のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,565,001人
昨日:no data人
今日:
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ森夏「私、タイムリープしてる…?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 偽・シュタインズゲート ×2+ - 中二病でも恋がしたい! + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 21:53:33.10 ID:70MbDRvs0 (+125,+30,-129)
    ───朝・1年4組教室───

    ガラガラ


    勇太「うぃーす」


    森夏「あ、おはよう、富樫くん」


    勇太「おう、おはよう」


    森夏「あら、小鳥遊さんは一緒じゃないの?」


    勇太「六花は今日熱が出たらしくて休むって」


    森夏「そうなの……心配ね…」


    勇太「ま、一日寝てれば大丈夫だろ」

    勇太「明日にはまた復活してるさ」


    森夏「だといいけど」
    2 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 21:54:01.70 ID:c9j9pnen0 (+19,+29,-14)
    お前、タイムリープしてね?
    3 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 21:55:19.75 ID:NOvNQyCB0 (+19,+29,-13)
    モリサマーだろいい加減にしろ
    4 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 21:56:54.75 ID:qWL7cniZ0 (+24,+29,-4)
    サーヴァントとやらは出てくるのかえ?
    5 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 21:57:44.69 ID:70MbDRvs0 (+93,+30,-88)
    一色「勇太!!」


    勇太「おう、なんだ突然そんな大声で」


    一色「ちょっと耳貸してくれ……」


    勇太「なんだよ一体…」


    一色(ここだけの話なんだがな…)

    一色(俺はどうやら……ラブレターを貰ったらしい…!)


    勇太「ラ、ラブレター!?」


    一色(バカッ!声がでかい!)
    7 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 22:05:22.01 ID:70MbDRvs0 (+95,+30,-122)
    勇太(す、すまん……で、誰からなんだ?)

    一色(それがさ、封筒に名前が書いてないんだよ)

    勇太(手紙の中には?)

    一色(いや、まだ中身は見てねぇんだが…)

    勇太(じゃあ確認してみろよ)

    一色「ダメだ勇太、これは男と男の熱い友情でも見せるわけにはいかねぇ」

    勇太「はぁ?」

    一色「すまんな勇太、俺は誰の手も借りずに一人で決着を付けたいんだ!」

    勇太「あぁ、そう…」

    一色「いや~、どんなことが書いてあるのかな~、どんな子かな~」

    勇太「勝手にしろ…」
    8 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 22:10:04.51 ID:70MbDRvs0 (+95,+30,-160)
    ───昼・2年4組教室───

    教師「えー、ここはこうであるから……」カリカリ

    くみん(ふぅ~…4時間目にもなってくるとお腹がすいたよぉ…)

    くみん(それにとってもお昼寝したい気分……)

    くみん(ふわぁ~……)

    くみん(あれ?あそこ歩いてるの…六花ちゃん?)

    くみん(こんな時間にどうしたのかな~?)

    くみん(うーん……それよりも眠たい)バタッ

    くみん(ぐぅぐぅ……)

    …………

    ……

    9 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 22:14:16.45 ID:3+dCv13b0 (-27,-12,-1)
    期待
    11 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 22:18:11.90 ID:70MbDRvs0 (+95,+30,-149)
    ───昼休み・1年4組教室───

    一色「くぅー!たまらんかった!」

    勇太「お前さっきからそればっかりだな」

    一色「だってよー、体育の授業なんていったらやることは一つだろ?」

    一色「しかも今日はなんとバスケだったんだぜ?」

    一色「男なら見なくてどうする!?あの夢の詰まった揺れる秘宝を!」

    勇太「お前ぐらいだろ…そこまで熱くなれるのは」

    一色「いやー、しかし丹生谷は素晴らしかったな」

    一色「他を寄せ付けない圧倒的破壊力」

    一色「たまんねぇ~」

    勇太「まったく…いいから早く飯食うぞ」

    一色「おう!そうだな」
    12 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 22:25:32.75 ID:70MbDRvs0 (+95,+30,-171)
    勇太「そういや、ラブレターは読んだのか?」

