」

    夏奈「お前だけは絶対に離さないからなぁー!!!」スリスリ

    マコ「おいおい、カナ……。なにがあったんだよぉ」

    千秋「おい、今マコトって聞こえたが……」

    夏奈「あ、いや……マコちゃんとーいっしょーって言ったんだが」

    千秋「あー! マコちゃん……」

    マコ「やぁ、チアキ! 遊びに来たよ!」

    千秋「なんていう……なんていう……タイミングで……!!」

    マコ「どうした?」

    千秋「うわぁぁ!!」

    マコ「チアキー!?」

    夏奈「まて!! いくな!!」ギュゥゥ

    マコ「待ってくれよ!! チアキの様子が変だろ!?」
    38 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 23:00:51.26 ID:BV4iAaXJ0 (+95,+30,-239)
    夏奈「私とチアキ、どっちが大事なんだ!!」

    マコ「どっちも大事だよ!! 親友だからな!!」

    千秋「え……?」

    マコ「え?」

    千秋「マコちゃん……親友なのか……?」

    マコ「当然じゃないか! なにいってんだ!!」

    千秋「マコちゃぁぁん!!!」テテテッ

    マコ「おぉぉ!?」

    千秋「わたしも……わたしも……マコちゃんのこと親友だと思ってるからぁー!!」ギュゥゥ

    マコ「チ、チアキ……だきつくのは……ちょっと……」

    千秋「え……カナはいいのにか……」

    マコ「あ、えっと……そうじゃなくて……」

    千秋「やっぱり、私のことが……き、きら……」

    マコ「そうじゃないって!!」

    夏奈「私が抱きついても平気って、なんかチアキとの扱いに隔たりを感じざるを得ないな!!」
    39 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 23:02:17.80 ID:G6YaxbRx0 (+19,+29,-1)
    フラグたったわこれ
    40 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 23:06:40.82 ID:MqV71hAo0 (+22,+29,-22)
    マコト「親友だからな!」

    千秋「バカ野郎」
    41 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 23:07:29.06 ID:BV4iAaXJ0 (+95,+30,-224)
    マコ「――そうか。親友とは何かで揉めていたのか」

    冬馬「ああ。そうだ」

    内田「結果的に私とトウマはチアキと親友になれず、友達止まりになっちゃったけど」

    吉野「そうだね」

    マコ「いや。そもそも親友ってなんだ?」

    千秋「え?」

    マコ「友達と親友の違いってなにか分からないと話が進まない」

    千秋「確かにそうだな。マコちゃんの言うとおりだ。反省しろ、友達の内田」

    内田「どーして、私だけにいうの? 友達のチアキ」

    吉野「辞書には信頼できる親しい友って書いてあるね」

    冬馬「それ友達とは違うのか?」

    吉野「友達は親しく交わっている人って書いてあるね」

    内田「つまり、信頼できるかどうかが重要なんだね」

    千秋「なるほど」

    夏奈「お前の頭の中で真っ先に私が信頼できる候補から消えたのが手に取るようにわかるぞ」
    43 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 23:13:37.29 ID:BV4iAaXJ0 (+95,+30,-276)
    冬馬「でも、信頼できる人ってことは千秋はみんなにとって親友になるんじゃないか?」

    千秋「どういうことだ?」

    冬馬「だって、チアキの家にきたら確実に飯にありつけるし」

    千秋「飯ありきかよ。お前はもう知人の冬馬でいいよ」

    冬馬「え……」

    内田「そっかー。なら、私もチアキの宿題は信頼して写させて貰っているから、親友でいいかも」

    千秋「内田はもうクラスメイトの内田でいいよ」

    内田「なんで!?」

    夏奈「そうか。信頼できるかどうかなのか……」

    夏奈「よーし!! それなら大丈夫そうだ!!」タタタッ

    マコ「カナ、どこに行くんだよ」

    吉野「マコちゃんはシュウイチくんと親友なの?」

    マコ「もちろ――いや、オレはシュウイチとか知らないから」

    吉野「あ、そっか。ごめん、マコトくんと勘違いしちゃった」

    千秋「私の親友は吉野とマコちゃんか……」
    44 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 23:16:20.40 ID:LqYi+WB/0 (+24,+29,-5)
    吉野嬢がこわい
    成長したら影の女王になってそう
    45 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 23:17:14.38 ID:EiU0L5uM0 (+12,+29,-3)
    吉野にいじめられたい
    46 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 23:18:28.27 ID:BV4iAaXJ0 (+95,+30,+0)
    夏奈「もしもし、ケイコー」

    ケイコ『どうしたの?』

    夏奈「私はケイコのことを信頼している!!」

    ケイコ『うん』

    夏奈「ケイコはどうだ?」

    ケイコ『どうだろう』

    夏奈「例えば命の危険が迫ったとき、私に助けを求めたりするだろ?」

    ケイコ『どうだろう』

    夏奈「信頼してるだろ!?」

    ケイコ『……今から、塾があるから』

    夏奈「ケイコ!! はいかいいえで答えるだけだろ!? それぐらいの時間もないほど塾ってところは忙しいのか!?」

    ケイコ『はい』

    夏奈「その質問に答えなくてもいいんだよぉー!!」

    ケイコ『またね。カナ』

    夏奈「あ、こら!! ケイコー!! きるなぁー!!」
    47 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 23:19:28.33 ID:oqeLNg7R0 (+22,+29,-13)
    ケイコ~愛してるって
    48 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 23:20:55.39 ID:F8We+fvHO (+24,+29,-17)
    このケイコめっちゃ冷たいな
    49 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 23:22:38.51 ID:lrpSizKrO (+28,+29,-15)
    藤岡君って男友達いないんじゃ
    50 : 以下、名無しにか - 2013/02/15(金) 23:23:09.79 ID:BV4iAaXJ0 (+95,+30,-227)


    春香「カナー、ご飯できたよー」

    夏奈「いらない……」

    春香「え? い、いまなんて?」

    夏奈「チアキとハルカで分けていいよ……」

    春香「カナ……」

    千秋「ハルカ姉様、いただきましょう」

    春香「そうね。いただき――」

    夏奈「はるかぁ!! 理由をきけよぉー!!」

    春香「聞いてほしかったの?」

    夏奈「可愛い妹が落ち込んでるのにその態度はないだろぉー!?」

    春香「じゃあ、ご飯たべよ? 元気でるから」

    夏奈「……うん」

    千秋(流石ハルカ姉様)

    春香「いただきます」
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - みなみけ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について