のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,565,930人
911,675,769頁
昨日:4,685人
5,362頁
今日:5,350人
5,961頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレモバP「まゆとの日常」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - モバマス + - ヤンデレ + - 佐久間まゆ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 20:41:49.46 ID:oxOzBCFw0 (+125,+30,-94)
          
    「……………………」カタカタ

    ちひろ「……………………」カタカタ

    「…………ふぅ」

    ちひろ「……………………」カタカタ

    「ちひろさん、俺の方は片付いたんで今日はお先に失礼しますね」

    ちひろ「あ、分かりました。プロデューサーさんもいつもお疲れ様です」

    「いえ、ちひろさんこそ。…………それじゃ今日は失礼します、お疲れ様でした」

    ちひろ「はーい。では、また明日」

    「はい、また明日」ガチャ
    2 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 20:44:08.29 ID:oxOzBCFw0 (+95,+30,-113)
          
    ――――――――――――――――
       
    「ふー、外は結構寒いな…………。えーっと、車のキーはと…………」

    「…………よし。今日も安全運転で行きますか」

    ブロロロロロロロロ…

    (…………今の事務所でプロデューサー業を始めて半年ほどが経った)

    (アイドル達も皆順調だし、今の環境はとても恵まれていると自分でも思う)

    (ただ、ひとつ気がかりなことは……)
    4 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 20:46:58.78 ID:oxOzBCFw0 (+95,+30,-82)
        
    ――――――――――――――――
       
    「…………………」

    「…………………………はぁ、またか……」

    まゆ「……あ、プロデューサーさん。お帰りなさぁい」

    「…………俺の家の前で何やってるんだ、まゆ」

    まゆ「プロデューサーさんに晩御飯作ろうと思って。でもプロデューサーさん家に居ないし、ここで待ってたんですよぉ」

    「…………そうか、いつもありがとうな」

    まゆ「うふ、まゆなら大丈夫ですよ。プロデューサーさんの為だったら、まゆなんでもしますからぁ」

    「……取り敢えず上がれ。人目についたらまずい」

    まゆ「ふふっ。それじゃあ、お邪魔しますね」
    5 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 20:50:23.97 ID:oxOzBCFw0 (+95,+30,-126)
            
    まゆ「それじゃ、お台所借りますね?」

    「……ああ」

    まゆ「うふ、じゃあしばらく待ってて下さいね」

    (…………彼女は佐久間まゆ。うちの事務所でアイドルをやっている子の中の一人だ)

    (持ち前のルックスと年不相応の妖艶さから、多くの人から人気を集めている)

    (そんな彼女が俺の家を訪れるようになったのは何時の事だったか、今では殆ど毎日俺の家に来ている)

    (別に悪い気はしない。しないんだが……)

    「…………アイドルがこれは、やっぱまずいよなぁ……」

    「……今日こそはなんとか説得しないとな」
    6 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 20:52:50.24 ID:rpeDTO6e0 (-27,-15,+0)
    7 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 20:52:55.11 ID:cXQS8ru70 (-23,-13,-2)
    続き?
    8 : 続きになるような - 2013/01/27(日) 20:54:18.81 ID:oxOzBCFw0 (+95,+30,-93)
            
    まゆ「プロデューサーさん、できましたよぉ」

    「ん……ありがとうな。じゃあ一緒に食べるか」

    まゆ「はい♪ それじゃあ……」

    「「頂きます」」

    「…………………………」

    まゆ「…………どうですかぁ? まゆ頑張って作ったんですよぉ?」

    「……いや、おいしいよ。いつもわざわざ有難うな、まゆ」

    まゆ「うふ……お口にあって良かったです。まゆは、プロデューサーさんが喜んでくれたらそれで十分ですからぁ」

    「……そうか。でも最近、ほとんど毎日来てるだろ? 流石にそんな頻繁にはいいぞ。まゆも大変だろうしな」
    9 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 20:55:01.96 ID:xnrTWZR50 (+17,+27,-14)
    ままゆのSS増えてうれしい
    10 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 20:57:14.33 ID:oxOzBCFw0 (+95,+30,-115)
          