    一色「え?あぁ、まぁ…」

    勇太「何だよ…?」

    一色「いや、なんていうか、あれ、ラブレターじゃなかった」

    勇太「?」

    一色「ラブレターではなかったんだが…大事な手紙だった…」

    勇太「何が書いてあったんだ?」

    一色「いや、それは言えない…手紙にも口外するなって書いてあったし…」

    勇太「なんかそれやばくないか…?」

    一色「まぁ…手紙のことは忘れてくれ」

    一色「あと今日は用事できたから部活行けないわ、すまん」

    勇太「ふーん、そっか」
    13 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 22:31:29.69 ID:z7w7jjbe0 (+15,+27,+0)
    ほぉ
    14 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 22:33:04.37 ID:70MbDRvs0 (+95,+30,-103)
    ───放課後・部室───

    凸森「マスターが熱を出したデスか!?」

    勇太「おう、まぁ言ってもただの熱らしいから…」

    凸森「それは大変デス!!こんな所で油を売っている場合じゃないデス!!」

    勇太「お前が何をしたいかはわからんが、今はそっとしておいてやれよ」

    森夏「そうよ中坊、小鳥遊さんきっと今頃寝てるんだから」

    凸森「ぐぬぅ~……」
    15 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 22:41:19.67 ID:70MbDRvs0 (+95,+30,-198)
    ガララッ

    くみん「お~、みんなもう来てたんだ~」

    勇太「あ、くみん先輩お疲れ様です」

    くみん「あれ?六花ちゃんは?」

    勇太「六花は今日は熱出して寝込んでます」

    くみん「あれ~?でも今日授業中歩いてるの見かけたんだけど~…」

    勇太「え?でも今日は欠席でずっといませんでしたけど…」

    くみん「う~ん……気のせいだったのかな~?」

    森夏「昼寝しながらで寝ぼけてたんじゃないのー?」

    くみん「う~ん……そうかもね」

    勇太(一色が居ないのに何も言わないことは触れないでおこう…)
    16 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 22:41:55.95 ID:s2HgMpZL0 (+16,+26,+0)
    ふむ
    17 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 22:46:49.39 ID:70MbDRvs0 (+95,+30,-205)
    勇太「ホント六花が居ないだけでこの部室も静かなんだな」

    森夏「そうね」

    勇太「くみん先輩は眠ってるし、凸森は…ってなんだその動きは」

    凸森「ミョルニルハンマーの新技の特訓デス!」

    勇太「特訓なんかして何に打ち勝つつもりなんだ」

    凸森「そこにいる偽モリサマーデスッ!」

    森夏「なんでアタシなのよ。っていうかモリサマ言うな!」

    凸森「それはお前が偉大なる『モリサマー』の名を語っている偽物だからデス!」

    森夏「だ~か~ら~……ってもうめんどくさいから何も言わないわ…」
    18 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 22:49:27.42 ID:/ajxIxRI0 (+41,+29,-13)
    期待してる
    出来れば六花ちゃんを幸せにして欲しい
    SSだと不憫だし
    あと凸森じゃなくて凸守な
    19 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 22:50:40.53 ID:s2HgMpZL0 (+16,+26,+0)
    ふむ
    20 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 22:50:55.84 ID:mTChoY7t0 (+19,+29,-29)
    外野の意見に流されないで欲しい
    21 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 22:53:36.74 ID:70MbDRvs0 (+100,+30,-74)
    >>18
    凸守か。ホントだ。気づかなかった



    ピンポンパンポーン


    放送「中等部3年の凸守早苗ー。至急職員室の担任のところに来るようにー。」


    ピンポンパンポーン


    凸守「ハッ!頼まれていた仕事があったのを忘れていたデス!」

    凸守「それじゃ、私はこれで失礼するデス!」
    22 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 22:54:06.04 ID:s2HgMpZL0 (+3,+13,-1)
    むう
    24 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 22:58:02.97 ID:70MbDRvs0 (+95,+30,-107)
    勇太「行っちまったな」

    勇太「ん?…これ忘れ物じゃないか?」


    森夏「あー!これ、私のマビノギオンじゃない!……ま、せっかくのチャンスだしここで回収しておくしかないわね」ニヤリッ


    勇太「大丈夫なのか?無断で持ち出したりして」


    森夏「いいのよ、元々私のなんだから。あ、でも私が持ってることは中坊には内緒だからね」


    勇太「まぁ……バレるのも時間の問題だと思うが」
    25 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 22:58:34.20 ID:s2HgMpZL0 (+3,+13,-1)
    むう
    26 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 23:05:05.33 ID:70MbDRvs0 (+95,+30,-130)
    ───夕方・部室───


