のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,563,653人
911,673,227頁
昨日:4,685人
5,362頁
今日:3,019人
3,419頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレまどか「ほむらちゃんが普通の子になっちゃった」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:26:17.70 ID:8oQtR8S3P (+120,+30,-52)
    詢子「まどか! お風呂わいたよ! 先に入りな!」

    まどか「はーい」

    ……

    まどか「んしょっと。(ヌギヌギ)
    ……………………ふう、いい湯だなー」

    ほむら(……それは何よりね)
    2 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:26:40.47 ID:hiRGXb6u0 (-28,-18,+0)
    はよ
    3 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:30:04.98 ID:8oQtR8S3P (+95,+30,-87)
    まどか「! 誰か窓の外にいると思ったら! ほむらちゃん! また覗きにきたの!?」

    ほむら「ご、誤解よ! 

    ワルプルギスの夜は撃退したとはいえ
    またキュウべえの奴があなたを勧誘しに来るんじゃないかと思うと心配で見守ろうと……」

    まどか「お風呂の中まで見守る必要はないでしょ! いい加減にしないと怒るよ!」

    ほむら「……わかったわ (ションボリ)」
    4 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:32:24.59 ID:cpDaz0c/O (-11,-11,-1)
    期待
    5 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:32:56.11 ID:hiRGXb6u0 (-28,-18,+0)
    はよ
    6 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:34:03.06 ID:8oQtR8S3P (+95,+30,-122)
    まどか「全く、もう。……それじゃ、パジャマに着替えようっと、あれ?
    下着が一枚たりない……」

    まどか「おっかしいなー、取り込むときにどこかに落としたのかな……って、ほむらちゃん。
    私の部屋のベッドの下で何しているの?」

    ほむら「えっと、その、ほふく前進の練習…………かしら」

    まどか「手に見覚えのあるものを持っているようなんだけど」

    ほむら「これは、部屋に落ちていたから、失くしたらまどかも困ると思って拾っておいたもので
    後日、そっと返しておくつもりだったんだけど」

    まどか「い・ま・か・え・し・て」

    ほむら「…………はい」
    7 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:35:32.93 ID:YZ8oGup9O (+35,+30,-173)
    ほむら「まどか///」

    まどか「ほむらちゃん///」



    さやか「内容の気持ち悪さは……まあ、百歩譲ってよしとしましょう。『気持ち悪くないブヒ!』と居直られたら平行線ですからね」

    さやか「でもさ。なんで既存のSSと似たSSを書くわけ?」

    さやか「人の真似して、人と同じことしか書かなくて」

    さやか「それってさ。面白い面白くない以前の問題だと思わないの?」

    さやか「読む価値も書く価値も無いじゃん。既に同じものがあるんだから」

    さやか「え?パクリじゃない?ネタがやり尽くされててたまたま被っただけ?」

    さやか「あー……はいはい。その通りですね」

    さやか「ならさ。ネタがやり尽くされててないならさ」



    さやか「書くなよ」
    8 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:35:33.83 ID:hiRGXb6u0 (-11,-1,+0)
    しえ
    9 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:35:59.93 ID:cpDaz0c/O (+29,+29,+0)
    さるよけ
    10 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:38:13.32 ID:8oQtR8S3P (+95,+30,-156)
    数日後

    ほむら(……はあ、最近まどかの目が冷たくなってきた気がするわね。
    でも仕方がないじゃない。

    私はただ純粋にまどかの事が心配で見守っているのだけれど、
    その途中であんなにも魅力的な光景が飛び込んで来たら、目に焼き付けない方がどうかしているわ)

    さやか「ほむら、ぶつぶつ独り言ぼやかないで、急いでよ!
    マミさんがパトロール中に魔女の反応を見つけたんだって言ったでしょ!
    杏子も今日は風見野の方にいるらしいから、あたしたち3人で協力して倒さないと!」