    まゆ「まゆが好きでやってることですからぁ。プロデューサーさんは気にしなくていいですよ」

    「いや、俺だって嬉しいけど……まゆはアイドルなんだ。こんな所を誰かに見られでもしたらマズイだろ?」

    まゆ「まゆなら大丈夫ですよぉ。…………それとも、プロデューサーさんはまゆが迷惑なんですか?」

    「そんなことない。けれど、俺はプロデューサーで、まゆはアイドルなんだよ。
    まゆを応援してくれているファンを裏切るようなことはあっちゃならない。だろ?」

    まゆ「…………………………」

    「別に俺のことなら気にしなくていいから、な?」

    まゆ「……………………」

    まゆ「…………ねえ、どうしてそんなこと言うんですか?」
    11 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:00:06.18 ID:Sx5xukllO (+19,+29,-3)
    まゆは悪魔な天使かわいい
    12 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:01:03.92 ID:oxOzBCFw0 (+93,+30,-143)
          
    「どうしてって……そりゃまゆの事を考えてだな……」

    まゆ「まゆのこと、ですかぁ……。もしかして、まゆの為に言ってるんですか、それ?」

    「あ、ああ……」

    まゆ「他の女の子達には優しくしているのに、まゆは駄目なんですか? 皆もっとプロデューサーさんに甘えてますよぉ?
    それは良くてまゆは駄目なんですか? ねえ、プロデューサーさん。まゆのどこがいけないんですか?」

    まゆ「まゆはこんなにもプロデューサーさんに尽くしているのに……まだ足りないんですか? 
    いいですよぉ。まゆ、プロデューサーさんの為だったらなんでもしますからぁ」

    まゆ「うふ、まゆがアイドルだから駄目なんだったら、まゆアイドルなんて辞めますよぉ」

    まゆ「プロデューサーさんがまゆのことを見てくれるんだったら、アイドルなんかどうでもいいですから」

    まゆ「それでいいですか? そうすればプロデューサーさんはまゆを離さないでくれますか?」
    14 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:04:55.86 ID:oxOzBCFw0 (+93,+30,-97)
           
    「…………本気で言ってるのか?」

    まゆ「…………まゆは本気ですよぉ」

    「じゃあアイドルを辞めるんだな? 本当にそれでいいんだな?」

    まゆ「…………はい。それで、プロデューサーさんがまゆを――」

    「はぁ……嘘をつくな嘘を」

    まゆ「……嘘なんかじゃ、ないですよ。まゆは本気ですから」

    「分かった分かった……アイドルがどうでもいい? よくもまぁそんな白々しい嘘がつけるな」

    まゆ「………………」
    15 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:08:58.74 ID:oxOzBCFw0 (+93,+30,-118)
         
    「……まゆにとって、アイドルがどうでもいいわけがないだろうが」

    「それとも何だ? 今までのアイドル活動は楽しくなかったとでも? ただ俺といる為だけに、ずっと我慢してやってきたのか?」

    まゆ「それは……楽しくなかったわけではないですけど……」

    「俺はずっとお前を今まで見てきたんだよ。まゆの一番傍でな」

    「まゆが、本当にアイドルを楽しんでいたこと位、流石に分かるっつーの」

    まゆ「……たしかにアイドルは楽しかったですよ。ただ、私にとってはそれよりもプロデューサーさんの方が大事ですから」

    「じゃあ、なんでそんなに悲しそうな顔してるんだ?」
    16 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:09:25.85 ID:8vcAPbA00 (+13,-29,-2)
    佐久間まゆ(16)
    17 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:12:56.62 ID:oxOzBCFw0 (+95,+30,-150)
           
    まゆ「……………………」

    「どうみても未練たっぷりだろうが。本当はアイドルを続けたくて仕様がない癖に。軽々しく辞めるなんて口にすんなよ」

    まゆ「………………じゃあ、まゆはどうすればいいんですか?」

    「簡単だろ。自分に正直になれば良い。もうあの頃とは違うんだ。今のまゆは、誰にも負けないくらいに輝いている」

    「だから、アイドルを辞めるなんて、そんな悲しいこと言わないでくれ」

    まゆ「……………………」

    まゆ「…………それじゃあ、まゆは我慢すればいいんですか? 
    まゆはプロデューサーさんがいればそれでいい、それでいいんですよ……」

    まゆ「それなのに、まゆは我慢していなきゃ駄目なんですか?
    良いですよ、まゆはそれでも。それで、プロデューサーさんが喜んでくれるなら」
    18 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:14:57.74 ID:LN3JofeR0 (+14,+29,-16)
    流石の貫禄
    19 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:16:27.40 ID:cXQS8ru70 (+25,+30,-16)
    まゆよりもさらに甘えるアイドル達…
    20 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:17:24.25 ID:oxOzBCFw0 (+95,+30,-144)
          