    ピンポンパンポーン

    放送「全校生徒は下校の時間になりました~。速やかに帰宅する準備をして……」


    勇太「お、もうそんな時間か」

    森夏「そうね、そろそろ帰りましょうか」

    勇太「ほらっくみん先輩、起きてください」ユサユサ

    くみん「ん……う~ん……」

    勇太「ほら、帰りますよ」
    28 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 23:14:58.53 ID:70MbDRvs0 (+95,+30,-242)
    ───夕方・昇降口前───

    森夏「あ!そういえば……」

    勇太「どうした?」

    森夏「ちょっと忘れ物してきちゃったから、先に行ってて」

    勇太「あぁ、わかった」


    ───同刻・部室───


    森夏(ふぅ~、危ない危ない。せっかくのチャンスを棒に振るところだったわ)

    森夏(マビノギオン無事回収!っと)

    森夏(さ、帰りますか)

    森夏「ん?」

    森夏「なんだろう……この違和感…」

    森夏「誰かから見られているみたいなこの感覚……」

    森夏「気味悪いわ……あ、富樫くんたち待たせてるんだった」

    森夏「早く行かなきゃ!」
    29 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 23:18:31.97 ID:HOwjjb7u0 (+7,+22,+0)
    面白いけど遅い
    30 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 23:19:55.17 ID:70MbDRvs0 (+95,+30,+0)
    森夏「おまたせー」

    勇太「おう、忘れ物って…それか」

    くみん「?…あ、デコちゃんが持ってた本」

    森夏「まぁ……あんまり言いたくないんだけど……元々私の持ち物だったから……」

    くみん「へぇ~そうなんだぁ~。書いたのもモリサマちゃんなの?」

    森夏「モリサマ言うな!…まぁ…そうね……私が……書いたの……」

    くみん「そっか~、私も一回見たけどすごい良く出来てたよ~」

    森夏「あぁー!やめて!この本の内容については言及しないで!」

    くみん「えぇ~でもすごい良く出来てたよ~」

    森夏「やめてよ……私の黒歴史なのに……思い出したくもないわ……」

    くみん「でもね、そういうものを見返してみることによって『あぁ、昔こんなことしてたなぁ』って」

    くみん「振り返る事もできて、一種の思い出になるんじゃないのかなぁ」

    森夏「……ふーん、ま、当分の間は読まないでしょうね」
    31 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 23:24:40.47 ID:s2HgMpZL0 (+19,+29,-2)
    勇太勇太
    32 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 23:27:47.39 ID:70MbDRvs0 (+95,+30,-281)
    ───夜・森夏宅───

    森夏「ふわぁ~あ、そろそろ寝ようかな」

    森夏「あ、そういえば…」

    森夏「なんだかんだこの本、自分では書いてばっかりで全然読んでない気がする」

    森夏「……怖い気もするけど……少し読んでみようかしら……」

    森夏「……」ペラペラ

    森夏「う……ううぅぅぅぅ……」ペラペラ

    森夏(ぐ、ぐ、ぐぅぅぅ……私は……な、なんてものを……)

    森夏「うぅぅ…………ん?」

    森夏「あれ?このページ……これ、私の字じゃないわね…」

    森夏「『記憶跳躍術(タイムリープ)』か……」
    33 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 23:30:54.77 ID:s2HgMpZL0 (+16,+26,+0)
    ふむ
    34 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 23:32:36.52 ID:70MbDRvs0 (+95,+30,-230)
    森夏「なんだか……すごい殴り書き………」

    森夏「ふーん、内容自体は結構シンプルなのね」

    森夏「『記憶を過去に飛ばすには、今現在の脳を一種の仮死状態にする』か……」

    森夏「いや、どうやって仮死状態にすればえぇねん!」

    森夏「ん?なになに……『記憶をどこか遠くの方に放り投げるイメージ』……」

    森夏「『放り投げる場所を意識しながら行えば、その記憶の世界に跳ぶことができる』……」

    森夏「えーと、つまり…?」

    森夏「なるほどなるほど……ってアホくさ」

    森夏「寝ようかな…」
    35 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 23:33:00.10 ID:V03umLeF0 (-27,-15,-3)
    36 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 23:34:44.98 ID:3+dCv13b0 (+13,+28,+0)
    完結してくれよ
    37 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 23:36:25.35 ID:70MbDRvs0 (+95,+30,-154)
    ───翌日・朝・教室───