    ほむら「大丈夫、もう魔女の結界はすぐそこよ」
    11 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:39:44.01 ID:KURrjxxXO (+19,+29,-3)
    まどかの普通って変態なんだ…
    12 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:40:05.31 ID:nRZ/4AX/0 (-2,+12,+0)
    まどっちー
    13 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:40:20.67 ID:hiRGXb6u0 (-11,-1,+0)
    しえ
    14 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:42:04.37 ID:8oQtR8S3P (+95,+30,-111)
    マミ「二人とも! 来てくれたのね!」

    ほむら「ええ。魔女は?」

    マミ「今、ちょうど見つけたところよ! 使い魔らしい使い魔も出てこなかったし、楽にここまで来られたわ」

    さやか「あれですか? なんていうか穴のあいたリンゴに蛇がからみついたような……
    奇抜な外見ですね」

    マミ「そうね、どんな攻撃をしてくるかわからないから、私と暁美さんで、距離を置いて攻撃するわ。
    美樹さんは、奇襲に備えて、控えていてちょうだい」

    さやか「了解!」
    15 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:43:21.92 ID:hiRGXb6u0 (-11,-1,+0)
    しえ
    16 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:44:37.50 ID:YZ8oGup9O (+35,+30,-59)
    さやか「いや、マジで独り言多過ぎでしょ。内容も説明的でめっちゃ不自然」

    さやか「まともな会話劇書けないんならさ」

    さやか「地の文使えば?」

    さやか「ねえ」
    17 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:46:03.19 ID:8oQtR8S3P (+95,+30,-87)
    マミ「くらいなさい! 無限の魔弾!」

    ほむら(とりあえずミニミで弾幕を張って様子を見るとしましょう)

    ズダダダダダダ!

    「ギィィィィッ!」

    さやか「効いてるみたいですね。これなら、あたし何もしなくても……」

    マミ「美樹さん! 油断しないで!」

    ほむら「蛇が! 分離して、こっちに向かってきてるわ!」

    さやか「えっ、えっ!?」

    「シャアアアアアア!」
    18 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:46:29.80 ID:hiRGXb6u0 (-11,-1,+0)
    しえ
    19 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:50:10.97 ID:8oQtR8S3P (+95,+30,-49)
    さやか「うわああああああ! あっちいけええええ!(ブンブン)」(剣を振り回してる)

    ほむら「落ち着いて! 私が援護するから!」(ズダダダダダ!)

    マミ「動きが止まった! 今よ!」

    さやか「よーし! とどめの一撃!」

    ズシャアアアア!

    「ギヤアアアアアア!」
    20 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:50:47.48 ID:YbCJzTnUO (+40,+29,-26)
    >>16
    会話で展開説明するのがSSや携帯小説の基本だボケ

    そんな事すら知らんのか?
    21 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:51:26.18 ID:fKWbYq8IO (+29,+29,-21)
    まどポ前は某キャラの魔女化はヘビとリンゴって予想だったけどまさか
    22 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:51:40.34 ID:YZ8oGup9O (+29,+29,-19)
    さやか「オリジナルの魔女なの?>>1が考えた?」

    さやか「あ、痛たたた」
    23 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:52:04.77 ID:hiRGXb6u0 (-11,-1,+0)
    しえ
    24 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:54:07.34 ID:8oQtR8S3P (+95,+30,-132)
    マミ「ふう、どうにか倒せたわね。……あら?」

    バアアアアン!!

    ほむら「うっ、ま、まぶしい!」

    さやか「何? (分離したリンゴみたいなのが光って……爆発した!)」

    ……

    マミ「みんな無事?」

    さやか「みたいですね。最後は驚いたけど……結界も消えましたし、やっぱり蛇の方が本体だったのかな」

    ほむら「残念ながらグリーフシードは手に入らなかったわね」

    さやか「魔女を倒して、全員無事なんだし、まあ良しとしようよ」

    マミ「そうね。疲れたし、解散にしましょうか」
    25 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:56:30.18 ID:YZ8oGup9O (+35,+29,-25)
    >>20
    さやか「へー、そうなんだー(ぶんぶん)」

    さやか「これが普通なんだー」(剣を振り回してる)