    「……俺はただ、アイドルを辞めるなんて言って欲しくないだけだよ。それはまゆの本当の気持ちじゃないだろう」

    まゆ「…………分かりました。プロデューサーさんがそう言うのなら、アイドル続けます」

    「…………なあ、まゆ」

    まゆ「だって、まゆにはプロデューサーさんが全てなんですよ。
    まゆにはプロデューサーさんしかいないの、プロデューサーさんしか……」

    「…………それは違う。もうまゆには――」

    まゆ「違いませんよ。まゆにはなにも無いんです。プロデューサーさんがまゆの全て」

    まゆ「分かってるんですよ。どれほど努力したって、他の子たちには勝てないってこと。だって、まゆは空っぽなんですから」

    まゆ「お願いです、プロデューサーさん。まゆを見捨てないで下さい……。
    プロデューサーさんの為なら何でもやります。だから、まゆを置いていかないで…………」
    21 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:18:12.26 ID:85WPbhgVO (-13,+1,+0)
    支援するよ
    22 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:21:10.52 ID:OJaeV9GA0 (+19,+29,-2)
    見捨てないでって言う子は総じて重い
    23 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:21:56.71 ID:oxOzBCFw0 (+95,+30,-110)
           
    「………………俺はまゆを見捨てたりなんてしないよ。それに、もうまゆは空っぽなんかじゃない」

    「さっきも言っただろ、もうあの頃とは違うって。今のまゆの笑顔は本物だ。沢山のものが、いまのまゆにはあるはずだ」

    「だから大丈夫だ。俺はただ、まゆには俺の為なんかじゃなくて、純粋に自分の為にやりたいことをやって欲しいんだけなんだ」

    「本当にしたいことがなんなのか、今ならもう見つけられるはずだから」

    まゆ「…………………………」

    「…………料理冷めちゃうな。せっかくまゆが作ってくれたんだ、先に食べないか」

    まゆ「………………はい」
    24 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:25:39.09 ID:uhoVTWBY0 (+24,+29,-2)
    軽いヤンデレドタバタと思ってきたら重かった
    25 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:25:43.32 ID:oxOzBCFw0 (+95,+30,-91)
           
    「「ご馳走様でした」」

    「うん、おいしかったよ。ありがとな」

    まゆ「…………いえ、喜んでもらえてまゆも嬉しいです。
    後片付けもやっておきますから、プロデューサーさんは休んでて下さいね」

    「いや、それくらいは俺がやるよ。流石に何もせずっていうのも気が引ける」

    まゆ「……まゆなら大丈夫ですから」

    「…………あー、じゃあ一緒にやらないか? それだったらいいだろ」

    まゆ「……分かりました」

    「うし。じゃあちゃっちゃと終わらせますか」
    26 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:28:03.43 ID:oxOzBCFw0 (+95,+30,-126)
          
    ジャー カチャカチャ…

    「…………っとこれで洗い物も終わりかな…………。まゆ、ありがとうな」

    まゆ「いえ。…………プロデューサーさん」

    「…………なんだ?」

    まゆ「……プロデューサーさんにとって、まゆは結局ただのアイドルの一人に過ぎないんですか?」

    「…………それは、だな」

    まゆ「まゆの本当にしたいこと…………確かにアイドルも好きです、続けたいですよ」

    まゆ「でも、まゆがプロデューサーさんを好きなこと、この気持ちも本物なんですよ」

    まゆ「だから、まゆは今まで頑張ってこれたんです。……プロデューサーさんがいるから。
    プロデューサーさんが、まゆを支えてくれたから」

    まゆ「それなのに、プロデューサーさんはまゆを見てくれない。……ねぇ、プロデューサーさん」
    27 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:28:32.89 ID:SgvB1gGp0 (+10,+25,-2)
    ええ子や……
    28 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:28:47.42 ID:edDjLA1q0 (+24,+29,-14)
    これらは全てまゆの策略
    29 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:33:20.52 ID:oxOzBCFw0 (+95,+30,-97)
        