    森夏「あら、小鳥遊さん。もう大丈夫なの?」

    六花「大丈夫。朝ごはんもしっかり食べた」

    勇太「結局なんだったんだ、風邪か?」

    六花「わからない。熱が出てずっと寝込んでいた……ただ…」

    勇太「ただ?」

    六花「寝ているはずなのに学校に行った夢を見た」

    勇太「へぇー、夢の中でも学校に行ってるなんてとんだ優等生っぷりだな」

    六花「優等生で邪王真眼の使い手……かっこいい……」

    勇太「かっこいいか…?」

    森夏「かっこよくはないわね」

    六花「うぅ……」
    38 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 23:41:55.15 ID:70MbDRvs0 (+95,+30,-272)
    森夏(あ、そういえば…)

    森夏「ねぇ小鳥遊さん。マビノギオンについて聞きたいことがあるんだけど」

    森夏「小鳥遊さん、あの本に何か書き足したりした?」

    六花「ううん」

    森夏「そう、じゃやっぱり中坊ね…」

    六花「いや、凸守もそんなことはしない。凸守が何か書いたりする時はコピーした方を使ってる」

    森夏「そう…なんだ…」

    森夏(うわぁー!コピーもあったんだっけ!?完全に忘れてた…!)

    森夏(……となると…一体誰がアレを…?)

    森夏(富樫くんそんなことしないだろうし…くみん先輩は…ありえないわね…)

    六花「マビノギオンがどうかしたの?」

    森夏「い、いや、なんでもないのっ」

    森夏(面倒そうだし今はまだ私が持ってること黙っておかないとね…)
    41 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 23:44:29.14 ID:70MbDRvs0 (+95,+30,-123)
    ───夜・森夏宅───

    森夏「結局……手がかりはなし」

    森夏「でも…………やっぱり気になる……」

    森夏「ここまできたら一回試しにやってみるのもありよね、うん」

    森夏「過去に戻ってもまたそのままやり直せばいいわけだし」

    森夏「じゃ、さっそくやってみよう」
    42 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 23:45:02.77 ID:/ajxIxRI0 (+21,+28,-4)
    結構長くなりそうだな
    期待
    43 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 23:47:26.32 ID:70MbDRvs0 (+95,+30,-157)
    森夏(えーと……『両耳を塞いで音が聞こえないように』……)

    森夏(『意識を集中させて』……)

    森夏(『跳びたい記憶をイメージする』……)

    森夏(そうね……じゃあ思い切って入学式の日の朝に……)

    森夏(『最後に目をつぶって一度深呼吸してから目を開ける』…………)

    森夏「スゥー……フゥー……」


    ………………



    パチッ



    ………………
    44 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 23:48:06.10 ID:s2HgMpZL0 (+16,+26,+0)
    ふむ
    45 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 23:48:21.24 ID:z7w7jjbe0 (+12,+24,+0)
    面白そう
    46 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 23:53:44.73 ID:70MbDRvs0 (+90,+30,-111)
    森夏「………」

    森夏(もう大丈夫かしら…)






    パチッ

    森夏「……」

    森夏「あれ?もう外が明るくなってる…」

    森夏「え?私気づかない間に寝てた?」

    森夏「今何時かしら?」



    『4/7(月) 6:00』
    47 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 23:56:52.68 ID:s2HgMpZL0 (+16,+26,+0)
    ふむ
    48 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 23:58:31.14 ID:70MbDRvs0 (+95,+30,-250)
    森夏「え……?」

    森夏「ええぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!???」

    ガチャッ

    森夏母「朝から大声出してどうしたの!?」

    森夏「マ、ママ……今って何月何日…?」

    森夏母「はぁ?何言ってるのアンタ。今日は4月7日、アンタの入学式でしょ」

    森夏「そ、そっかー…そうだったわねぇー…」

    森夏母「早く起きてご飯食べちゃいなさい。学校遠いんだから遅刻しちゃうわよ」

    森夏「…はーい……」

    森夏(うそ……ホントに……ホントに…………)

    森夏(私……過去に戻ってきてる!?)

    ───入学式当日・朝・丹生谷宅───
    49 : 以下、名無しにか - 2013/01/29(火) 23:58:32.26 ID:/ajxIxRI0 (+22,+29,-4)
    あなたとすごしたひびを~
    50 : 以下、名無しにか - 2013/01/30(水) 00:03:55.17 ID:Asw5/H7O0 (+16,+26,+0)
    ふむ
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 偽・シュタインズゲート ×2+ - 中二病でも恋がしたい! + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について