    さやか「あんた……ゴミSSしか読んだことないんだね……」
    26 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:57:33.53 ID:hiRGXb6u0 (-11,-1,+0)
    しえ
    27 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:58:02.69 ID:8oQtR8S3P (+95,+30,-58)
    ほむら「美樹さやか、あなたの家ってこっちだったかしら?」

    さやか「……ううん、ただなんとなく、その寄り道したくなって」

    ほむら「その道は、上条恭介の家の方ね? こんな時間に立ち寄るつもり?」

    さやか「……うん、なんだか、行ってみたくなって」

    ほむら(? 何かしら? 妙に違和感があるわ)
    28 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 13:59:17.84 ID:YZ8oGup9O (+29,+29,-13)
    さやか「で、このゴミは他のゴミと何が違うわけ?」
    29 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:00:01.43 ID:OYyPFhHV0 (+30,+30,-149)
    くぅ~疲れましたw これにて完結です!
    実は、ネタレスしたら代行の話を持ちかけられたのが始まりでした
    本当は話のネタなかったのですが←
    ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
    以下、まどか達のみんなへのメッセジをどぞ

    まどか「みんな、見てくれてありがとう
    ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

    さやか「いやーありがと!
    私のかわいさは二十分に伝わったかな?」

    マミ「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

    京子「見てくれありがとな!
    正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

    ほむら「・・・ありがと」ファサ

    では、

    まどか、さやか、マミ、京子、ほむら、俺「皆さんありがとうございました!」



    まどか、さやか、マミ、京子、ほむら「って、なんで俺くんが!?
    改めまして、ありがとうございました!」

    本当の本当に終わり
    30 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:02:20.66 ID:8oQtR8S3P (+95,+30,-63)
    さやか「……恭介、恭介。 起きてる?」

    恭介「? さやか? どうしたんだい? こんな時間に(……しかも玄関じゃなく窓から)」

    さやか「えへへ、何だか急に顔が見たくなっちゃって。……迷惑だった?」

    恭介「いや、そんなことはないけど」

    さやか「部屋に入ってもいい?」

    恭介「いいよ」
    31 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:03:03.09 ID:hiRGXb6u0 (-11,-1,+0)
    しえ
    32 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:04:00.40 ID:cpDaz0c/O (+29,+29,+0)
    恭さやは俺得
    33 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:05:26.21 ID:CEp6O9Wz0 (+18,+28,+0)
    さやさや
    34 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:06:03.53 ID:8oQtR8S3P (+95,+30,-119)
    さやか「バイオリンの練習はもう今日は終わったの?」

    恭介「うん、病み上がりだしあまり無理するなって親に言われていてね」

    さやか「あ、これ私があげたCDだ」

    恭介「ああ、聞くかい? といってもこんな時間だから、イヤホンで聞くことになるけど」

    さやか「うん! 聞かせて」

    恭介「それじゃあ、はい」

    さやか「一緒に聞こうよ。病院のときみたいに」

    恭介「え? う、うん」
    35 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:06:35.10 ID:YZ8oGup9O (+35,+30,-55)
    さやか「こーゆー奴らが『将来の夢はラノベ作家になることです!』とか言っちゃうんだろうねぇ」

    さやか「このレベルでw」




    さやか「あ、やっぱ笑えないわ。キモ過ぎ」
    36 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:07:14.57 ID:hiRGXb6u0 (-11,-1,+0)
    しえ
    37 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:08:47.54 ID:bcpJNiDwO (+13,+23,-1)
    俺の出番か・・・
    38 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:10:37.36 ID:8oQtR8S3P (+95,+30,-125)
    さやか「……(ピタッ)」

    恭介「! (な、何だ? さやかが僕の手に指を絡めて、体も密着させて……どうしちゃったんだ!?)」

    さやか「……」

    恭介(さやかの顔がこんなに近くに……、何だか頬が赤らんでいるような。
    う、目が合っちゃった)