    「……………………」

    まゆ「なんで私を避けてるんですか? 他の子たちにはあんなに仲良くしてるのに、なんでまゆからは離れていくんですか……」

    まゆ「もし気に入らない所があるんだったら、言って下さい。まゆ、直しますから」

    まゆ「ねぇ、どうして? まゆのどこがいけないんですか? 
    教えてください…………まゆには、プロデューサーさんが必要なんですよぉ……」

    「…………………………それ、は……」

    まゆ「お願いです。本当のことを教えてください…………。まゆ、どんな答えでも、それだけで満足ですから」

    「……………………」

    「………………俺が、まゆを避けていたのは」
    30 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:34:24.20 ID:VnNmnBui0 (-10,+4,-5)
    ん?純愛?
    31 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:37:06.42 ID:oxOzBCFw0 (+95,+30,-170)
         
    P「…………」

    「………………俺が……まゆのことを、好きだからだ」

    まゆ「…………え?」

    「だから、俺はまゆのことが好きなんだよっ。ああ分かってるよ。自分でもこんなことが許されてないことぐらい」

    「いい大人が16の女の子を好きになった? しかも相手はアイドルで、俺はそいつのプロデューサーときた」

    「あっちゃいけないことだって自分でも自覚してるさ。何度もその気持ちを失くそうとしたよ」

    「…………でも、結局それは出来なかった。情けないよな。表に出るのが怖くて、それで避けてたなんて」

    まゆ「…………………………」

    「しかも、そのせいでまゆを追い詰めてたなんて…………本当にすまなかった。俺は、最低だ」

    まゆ「………………ねえ、それって本当なんですか……? プロデューサーさんが、私のことを……」
    32 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:41:47.77 ID:oxOzBCFw0 (+95,+30,-103)
           
    「……本当だよ。俺は、アイドルとしてのまゆも、一人の女性としてのまゆも…………全部含めて、まゆが好きだ」

    「まゆがトップアイドルになるその日まで、俺はまゆの隣で一緒に歩んでいきたい。いや、その後もずっと」

    「こんな情けない俺で良ければ……これからもずっと、あなたの傍にいたい」

    まゆ「…………本当に……? 信じて、いいんですか?」

    「ああ、本当だよ。俺は、まゆを離したりしない」

    まゆ「…………………………」
    33 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:42:56.50 ID:4b6CFs4J0 (+19,+29,-4)
    なんだかオラわくわくしてきたぞ!
    34 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:45:33.58 ID:oxOzBCFw0 (+95,+30,-145)
           
    まゆ「プロデューサーさん…………まゆ、結構重いんですよ……もしかしたら、他の女の子達に嫉妬しちゃうかもしれないです」

    まゆ「それでも、いいんですか? 本当にまゆなんかで」

    「当たり前だろ……むしろ、まゆこそ俺なんかで本当にいいのか?」

    まゆ「うふ……プロデューサーさんが、いいんですよぉ…………やっぱりまゆ達は運命で結ばれていたんですね」

    「……そうかもな」

    まゆ「うふ…………ふふふ……」ギュッ

    「お、おいまゆ?」

    まゆ「ふふ…………。ねぇ、キスしてくれませんか?」

    「えー、と…………」

    まゆ「まゆ、貴方に愛されてるって証拠が欲しいです」

    「…………わかったよ。……じゃあ、いくぞ――――」
    35 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:48:36.92 ID:DQcJqP1b0 (+6,+16,-12)
    えんだああああ
    36 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:49:45.81 ID:g8auB7JL0 (+16,+26,+0)
    いやあああああああ
    37 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:51:05.71 ID:oxOzBCFw0 (+95,+30,-65)
          
    半月後

    まゆ「プロデューサーさん、朝ですよぉ…………起きてくださぁい……」ユサユサ

    「…………ぅう、ん………………あと、ごふんだけ…………」

    まゆ「駄目ですよ、早く起きないと。また遅刻しちゃいますよぉ」

    「んー………………」

    まゆ「ほら、顔洗ってきてください。朝ごはん用意しておきますから」

    「……………………」フラフラ
    38 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:51:42.90 ID:LjMFfcXo0 (+19,+29,-4)
    おいまさかキスだけじゃないよな?
    39 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:53:11.65 ID:nWbISrZe0 (+19,+29,-6)
    監禁…じゃないよね?
    40 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:55:09.41 ID:oxOzBCFw0 (+95,+30,-115)
          
    ジャー

    「…………ふぅ。ふぁーあ…………あー、やっぱ朝は辛いわ……」

    「今まで死ぬ気で起きてたからなぁ…………まゆマジ天使だわ」

    (……俺がまゆに気持ちを伝えてから約半月が経った。だからといって特に何かが変わったわけでもなく、
    家の外では今まで通りの距離感を保っている)

    (しいて言うなら、まゆが俺の家に泊まったりすることが増えた位か)

    (初めはあまり俺の家にこないように言ったのだが……これも合鍵を渡してしまったせいか?)

    「…………まぁ、全く後悔はしてないんだけどな……」
    41 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:56:35.92 ID:1Q/4AZ000 (+24,+29,+0)
    夜に搾り取られてんで
    42 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:57:52.33 ID:oxOzBCFw0 (+95,+30,-66)
          
    「ふぁー………………」

    まゆ「うふ。プロデューサーさん、おはようございます」

    「ん……おはよう、まゆ。いつもすまないな」

    まゆ「いえ、プロデューサーさんの為だったら、まゆなんでもやりますからぁ」

    「あー、うん」

    まゆ「ふふふ…………朝ごはん、用意できてますよぉ」

    「よし、じゃあ食べるか」

    まゆ「はい♪」

    「「頂きます」」
    43 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 21:58:43.58 ID:8zWkG9qh0 (+17,+27,+0)
    夫婦だった
    44 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 22:01:01.42 ID:oxOzBCFw0 (+95,+30,-128)
           
    カチャカチャ…

    「んーうまいっ! いやー毎回思うけど、まゆの料理は抜群だなぁ」

    まゆ「ふふっ。お口にあってよかったです……。なにせ、プロデューサーさんへの愛が詰まってますからぁ」

    「お、おう…………なんか照れるなそれは」

    まゆ「うふ…………。そういえば、今日はまゆは一人でお仕事ですよね?」

    「えーと……。そうだな、悪いけど今日はまゆの方には行けそうにないわ。
    午前中はみく、午後からは智絵里にちょっとついてやらなきゃならん」

    まゆ「そうですか……夜は、帰ってこれそうですか?」
    45 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 22:05:28.97 ID:oxOzBCFw0 (+95,+30,-145)
           
    「あー、まあなるべく早くには帰ってくるけど…………ってまたわざわざ晩飯作ってくれんのか?」

    まゆ「はい、そのつもりですよぉ。まゆは今日の午後のお仕事は早めに終わりますから」

    「そうか。…………嬉しいけど、あんまり無理はしないでくれよ? なにより大切なのは――」

    まゆ「自分の身体、ですよね? ふふっ、大丈夫ですよ」

    「…………よし。それなら今日も楽しみにしてるぞ」

    まゆ「はい、任せてくださいねぇ」

    「おう。…………ふー、ご馳走様でした。うし、さっさと準備して出るか」

    まゆ「じゃあ、まゆが片付けとくので、先に着替えてきてくださいね」

    「ん…………頼んだ」
    47 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 22:07:55.35 ID:2pfm9fY80 (-27,-15,+0)
    48 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 22:10:23.87 ID:oxOzBCFw0 (+95,+30,-130)
          
    「………………財布よし、免許証よし、ハンカチよし、携帯よし…………うん、準備オッケーだ」

    「まゆ、そっちももう出られるか?」

    まゆ「はい。まゆは大丈夫ですよ…………あ、プロデューサーさん」

    「ん……?」

    まゆ「ネクタイ、曲がってますよぉ」クイクイ

    「おお、ありがとな…………よし、今度こそ大丈夫だな!」

    「じゃあ、今日も一日頑張りますか!」
    49 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 22:13:03.86 ID:1Q/4AZ000 (+24,+29,-4)
    綺麗なまゆ…だと…
    50 : 以下、名無しにか - 2013/01/27(日) 22:16:09.71 ID:oxOzBCFw0 (+95,+30,-78)
           
    ――――――――――――――――

    ガチャ

    「おはようございまーす」

    まゆ「おはようございます」

    「ん、まだ誰も来てないのか……」

    まゆ「そうみたいですねぇ。一番乗りって久しぶりかもしれませんね」

    「そうだなぁ。まぁ、ぼちぼち来るとは思うけどな」

    まゆ「はい…………プロデューサーさん、コーヒー淹れましょうか?」

    「うーん、じゃあお願いしようかな」

    まゆ「分かりました♪ 淹れてくるので、待ってて下さいねぇ」パタパタ…
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - モバマス + - ヤンデレ + - 佐久間まゆ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について