    さやか「……ねえ、恭介」

    恭介「な、何? (さやかの瞳、少しうるんでいるような。息が顔にかかって……
    何だかドキドキしてきた)」

    さやか「指の調子はどうなの? 良くなった?」

    恭介「ああ、おかげさまで。一応しばらく様子を見るようには言われているけど」

    さやか「そう、それじゃあ、指のリハビリ運動なんてしてみたらどうかな?」
    39 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:11:32.75 ID:YZ8oGup9O (+36,+30,-39)
    マミ「かわええ~♪」

    杏子「ほっこりしたよ」

    ほむら「甘過ぎて砂吐きましたwww」

    まどか「やはりまどほむは最高ですな!」

    さやか「きめえ」











    さやか「きめえ」
    40 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:12:08.91 ID:hJj+Rd5v0 (+24,+29,-1)
    色気付きやがって中学生のくせに!!!!
    41 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:12:14.12 ID:8+0W0FBm0 (-25,-15,+0)
    42 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:14:24.72 ID:8oQtR8S3P (+95,+30,-146)
    恭介「リ、リハビリ? どんな?」

    さやか「……こうするの(ふにっ)」)

    恭介「さ、さやか!? (うわあああああ! さ、さやかが! 僕の手をとって自分の胸に押しあててる!?)」

    さやか「ほら、恭介。リハビリなんだから、ちゃんと指動かして?」

    恭介「え! えっと、こ、こうかな?(モミモミ)
    (や、やわらかい、それに暖かくて、張りがあって、これが女の子のおっぱい!)」

    さやか「……んっ、はっ、あんっ。いい……よ。
    ……うん、そうだよ。 その調子。
    でも、これだとちゃんと指が上手く動かせてるか、わかりにくいな」

    恭介「えっ」

    さやか「……もっと、恭介の指の動きを感じたいの。直接触ってくれる?」(ボタンを外してブラウスの前をはだけてる)
    43 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:14:31.83 ID:cpDaz0c/O (+48,+29,-1)
    >>39
    さやか喜べ恭さやになりそうだぞ
    44 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:16:09.85 ID:bcpJNiDwO (+35,+30,-53)
    俺は>>1と荒らし、
    “どちらにも”味方する。
    まずは>>1の味方になる。


    ・粘着荒らしが現れたら完スルーは当然として、
    “投下間隔をギリギリまで広げる”
    ことを推奨する。
    ・尤も書ききる気があって且つ下手に出なければ荒らしを相手にするのも構わない。
    45 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:16:31.36 ID:cpDaz0c/O (+39,+29,-10)
    鈍感な恭介もこれには意識せざるをえない
    46 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:16:56.40 ID:hiRGXb6u0 (+35,+30,-53)
    俺は>>1と荒らし、
    “どちらにも”味方する。
    まずは>>1の味方になる。


    ・粘着荒らしが現れたら完スルーは当然として、
    “投下間隔をギリギリまで広げる”
    ことを推奨する。
    ・尤も書ききる気があって且つ下手に出なければ荒らしを相手にするのも構わない。
    47 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:18:06.88 ID:8oQtR8S3P (+95,+30,-92)
    恭介(さ、さやかのブラジャーが見えて……)

    さやか「ほら……早く、えいっ☆」

    恭介(ちょ、直接触っちゃってる! さやかの胸に!)

    さやか(……んっ、恭介の指が私の胸を包み込んで、何度も敏感なところを刺激して……)

    さやか「……いいよ! 気持ち、いいよぉ! もっと……もっと! 私の事触って!

    あれ? 恭介? 何で前かがみになってるの?」

    恭介「いや、あの、これは……」
    48 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:18:33.74 ID:YZ8oGup9O (+33,+29,-27)
    >>43
    さやか「キモイのはカップリングじゃなくて>>1とその取り巻きなんだが」

    さやか「お前のことだよ」
    49 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:18:47.18 ID:hiRGXb6u0 (-11,-1,+0)
    しえ
    50 : 以下、名無しにか - 2013/02/03(日) 14:19:08.30 ID:P/8osSAh0 (+19,+29,-2)
    まどでもほむでもないじゃん…
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について